future world

映画に音楽♪そしていろいろ・・・未来log

アロマテラピー&ヘルス

炭石けん

墨石けん
‘炭’といえば・・・脱臭、デオドラント効果〜
ってことで、今回はちょっと黒っぽい?石けんです。


総量約550gの材料は基本の
オリーブ油、ココナッツ油、パーム油の他に、
米ぬか油とスイートアーモンド油を使います。
あと精製水に苛性ソーダ。
使用した精油は
ラベンダー・スーパー、オレンジ・スイート、ローズマリー・シネオール、
ジュニパー、
合計120滴、6mlも入ってます。
先生とこの講習なのでこんな贅沢なこともできる訳で〜有難い!

炭は薬用炭を使用、もちろん人体には無害なものです。

香りは結構爽やかで、泡立ちもなかなかいい。
米ぬか油を入れると、やや泡立ちが抑えられるときいたけど全然OKです。
炭だけどタオルが黒くなったりすることはないしね。

アロマスプレー☆

アロマスプレー
夏からずっと猛威をふるう新型インフルエンザ・・・
自分の周りではかかったという話は聞かないけど、
相変わらず学級閉鎖や死亡のニュースを聞くと、やっぱりコワい。。。

こまめな手洗いやうがいの励行はもちろん、しっかり食べて(食べすぎ?)十分な睡眠も心がけなきゃ。。

アロマもね〜〜♪
アロマスプレー〜今回作ったのは空気清浄としてのもの。
材料
  無水エタノール   15ml
  精製水       15ml
  精油        12滴
精油は抗菌・抗ウイルス作用のあるものとして、ユーカリグロブルス、ユーカリラジアータ、ティートリー、ラベンダー、ペパーミント、ローズマリーシネオール、ローズウッドなどがいいと思います。

上記の30mlに対して12滴の精油で濃度が2%なので、スプレーした後の空気を吸って丁度いいかなって感じです。
喉の痛みを和らげるマウススプレーなら、精製水の割合を増やして精油の濃度を1%にすればOK!

2種類作って、自宅とオフィスで香りを楽しんでます♪ 

マロウインフュージョンソープ

マロウ
久しぶりの手作り石けんです。

マロウとは〜
和名:ウスベニアオイ、メディカルハーブとしてはかなり有名なものです。
このハーブエキスは皮膚や粘膜を刺激や炎症から守ってくれて、保湿効果も高く化粧品にもよく使われているようです。
そして、ポリフェノールの一種であるアントシアニジンも含んでいるので、
抗酸化作用により活性酸素から細胞を守る効果もあるそう。

今回はこのマロウの抽出液を使って石けんを。

精製水にドライハーブのマロウを加え、一晩ねかせ抽出液を作り
これをいつものように苛性ソーダと混ぜて、その後植物油と混ぜる方法。

植物油は、セサミ油・グレープシード油・ココナッツ油・パーム油を使用、
精油はローズウッドを使用。
ローズウッドは抗菌作用や抗ストレス作用など期待でき、穏やかで優しい精油です。

使い心地もまろやかでしっとり感のあるステキな石けんです♪

〜香りのセミナー〜☆

4月26日、いつもお世話になっている‘山本淑子アロマセラピストスクール’主催の講演
『香りのセミナー』を受講しました。
朝から夕方までの丸一日通しての講演、遠方から来られた方も多く内容も濃くて貴重なお話を沢山聞くことができました。

1.アロマテラピーの真価    校長 山本淑子先生
精油成分・含有量の重要性、ケモタイプの正しい認識など実践家としての視線で
なお且つ、丁寧でわかりやすい。
メディカルアロマテラピーはとても奥深いです。

2.お口の健康と香り 江崎グリコ 健康科学研究所 農学博士 滝井寛先生
お口の香り・・・そう口臭です、原因・成分・作用など社会生活する上で無視できないもの。
グリコ製品‘ブレオ’や‘ポスカ’の開発・研究・実験など貴重なお話もありました。

