1:2014/10/03(金) 14:22:02.52 ID:
 リベリアで医療活動中にエボラ出血熱に感染したフランス人の女性看護師が、日本の製薬会社が開発したインフルエンザ治療薬を投与された後、快方に向かっていることが分かった。フランスメディアが3日までに報じた。 治療薬は、富士フイルム傘下の富山化学工業(東京)が開発したファビピラビル(販売名・アビガン錠)。今年3月に日本で承認を取得したが、エボラ熱に対する承認は得ておらず、エボラ熱の患者への投与は初めてだった。

フランスからの要請を受けた富士フイルムが、日本政府と協議の上で薬を提供。看護師は9月19日から服用を始めていた。富士フイルムの広報担当者は「患者の容体は申し上げられない。(今後の薬の活用については)政府や国際機関と協議を進めていく」と話した。(共同)

Sponichi Annex 2014年10月3日 13:56
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/10/03/kiji/K20141003009038930.html


210:2014/10/03(金) 15:12:52.60 ID:




>>1
3種類の薬を混ぜて使ってなかったっけ?
日本の薬も役に立ったのなら嬉しいけど
実際どれが効いたかは良くわからないはずだよ




216:2014/10/03(金) 15:15:48.32 ID:
>>210
基本的に内科治療って、人間の治癒能力を補助する医療だからね
生存者から作った抗体が効いた、って可能性が高いような気がする

225:2014/10/03(金) 15:20:07.69 ID:

>>1
ファビピラビル(販売名・アビガン錠)薬名も販売名もいまいち発音しにくい。


287:2014/10/03(金) 15:48:04.79 ID:

>>1
このアビガンと、ZMapp、TKMエボラのカクテル治療なんでしょ?とにかく良くなってよかったよ。
少なくとも組み合わせでいけることが確認できた訳だし。





452:2014/10/03(金) 21:14:08.63 ID:
>>287
アビガン以外は大量生産出来んぞ
zmappもtkmエボラも50人弱分くらいの在庫しかないし
アビガンは効いて欲しいって願望込みだからなあ
サルの臨床治験結果がほぼ効果なしってのが痛い







454:2014/10/03(金) 21:16:23.41 ID:
>>452
アビガンは使用料増やす実験中なんで、まだなんとも言えない。



他の薬と併用して生還率上がるかどうかも、実験して見ないとわからない
しばらくは、おまじないとしてとりあえず服用するしかないだろうな。
347:2014/10/03(金) 16:36:43.29 ID:

>>1
この薬、潜伏期間には効かないのかな。
潜伏期間に効くなら入国時の服用を義務付けて欲しい。

351:2014/10/03(金) 16:41:29.63 ID:

>>347
効くよ。でも3~5つのウイルスで発症しちゃうから、
結構レアケースかもね。

357:2014/10/03(金) 16:49:53.31 ID:

>>347
ttp://medicineblog.blog32.fc2.com/blog-entry-254.html
favipiravir(富山化学のアビガン):マウスでは有効性を示したがサルの試験では6頭中1頭のみ生存。用法を変えて試験中。
インフルエンザ治療薬として日本で承認。治験症例1000人以上で重大な有害事象は報告されていない。
しかし、エボラの治療に提案されている用量はインフルエンザの2~5倍多く、治療期間も長くなる可能性。
催奇性を持つので妊婦に投与すべきではなく、妊娠検査や避妊薬服用が必要になる可能性。暴露後の予防に用いることを検討中。
用量次第だが1万コース以上を利用できる可能性。最大で一日18錠服用しなければならない可能性があり悪心の患者には適さない可能性。

暴露後の予防に用いるとあるので効くでしょうね
4:2014/10/03(金) 14:23:26.29 ID:
これ治るといっても初期段階にしか効かなかったような



222:2014/10/03(金) 15:18:21.55 ID:
>>4
タミフルとかとは作用機序がちがうよー




237:2014/10/03(金) 15:24:02.07 ID:
>>4
先進国特に日本なら、それで充分だわな。
パンデミックも、そんなに怖くなくなった。




247:2014/10/03(金) 15:29:16.86 ID:
>>4
細胞内の核に入ったウイルスのRNAを転写複製増殖させない薬だから
初期じゃなくてもOKみたいよ




