bf30cf3e.JPG海洋堂のリボルテックシリーズに、久々のヒューマノイドキャラ、しかもあのPS2版もつい発売されて話題の「Fate/stay night」より、ヒロインのセイバーさんが登場。ちなみに今回より、シリーズ名が「リボルテックヤマグチ」となり、定価2499円と500円値上がりしております。パッケージも、このポーズのまま梱包されている他、御馴染みのセイバーがカリバーンの柄に手を置いたCGがプリントされている台紙も付属。なかなか凝ってますが、もしかしてこのせいで値段上がってるんじゃないかと思うと複雑な気分。


口にピンクの墨入れは乙女の嗜みセイバーさん顔。デフォルメされているので原作通りとは言えませんが、それなりにイイ出来の頭部。目線が左方向一種類しかないのは賛否分かれるところ。ただ、塗装はあまりいいとは言えず、頬が黒ずんでいたり前髪に汚れがついているのはまだしも、首があからさまに変色してるのはどうなんでしょう。店で確認したんですが、ほぼ全ての個体が変色してました。


似たようなポーズ可動に関しては、肘以外のほぼ全ての間接にリボ球が仕込まれている上、それらが一見して分からないようになっています。逆を言えば、肘関節は普通のヒンジ式なので壊さないように最大限の注意を払う必要があります。ダンテを2体買って2体とも左肘ねじ切った自分だから分かります。
また左右腰のスカートアーマー基部も2段リボ球でフレキシブルに可動、ポージングの妨げにならないどころか開いた状態で固定できるため、カッコイイポーズ作りに一役買っているほど。イメージ的にはGP02の両肩ブースターみたいな。ただ、唯一この基部がリボ球まる見えなため、ビジュアルに関しては評価を落としているかも。
オマケでいつものように足の裏のダボに接続出来るスタンドがついているので、空中ポーズのまま飾ることも出来ます。安定性が色々不安ですが。


洗濯バサミがチラリ略してバサチラ武器は2種類、カリバーンと風王結界バージョンと称されたクリア素材製エクスカリバーが付属。正直クリアは手抜きにしか見えませんが、通常の塗装版エクスカリバーは後の黒セイバーに付属するらしいので、海洋堂のアコギさに辟易するのが正しいリアクションのようです。


正直ボリュームはありませんが、造型や可動方面でかなりアドバンテージを稼いでいるので、値上がりしてもそれほど損な感じはしませんでした。後は肘もリボ球にして、塗装をちゃんとすれば、個人的には完璧です。今後のシリーズにも期待してます。エヴァは食傷気味ですが。





騎士王型神姫騎士子とセイバーが揃ったらやらなければならない事。接続軸もなくただ上に乗っけてるだけなので首が多少埋もれてますが、正直似合いすぎ。頭の大きさは白子黒子とそんなに変わらないので、騎士子に限らず神姫の挿げ替え用頭部としても活躍出来そうです。