3.フランス人の香りについて  コンセプトクリエーター アンヌ・マリ雅子ド・ポルテュ先生
テーブルウェアのデザイナーであり食空間の演出などされてる、フランスと日本のハーフの先生。
フランス人の香水に対する考え方、生活習慣、家庭での教育など驚くようなお話も満載、
とにかく日本人とフランス人の文化・考え方の違いには改めてビックリです。

4.香りが人体に及ぼす影響  奈良教育大学教育学部 音楽研究室 教授 福井一先生
ヒトフェロモンの存在についてとその効果〜神秘的で奥深い、やはり存在するのですね。
香りによるステロイドホルモンへの影響〜ストレス時に産生されるコルチゾールと元気のもとである男性ホルモンのテストステロンの分泌や働きについて。
これまた男女で影響が全く違うんです、驚きました。
ちなみに福井先生の専門である‘音楽が人体に及ぼす影響’も興味深かったです。
統計的に見て、好きな音楽を聴くことにより女性はテストステロンの分泌が増し、男性は抑制される・・・
つまり女は元気になり男は沈静されるらしい・・・ほぅ!

5.薔薇の香りと健康の秘密  NPOバラ文化研究所 パフューマリーケミスト 蓬田勝之先生
某化粧品会社の研究所で香料分析の研究をされていた先生です。
薔薇の芳香成分についてはもちろん、現代バラの香りタイプ7種や注目の香り成分‘ティーローズエレメント’についての貴重なお話。
種類豊富な薔薇だけに含まれている香り成分はとても複雑で微妙なバランスで香りも様々。
「香りの研究はバラに始まりバラに終わる」と言われるだけあります。

各専門分野をお持ちの先生方の貴重な研究結果やお話で、充実した時間を過ごせました。
改めて‘香り’がもたらす様々な作用・効能は、いろんな分野で学術的にも研究・実証されていることを知りました。

  

さくらソープ

さくら石けん
大阪では桜も散り初めとなりましたが、
今使っているのはこの‘さくらソープ’〜

2月に作って使用できるのはやっとこの時期、
だからこそ、使い心地もひときわ、お風呂の時間が楽しくなります♪

材料は、オリーブ油・ココナッツ油・パーム油の他に
ノイゼット油(ヘーゼルナッツ油)と米ぬか油を配合。
‘若返りのオイル’といわれる高価なノイゼット油と
有効成分を沢山含んだ米ぬか油の入った石けん・・・
うん、なかなか贅沢かも!

他材料は精製水と苛性ソーダ、そして色付けのためにピンククレイ、
香り付けのために桜の葉をパウダーにしたものを利用。
桜の香りを大事にするために今回精油は入れませんでした。
型に流し込む時・・・気をつけたのですが、あまりきれいなマーブル模様にならなくて・・・まぁいいか。。。

使い心地もなかなか、気に入ってます♪

ソープディシュ

ソープディシュ
このスポンジの石けん置き〜
只今愛用中です。

使ってるうちに水分が底にたまり、トロトロになってしまう石けん、
とても勿体ない。。。
この石けん置きは、粗めのスポンジなのでいつもカラカラ、
石けんとの接触部分も水気なしで常に石けんは乾燥していて
溶け流れは一切ないのです。
おかげで石けんは長持ち、いい状態でずっと使えます。

‘マーナ スポンジせっけん置き’
値段は367円とお安い!見た目は安っぽくておもちゃみたいだけどね。。
私はこちらで買いました。

ハンドクリーム☆

シアバター
久しぶりにハンドクリームを作りました。

シアナッツバターをベースのもの・・・
数ヶ月前に作ったものがちょっと硬めだったので、
今回はシアバターを1g減らしてみました。


シアナッツバター     6g
マカデミアナッツ油    3ml
精油 ラベンダー     1滴
   フランキンセンス  1滴

作り方は、シアナッツバターを湯煎で溶かし、キャリアオイルを入れる。
粗熱を取ってから精油を入れ、容器に移し冷めたらふたをする。
写真はまだ冷めてないのでやや黄色っぽいが、冷めたら白くなります。

