こんにちは技術部の鎌田です。
今日はLED標示灯の商用電源タイプの紹介です。
標準仕様はLED本体・バッテリー・ソーラーパネル・点滅回路の組み合わせですが
お客様の要望に応えれるようにLEDの構成を変更する事も可能です。

今回の現場は商用電源対応、点滅用のスイッチを設けて欲しいとの事でしたので
仕様をそれに合わせLED標示灯の形状も見直しました。


IMG_4480
スイッチ部です。

IMG_4481
錠をかけれる様にして、管理者の方以外はスイッチを押せないように蓋を設けました。


IMG_4495
こちらは端子台です、上側の3本のコードはLED標示灯側の電源装置に繋がっています。
現場で下の3箇所(写真では2本のコード)を商用電源に接続すれば接続完了です。


IMG_4482

IMG_4479
最後に点滅確認をして・・・バッチリです

ちなみにLED標示灯が何故こんなに脚が高いかというと・・・



車止めの背後に設置し、海側に向かって点滅させる為です。
現場に150Hの車止めが設置されていますので、その分脚を高くしパイロットに向かって岸壁の位置を知らせる為にこの様な形状になりました。

今度、岸壁に設置した写真をブログ内で紹介させていただきます。