注目記事をチェック!

携帯・スマホ・タブレット

任天堂のゲーム5タイトルがiOS向けに登場

0
コメ
  • 1:名無しさん必死だな@\(^o^)/:2015/05/11(月) 14:03:22.97 ID:i+5HC6iZ0.net

    明らかにされたところによると、次会計年度末(~2017年3月31日)までに5本程度のゲームアプリを投入する予定とのこと。
    非常に少ないようにも思えますが、これは「現存するタイトルを単純にモバイルデバイス向けに移植しても、快適なプレイはできない」ことや、
    「投入するゲームをすべてヒットさせる」という任天堂側の意志に基づいての決定とされています。

    スマホ向けゲームの開発やユニバとの連携でIPの価値を上げるなど積極的に動いてるね
    任天堂は企業として次の段階に進もうとしてるけどソニーは相変わらず赤字のままだよね?

    http://ggsoku.com/2015/05/nintendo-ios-game-app-planning/


    4:名無しさん必死だな@\(^o^)/:2015/05/11(月) 14:08:18.87 ID:09L22B2w0.net

    アップルの株価さらに上がるなこれ
    そのうちソニーとかは買収されちゃうんじゃないの



    26:名無しさん必死だな@\(^o^)/:2015/05/11(月) 14:40:21.72 ID:sLmVDXik0.net

    >>4
    日本がバブル期はソニーがアップル買収まであと一歩だったが
    金銭的に諦めた
    が、いまとなれば数十億程度で渋ったことは後悔してもしきれないのがソニー

    Sponsored Link



    この記事の続きを読むにはここをクリック

    週間少年ジャンプが電子書籍配信開始!しかも購入すれば無期限で読める!月額契約が900円でお得そう

    0
    コメ
  • 週間少年ジャンプの電子書籍配信開始!

    1:2014/09/22(月) 15:21:11.03 ID:
     集英社の看板マンガ誌「週刊少年ジャンプ」が、22日から電子配信を始めたことが明らかになった。今後は雑誌(紙媒体)と
    同じ発売日の午前5時に配信する。価格は単体300円、月額900円。単体購入は紙媒体(260円前後)よりもやや割高になるが、デジタル限定でカラーマンガを掲載するなどして差別化を図る。 合わせて、スマートフォン、タブレット向けのアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」の無料配信を始める。オリジナルの無料マンガを25作品以上連載するのに加え、荒木飛呂彦さんの新作読み切り「望月家のお月見 岸辺露伴は動かない エピソード4」を掲載。また「ドラゴンボール」(月曜日)や「ワンピース」(火曜日)、「るろうに剣心」(土曜日)などを復刻連載する。
    電子版のジャンプは「少年ジャンプ+」から購入できる。集英社によると、増刊マンガの配信などはあったが、集英社の定期刊行マンガ誌を、紙媒体と電子版で同時展開するのは初の試み。電子媒体にも展開することで、多くの読者の取り込みを図るのが狙いという。

    まんたんウェブ 9月22日(月)10時24分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000002-mantan-ent




     91:2014/09/22(月) 15:52:59.09 ID:



    >>1
    うむ、10年分ぐらいジャンプが溜まってる、これ以上溜めたくないので電子配信の方が良いのかね




    100:2014/09/22(月) 15:54:38.44 ID:
    >>1
    ぜひ90年代の連載をwebで再現してもらいたいものだ



    この記事の続きを読むにはここをクリック

    top-back