今回のように岩手から東京に行く際に最近は行きか帰りのどちらか、もしくは両方で夜行バスを使っている。


前に関東に住んでいて実家に帰省したり戻る時は際はほぼ100%、新幹線を使っていた。
その当時は連休が取れても2日しかないし体力勝負の仕事だったのでとても夜行バスを使うという選択肢はなかった。
そのかわり給料は今よりもずっとよかったので新幹線で往復してもそんなに負担は少なかったのだが・・・。


今は給料が本当に泣けるくらい少ないので極力、移動費をやすくしたいというのがあり最近は夜行バスを行きだけでも使うようにしている。


ちなみに盛岡〜東京間の料金で比較すると・・・


新幹線・・・片道14740円
夜行バス・・・5000円〜8600円

くらいになる。
夜行バスの金額の幅があるのは月曜〜木曜の平日は5000円〜6600円くらいだが土日前日の金曜日の夜は高く8600円くらいだったりする。

ちなみに前々回行きは金曜の夜で8600円で今回は金曜の夜6600円と2000円の差があった。


しかし当然、メリットばかりではない。
まずバスなので時間がかかる。
新幹線がだいたい3時間半くらいで着くのに対し夜行バスでは7時間と倍くらいかかる。
しかも夜にバスの中で音うるさいし揺られるのでまず満足に寝ることはできない。
またシートがバスなので新幹線と違い座り心地がいいとはいえず背中も痛くなる。
次の日仕事の場合はあまりオススメではない。


ちなみに1番金額的にお得なのは青春18切符である。
これは新幹線以外のJRの普通・快速電車が乗れる券を5回分で11850円となっている。
これは1日が1回分みたいなものなので1回券あたり2370円の計算となる。
ただし使える時期が限定されており移動時間がかかるので1日で東京まで行くのはかなりキツイ。
自分も前の仕事辞めて無職になった時に兵庫あたりまで1週間くらい旅行してきたのだが初日に18切符1回分で東京まで電車を乗り継いだらほぼ丸一日かかり腰がめちゃくちゃ痛くなった。


18切符は使える期間が限定されていて連休がある程度何日間もないと使うのが難しいと思うので普通に働いている人ではなかなか遠方では使いづらいところだ。
とはいえこのコストパフォーマンスは魅力的なのでもしも今の仕事を辞めることになったときはまた18切符で何日間か行けるとこまで旅行してみたいと思ってたりする。

まあなにをするにも最低限の金がないと出かけるのは困難なので嫌でも頑張って働くしかないのだが・・・。