ちょっと柔らかめが欲しかったのでいい感じ、よく伸びてなじみます。

さぁてと〜、チマチマ使うとしよう。。

新年☆バーゲン☆福袋☆

アロマミスト
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年は・・・いいこともそうでないことも沢山ありました。。
今年は〜どうでしょう、家族・仕事・趣味・遊び・・・
より一層きびしい年になりそうな予感ですが、
何事もポジティブに受け入れていきたいと思います。

まずは年頭の、初詣に初売りは欠かせません!
いつも通り地元の住吉大社に詣でて古札納めに新札の用意、
おみくじは中吉、「神のご加護があります」と嬉しいお言葉。
今年1年、肌身離さず持っていようかしら。。

何年かぶりに福袋を買いました。
写真のもの「生活の木」で1万円の福袋です。
中身は「アロマミストディフューザー」とブレンド精油、
実はこれ狙ってたもので、ディフューザーは通常16000円以上するものなので、
前から欲しかった私にとってはかなりのオトク!
精油の微粒子を霧のように拡散して、灯りも幻想的で癒されます。

あと買ったもの〜〜ワンピ、カットソー4点、スニーカーかな・・
まずまずのお買い物でした。

6日間あったお休みも、あっという間ですね。。。

ガットフォセ社の基材でアンチエイジング☆

ガットフォセ
ルネ・モーリス・ガットフォセ〜
アロマテラピーを学ぶ者ならご存知、
「アロマテラピー」という言葉を生みだしたフランスの化学者だが、
ガットフォセ社〜私はこれを知らなかった。
なんでも、ガットフォセ氏の子孫の方が経営する会社で化粧品を直接、製造・販売するというより、基材を化粧品会社に提供するのが本業らしい。
11月にこちらの基材を使ってシミ・シワ対策の化粧品を作る講習会があり、早速参加した。

〜シナライトにガチュリン・エクスプレッション〜
なにやら聞きなれない難しい名前・・・でもこれが結構スゴいんです。

まずはシナライト。
エンジュやキウイの果実、クララ根に含まれ、メラニンの合成に関する反応を阻止し美白効果をもたらしてくれる。
細胞障害性もコウジ酸に比べるとはるかに低いらしい。
そのうえヒアルロン酸に対して保護作用があるので、保湿性もあり皮膚の自己補修にも貢献している。
今回作った化粧液は、ローズウォーター10mlにシナライト20滴、これを朝晩試すことに。

そしてガチュリン・エクスプレッション。
キバナオランダセンニチという植物から採れるこの成分、
シワの平滑効果、特に「目尻のシワ」には効果的とのこと。
生体試験でも約1か月の使用で80%以上の被験者が効果ありという結果。
今までのアンチリンクル成分と比べて、効果がすぐに現れるらしい。
今回はジェル10gにガチュリン10滴をよく混ぜて、これを朝晩気になる小じわに塗布することに。

あれから約1か月、その効果は・・・
美白に関しては、「シミが無くなった」ってワケにはいかないが、
気になるところはそこそこに、くすみもやや改善された感じ・・・
小じわに関しては、結構効果あるみたい!
1か月でコレならもっと使い続けるとかなり良さそう。
もちろん平坦にピ〜ンとハリが出るなんてことはないでしょうが、
ヒアルロン酸注入ぐらいの効果(やったことないけど)はあるんでしょうかね。。

ガチュリンはアンチリンクルには良さそうですね。
私が使い始めたころ、11月にはまだ国産化粧品には無かったのですが、
今日ネット検索したら2社ほど製品を販売しているようです。
ただ含有濃度と他添加物が気になるのでしばらく様子見、
でも自分が使ってる化粧品ラインナップに登場したら、きっと買ってしまうかな。。

ローズ石けん

ローズ石鹸
今使ってる洗顔石けん〜〜
この‘ローズ石けん’です。

もちろん手作り、材料は基本のココナッツ油・パーム油・オリーブ油、
苛性ソーダに精製水、レッドクレイなど
そして精油はローズ・パルマローザ・イランイラン・ベンゾイン・ローズウッドとたっぷり使用。
特にローズを多めに入れたので(先生ありがとう)バラの薫りが際立っている。
バラ型のモールドに流し込んで作ったので、見た目も香りもバラ・薔薇・ばら・・・
うっとり幸せな気分に。
特徴的成分により、皮膚組織再生作用や瘢痕形成作用などお肌にいいことばかり、
普通に浴用として使うのは勿体ない・・・ので洗顔に使っております。
泡立てネットでしっかり細かく泡立てて、優しく洗い上げるとお肌もプルンと
つっぱることもありません。

