こんにちは技術部の鎌田です。


北海道から福岡までの帰路の話になります。

前回の続きです。
http://blog.livedoor.jp/miraikouro3888/archives/26473463.html


無事に納品も終わり、時間を気にする事無く福岡に戻るだけなので、
帰りは太平洋側を帰りました。と言っても日本海側も太平洋側も時間も距離も余り変わりません。
気持ち的には山形・秋田での高速道路が部分的に工事中なので帰りの方が早い気がしました。


東北道の一部区間では最高速度が時速120kmに引き上げられた区間がありました。
これまで東北道や新東名の一部で試行的に引き上げが実施されてきましたが、
正式運用は日本では初めてのことらしいです。


とりあえず食事とお風呂を求めて宮城に走ります。
宮城と言えば牛タンですが、コロナ対策で席と席の間隔を空けて営業しているため
待ち時間があり、中々空いているお店がありません。

ようやくお店を見つけ牛タンを食して、お風呂と睡眠を兼ねてスーパー銭湯に行きます。
スーパー銭湯では4時間程休憩し、福岡に向けて走ります。

途中、那須高原のサービスエリアに寄りましたが朝の4時だというのにお土産屋さんは
営業中で・・・なんと24時間営業らしいです。

そのまま東京・神奈川・静岡・愛知を抜け、大阪から福岡までフェリーで帰る予定でしたが、
予定より早く着きフェリーの出発時間まで4時間程あるので、それならば車でと思い・・・
福岡まで車で帰りました。

往復3600km・・・時間にして52時間・・・
頑張れば北海道まで車で行けるんだなと感じた夏の終わりでした。


DSC_0017


静岡のサービスエリアで食べた生しらす丼です。