owl-silhouette-1386249-639x561


V. The Ego's Use of Guilt




Perhaps some of our concepts will become clearer and more personally meaningful if the ego's use of guilt is clarified. The ego has a purpose, just as the Holy Spirit has. The ego's purpose is fear, because only the fearful can be egotistic.

The ego's logic is as impeccable as that of the Holy Spirit, because your mind has the means at its disposal to side with heaven or earth, as it elects. But again, remember that both are in you.

おそらく、エゴの罪悪感の使い方が明らかにされれば、わたしたちの扱う概念のいくつかは、より明瞭になり、個人的にもっと意味のあるものになるでしょう。エゴには目的があります。ちょうど、聖霊に目的があるように。エゴの目的は恐れです。なぜなら、恐れる人だけが自己本位になれるからです。

エゴの論法は、聖霊のそれと同じように非の打ち所がありません。なぜなら、あなたのマインドは、選択により、天国か地上のどちらにも都合よく加担する手段があるからです。しかし、繰り返しますが、どちらもあなたの中にあることを思い出してください。



In Heaven there is no guilt, because the Kingdom is attained through the Atonement, which releases you to create. The word "create" is appropriate here because, once what you have made is undone by the Holy Spirit, the blessed residue is restored and therefore continues in creation.

What is truly blessed is incapable of giving rise to guilt, and must give rise to joy. This makes it invulnerable to the ego because its peace is unassailable. It is invulnerable to disruption because it is whole.

Guilt is always disruptive. Anything that engenders fear is divisive because it obeys the law of division. If the ego is the symbol of the separation, it is also the symbol of guilt. Guilt is more than merely not of God. It is the symbol of attack on God. This is a totally meaningless concept except to the ego, but do not underestimate the power of the ego's belief in it. This is the belief from which all guilt really stems.

天国では罪悪感は存在しません。なぜなら、王国は贖罪を通して得られるからで、それによりあなたは創造するために解放されます。ここで「創造」という言葉が適切であるのは、一度あなたが作ったものが聖霊によって取り消されたら、祝福された残りは復元され、創造において継続されるからです。

真に祝福されたものは罪悪感を起こすことができず、喜びを生むしかありません。これによりエゴに対して不死身となるのは、その平安は攻撃できるようなものではないからです。それは完全であるので、分裂されることはありません。

罪悪感は常に分裂を起こします。恐れを発生させるものはどれも分裂の法則に従うので分裂を起こします。エゴが分離の象徴ならば、それは罪悪感の象徴でもあります。罪悪感は単純に神のものではないというだけではありません。それは、神に対する攻撃の象徴です1この概念は、エゴ以外の者にとっては、まったく意味のないものですが、それにかけるエゴの信念の力を見くびってはなりません。これは、実際にあらゆる罪悪感がそこから発する信念なのです。

1: 罪悪感が起こるとき、意識はしていなくても、心のどこかで神を攻撃したと信じているのです。罪悪感の根源は、自分が神を攻撃した、神の掟を破った、だから罰せられるという信念にあります。



The ego is the part of the mind that believes in division. How could part of God detach itself without believing it is attacking Him?

We spoke before of the authority problem as based on the concept of usurping God's power. The ego believes that this is what you did because it believes that it is you. If you identify with the ego, you must perceive yourself as guilty.

Whenever you respond to your ego you will experience guilt, and you will fear punishment. The ego is quite literally a fearful thought. However ridiculous the idea of attacking God may be to the sane mind, never forget that the ego is not sane. It represents a delusional system, and speaks for it.

Listening to the ego's voice means that you believe it is possible to attack God, and that a part of Him has been torn away by you. Fear of retaliation from without follows, because the severity of the guilt is so acute that it must be projected.

