future world

映画に音楽♪そしていろいろ・・・未来log

2007年06月

憑神

憑神
23日公開映画・・・あまり観たいと思うものもなく、
とりあえず、友達も私も好きな妻夫木クンが主演ということで、憑神を観ることに。

ストーリーもさほど知らずキャストもノーチェック、軽い気持で観たが、
けっこう面白くて笑えました。
世は幕末、由緒ある家柄の次男彦四郎・・・秀才で人柄もいいのにツイテナイ、
そんな彼が幸運をもたらすといわれる向島の‘三囲稲荷(みめぐりいなり)’に参るはずが、ひょんなことで土手の麓にある‘三巡稲荷(みめぐりいなり)’を拝んじゃったために大災難。
この‘三巡さん’は災いをもたらす神様を祀っていたのだ。
貧乏神・疫病神・死神・・・絶対関りたくないものが順番にやってくる。。。
彦四郎は・・・さぁ、どうする?
この災いの神たちは容赦なく‘仕事’を真っ当するはず?なのだが、
この彦四郎を取り巻く人たちが、これまた厄介、ケッタイ、
彦四郎の人となりも相まって、神様のまるで‘人間化’?
いろんなドラマを観せてくれる。

貧乏神役の西田敏行は、最高に笑わせてくれた。
ふざけた、惚けた、一見人が良さそうなキャラはピッタリで、
間合いや喋り方が、暖かいようでイケズなようで絶妙。
疫病神役の赤井英和は、う〜ん・・・どうも危うい。
赤井さんは結構好きなんだが、芝居が素人臭くてなんだかなぁ。。
死神役の森迫永依ちゃん、まだ9歳だというのに芸達者、
可愛くあどけない表情の中に見せる‘不気味な顔’が凄い。
他にも、夏木マリ・香川照之・佐藤隆太・佐々木蔵之助・江口洋介ら‘上手いどころ’が脇を固め楽しめた。

死から逃れられなくなった彦四郎が、もがき悟り、自分のすべきこと・自分の死に場所を見出し、成長してゆく姿はなかなか良かった。

昔、人からある教えとして聞いたことがあったが、
「誰も手入れしていないような荒れ果てた神社・仏閣には願を懸けてはいけない」
・・・肝に銘じようと思う。

今年も梅酒☆

梅酒
今年も梅酒造りの季節〜〜
今年は去年と‘ちょっと違う梅酒’にしようかと、ほんの少し中味を変更。


材料は、南高梅を1k、焼酎を1.8ℓ、氷砂糖400g〜〜

南高梅は自宅近くのスーパーでキレイな大粒のものが見つかった。
お酒は、去年ホワイトリカーを使ったがどうせなら他のお酒・・・
手ごろなところでスッキリと麦焼酎・・・呑むなら芋焼酎の方が好きなんだけど。
氷砂糖も去年よりは甘さをちょっと控えて400gに。

焼酎はホワイトリカーに比べてアルコール度数が10度ほど低いので、
保管温度などに気をつけないといけないみたいだが、どうなんだろう。。。

さぁて、いつもと同じ保管場所に置いて、時々ゆらゆら〜〜
飲み頃が待ち遠しい〜♪

キサラギ

キサラギ
これ、めちゃ面白かったです、脚本上手すぎ!
ここ最近の映画では一番笑ったかも。。。

ワンシチュエーションで登場人物も少なく、殆んど5人中心で回っている。
同じコメディでも「舞妓Haaaan!!!」とは全く違うタイプで対比させると何だか面白い。
まぁ、舞台やテレビ向き、わざわざ映画にしなくても・・・なんて声も聞こえてきそうだが、
こういう‘オタク野郎の真髄’的なものが持てはやされてるのか、自分も含めて世間は結構興味アリ?何だか覗いてみたい、そんないかにもミニシアターっぽいところが嬉しかったりする。

