335026view003
ジョニー・デップ、ヒース・レジャー、ジュード・ロウ、
そして監督がテリー・ギリアムだもの〜
もう観るしかないって!


CMの予告を観るだけでは・・・
なんとも不思議な世界、時代不明、この世かあの世か、
ヒースの未完作品を一体どうやって3人で演じきるのか、
なんたってテリー・ギリアム監督だもの、益々わけわからんことになりそう。。。
と、思ったけど、これが意外と楽しめたのです。

遊園地の片隅で見世物舞台を営業する怪しい4人組・・・
見てくれも4人4様で奇抜で個性的、なおさら誰も近づかないって。。
邦題では‘鏡’ってなってるけど、なんだかごっついアルミニウムのカーテン?
原題では‘イマジナリウム’っていう装置らしいが。。

人間の欲望が見せる夢のような世界、そしてその選択〜
パルナサス博士も悪魔との賭けで愛する人・不死を手に入れ1000歳も生き続けてはいるものの、
その代償に怯える憂鬱な毎日。
そんな爺さんがいざなう摩訶不思議な瞑想の世界〜
ちょっと迷い込んでみたいような、恐ろしいような・・
コッテリ、ベタッとした感じが、いかにもギリアムなんでしょうか。。。
生前ヒースは鏡の‘こちらの世界’を全て撮り終えていたおかげで、
ジョニー、ジュード、コリンは‘あちらの世界’をそれぞれ担当、
その繋がりが全くムリなく受け入れられる。
そう、ヒースのトニー役のイメージを壊すことなく。
お三人さんの出番はやはり少なかったけど、彼らの魅力は十分、
しっかり濃厚に堪能しました。

ヴァレンティナ役のリリー・コールがとても魅力的、
とびきりの美人ではないけど、あの得体のしれない?奴らの中にいると
なんだか天使のようでした。