こんにちは技術部の鎌田です。

今日は弊社の車止めのオプションのLED7灯型の検品作業を行いました。

LED7灯型は発光方向を変える事で、目的に応じた視認誘導効果が得られます。

近年は繋離船作業者の安全性向上が課題となっていますが、通常岸船標示灯は箱型の形状が多く、

係船ロープの引掛りの懸念があります。弊社ではLEDを車止めに内蔵する事により、

係船ロープの引掛りがなくなり安全性が向上されます。

led_led7_01


今回検品作業を行ったLEDについても今月と来月に出荷される車止めに内蔵されます。

ちなみにLEDは4つのパーツで構成されています。

DSCPDC_0003_BURST20181201055609291_COVER
LED本体


DSCPDC_0003_BURST20181201055557544_COVER
点滅回路


DSC_0545
ソーラーパネル


DSC_0544
バッテリー


これを全部つなぎ合わせ動作確認を行います。


その数17基


DSC_0543


弊社の車止めは角形鋼管の強度を活かした車止めとなっている為、車止めの空間を活用し、

LEDや給水管を内蔵する事が可能です。

現場でLEDの設置や給水管でお困りの方は 弊社 鎌田までご連絡下さい


LED製品紹介
http://www.miraikouro.co.jp/infrastructure/led/led7/