如月ミキ〜時代に乗り遅れたかのようなアイドルが謎の自殺をして一周忌に、ファンサイトで知り合った‘究極のミキファン’5人が繰り広げる、可笑しく、スリリングで、暖かいハチャメチャストーリー。
5人の個性的な男たちのキャラも役者の持ち味にピッタリで全く無理がない。
決して勢いだけじゃなく、セリフ一つ一つが面白かったりする。
展開もオチもいいテンポで、スクリーンから目が離せない。
後半ホロリとさせるような流れもいい塩梅です。

さぁ・・如月ミキの死は自殺だったのでしょうか、それとも・・・

舞妓 Haaaan!!!

舞妓han
クドカンについてはあまりよく知らず・・・クドカン作品はテレビ・舞台・映画どれもちゃんと観たことがないのです。
阿部サダヲさんは結構好きです。。
この映画、映画館ではかなり前から予告編やっていて、あまりのしつこさに?どうしても映画を観たくなってしまった。。。

もう始めからハイテンション、ノンストップのぶっ飛び状態だが、
そんな中にも人情あり、京都文化の舞妓さんについての知識〜
舞妓さんと遊ぶには〜、一見さんお断り〜、舞妓さん事情〜など
「へぇ〜〜、な〜るほど」と納得したり。。

サダオさんは身体を張ったハイパワーぶりで凄かった。
筋金入りの‘舞妓オタク’、形振り構わず追いかける様はコワくもあり、羨ましくもあり。。。
ボケもツッコミも一緒くたの笑いは、タイミング間違えればグダグダになりそうだが、上手く乗り切ってる。
そしてあの‘ブリーフ姿’が・・・これ、トランクスやボクサーパンツじゃ笑えないか。。。
相対する堤真一も、コテコテの嫌らしさで上手く絡んでくる。
柴咲コウちゃん・・キレイな顔して結構コメディ似合っているんだよね。
所どころにチョコッと顔出す有名人・・・いいエッセンスになっていたと思う。

この映画の‘笑いどころ’・・・
始終アゲアゲ調子で、そのまんま受け入れられる笑いですが、
その分あまり含んだモノは感じられないです。
マッタリと「ムフッ」っていうのが好きな人はどうなんでしょう。
私はなんとかギリギリセーフでした。

あるスキャンダルの覚え書き

あるスキャンダルの覚え書き
ジュディ・デンチ&ケイト・ブランシェット、この二大女優の競演〜〜
観ないわけにはいかない、めちゃ待ち遠しかったです。
しかしまぁ、ゾッとする、ほんまコワい!
濃い内容で見応え十分、共感ではないが彼女らの心理状態がすごく感じ取れるのだ。

全く正反対な2人・・・自由・優雅・奔放、恋愛体質的な女教師シーバを
堅実・孤独・執着、恋愛に無縁な女教師バーバラが
嫉妬・欲望を絡ませて屈折した愛情と友情で取り込んでいく。

人の弱みを握ることや貸しを作ることで、その人より優位に立ったり束縛する行為は、余程の脅しでもない限りは犯罪とはいえない。
される側にすれば、始めは‘良き理解者’と思い頼りにさえするが、
いざという時に翻され物凄い恐怖へと変貌する。
する側・・・やはり自分に‘人として’の自信がないのだ。‘何か’で塞き止めておかないと不安で仕方ない。
いざという時にはソレを‘切り札’にすることを匂わせる。。
そして次なる生贄を求め繰り返されてゆく。

ジュディ・デンチ・・・まさにあの「M」か?と思わせるほどの周到ぶり、細かな観察力は探偵そのもの。
ツンとした表情、含み笑い、どれをとってもコワい。ほんとうに‘そんな人’に見えてしまう。
ケイト・ブランシェット・・・どの演技もいい表情をしていて美しい。
しっとりとのびのびとケイトの持ち味十分に生かしている。
この2人の対比が上手さゆえ、観る者を厭きさせない。

