未来航路株式会社

未来航路ニュースです! 毎回HOTなニュースを発信いたします!!

2018年10月

給水管内蔵型車止め in 函館港 !!

こんにちは、営業部の冨田です。

今回は、10月より暫定供用が開始されたばかりの函館港に
設置した給水管内蔵型車止めを紹介します!


1539757495011
    ↑給水管内蔵状況①

1537965834864
   ↑給水管内蔵状況②

1539757503891
  ↑管取出し部


クルーズ船への給水の為、給水管を車止め内部に配管しました!
ジャケット岸壁内の埋設を無くすとともに管の外部露出を防ぎ、岸壁の景観向上にも配慮できます
1539842893362
 ↑車止め施工完了!この中に入っているとは驚きですね!

給水、給電設備を必要とする岸壁では、
管内蔵型車止めが強い味方になることは明白です!

~給水管内蔵型車止めの情報はこちらから~
http://www.miraikouro.co.jp/infrastructure/stopper/column_stopper_water_pipe/

気になられた方は是非ご連絡ください

車止めの塗装ってどうしてるの?

こんにちは!

営業部の古舘です。

今日は弊社の車止めの塗装についてお話したいと思います。

「未来さんの車止めの塗装ってどうしてるの?」
「なかなか工場に行く機会がないから一度は見てみたいね~」

という声をよくお客様から頂戴するので、ご紹介したいと思います。



塗装①


①車止め本体(角形鋼管)を専用の治具へ固定させます。

②治具を回転させながら4面を均一に塗料を吹き付けて塗装していきます。

③天端面の滑り止めについては上塗時に硅砂を吹きかけてから塗料を吹き付けて塗装していきます。

④この作業を下塗り、中塗り、上塗りと3日かけて行います。

⑤強制乾燥炉で4時間「温度60度」かけて乾燥させて塗料を落ちつかせます。


塗装②
天端目に硅砂を吹きかけます。


IMG_0243
コンテナを自社改造して製作した強制乾燥炉


IMG_0246
今日の塗装担当は製造部の中川さん!

「塗料が垂れないように均一に吹きかけることを常に意識している。簡単そうに見えるけど、気を使いながら丁寧に塗ることを心がけとるよ!」

なんともプロフェッショナルな言葉
そんな人が当社には沢山いますので、頼りになります


今回は塗装工程についてご紹介しました^_^

鉄の魅力を再発見!

みなさんこんにちは!
営業部アシスタントの清田です。

今日は当社の開発室と製造部で製作した
作品を紹介したいと思います!


スチールイントレチャート 
                         ~ Octagon Coaster ~ です!!

DSC_4126


帯鉄を使うことで、重厚感もありながら
スタイリッシュな作品に仕上がっています。


DSC_4154
 

アイスコーヒーをより美味しく感じそうな
コースターです

加工方法によって表情を大きく変える、
鉄の魅力を再発見する作品となりました





測り込みします


こんにちは技術部の鎌田です。

技術部の仕事は図面を描いたり、製造指示書・承認願・ミルシートの作成が主な仕事ですが

今日は久しぶりの現場での測り込み作業でした。

1人が基点を押さえ、1人が数値を読み、1人がそれを書く作業をします。

今日の現場は大体400mでしたが、3人で2時間位で終了しました。

IMG_6923
全国どこの現場にも測りこみに行きますのでご連絡下さい


ギャラリー
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 博多港の視察よりレポート