エゴは、分裂を信じるマインドの一部です。自分が神を攻撃していると信じることなく、神の一部が自らを切り離すことがどのようにしてできるでしょうか?2 

以前に、神の力を奪うという概念に基づく権威の問題について話しました。エゴは、自分があなただと思っているので、あなたがこれをしたのだと信じています。あなたがエゴに同一化するなら、自分に罪があると知覚するはずです。

エゴに反応するときはいつも罪悪感を経験し、そして処罰を恐れるでしょう。エゴは文字通り恐れの思考です。神を攻撃するという概念が正気なマインドにとってどんなに馬鹿げていようとも、エゴが正気でないことを決して忘れてはなりません。エゴは妄想のシステムを表現し、妄想を代弁します。

エゴの声を聞くことは、神を攻撃することができ、神の一部があなたによって引き裂かれたと信じることです。それに続き、外部から来る報復の恐れが起こります。なぜなら、罪悪感があまりに激しいため、投影しなければならなかったからです3

2: 神の一部とはわたしたち一人一人のことですが、ここでは、神から離れることは、神を攻撃することと同じであると言っているのです。

3: 自分に罪があるという思いを神に投影するから、神からの報復を恐れるのです。



Whatever you accept into your mind has reality for you. It is your acceptance of it that makes it real. If you enthrone the ego in your mind, your allowing it to enter makes it your reality. This is because the mind is capable of creating reality or making illusions.

I said before that you must learn to think with God. To think with Him is to think like Him. This engenders joy, not guilt, because it is natural. Guilt is a sure sign that your thinking is unnatural. Unnatural thinking will always be attended with guilt, because it is the belief in sin.

The ego does not perceive sin as a lack of love, but as a positive act of assault. This is necessary to the ego's survival because, as soon as you regard sin as a lack, you will automatically attempt to remedy the situation. And you will succeed. The ego regards this as doom, but you must learn to regard it as freedom.

あなたのマインドに受け入れるものは何であれ、あなたにとって現実です。あなたが受け入れることで、それを現実にします。あなたのマインドの中でエゴを崇めるなら、エゴを入らせて、あなたの現実にします4マインドには、現実を創造することも幻想を作ることもできるからです。

以前にも言いましたが、あなたは神と共に思うようにしなければなりません。神と共に思うとは、神のように思うということです。これにより、罪悪感ではなく喜びが生まれます。なぜなら、それが自然だからです。罪悪感は、あなたの思いが不自然であることの確かな表れです。不自然な思いは、いつも罪悪感を伴うでしょう。罪を信じているからです。

エゴは、罪を愛の欠乏として知覚しませんが、紛れもない攻撃の行為と知覚します5これは、エゴの生存にとって必要なことです。なぜなら、あなたが罪を欠乏と見るや否や、自動的にその状態を改善しようとするからです。そして、あなたはそれに成功するでしょう。エゴはこれを破滅に捉えますが、あなたは、それを解放と見るようにしなければなりません。

4: エゴを受け入れて、エゴが自分であると錯覚するのです。

5: 罪を邪悪な攻撃と捉えれば、おのずと罪悪感、そして報いを受けるという恐怖が起こります。罪が単に愛の欠乏の表れであるなら、罪悪感とは無関係です。それでは、エゴにとって不都合なのですね。



The guiltless mind cannot suffer. Being sane, the mind heals the body because it has been healed. The sane mind cannot conceive of illness because it cannot conceive of attacking anyone or anything.

I said before that illness is a form of magic. It might be better to say that it is a form of magical solution. The ego believes that by punishing itself it will mitigate the punishment of God.

Yet even in this it is arrogant. It attributes to God a punishing intent, and then takes this intent as its own prerogative. It tries to usurp all the functions of God as it perceives them, because it recognizes that only total allegiance can be trusted.

