こんにちは。


技術部の鎌田です。

前回の古舘のブログで補強カバーが耐久力5倍にUPと紹介がありましたが



本当なの?



と思われてる方もいらしゃるでしょうから、工業試験場にて検査を行っています。



試験機にカバーをセットします。

最初は通常のジョイントカバーから


IMG_9007





IMG_9014

試験機が降りてジョイントカバーに食い込みます。

IMG_9015

50.2KNで潰れてしまいました・・・


次は補強用ジョイントカバーです。

IMG_9018



IMG_9023

試験機が降りて、角形鋼管とカバーの間の隙間が無くなっているのが分かります。



IMG_9026

先程と同じ条件で行いましたが、カバーの変形は見られませんでした

じゃあ今度は補強カバーを破壊するまで荷重を掛けてみましょう。

IMG_9039


さすがの補強カバーでも310KNでは原形を保つ事は無理だったようです。


IMG_9041

サイドが膨らんでいます。

実際にサイドが膨らみ始め変形が見られたのは240KNでした。

これで補強用のジョイントカバーは約5倍の強度がある事が言えます。


次はエンドカバー

IMG_9043

エンドカバーはRになっている箇所に荷重を掛けます。


IMG_9046

先程のジョイントカバー同様50KNで潰れてしまいました。


次は補強用のエンドカバーです。

IMG_9049

こちらも50KNの荷重では変形が見られませんでした

IMG_9051


同じく破壊されるまで


IMG_9065

IMG_9069

IMG_9072

283KNではごらんの通りです

こちらは150KNから変形が大きくなり始めました。

以上の試験結果から補強カバーの有効性はかなり大きいと言えます

詳しい試験結果が気になる方は 技術部 鎌田まで御連絡下さい。