また作りたいけど・・・材料費高いので自宅ではちょっと無理かなぁ。。

試験結果☆

何とか‘合格’してました。
とりあえずは一安心、さぁ次は・・・
そう、まだ挑戦すべきもの〜〜
大半の人はここから「アロマセラピスト」を目指したりするんだけど
しばらくは一旦小休止、マイペースでアロマティックに過ごすつもりです。

アロマテラピーインストラクター・・・
「アロマテラピーの知識や方法を専門家として指導できる能力」を認定されるわけだが、
実際、仕事として稼げるかといえばなかなか難しいのです。
アロマテラピースクールで講師として人に教えるって物凄くパワーのいることです。
自分も先日まで教えてもらってたので本当にそう感じます。
昨今歴史でさえ、新事実が解明され塗り替えられることもあたりまえ、
アロマテラピー、主体は‘植物の力’、人間の体のこと、健康学・・・
新しい知識は当然出てくるし、教える者は常に敏感にならなきゃだめ。
生徒の質問にも的確に対応、日々勉強なのです。
資料作りはもちろんのこと、重要なことも取りこぼさず、わかりやすく魅力的な講義ができること・・・
自分は程遠いです。。

私を教えてくださった先生は、すごく解りやすかったです。
板書の仕方も上手い、まとめ方も解りやすい、そして滑舌が良くて声がきれい。
一時フランスに住まわれてたせいかオシャレな雰囲気の方でした。
「こんなふうに自分もなれたらなぁ。。」と思いつつの勉強でした。

スポット的な講師やボランティアじゃ、メインの仕事としては成り立たないし、
今のところはまだ‘趣味’の枠から抜け出してない感じです。
とはいえ、アロマテラピーはとても奥が深い、植物の力は壮大なものです。
芳香のみならず、精油に含まれた化学物質による素晴らしいパワーに期待し、日常に取り入れ楽しみたいと思います。

初めてのマンモ・・・

去年初体験の乳がん検診は超音波のみで、
これは一応「問題なし」、しかし超音波だけじゃちょっと不安・・・
そこで今年は超音波&マンモグラフィでの受診。

この二つの検査方法、
超音波は乳腺の発達している比較的若年に適しているそうです。
マンモグラフィは小さな乳がん(石灰化したもの)も発見できて
40歳以上に適しているそうです。

さぁどこで受けるか、まずはネットで検索、自分の休暇予定や場所・料金など確認し
いくつかピックアップ、大阪市内の某クリニックを予約した。

今や‘ピンクリボン運動’も世界的に盛んで、女性の乳がんに対する考えも深刻なものとなってるのに、
実際30代・40代の女性で毎年乳がん検診を受けている人はどれくらいいるんだろう。。
私の周り・・・受けてない人結構います、私自身も去年から受けだしたし。。
現状では職場の健康診断には義務付けておられず、あくまでも自主的に受ける以外ないもんね。
そのうえ自費なので高い・・・私の場合も8000円かかりました。

しかし・・・マンモは痛い!ペシャンコに挟まれるんだもんね。。
「痛くて我慢できなくなったら言ってください」って・・・
メチャ我慢したつもりだけど、アレでちゃんと撮れてるんかな。。
結果は約2週間後。。

インフルエンザ予防接種

金曜日に早速受けました。
10月に入ったとたん、インフルエンザ予防接種を促す広告がやたら目につく。
接種してから抗体ができるまで約3週間ほどかかるらしいので
今頃から11月中くらいには受けておく方がいいらしい。
風邪なんかひいて体調崩すと受けられないしね。
約5〜6か月は有効とのこと・・来年3月ぐらいまでは効いてるのかな。。

