シッコ
マイケル・ムーア独自のドキュメンタリータッチで、
分かりやすくユーモアたっぷりの作風。

アメリカの医療費はバカ高い〜〜ということは知っていたが、
正直ここまで酷い現状には驚き。。。
「国民皆保険」は公的制度として一部負担はあるものの、日本ではほぼ行き渡ってるが、
アメリカでは公的な制度は無く、民間の保険会社に加入するわけだが、
なんとそのハードルの厳しいこと。
大きなハードルとなる既往症、その膨大な数・・・
たとえ加入出来たとしても、いざ保険請求となれば、
徹底的にほんの小さな既往症まで調べ上げ却下するという。

病院の医師までも、いかに保険不適用とするかで給料まで決まる現実
マトモそうな大学病院や総合病院で、医療費の払えなくなった患者をまるでゴミのようにスラム街に捨てる現実
9.11での必死の救命活動で健康を害した人たち、ボランティアという理由で補償も無く高額医療費を払い続けている現実
それらと裏腹に、極悪テロリストを収容するグアンタナモ収容所での最新技術の医療設備と手厚さ・・・
全く狂ってる。
これらを観る限りアメリカには滞在したくないね。。。
しかし日本も、保険会社の保険金未払い・高額医療費・急患のたらいまわし・・・
アメリカの属国的な国として他人事ではない。

それに比べ、カナダ・イギリス・フランス・キューバは医療に関しては恵まれすぎやね。
あまりの雲泥の差に言葉を無くしてしまう。
‘国民性と政治’の違いでこれほど違ってしまうものなのか。。。
日本の政府・政治は・・・国民を騙し翻弄し、年金・医療・軍事など懸案だらけ、
先行き不安は否めないなぁ。。