世界中の若者が集まる場所をつくる!

現在、ワタミタクショクに勤務している梶ヶ山さん。「ワタミに入社した動機は、夢を仕事にできる社風に魅力を感じたこと」と言う梶ヶ山さんには、大きな夢があり、すでにその夢に向かって大胆な歩みを進めています。実は梶ヶ山さん、ワタミに入社する前は旅行会社に勤務し、主に修学旅行やホームステイなどを扱う「教育旅行」を担当していたのだそう。その経験から、教育とは何か、夢とは何かを考え続け、もっと満足度の高い教育旅行の機会の必要性を感じてきました。そして、夢として描いたのが、若者たちが滞在できる「自然夢センター」をつくるということ。そんななか、梶ヶ山さんは、ある時、兄夫婦に誘われて訪れたアメリカの田園地帯を訪れ、その風景に大きなこころの安らぎを感じたのだそう。そして、なんと、その土地を夢を実現するための土地として購入。その広さは、110エーカー(東京ドーム約11個分)。全貯金をはたいての、一大決心でした。


「自然夢センター」ができる場所は、美しい田園地帯。

それから8年、夢を実現するための計画を具体的に立て、学校計画や建築図面も制作しました。夢センターの経営目的は、「すべての世界の若者たちに、あらゆる出会いと触れ合いの場と、夢発見の場を提供すること」。運営基準は、「自分の子どもも入れたいと思えること」。
そして、夢センターが他の自然学校と違う点は、「夢学習」を取り入れた自然学校であることだと梶ヶ山さんは言います。今の自分と未来になりたい自分を見つめ、どうすれば日分が目指す未来の自分に近づけるのかを考える夢学習とのカリキュラムには、自然体験学習、座禅、語学学習なども組み込まれています。

この夢を通じて描く未来は、争いのない平和な世界だと梶ヶ山さんは言います。「大自然の中で、大人も子どもも、自分自身の夢とそこで出会う人たちと向かい合うことで、世界で起こっていること、環境問題、格差社会、戦争や平和など、色々な事を自分で考えてそこにいる他国からの仲間と討論し、世界の将来を考える。他の国に、そんなひとり仲間がいるだけでも、その意識は変わるものです。その体験から、自らの夢発見に繋がり、将来世界で活躍するリーダーたちが育つのです」

来年2012年は、第一回のサマーキャンプの実行を計画しているという梶ヶ山さん。最終選考会で、さらに熱く夢を語ります。


-----------------------------------------
最終選考@中野サンプラザ

■日時:日時:2012年1月30日(月)18:30~21:00(17:30開場)
■場所:中野サンプラザ東京都中野区中野4丁目1-103-3388-1177
■会費:2,000円(税込・全席自由)
■プログラム
・みんなの夢アワード2012 最終プレゼンテーション
・わたなべ美樹トークショー
■チケットのお申し込み:イープラス
■お問い合わせ
みんなの夢をかなえる会 03-5737-2790
-----------------------------------------