注目記事をチェック!

サッカー

ハーフナー・マイクのリーガ移籍が決定!奇跡的に1部に昇格したコルドバと2年契約

0
コメ
  • 1:2014/07/22(火) 04:03:52.37 ID:
    ハーフナー、リーガ1部昇格のコルドバに移籍
    GOAL 7月22日(火)3時30分配信リーガエスパニョーラ1部昇格組のコルドバは21日、
    フィテッセに所属していた日本人FWハーフナー・マイク(27)の獲得を発表した。昨季に42年ぶりとなるリーガ1部復帰を決めたアンダルシアのクラブは、
    「日本人ストライカーのマイク・ハーフナーはコルドバの新加入選手です」との声明を伝えた。
    ハーフナーとコルドバの契約期間は2年で、1年の延長オプションが付いている。

    ハーフナーは昨季、フィテッセの公式戦36試合に出場して10得点を記録した。

    (C)Goal.com

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140722-00000041-goal-socc






    5:2014/07/22(火) 04:05:37.60 ID:
    めちゃくちゃ活躍してるのに代表に呼ばれなくて可哀想だったね






    6:2014/07/22(火) 04:05:39.00 ID:
    コルドバって誰がいるんだよ






    11:2014/07/22(火) 04:06:48.08 ID:
    スペインで日本人全然活躍しねえ 大丈夫なのか






    Sponsored Link



    この記事の続きを読むにはここをクリック

    ギリシャ戦引き分けたことで決勝トーナメント進出確率は上がったらしい

    0
    コメ
  • 下記のサイトで面白い分析をしていましたのでご紹介。
    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/loversportss/article/46

    ここの記事によると
    ギリシャ戦は引き分けが一番よかったとのこと。

     

    【ギリシャ戦、日本が勝っていた場合】

    勝ち点は以下の通り。
    コロンビア6、コートジボワール3、日本3、ギリシャ0
    ギリシャはこの時点で予選グループ敗退が決まり、コートジボワール戦に対するモチベーションは0。
    よってコートジボワールが勝つ可能性が限りなく高くなる。
    この場合、日本はコロンビアに勝たなければならない。
    しかもギリシャに4点差をつけて勝ててたらいいが、1点差とかで勝つとコロンビア相手に2点差、3点差で勝たないといけないくなります
    これは厳しい・・・

     

    【ギリシャ戦、引き分けの場合】
    勝ち点は以下の通り。
    コロンビア6、コートジボワール3、日本1、ギリシャ1
    この時点でコロンビアの決勝トーナメント進出が決まっているため
    日本戦は控えメンバー中心で来ることが予想される。
    何故なら決勝トーナメントの1戦目が3日後だからです。

    さらにギリシャは最終戦のコートジボワールに勝てば決勝トーナメンに出場できる可能性があるため
    モチベーションは落ちません。
    ギリシャがコートジボワールに勝って日本もコロンビアに勝った場合は
    ギリシャと日本の得失点差争いになりますが、
    ギリシャは初戦のコロンビア戦0-3で惨敗しているため日本が有利なのです。
    つまりコロンビアに1点差でも勝っていれば決勝トーナメントにいける可能性があるということなんですね。
    勿論コートジボワールとギリシャが引き分けた場合、
    日本対コロンビアとの試合で1点差勝利では、
    コートジボワールに得失点差で負けてしまい決勝トーナメントに進めないため
    2点差以上つけて勝つのがベストなのですが・・・。

    いづれにせよ、ギリシャがコートジボワールと引き分け、または勝たないと
    日本は決勝トーナメントには進める可能性が絶たれてしまうので
    ギリシャにも頑張ってもらいたいですね。

     

    詳しく読みたい方は下記URLの記事元をご参照ください。
    勝率が何%くらい違うかなども分析していて面白いですよ。
    http://www.plus-blog.sportsnavi.com/loversportss/article/46

    W杯最終調整試合 日本がザンビアとの打ち合い制す

    0
    コメ
  • 日本時間7日の午前8時30からはじまった日本とザンビアの強化試合。日本は前半9分に失点すると29分にも失点し、2点を追う苦しい展開に。しかし相手のハンドで得たPKを本田選手が確実に決め前半を1点ビハインドで折り返します。

    後半に入り中々追加点を奪えない日本ですが後半28分、香川選手がゴール前の味方に向かって蹴ったパスが相手ディフェンダーと大久保選手の横を通り抜けそのままゴール!ついに同点に追いつきます。さらに2分後には森重選手の華麗な個人技からのショートパスを本田選手が合わせ逆転。しかしまたしても試合終了間際の44分、ゴールを決められ試合は振り出しに。このまま試合終了かと思われたロスタイム、青山選手が交代からわずか9秒というタイミングであげたロングパスを大久保選手が上手いトラップから豪快に決め勝ち越しました。

    尚この試合、GKとの接触により額から出血していた岡崎選手。試合中にも関わらずピッチの外で5針も縫ってまた試合に復帰したそうです。

    森重選手、華麗なターンからのパスで本田選手の2点目をアシスト


    4-3となる大久保選手の逆転ゴール


    本田選手のザンビア戦タッチ集


    香川選手のザンビア戦タッチ集

    サッカー日本代表 3-1でコスタリカに快勝!

    0
    コメ
  • W杯強化試合として6月3日日本時間午前10時アメリカ・タンバで行われたコスタリカ戦。日本は遠藤、香川、柿谷のゴールで3-1と快勝しました。仮想コロンビアとしておこなわれた今回の試合ですが、日本の支配している時間帯が多く実力的にも圧倒していたように思えます。しかしコスタリカは世界ランキング34位に対し、コロンビアは5位と実力差は歴然。予選リーグ突破にはまだまだらしくないボールロストが目立つ本田選手の復調がキーになりそうです。

    本田選手タッチ集


    遠藤選手の1-1となる同点ゴール


    香川選手の逆転ゴール
    top-back