レッドクリフ2
これは劇場スクリーンで観るべき、
迫力十分で楽しめました〜。

パート1での序章、いよいよ決戦というところから。
前作を観ているのでキャスト・人物関係は三国志を知らずとも
すんなりパート2には着いていける。
80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ連合軍・・・
やはり孔明の頭脳明晰ぶりはスゴイ!
太陽・雲・風〜そのすべてを読み感じ、天気予報士なんて足元にも及ばない?
見事な的中率、勝因ここにありといったところ。
10万本の矢も、感心するばかり。

前作同様、活躍した女性たち〜
小喬は美しさはもちろん、勇敢にも勝利をもたらし夫に、軍に、国に貢献。
尚香も勇敢に敵陣へ乗り込み、スパイとして兵士として大きな活躍。
男臭く壮大な戦いの中に、女たちのしっとりしたドラマもいいんじゃないかと思う。
連合軍の三勇の戦いぶりは見ごたえあり、孔明の聡明なイメージ、
周瑜のしなやかな剣の舞、降りしきる矢の大軍、爆裂する炎など
見せ場には十分な満足感があった。

最後のオールスター勢揃いは大サービスといったところなのか。
まだまだ続く三国志・・・らしいが、上手く纏めた感じがします。