未来航路株式会社

未来航路ニュースです! 毎回HOTなニュースを発信いたします!!

安全対策グッズ

嬉しい悲鳴4・・・ステンレス製ハシゴ

こんにちは技術部の鎌田です。

まだまだ工場ではステンレス製ハシゴの製作に追われています。
今回は愛媛県で使用されるハシゴを紹介します。

通常はハシゴの足を掛ける部分がパイプにローレット加工した仕様なのですが
現場からの要望により足掛け部はチャンネルに滑り止めプレートを溶接した仕様になりました。

IMG_7508


IMG_7509


IMG_7510

初めての仕様なので設計・製作も色々と工夫をしながら作業を行いました。


IMG_7561

IMG_7560

IMG_7562


いつもと違った仕様で手探りの状態の作業だったので、
製作者の岩神君曰く「足掛け部の製作が大変だった」との事でした。

今回のハシゴの梱包からハシゴ本体には養生フイルムを貼らずに出荷します。
出来る限り現場でのゴミの削減、海洋プラスチックのゴミ問題に少しでも取り組んでいけるように
頑張って行きたいと思いますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

「岩上君まだまだハシゴ製作あるからね・・・」


嬉しい悲鳴3・・・ステンレス製ハシゴ

こんにちは技術部の鎌田です。

今日はちょっと変わったステンレス製ハシゴのご紹介です。
なにが変わっているかというと・・・

ハシゴ本体と足掛けパイプの固定方法が違います。

通常は足掛けパイプをえぐってハシゴ本体に溶接するのですが・・・
この物件ではハシゴ本体に足掛けパイプを貫通させる孔が開いています。

こんな感じです☟☟
IMG_7500

そこに足掛けパイプを飲み込ませて溶接する仕様です。

1611546226278

1611546223198

マジックの線より右側の部分がパイプの中に入り込んだ状態になっています。

これは溶接本来の強度に加えて、物理的に固定されている状態なのでより強固なステンレス製ハシゴになっています。

ただ、通常の溶接だけの固定でも設計基準を大きく上回る仕様となっているので本来の溶接仕様でも問題はありません。

参考☟
ハシゴの強度試験

このハシゴは現場の仕様と同じにして欲しいという要望から生まれた仕様です。
外注にはなりますが、ハシゴ本体のパイプにレーザー加工にて予め取付孔を開けてます。

今後も出来る限り現場の声に応えながら製品作りを行っていきます。

今回のハシゴの製作も岩神君がリーダーになって現在製作中です。
IMG_7501


IMG_7502

IMG_7503

ステンレス製ハシゴはこちら

嬉しい悲鳴2・・・ステンレス製ハシゴ

こんにちは技術部の鎌田です。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年お伝えしました、嬉しい悲鳴。
昨年は沢山のハシゴの注文を頂きました。今年も昨年よりも1基でも多くの受注を頂けるように
頑張っていきたいと思います。

そんな中、製造部がハシゴの加工を行っていますので少しずつご紹介します。

最初は北海道の「苫小牧港」の物件です。
ハシゴはㇵの字仕様とR仕様になります。

IMG_7474

IMG_7472

IMG_7473
製作する際には定盤上で組んでいきます。

IMG_7485
仮溶接終了後、本溶接を行います。

IMG_7489
製品完成後にもう一度、製作した岩神君の手によってメーカーマークの貼付・
寸法検査・梱包を行っていきます。


IMG_7492

IMG_7493
製品は運送を考慮して2m以内に納まるようにジョイント仕様になっています。
ジョイントが上手く組み合う様にタグにて色分けされております。


IMG_7491

後は梱包して出荷を待つだけです。
今回のステンレス製ハシゴ6基は岩神君が製作リーダーとなり3人で約1週間で製作しました。
まだまだ続きます・・・

ステンレス製ハシゴはこちら

新製品開発に向けて

こんにちは技術部の鎌田です。

今日は製造部・営業部・開発室・技術部の合計9名で近くの西浦漁港にお邪魔しました。

弊社より車で10分の場所にある西浦漁港は最近ではインスタ映えスポットの近くという事もあり
糸島でも人気のエリアの一つです。

以前紹介しましたこちらも西浦漁港の近くです。  
番外 ドラ〇もんは好きですか? : 未来航路株式会社 (livedoor.jp)


今日は皆でインスタ映えスポット巡りに来たわけではなく・・・

来年度に向けて新製品開発の為の現場検証に来たわけです。

IMG_7405


IMG_7411

新製品については詳しくは記載出来ませんが、少しづつ形になってきたら、こちらで紹介させて頂きます。

お楽しみに!

嬉しい悲鳴です・・・

こんにちは技術部の鎌田です。

あっという間に12月も残すところ半月となり、毎日忙しい日々を送っています。
最近は全国の販売店やコンサルの方からのハシゴの作図依頼が増えています。

またそれが嬉しい事に受注に繋がりハシゴの製作も年々増加しています。


そんな中でも今月に入って20基以上の注文を頂きました。

私も嬉しい悲鳴を上げています。

以前もご紹介させて頂きましたが、弊社では物件毎の岸壁構造に合わせたハシゴの設計を
行っているので、現場にマッチしたハシゴの御提案をさせて頂いています。

今回のハシゴ20基も形状が様々なので製造する際の加工図の作成や
使用するパイプの延長を拾いだし・・・発注、パイプの曲げは外注になるので納期に間に合うように
調整しながらと・・・注文を頂いてからの技術部の仕事が様々あります。

そんな中でも利用者の方から「ハシゴの脚掛け部をフラットにして滑り止め加工にして欲しい」と
要望を頂き、下記のような脚掛け部を使用したハシゴの製作も今回に含まれているので改めて加工時にご紹介出来たらと思います。

DSCPDC_0003_BURST20201119174737333_COVER

ステンレス製ハシゴはこちら☟☟
https://www.miraikouro.co.jp/infrastructure/safety/hashigo/


ギャラリー
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • コラムガード改良しました。
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 鶏飯最高!
  • 博多港の視察よりレポート