2011年12月30日

ゲーム作家、菅野ひろゆき氏亡くなる。

ゲーム作家/プロデューサーの菅野ひろゆき氏が、12月19日に亡くなった。(株)アーベル社長、享年43歳。脳梗塞だった。新聞に出たのは27日。

菅野さんは僕が出会ったカリスマのひとりだった。

彼は「EVE」「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」といった作品でブレイクし、「百万人が泣いた」というキャッチフレーズまでできた。当時、菅野さんの音楽はFM音源の魔術師といわれた梅本龍氏が担当していた。その梅本氏も今年亡くなった。僕は彼に会わずじまいだった。梅本氏の件で菅野さんに電話を入れたが不通だった。

僕が菅野さんと出会ったのは1995年の夏。ゲーム音楽の仕事を求めて営業に行った先で、作曲家を捜していた彼を紹介された。最初の仕事は、大ヒットした「YUNO」のセガサターン移植だった。macが使えるってのが条件だった。僕はすでにmacで沢山のゲーム音楽をやっていたが、家庭用ゲーム機の仕事をしたかった。

数ヶ月かけて。梅本君の曲を完コピして、自作のサンプル音源を鳴らし、midiデータ含め、全50曲を2MBに収めるというデータ圧縮の職人芸。楽器音のループを作る為に、数万のファイルを作って選んだ。

ゲームの仕様の為に周波数レートを落し、データを間引きした音楽は、梅本氏のきらびやかなFM音源に比べて貧弱だったかもしれないが、セガサターン版YUNOは3ヶ月で24万本売れた。菅野氏は独立し、アーベルという会社を興す。以後十数年、僕は彼の作るゲームの大半の音楽を担当してきた。

独立第一作はエクソダスギルティだった。音楽は全部僕が書いた。プラットフォームはプレーステーション。再び山のような説明書と格闘するが、原理は同じだ。いわゆる内蔵音源。エクソダスギルティは8万本ぐらい売れたのかな。シリーズ化して何種類か出ている。サントラCDも出た。

もう一つは探偵紳士シリーズで、サスペンス系の音楽、山ほど作った。変拍子、気持ち悪いスケールや転調など。クラシックのピアノもあれば、ジャズもある。これもサントラが出た。こちらはドリームキャスト。どのゲームもPCを含む各種プラットフォームに移植された。

菅野作品は、十数本やった。数百曲作った。名前を出してないものもある。菅野氏の作品は、凝ったSFや、謎解きミステリーのアドベンチャーゲームだが、世の中ではギャルゲー、エロゲーといった範疇にあるようだ。僕は長い間彼の仕事をやっていながら、一度も彼のゲームをやったことがない。

台本と絵コンテと設定、それだけで作る。僕と菅野さんとの勝負だ。彼が納得するまで何度でもやり直す。最後までOK出なくて玉砕したこともあった(泣)

顔をあわせるのは年に一度位で、西武新宿周辺の海老料理とか、ホテルオークラのランチとか、六本木のキャバクラとか接待していただいた(笑)

彼がツイッターやってることは、今日まで知らなかったのだ。
https://twitter.com/#!/YukihiroKenno
最後のツイートは12月4日。そこで途絶えている。死の予感はない。しばらくログを辿ってみた。死んだ恋人の留守番電話の声を聴くように。

脳梗塞、脳内出血。突然だったのだろうか。

最後に彼と仕事したのは4年前の冬だった。自分一人の手におえず、仲間の作曲家3人を頼んで、4人チームで60曲位作った。3年前にはCD発売ライブを見に来てくれた。僕は彼の会社の誰よりも彼と付き合いが長いが、葬式の連絡が来るような関係ではない。最初から最後まで一対一の関係だった。

沢山話をした。愚痴も悩みも聞いた。
でも、最後まで謎な人だった。
世界はまたひとり、才能を失った。

菅野ひろゆき氏の御冥福をお祈りします。

【告知】
12/31(土)
四谷 LIVE IN MAGIC (03-5291-8312)
【年越カウントダウンライブ】
第一部17時半〜 第二部22時半〜
第三部26時以降 出演多数
http://liveinn-magic.com/
各部それぞれ予¥2,500・当¥3,000(D代込み)

miotron at 04:35│Comments(4)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by 佐藤龍一   2012年02月05日 19:47
けいおん! さん、コメントありがとうございます。
偶然同じ竜(龍)でした。梅本さんは同人などで活躍されていたようですね。優れた作曲でした。菅野さんと梅本さんは親友だったようですが、えるふを最後に袂を分かったようです。あい次いで亡くなったのは、何か因縁めいたものを感じます。
3. Posted by けいおん!   2012年02月05日 15:44
最初、同じリュウなんで、梅本竜さんと佐藤龍一さんは同一人物かと思っていました。

悲しいニュースですね……。

「YU-NO」のサターン版の音楽好きですよ。サックスの音が特に好きでした。
2. Posted by 佐藤龍一   2011年12月30日 15:31
ナイトシューマッハさん、コメントありがとうございます。梅本竜さんには結局お会いする機会はありませんでした。

僕が最後に音楽を担当したのは「MQ」でした。3人の作曲家に援軍を頼んで、4人でやりました。内容はほとんど知らされなかったのですが、菅野さんの要求は明確で、やりがいのある仕事でした。

今年は色々ありましたが、最後にこんなニュースが飛び込んで来て、言葉を失います。
1. Posted by ナイトシューマッハ   2011年12月30日 06:49
コレにはショックでしたね。
竜さんに続いて菅野さんまで逝ってしまわれるなんて!
菅野さんの作ったゲームはシーンと音楽が抜群で竜さんと龍一さんともに最高です!それが聴けなくなると思うと寂しいですね。
ミステリート2は期待してたんですがね。
龍一さんのピアノ曲凄い好きです
いつもiPhoneで聴いてますよ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