ケイトの夫役のビル・ナイ・・・なかなかシブくてカッコイイが、どうしても‘ディヴィ・ジョーンズ’が被ってしまう・・・今にもイカになりそうで。。。

テレビが〜来た☆彡

regza
あれはもう約1年前・・・ブラウン管の淵の画像がぶれだして、凄く観辛い状態に。
そして何とか暑い夏と寒い冬を乗り越えて、また暑い日々が始まろうかというこの時期に・・・
「もうカンベンならない!」ってぐらいの画像の乱れ、さすがに今年の夏は無理やろう。。。
そう、とうとう買換えいたしました!
東芝REGZA(レグザ)37Z2000 フルハイビジョン
先日某量販店にて購入、旧テレビの引き取り・設置・ポイント利用など合わせて
まぁそこそこの値段になりましたが、まぁ満足です。

前のテレビは28型で今度は37型、テレビ台は使っていたものを利用
これが丁度いい具合で買い換える必要もなさそう。
ビデオデッキ・レコーダーも動かす手間も無く楽だった。

やっぱり〜〜デカくてキレイだわ〜〜♪
画像は全く文句なし!
・・・なんだけど、音がね・・‘音質’がはっきり言って画質に負けてる。。。
この画質ならもっとワイドに迫力出せよってカンジ。
音楽DVD・ライブDVDを観るの楽しみにしていた私としては物足りん。。。
まぁね、他社製品と聴き比べした訳でもないし、マンションだからそう爆音も出せないから十分といえば十分なんだけどね。。
‘音重視’するならビクター製かソニー製にすべきだったのかな。。
外付けの5.1chスピーカーも一つの方法かも。。。
とりあえずは「音設定」で低音効かせて観る事に・・・でもイマイチ。。

とか文句言いながらも、‘テレビの時間’が毎日楽しいです〜♪

大阪市音楽団 第94回定期演奏会 ザ・シンフォニーホール

「友人の友人が演奏する」ということで、滅茶苦茶久しぶりに交響曲演奏会に行った。
オランダの作曲家ヨハン・デメイ氏の作曲・指揮で演目は
1.ウインディ・シティ序曲
2.エクストリーム・メイク・オーヴァー
 〜チャイコフスキーの主題による変容〜
3.交響曲第3番「プラネット・アース」本邦初演

全ての曲は今回初めて聴くこととなるのだが、
2番目の曲は・・・「あれっ?よく知ってる曲だ!」
我社ではお馴染み、某取引先のお待たせメロディ〜
冒頭には「チャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレ」を吹奏楽でアレンジ、ヘンな親近感を覚えてしまった。

特に聴き所とされている本邦初公開の「プラネット・アース」では、
冒頭から数回SEを駆使しての演奏で圧巻だった。
いやぁ〜、オーケストラでSEっていうのも初めてだったが、
またこれが凄いんです。
シンセで構成された音が空を舞い渦巻く様は、さすがシンフォニーホールといったところか。
テーマが「プラネット・アース(惑星・地球)」・・・
地球の生誕・生命・活力・ガイア(大地の女神)への賛歌と
浮遊感・癒し・エネルギーなど全てを兼ね備えた壮大な作品。
とりわけ中盤のチェロ・ハープ・オーボエかな、そのパートには凄く‘癒し’を感じたし、金管楽器総出の演奏には高揚感、パワーを感じた。
そして気になったのがティンパニ・シンバル・コントラバスのシブさ。
やはり‘リズム隊’は重要です。

私たちに用意してくださった席が1階後方のど真ん中で
音響でいえば最高にいい場所だったのではないでしょうか。
ものすごく綺麗に聴こえて、バランスもいいし。
ほんの少しの音も、震えも逃さない素晴しい音響、
アンプラグド専門のホールならではなのでしょうね。

音楽は〜やはり‘ナマ’が最高ですね!