ここ数年受けてるので、いつものように問診表書いて熱測って
左腕に注射、その日の入浴はOK、どうってことないはずだった・・・
その晩、なんだか体が異様にダルい眠い、翌朝も異様に眠く起きるのが辛い。。。
これってワクチンのせい?ただ単に疲れてるせい?
ちょっと風の初期症状みたいな感じ。
お昼を過ぎたくらいからマシになったけど。
今年のワクチンはちょっとキツイのかしら・・

先生の話では、世界的に専門家が今年の流行りを調査・研究しワクチンを開発するので、世界中どこでも同じ型のワクチンらしい(あたりまえか・・)
日本では製薬会社数社がワクチンを作ってるとのこと。
自分が受けたのはどこ製のかは知らんけど、会社によって製法や何かが微妙に違って、その人に合う合わんがあるのかどうか。。。

インフルエンザウイルス、今シーズンの流行は・・・
その予想は的中するのか、はたまた‘新型’が登場するのか・・・
とにかく私的にも公的にもインフルエンザに罹ってる場合ではないので
一応の一安心・・・。。

本日は試験なり・・・。

今日はアロマテラピーインストラクター試験でした。
(社)日本アロマ環境協会の民間資格ではありますが、
アロマテラピーに興味があり趣味の一つとしてる者としては
挑戦したい資格の一つです。

・・・で、出来具合は・・・う〜ん・・ビミョウ。。
いろんなことで忙しくて勉強不足・・・なんてのは言い訳にしかならんし。。
そもそもこの試験、指定された教科書というものが無く、「資格マニュアル」に示された範囲を勉強するというもの。
参考図書は案内されているものの、範囲が広すぎて独学だとかなり困難なのです。
私は一応スクールには通いました。
一通りの勉強〜精油学・歴史・健康学・解剖生理学など全12学科約50時間。
自分なりに理解はしたつもりで、出版されてる問題集も今は100%解けます。
が、敵もさる者、そう簡単にはいかないのです。。
「そうくるか・・」「こんなパターン無かったやないか」みたいな。。
結構掘り下げてちゃんと理解してないと解けないものや迷う問題が多かったような。
協会も出版されてる問題集を研究してるのか、毎回問題の傾向は変わってるという話は聞いていたけど、やはり。。
国家試験なら問題の持ち帰りOKだったり、過去問題集ってのが出版されてたりで勉強しやすい資格もあったけど、
この試験は持ち帰り禁止、試験問題を公共の場に転載も禁止してるので
ほんま勉強しにくいわ。。

と、予想以上の不出来感にちょっと泣き入ってます・・
また来年受けなアカンかも。。
結果は約1ヶ月後。。。

黒砂糖石けん

黒砂糖石鹸
〜人にやさしい、地球にやさしい〜〜
最近ではもうバスタイムには「自作手作り石けん」しか使ってません。

‘黒砂糖石けん’、なんだか甘そうなイメージだけど、
ほんの大さじ1杯ほどを使うだけ。
グリセリンのような保湿効果をもたらします。
材料は基本のココナッツ油・パーム油・オリーブ油に
今回はレッドパーム油を使用、全体がオレンジっぽい色に。
精油は
シトロネラ・ジャワ、真性ラベンダー、ローズウッド、プチグレン、イランイランをブレンド、
フローラルでややスパイシーな感じです。
黒砂糖を混ぜるので少しザラザラするのかと思っていたけど、全く気になりません。
使用感も良く細やかな泡立ちで、癒し効果もバツグン!

フィジオライン

フィジオライン
女性の大敵‘セルライト’・・・
一度蓄えたら減らすのは困難という厄介モノ、
自分にはどれくらい付いてるのか分らないけど、
せめて気になる部分だけでも何とか落したい!