257:2014/10/03(金) 15:31:59.28 ID:
>>247
各器官等の結着がズタズタにされない限りは回復する可能性はあるわな。




275:2014/10/03(金) 15:39:40.56 ID:
>>247
転写複製増殖を阻害ってのはその通りなんだが発症後期だと効果は期待できないと思う
エボラは細胞外基質のコラーゲンとか溶かしてしまうので皮膚や臓器が脆くなり出血する病気
だから発症から時間経つとそもそもの臓器がズタズタにされて回復できないし
ファビピラビルは内服薬だから消化器系がやられた後だと身体が吸収できない




282:2014/10/03(金) 15:44:14.56 ID:
>>275
>だから発症から時間経つとそもそもの臓器がズタズタにされて回復できないし
臓器や血管がズタズタになって出血したり溶け出すのは
わりと最終段階では?それより早い発熱しだす段階で人間の治癒力でカバーできる範囲なら
回復はすると思う。>ファビピラビルは内服薬だから消化器系がやられた後だと身体が吸収できない
溶液にして点滴すればいいと思う




34:2014/10/03(金) 14:30:22.20 ID:
このクスリのメカニズムからして、重症患者には効かないけど
早期に投与すれば治る可能性は高いな
とりあえず人間にも効くってわかった事は大きい


36:2014/10/03(金) 14:30:48.97 ID:
これって複数の薬同時に投与してるんだろ?
どれが効いたかわからないじゃん


51:2014/10/03(金) 14:34:57.94 ID:
他の薬も使ってるから
アビガンだけの効き目はどの程度かわからないらしい


74:2014/10/03(金) 14:40:59.56 ID:
ウィルスの増殖を遅らせて体の免疫機能を助ける薬だっけ?


79:2014/10/03(金) 14:42:16.69 ID:
北米で認可された抗エボラ出血熱薬は大量生産が出来ないんだってな。
で、日本の抗エボラ出血熱薬は大量生産がきく、エボラ出血熱の拡大に対処薬の生産がおっつくかどうか、人類破滅かどうか概念かかっている。


104:2014/10/03(金) 14:48:18.09 ID:
ただのインフルではなく「鳥インフル」用の新薬細胞内のリボ核酸(RNA)に働きかけて
あらゆるウイルスの生育を止める新しい作用の薬



129:2014/10/03(金) 14:55:04.88 ID:
血清やワクチンがなければ
アビガンでウィルスの増殖を抑えておいて自己免疫の準備ができるのを待つ
そう言う薬


178:2014/10/03(金) 15:04:06.64 ID:
治ルンです


179:2014/10/03(金) 15:04:38.48 ID:
富士フィルム 昔はうつるんですを作ってたのに
今はなおるんですを作ってるのか



183:2014/10/03(金) 15:05:22.09 ID:
>>179
おまえ、上手すぎるな



281:2014/10/03(金) 15:44:12.86 ID:
フランス人看護師は16日感染発覚19日投与開始で
10日間40℃の熱出してたの見るに72時間がギリギリだろうな


301:2014/10/03(金) 15:53:54.66 ID:


仕組みが全然違うZMappは置いといて、
これでTKMとアビガンのどっちが効いたのか争いになりそうだな。


310:2014/10/03(金) 16:01:56.27 ID:
今の所、2万人分備蓄されてるのはアビガンだけ。
他が効いたと言われても困る。


366:2014/10/03(金) 17:03:02.73 ID:
おお、本当に効くんだ。よかったよかった。ちょっと安心した。インフルエンザの薬がエボラに効くってのもびっくりだけど、
エボラに効くという効果を最初に発見したのもびっくりだな。どうやって見つけたんだろ。

ウィルスがRNAをコピーするのを防ぐ、という効果らしいから、
これインフルエンザ以外にも効く汎用性があるんじゃね?と理屈で気付いたのかな?
その上で動物実験して、人体投与という流れ?