岩盤浴〜♪

岩盤浴初体験〜〜今ごろ・・・そうなんです、健康オタクっぽいけど行ったことありませんでした。。。
今回初めて行ったのも、友達がお仕事している関係で誘ってもらったのです。
そもそも岩盤浴の知識さえあまり無く・・・「暖かい岩の上にタオルを敷いて寝て身体を暖める、凄い発汗作用があり美容と健康に最適」ぐらい。。
聞くところによると「始めにシャワーを浴びて岩の上で汗をかき、その汗はサラサラで洗い流さず拭き取るだけ」
・・・えっ、汗かいたまま服着て帰るの・・・?

まずお店に着いて案内してもらい、ロッカーで身支度。
最初に化粧を落としシャワーでサッパリ、パイル地の作務衣に着替えて水分補給。
この水が‘シリカブラック’という天然鉱石を浸してあり、ミネラルなどを豊富に含んだものらしい。
そして浴室に入る〜〜程よい湿気とヒノキの薫りで癒される。
自分の浴床にバスタオルを敷き、まずうつぶせ5分、あおむけ10分、
う〜ん、じわじわと汗が出てくる、やっぱりサラサラしてるな。
この15分で一旦浴室から出てクールダウン。
十分な水分補給をする。
このパターンを3回繰り返し、最後に汗を拭き取る。

もともと普通のサウナは大丈夫なのでこの岩盤浴、息苦しく無い分楽に癒された。
何といってもベトベトしないサラサラの汗、お肌もツルツルでちょっと驚き!
その後は新陳代謝が上がりすぎたのか?ずっと身体がホコホコして、
夜は眠くて眠くて・・・起きてられなかった。。。
翌日は‘スッキリ爽快’だったことは言うまでもありません。

しゃべれども しゃべれども

しゃべれどもしゃべれども
東京の下町を舞台に、二つ目の落語家を中心に展開する物語〜〜
笑いあり、人情あり、恋あり、仄々とした風情を感じさせてくれる、とても‘やさしい映画’だった。
「古典落語」については殆んど知識も無くっていうか・・・
始めから終わりまでちゃんと通して聞いたことさえないかもしれない。。
題名なら「寿限無」「饅頭こわい」「皿屋敷」「がまの油」ぐらいか、知ってるのは。
そしてこの映画の中で登場する演目は「饅頭こわい」と「火焔太鼓」が主体だったが、なんだか全編通してちゃんと聞いてみたい気にもなった。

いつの世も「上手く喋りたい」「想いを伝えたい」「笑わせたい」・・・
大勢を前に出来ることは難しい、出来る人が羨ましい。。。
人に教えられて気付くこと、自分自身の個性を知ること、
この物語でも、切磋琢磨して彼らは成長してゆく。

真打を目指す噺家に国分太一クン・・・最近では司会進行役などをソツなくこなす姿をテレビでよく観るが、
噺家っていうのはどうなんだろう、ドラマさえ観たことないし・・・
と思っていたが、噺家っぷりはなかなかのものだ。
最後の「火焔太鼓」の熱演ぶりには驚いた。かなり練習したんだろうと思う。
落語通の人からすれば‘声の張りかた’や‘間’など細かいことが気になるんだろうけど。
あとは何といっても、大阪から転校してして来て関西弁しか喋れない小学生役の森永悠希クン・・・
彼の桂子雀ばりの落語はスゴいし、各所の‘ツッコミ’が笑える。
我が道を行っててへこたれんところが頼もしいのです。
香里奈さんは・・・気の強い無愛想な女性が・・ピッタリだし。。
笑えない落語も・・ちょっとコワかったけど。

ようこそ☆
新着コメント
最新トラックバック
ホリデイ (のほほん便り)
ホリディ
ダ・ヴィンチ・コード (映画大好きだった^^まとめ)
ダ・ヴィンチ・コード
ジグソウ死す。「ソウ4」 (Addict allcinema おすすめ映画レビュー)
ソウ4
livedoor × FLO:Q
livedoor プロフィール

みらい

Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