先日、友達から聞いたフィジオライン
彼女の勤務するサロンでも扱ってるらしくモニターとして試したところ、
使用感がいいので「効いてる気がする」らしい。。。
「新感覚のボディ用マッサージジェル」〜〜
使い続けてキュッとなめらか・・・ホンマかいな・・・
昔流行った‘ディオールのスヴェルト’みたいなもんか?
塗ってマッサージして痩せる?どの程度なんか・・・
少し引き締まるぐらいでもヤランよりマシか。。。

とりあえず1本購入、落としたい部分を集中的にやれば1か月は使えるかな。
思いっきり缶をシェイクして逆さにしてジュワッ!
すかさず肌にのばすと「プチプチ」とヒンヤリ弾ける感覚が気持ちいい!
この使用感は結構イケてます。
すぐに肌に浸透するので手早く‘もみもみマッサージ’
このマッサージをどこまで念入りにするか・・・
気合入れてやりすぎると痛いし肌にもよくないもんね。
やり足らんと効果無い気がするし。。。
マッサージ後は‘トウガラシ成分’のせいか赤くなり熱く火照ってくるが、
それもやり始めて数日間で今はもう何ともない。

約1週間ほど続けているが、まだそれらしき効果は感じない。
一応メジャーで計測してるけど、0.5〜1センチくらいかな・・・
自分で測ると曖昧なのよね。。。
缶が空っぽになるまであと数週間は続けなきゃ。
さぁて、効果のほどは・・・。。

アプリコット石鹸

アプリコット
久しぶりの石鹸作り〜〜
つやつやしっとりの「アプリコット石鹸」をアロマソープ講習会で作りました。
材料は、基本のココナッツ油・パーム油・オリーブ油に
アプリコット油を全重量の5分の1入れる。
アプリコット〜〜〜
原産地は中国、ラテン語で「アルメニアのスモモの木」、
和名では「西洋アンズ」と呼ばれてる。
バラ科でオイルは種子の部位を使用。
サラッとした使用感で、乾燥肌・加齢肌にも最適。

精油は、クラリセージ・真性ラベンダー・リトセア・ローズウッドを加えた。
合計60滴、3ml・・・結構入ってる!
攪拌して最後混ぜ合わせるとき〜香りにすごく癒される。

すでに乾燥などの工程を終えて、今バスタイムで使ってます。
自然な細かい泡立ちで使用感もいい!
「自分の手作り」っていうだけで愛着も湧くってとこかな。。

初体験・・・

生まれて初めて・・・胃カメラを飲みました・・
っていうか、鼻から入れたんだけどね。

去年受けた健康診断の胃レントゲン(バリウム)で要再検査という結果で、
より詳しく見れる胃カメラを試みたのだが。。。
私の周りでの胃カメラ経験者の話を聴けば、
「全然平気、苦痛も無かった」って人から
「めっちゃ苦しくて、もう二度と御免」って人までいろいろ。。。
どうも・・「最新式のマシーン」とか「先生のウデ」にかかってるっぽい。
最近は〜‘口’からでなく‘鼻’からカメラを通して、検査中に喋れる方法があるらしく(これが口より楽なのかどうかは知らないが)
その方法で診てくれる病院を探した。

当日、もちろん朝から絶食、一番に尿検査。
尿に出る抗体でピロリ菌がいるかどうかが分かるらしい。
着替えてベッドに横になる。
さぁて、右左、どっちの鼻?
看護師さんが両方診て「左にしましょう」
そして、液状とゼリー状の麻酔を鼻の穴に注入、奥を広げるために管を突っ込む処置を2回ほどする・・・コレがめっちゃ痛いのよ!
この段階で「鼻は・・シッパイやったかな・・私、ほっしゃん。ちゃうし・・・」ってコワくなる。。
数分待って先生登場、いよいよ胃カメラ発進。。
「最初に通す時にちょっと苦しいところが3箇所あります」
えっ、マジ?麻酔したやん、管で広げたんちゃうん?
「はい、ここガマンしてください」うっ、痛い!
「はい、ここも!」やっぱり痛いって!
「はい、最後です」あかん、痛いって!
「モニター観てください、今食道映ってますよ」
私は・・・ここが一番苦しかった、もう・・エズきまくり!
胃に空気を送りながらカメラを通すので、ゲップとエズキのオンパレード・・・
胃が飛び出すんちゃうかってぐらい酷かった。。。
カメラが胃に到達して・・・そんでもやっぱり苦しい。
健康診断時のポリープらしきものは結局なんともなかった。
しかし・・・胃壁に数箇所の出血、ほっといたら胃潰瘍へ進行するレベルのものらしい。。。
くまなく観察してるうちに、苦しさも無くなり大分慣れてきたところで終了、
「もう終わり?せっかく慣れてきたのに・・・」
カメラを抜いて鼻から外したとたん、鼻血が〜!
鼻の穴も結構痛いのよ。。。

