point-of-view-1210237-640x480


God is in everything I see.


The idea for today explains why you can see all purpose in everything. It explains why nothing is separate, by itself or in itself. And it explains why nothing you see means anything. In fact, it explains every idea we have used thus far, and all subsequent ones as well. Today's idea is the whole basis for vision.

きょうのアイデアは、あなたが、あらゆるものの中に全ての目的を見出すことができる理由を説明します。単独で、あるいはそれ自体で分離しているものが何もないことを説明します。また、あなたが見るものに意味があるものがない理由を説明します。実際、これまで練習したアイデアの全てと同じように、これから出てくるアイデアの全てを説明します。きょうのアイデアは、心眼を開く全体の基盤になるものです。


You will probably find this idea very difficult to grasp at this point. You may find it silly, irreverent, senseless, funny and even objectionable. Certainly God is not in a table, for example, as you see it. Yet we emphasized yesterday that a table shares the purpose of the universe. And what shares the purpose of the universe shares the purpose of its Creator.

おそらくあなたは、今の段階で、きょうのアイデアを把握するのが大変難しいと感じるでしょう。それを、馬鹿げて、不遜で、奇妙で、不愉快にさえ感じるかもしれません。たとえば、あなたは、確かに神はテーブルの中に居ないと考えるでしょう。それでも、昨日のレッスンで強調したように、テーブルは宇宙の目的を共有しています。そして、宇宙の目的を共有するものは、創造主の目的を共有します。


Try then, today, to begin to learn how to look on all things with love, appreciation and open-mindedness. You do not see them now. Would you know what is in them? Nothing is as it appears to you. Its holy purpose stands beyond your little range. When vision has shown you the holiness that lights up the world, you will understand today's idea perfectly. And you will not understand how you could ever have found it difficult.

そこで、きょう、あらゆるものを愛と感謝、そして広い心で見る努力を始めなさい。現在、あなたは何も見ません。それらの中に何があるかを知りたいと思いませんか?何も、あなたに見える通りのものはありません。その神聖な目的は、あなたの見る狭い範囲を越えて在るのです。世界を明るくする神聖さが心眼によって示されるとき、あなたはきょうのアイデアを完全に理解するでしょう。そして、困難に感じたことがあったのがどうしてか不可解に思うでしょう。


Our six two-minute practice periods for today should follow a now familiar pattern: Begin with repeating the idea to yourself, and then apply it to randomly chosen subjects about you, naming each one specifically. Try to avoid the tendency toward self-directed selection, which may be particularly tempting in connection with today's idea because of its wholly alien nature. Remember that any order you impose is equally alien to reality.

きょうの実習時間は2分ずつ6回ですが、おなじみのパターンに従います:まず、自分自身にきょうのアイデアを繰り返し唱え、それから周りの対象物を無差別に選んで、一つ一つその名称を具体的に言いながら適用します。自分なりの選択になりがちになるのを避けるようにしてください。特に、きょうのアイデアはまったく馴染みのない性質なので、関連のある選択をしたい誘惑にかられるかもしれません。どんな種類分けを課そうとも、現実には等しく相容れないことを心に留めておいてください。


Your list of subjects should therefore be as free of self-selection as possible. For example, a suitable list might include:

God is in this coat hanger.
God is in this magazine.
God is in this finger.
God is in this lamp.
God is in that body.
God is in that door.
God is in that waste basket.

したがって、あなたの対象物のリストは、可能な限り自分で選択しないようにしてください。適切なリストの例は次の通りです:

 神はこのコートのハンガーの中に居ます。
 神はこの雑誌の中に居ます。
 神はこの指の中にいます。
 神はこの電気スタンドの中に居ます’。
 神はあの身体の中に居ます。
 神はあのドアの中に居ます。
 神はあのゴミ箱の中に居ます。


In addition to the assigned practice periods, repeat the idea for today at least once an hour, looking slowly about you as you say the words unhurriedly to yourself. At least once or twice, you should experience a sense of restfulness as you do this.

割り当てられた実習時間に加えて、少なくとも一時間に一度は、周囲をゆっくり見回して、きょうのアイデアを急がずに自分に繰り返して言い聞かせてください。これをするとき、少なくとも一度や二度は、安らいだ感覚を経験するはずです。


わたしたちが何も見ないというのは、肉眼の目のことです。'vision'、つまり心眼で見れば、あらゆるものが、宇宙の目的、すなわち創造主の目的を共有していることが分かります。だから、すべての中に神が居るのです。