硫黄島からの手紙
「父親たちの星条旗」と2部作なのに、前作の余韻もなく、また比べようもないが、評判通りのいい映画だった。
太平洋戦争・・・両親や祖父母から当時の悲惨さ(父は大阪、母は東京在住だったので大空襲で自宅は炎上)はよく聞かされていたが、現地で戦う兵士の方々は当然それ以上の過酷さだったわけでしょう。
映画でも涙溢れるシーンが幾つかあったが、あまりにも生々しく目を覆いたくなる気持ちの方が強くて、泣いてる場合じゃなかったり。
かなり前になるが新聞のコラムに、硫黄島で実際に戦った方の2部作の感想として「現地での戦いや状況は、あんなもんじゃなかったよ。もっと過酷で悲惨で・・・人間らしさなんて無かった・・・」
私たちからは想像を絶するほど酷い状況だったのでしょうが・・
映画としては、過酷さや悲惨さを描きながらも、実在の人物達のエピソードを多少の脚色はあったとしても上手く盛り込み、いい作品になってると思う。

フィルムカラーが・・モノクロではない、色彩を極端に抑えたセピアっぽい色の中で、‘日の丸色の赤’と‘燃え上がる炎の橙’だけがクッキリ映え渡り、当時の戦場を偲ぶ想いと過酷な現実をシンクロさせてるようだった。

出演者もみな好演、渡辺謙は栗林中将を風格、人となりを損なわず演じきってる。
二宮くんは・・・演技を観るのは初めてだが、なかなか良い。どちらかといえば現代モノの方が合ってるように思うが、この西郷氏の「お国のために玉砕?いや、なんとしても生きて戻ってやる」みたいな精神、ある意味‘ヘタレ’かもしれないが、この戦場下で見せる彼の表情や言動は心打つものがあった。

やはり「玉砕」や「天皇陛下万歳!」は理解したくない・・・
「反戦」を再認識した感覚です。