522:2014/10/03(金) 22:54:00.32 ID:
学生時代微生物の先生が「いずれAIDSの特効薬も出来る。
人類の歴史ではそうやって感染症と戦ってきた
だがまた新しいウイルスや病原体が現れる。
永遠にその繰り返しだ」
これはよく覚えてる


556:2014/10/04(土) 00:20:01.47 ID:
四十度の高熱が続いて話す事も出来ない、という記事もあったんで
快方に向かっているのはホントよかったわ
あとは副作用と後遺症の心配かな


569:2014/10/04(土) 00:49:31.30 ID:
エボラの死亡率が高いのは感染後に体内でウイルスが一気に増殖するからだっけ?
初期段階でこの薬使えば増殖を抑えられるから死亡率が減るってことか


606:2014/10/04(土) 01:40:58.03 ID:
これは量産できるんだよな?



609:2014/10/04(土) 01:43:40.36 ID:
>>606
今現在実験的に使われてる薬の中では唯一大量生産が可能



655:2014/10/04(土) 07:10:52.18 ID:
初期はZmappを投薬してたんだろ?
そっちのおかげじゃね?


657:2014/10/04(土) 07:26:25.85 ID:
Zmappその他で症状が改善せずに死にかけたから、
最後の手段としてアビガンを投入した。で、改善し始めた。



669:2014/10/04(土) 11:04:27.29 ID:


あ、こんなんあったわ。●
米CNNテレビの27日付報道によると、
エボラ出血熱の感染拡大が続き、患者数が病院の収容人数を
遥かに上回っている。
今も感染者数が絶えず増加し援助やワクチンは影も形もなく、
絶望の中でリベリアの医者は患者にHIV治療薬を投入するほかなかったが、
これにより思いがけない効果を得た。
タブマンバーグの隔離センターで医者のローガン氏は、
すべてのエボラ出血熱感染者にHIV治療薬のラミブディンを投与し、
感染者15人のうち13人が生還した。
死亡率は70%から7%に下がった。
生還した患者らは感染して5日以内にラミブディンを服用したという。




674:2014/10/04(土) 11:17:38.12 ID:
>>669
http://www.washingtonpost.com/news/to-your-health/wp/2014/10/02/a-liberian-doctor-is-using-hiv-drugs-to-treat-ebola-victims-the-nih-is-intrigued/試験管レベルの実験では今のところ効果なしだそうです、実験は今後も続けるみたい





677:2014/10/04(土) 11:24:08.11 ID:
>>674 せんくす。
試験管では効果は無かったけど投与して改善したって話もあるので、
引き続き実験を続けるってことね。



760:2014/10/06(月) 10:42:53.59 ID:
インフル治療には普通は使えないんだね 副作用が奇形の恐れだと
http://diamond.jp/articles/-/49229?page=2



762:2014/10/06(月) 10:50:19.95 ID:
>>760
インフルエンザでも致死率がそんなに高くないタイプの場合は、
催奇性のある薬の投与は躊躇されるだろうね。エボラかそれに近い致死率のインフルの場合はそんなこと言ってられないんで、
子作り禁止して投与するしかないわな。




764:2014/10/06(月) 11:30:46.58 ID:
エボラ方面で薬売れると富山化学としては助かるし、臨床例がそれなりに集まれば
インフルに使えるように改良できるかも知れないな


775:2014/10/06(月) 19:12:48.26 ID:


ドイツはアビガン単独投与みたいですね。
初期~中期なら効く、と言うことなのかな?



776:2014/10/06(月) 19:23:46.79 ID:
>>775
まじ?他の薬はもう無いの?




777:2014/10/06(月) 19:47:29.20 ID:
>>776 あるよ。あるけど
ZMapp  ・・・製造に手間がかかる為大量に用意できない。非常に高価。
TKMエボラ・・・副作用がハンパないので、おいそれと使えない。で、現在大量に用意できるのはアビガンだけでつ。