どもです。

今日は「ザ・マジックアワー」を観てきました。
公開前かなり三谷幸喜さんがウザイくらい番宣に出てたんで観る気満々でございました。
しかし、もっと早くに観る予定だったんですけどね、本日やっと観ることができました。



感想はというと・・・面白かったです。
私が観た回は満席で結構笑い声が聞こえました。


・・・が、ワタクシ的には最後のパンチがイマイチ弱かったかなぁ・・・と。

三谷さんの作品はドラマ、舞台といろいろ観てきました。
特に「12人の優しい日本人」「コンフィダント・絆」など「はぁ〜そうきたか!!」と唸らせる面白さがあるんですよね。
今回はそこまではなかったんです。
なんか物足りなさを感じてしまったわけです。

確かに、要所要所に三谷さんらしさが出てて笑えました。
あと、主役の佐藤浩市さんの新たな一面をうまく引き出していて、さすが三谷さんだなと思いました。
クールで物静かでかっこいい佐藤浩市さんですが、「コメディもいけるじゃん!!」
という感じでなかなかよかったですねぇ〜。

それに、脇役がかなり豪華でした。
最初、山本耕史さんが出てきたときは、「えぇ〜!!」ってビックリしましたけど、
それから出るわ出るわ・・・。
間違いなく上期の脇役の豪華さNo.1の映画だと思います。

また、三谷さんらしく寺島進さんや、小日向文世さん、浅野和之さんなど脇の役者さんがまたキラリと光って印象に残りました。

セットもなかなか細かく作られていてそこも見所だったと思います。

いろいろなところに三谷さんのごだわりが感じられる作品でした。