罪を知らないマインドは苦しみようがありません。正気であるマインドはすでに癒されているので、肉体を癒します。正気なマインドは、誰かや何かを攻撃するなど考えることができないので、病気を想像することができません6

以前にも言ったように、病気は魔術の形です。魔術的解決の形であると言った方がよいかもしれません。エゴは、自らを罰することで、神の罰を軽減すると信じています7

しかし、エゴはこの点においても傲慢です。神に罰する意図があるとし、それを奪って自分の特権にしているからです。エゴは、神の働きであると知覚すると、それを全て奪おうとします8。なぜなら、誠実に全うすることだけが信用を得られると認識しているからです9

6: 正気なマインドは攻撃を思うことができないので病気も想像できないとあります。つまり、病気は肉体への攻撃なのですね。

7:正気でないマインドは 罪悪感のために神の罰を恐れます。エゴは、自らの肉体を病気にすることで、神の罰を軽減できると信じています。だから病気は、神の怒りを鎮める魔術的解決になるのです。

8: 罰するというのは神の働きではありませんが、そう知覚してその働きを自ら罰することで奪うのです。

9: 神の働きを奪うなら、完全にそれをやらなければ、信用が得られないというのがエゴの論理です。だから、神の働き(そう信じているものも含めて)を全て奪うのです。



The ego cannot oppose the laws of God any more than you can, but it can interpret them according to what it wants, just as you can. That is why the question, "What do you want?" must be answered. You are answering it every minute and every second, and each moment of decision is a judgment that is anything but ineffectual. Its effects will follow automatically until the decision is changed. Remember, though, that the alternatives themselves are unalterable.

The Holy Spirit, like the ego, is a decision. Together they constitute all the alternatives the mind can accept and obey. The Holy Spirit and the ego are the only choices open to you. God created one, and so you cannot eradicate it. You made the other, and so you can.

Only what God creates is irreversible and unchangeable. What you made can always be changed because, when you do not think like God, you are not really thinking at all. Delusional ideas are not real thoughts, although you can believe in them. But you are wrong. The function of thought comes from God and is in God. As part of His Thought, you cannot think apart from Him.

エゴはあなたと同じように神の法則に逆らうことができませんが、それをあなたと同じように自分勝手に解釈することはできます。だから「何を望みますか?」という問いに答えなければなりません10あなたは、毎分毎秒、それに答えています。そして、各々の決断の瞬間は判断で、効力なしということはまずないのです。その効力は、決断が変わるまで伴い、自動的です。しかし、選択できるもの自体は変えられないことを心に留めておいてください11

聖霊の選択はエゴの選択と同じで決断です。この2つが一緒になって、マインドが受け入れて従う二者択一の全てを構成しています。聖霊を取るかエゴを取るかが、唯一あなたにできる選択です。一方は神が創造したので、あなたにはそれを抹消することはできません。もう一方はあなたが作成したので、抹消することができます12

神が創造したものだけが取り消すことも変えることもできません。あなたが作成したものは、いつも変えることができます。それは、あなたが神のように考えていないとき、実際は少しも考えていないからです。妄想は、本当の思考ではありません。あなたがそう信じることができても、違います。思考の働きは神から来て、神の中にあります。あなたは、神の思考の一部ですから、神から離れて考えることはできないのです。

10: 愛を望むか恐れを望むかということです。その前に神の法則に逆らうことができないとありますが、マインドが望むことが(愛の創造であれ、恐れの投影であれ)顕現するという法則のことです。引き寄せの法則ですね。

11: 聖霊かエゴの選択肢しかないということです。

12: たとえエゴの選択をし、その効果が現れようとも、いつでも聖霊の選択をしてそれを抹消させることができるのです。



Irrational thought is disordered thought. God Himself orders your thought because your thought was created by Him. Guilt feelings are always a sign that you do not know this. They also show that you believe you can think apart from God, and want to.

Every disordered thought is attended by guilt at its inception, and maintained by guilt in its continuance. Guilt is inescapable by those who believe they order their own thoughts, and must therefore obey their dictates. This makes them feel responsible for their errors without recognizing that, by accepting this responsibility, they are reacting irresponsibly.

