2008年12月31日

【イク年クル年】第一部・民工の反乱とパレスチナ空爆

「よいお年を」と言ってはいるものの、2009年、経済はどん底、海の向こうでは戦争と、明るい材料は禿頭ぐらいしかない。

9月から始まった株価の暴落はバブル崩壊時を遥かに越えた。これから日本は社会不安を引き起こすような未曾有の失業問題を経験するだろう。それでも世界的には傷が浅い方かもしれない。

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

中国の都市部では、1億3000万人いる民工(農村からの出稼ぎ)が大量に失職するだろうといわれている。失業保険や生活保護などのセーフティ・ネットもなく、各地で大きな暴動が多発することは必至であり、それによってさらに中国の経済不況は深刻化するだろう。旧正月開けの明けの2月には、大規模な社会危機発生が懸念されている。鎮圧に人民解放軍を投入する可能性もあり、軍部における対外強硬派の台頭も懸念される。
日本軍事情報センター最新情報

そんな中、中国共産党政権に真っ向から民主化要求を突きつけた知識人300余名による「08憲章」がネットにアップされ、当局の削除攻勢にもめげず、逮捕覚悟の署名者は6807人に達した。年が明ければ粛正の嵐が吹き荒れるのかもしれない。だが中国の民主化を抜きにチベットの解放も、東アジアの平和もありえない。それは容易な事ではないが、せめてもの支援になればと、22日、当ブログに内容の要約と中文(中国語)の憲章本文 を転載した。

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

ところで以前、バイデン副大統領やパウエル元国務長官らが「オバマの就任直後に国際政治の大きな危機が起きる」という予測を語った。その意味するものが具体的に何なのか、その時にはわからなかった。

12月27日、半年の停戦期間を終え、イスラエル軍がパレスチナのガザ地区を空爆した。30日現在、ロケット砲によるイスラエル側の死者4人に対して、パレスチナ側の死者は364人、空爆はイスラエルがガザを占領した第三次中東戦争(1967)以来の大規模なもの。イスラエル軍は近いうちに地上軍侵攻を行う模様で、ガザから報道陣を排除し、戦闘の拡大と長期化を準備している。

パレスチナ社会は、親米のファタハ(ヨルダン川西岸にあるパレスチナ自治政府)と、反米のハマス(ガザ地区)に分裂していて、米欧イスラエルはハマスをテロ組織とみなし、ファタハのみを交渉相手にしてきた。しかし、来年1月9日には、ファタハのアッバス大統領の任期が終わる。選挙をやればファタハはハマスに負けるだろう。エジプト政府がハマスを非難したために、エジプトではハマス支持のデモが起きている。

このまま戦争が続くと、戦闘はガザから西岸、そしてレバノン南部でのヒズボラとの戦いへと拡大し、シリアとも戦争になってイランも巻き込まれ、中東大戦争になりかねない。イスラエルは国連の仲裁とNATOの国際軍をあてにして、危険な賭けに出ている。だが一歩間違えれば核戦争や国家消滅の可能性もある。始めたら容易に後へはひけない。イスラエルは来年2月が総選挙で、世論調査では強硬派の野党リクードが第1党になる可能性が高い。与党カディマは敗北するだろう。

ガザの停戦が12月に切れ、大統領がオバマに代わるときにイスラエルが戦争に巻き込まれているように設定したのは、ブッシュ政権である。金融危機やアフガンの戦況など、米国が抱えるさまざまな危機は、オバマ政権になってから爆発するように仕掛けられた時限爆弾かもしれない。

印パ間では、インドがパキスタンに要求したテロ容疑者引き渡しの期限が12月26日に過ぎており、インドは要求が受け入れられない場合、パキスタンをミサイル攻撃するかもしれないと言っている。すでに印パ両軍は、国境沿いなどで警戒態勢をとっている。パキスタンは陸軍の一部を、対アフガニスタン国境から、インド国境の方に移動させた。パレスチナと印パの両方で、オバマ就任に合わせて戦争が始まるかもしれない。
田中字「オバマに贈られる中東大戦争」

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

あなたが政治に関心がないのなら、それはそれでかまわない。僕が言いたかったのは、イスラエルもパレスチナも、アメリカも中国も、そして日本も、決して一枚岩ではないということだ。どの国も内部に対立を抱えた存在なのだ。

国家であれ、宗教団体であれ、どんな集団、集合体も外から見てひとくくりで語る事は誤解につながる。内部には様々な考えのひとがいるのだ。ひとりの個人の内部にもまた相反する様々な思いがあるだろう。パレスチナがんばれ、チベットがんばれと僕も思う。だからといって、イスラエルやアメリカや中共に対する憎悪の感情を煽る事は、かえって問題の解決を難しくすると思うのだ。

湾岸戦争の時のように僕らはこれから悲惨な映像を目にするかもしれない。(そこにテレビカメラがあれば、の話だが)殺す方も殺される方も、自分の延長だと思う。世界は自分を映す鏡だ。これは私だ。そのようにしてしか僕は世界を見る事ができないのだ。

miotron at 07:42│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