こんにちは。

営業部の古舘です!

今日は最近、お問い合わせが多くなっている車止めのメンテナンスについてのご提案です。

弊社の車止め【コラムストッパー】はおかげさまで海外、国内の港湾・漁港において約20年の実績を積み上げることが出来ました。
最近では破損などによるパーツ交換の依頼も増えており、改めてその維持管理性が評価されています。

特に利用状況の厳しい現場ではカバー交換の需要が増えており、今回は現行仕様のカバーをより耐久性をアップさせた補強カバーをご紹介します。


画像 003
黒い部分がコラムストッパーのカバーです。



通常のカバー内がどうなっているのかというと
このようになっています。
IMG_0858
車止め端部のエンドカバー


標準仕様でも十分に耐久性はありますが、補強カバーはカバー内をリブ構造にすることでより耐久性をアップすることができます^_^
※通常品と比較して約5倍アップ!!​

IMG_0854
車止めのコラムが収まるようにしています。


IMG_0849
専用の切り板を溶接固定させます。



IMG_0855
めっき後のカバー内

上記のように溶接固定後、溶融亜鉛めっき処理を行い塗装を施したら完成です。


せっかく交換するのであれば、今よりも良いものに交換したい!!
そんな要望にも未来航路は取り組みます^_^


IMG_0856
製造部の期待若手ホープ、岩神君^^
「まだまだ勉強していつか皆さんを超えます!!」

期待してますよ〜〜( ̄∀ ̄)!!