If the sole responsibility of the miracle worker is to accept the Atonement for himself, and I assure you that it is, then the responsibility for what is atoned for cannot be yours. The dilemma cannot be resolved except by accepting the solution of undoing. You would be responsible for the effects of all your wrong thinking if it could not be undone.

The purpose of the Atonement is to save the past in purified form only. If you accept the remedy for disordered thought, a remedy whose efficacy is beyond doubt, how can its symptoms remain?

理性のない思考は混乱した思考です13あなたの思考は神によって創造されたので、神自身があなたの思考を指図します。罪悪感は、いつだって、あなたがこれを知らないという徴候です。また、あなたが神から離れて考えることができると信じ、そうしたいということを示しています14

混乱した思考はどれも初めから罪悪感を伴い、引き続き罪悪感が維持されます15自分が自分の思考を指図すると信じ、ゆえに、自分の指図に従わざるを得ない人たちは、罪悪感を避けることができません。これによって自分の誤りに責任を感じることになり、この責任を受け入れることで、無責任に反応しているのに気づいていません16

ミラクルワーカーの唯一の責任が自分自身の贖罪を受け入れることであるなら、償われたものへの責任はあなたのものではありえないことを請け合います17ジレンマは、元に戻すという方法を受け入れること以外には解消できません。元に戻すことができないなら、あなたは自分の誤った思考すべての結果に責任があることになります。

贖罪の目的は、浄化された形においてだけ過去を取っておくことです18もしあなたが、その混乱した思考に対する治療、疑う余地もないほど確かな効能を持つ治療を受けるなら、どうして症状が残り得るでしょうか?

13: エゴの思考のことです。

14: 神から離れて思考できると信じ、そうしたいと思うことは、神の力を奪っているわけで、だから罪悪感を感じるのです。

15: 混乱した思考により神から離れて思考したと思うので罪悪感を感じ、報いを受けると恐れ、ますますマインドは神から離れてしまうという悪循環に陥ります。

16: 後の方で説明がありますが、混乱した思考の結果は元に戻せる、つまり永続しません。本当には実在しないからです。これに責任を持つことは要らないのです。なのに、その責任を受け入れるのは無責任な反応です。

17: つまり、ミラクルワーカーとしての責任は、聖霊に委ねて、マインドを癒してもらい、それまでの混乱した結果が元に戻される(償われる)のを受け入れることだけです。

18: 混乱した思考から神が指図する思考へ移るとき、過去は浄化されます。



The continuing decision to remain separated is the only possible reason for continuing guilt feelings. We have said this before, but did not emphasize the destructive results of the decision.

Any decision of the mind will affect both behavior and experience. What you want you expect. This is not delusional. Your mind does make your future, and it will turn it back to full creation at any minute if it accepts the Atonement first. It will also return to full creation the instant it has done so. Having given up its disordered thought, the proper ordering of thought becomes quite apparent.

分離したままでいることを継続して決断するのが、罪悪感を持ち続ける唯一の考えられる理由です19これは以前にも触れましたが、この決断の破滅的な結果20を強調していませんでした。

マインドのどんな決断も行動と体験の両方に影響を及ぼします。あなたは望むことを思います。これは妄想ではありません。あなたのマインドは将来を作ります。そして、まず贖罪を受け入れるなら、今すぐにも未来を完全な創造へ戻すでしょう。また、その瞬間、マインドも完全な創造に戻るでしょう。混乱した思考を手放すとき、適切に指図された思考が極めて明白になります。

19: 罪悪感が継続するのは、分離を信じる決断を持ち続けるからで、これが唯一の原因です。過去の誤った行動ではなく、今の瞬間、分離を信じる決断(選択)をするから罪悪感が感じられるのです。

20: 分離を信じる決断により、罪悪感と恐怖という破滅的な結果がもたらされます。