尿検査の結果、ピロリ菌は陽性、その薬と胃炎の薬を処方された。

‘口’からと‘鼻’からとどっちが楽なのか・・・・

どっちにしろ、あの‘エズキ’にはマイッタ。
出来ることなら、もう受けたくないわ。。。

シアナッツバター石鹸

シアナッツバター
手作り石鹸第二弾は〜
「シアナッツバター石鹸」
材料は基本のオリーブ油・ココナッツ油・パーム油に
シアナッツバターをたっぷり配合し保湿効果を持たせる。
他有効成分・香料としてエッセンシャルオイル
ティートリーとラベンダーを石鹸素地約550gに対して
6ml使用、いい具合に香りたつ。
ローズパウダーを大さじ1杯、
とてもビミョウな?色・・・ローズというより、黄土色に近いかも。。

前回同様、アロマテラピー講習会で作ったので、
材料の配分は全て先生が‘鹸化率’をもとに計算してくださったもの。
なので、1g単位でキッチリ計って手際よく作業するので
ボケーっとしてはいられない。
とか言いながら、実は慌ててマスクをせずに苛性ソーダと水を扱ったものだから、
思いっきりガスを吸い込み・・・むせ返り、暫らく咳が止まらなかった。。。
ほんま、このガス強烈です。。。

一月半ほど自然乾燥させて〜やっと使える!
自然でマイルドな泡立ち、優しい使い心地〜〜
手間ひまかけて自分で作るからこそ、
バスタイムもなおさら癒される気分かな♪

アカン・・・何もやってへん。。。

うちには「ビリーズ・ブートキャンプ」「サイドステッパー」「ダンベル」「バランスボール」・・・
これだけ揃ってます。
どんだけ〜〜、鍛えるつもりやねん!
って・・・殆んど活用できてません。。。

ビリーは・・・ダンナの知人経由で譲り受け、そのうちやろうと思い暫らく放置、
昨日やっとDISK1を再生、10分経過までに汗だく、ゴムバンド無しで続けたけれど、
20分経たないうちに「やってられへん、このクソ暑いときに!」
やはりもっと涼しくなってからやろうと決めた・・・
ホンマにやるかどうかは不明。。。

サイドステッパーは・・・1年ほど前にディノス通販で購入。
購入直後はマメにやってたが、「踏むだけ」という単純な動作に厭きてしまい、
今は部屋の片隅に。
テレビ観ながら簡単に出来るんだが、その手軽さが仇になり、
「いつでも出来る」という気持ちから結局何もせず。。

ダンベルは・・・何年か前に阪急イングスで購入。
女性のエクササイズには最適な2Kのデザインもオシャレなもの。
当初は「ダンベル体操」のマニュアルも見ながらやってたが、
やはり・・・長続きはしなかった。
今は箱ケースの中で眠らせている。。。

バランスボール・・・上に座ったりポーズをとったり・・・
どこがどう鍛えられてるのか実感も無く、一番早く厭きてしまった。。。
今は膨らませたまま、部屋の隅でひっそりと。。。

自宅で一人で規則正しく・・・難しいわ!
これ全部ちゃんとやってたら、ナイスバディのマッチョ女か・・?
ようこそ☆
新着コメント
最新トラックバック
ホリデイ (のほほん便り)
ホリディ
ダ・ヴィンチ・コード (映画大好きだった^^まとめ)
ダ・ヴィンチ・コード
ジグソウ死す。「ソウ4」 (Addict allcinema おすすめ映画レビュー)
ソウ4
livedoor × FLO:Q
livedoor プロフィール

みらい

Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