アラフォーみりこ 結婚への道

38歳を目前にして、突如結婚願望のわいた女の婚活記録です。 当初の目標は1年以内に結婚! 果たしてそんなうまいこと行くのでしょうか・・。

謎の無限ループ 原宿さんその25


メイクさん苦肉の策で、ワックスで髪を立てたものの、永沢くんとなった原宿さん。
その写真を見た我が友の感想は「たまねぎ…」でした。
うむ、確かにフォルムが同じ。そうとも言う。

「髪型が変って、てっきり盛ってるんだと思ってたけど、ホントに変だね」
はい、婉曲なしでズバッときたー。
もう1回見せて、と言われるがままに見せたところ、ひぃひぃ言いだす彼女。
「顔と髪がっっ!合ってない!」
合ってない…そうか!だから余計におかしく見えていたのか!
毎日他人の髪を見て触れている人の言葉に宿る、ものすごい説得力。
これは目からウロコですよ。
しかし…とわたしは考えます。
たまねぎが似合うのは永沢くんと、実写版を演じた劇団ひとりくらいでしょう。
そして、ピッチリ七三が似合うのは中井貴一くらいなのでは。
あの2つは、彼らだから成立する髪型だったということに気づいてしまったのでした。
となると、原宿さんに似合うのは一体どんな髪型なのでしょうか。
そこへメンズのヘアカタログを持ってくる神田妻。
パラパラとめくった紙面には、今時っぽい髪型が溢れかえっていました。
す、素敵…。眩しいわ…。

カタログのイケメンと原宿さんの写真を見ながら、あれがいいこれがいいと騒ぐわたしたち。
近くでわーわー言っていれば、気になってしまうのが当然。
彼女の旦那さんも「見せて見せて」と寄ってきます。
そして真面目な顔でひと言。
「…メンズカットなら任せてくれ。というか、まずは伸ばすとこから始めよう」
その言葉を聞いて、ちょっと伸びると床屋行っちゃうからなぁ…と思ったのでした。

その日から4ヶ月ほど経ちましたが、原宿さんはいまだイカした髪型にはなっていません。
相変わらず、コボちゃん⇨タンタン⇨七三という、謎の無限ループに取り込まれていますが
そんなおかしな髪型も、時間とともに見慣れてくるもので、こんなもんかと思えるように。
結婚してから、わたしがあまりそういうことを気にしなくなったのかもしれません。


今は5月の終わり。
原宿さんと入籍して、あっという間に半年ほどが経ちました。
穏やかな人なのでまったくケンカはなく、平和で楽しい日々を過ごしています。
夕食の献立を考えてから作って、同じテーブルで食べている時間がとても幸せで
結婚して良かった。この人と結婚できて良かった。そう思える毎日です。

怒濤のマリッジブルーをどうにか紛らせたくて始めたこのブログ。
2月の婚活開始から年末の結婚式までを、なんとか書き切ることができました。
結婚してからの日々や婚活以外の変な男列伝など、書いてみたいことは他にもあるものの
そろそろランキングのカテゴリー違いになってしまうので
婚活中に感じたことなどを、もう少し綴ってからおしまいにするか
違うカテゴリーで、ゆるゆると続けていくかを考えているところです。

うまく行っている婚活ブログは面白くないと、ネットなどでは言われているし
読み手側からすれば、もがき苦しむ姿を見ていたいのかもしれません。
でも、たまには成婚できて終わるブログがあってもいいかなと。
わたしの婚活初期を振り返れば、目も当てられないほどの迷走具合だったので
こうして無事に結婚できて、トントンなのではないでしょうか…笑

ダメっぷりを遺憾なく発揮したわたしにアドバイスできることはないのですが
「アラフォーでも結婚できる」ということが、婚活中の同年代女性に伝われば嬉しいです。
若さがアドバンテージとなる婚活では、年齢で大変な思いをすることもあるでしょう。
それでも、年齢以外の部分を見てくれる人は、きっといるはず。
なので、諦めずに走り続けて欲しいと思うのでした。

image


ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

写真を見て思うこと 原宿さんその24


ハワイ最後の晩餐はミッシェルズでした。

image

そうして、あっという間にやってきた帰国の日。
慌ただしく空港に到着すると、そこにはたくさんの日本人の姿が。
幸せそうなファミリーを見た瞬間に感じたのは「いいなぁ。素敵」ということ。

その中のお母さんたちは、きちんと上着を羽織って、真冬の日本に戻る準備ができています。
そういったさまを眺めて、そうだった。これから寒いところに戻るんだっけ…と
浮かれ気分をリセットして、カーディガンを羽織るわたし。
この一連の流れを見ていた原宿さんは、アロハの上にジャケットを羽織るのですが
なんだかヤクザ映画でイキがって、最初に殺られるチンピラ風の仕上がりに…。
鏡に映った自分の姿を見た原宿さん本人も気付いたのか、心なしかニヤニヤとしていました。

楽しかったなー、名残惜しいなーという気持ちのまま到着した、正月休み真っ盛りな日本は
当たり前ですが、めちゃくちゃに寒い。
飛行機を降りた瞬間に吐いた息が白くなったのを見て、秒速で現実に引き戻されたのでした。
これにて、ワイハタイム終了〜♪

以前から心配していた成田離婚にはならずにひと安心したところで
預けていた上着を受け取って、スーツケースは配送へと回します。
あけおめ関連で溜まっていたLINEを確認したり返信をしながら
わたしたちは都内へと向かったのでした。

ーーーそこから約ひと月ーーー

出来上がったアルバムを見て思ったのは「結婚は1秒でも早いうちに」ということ。
わたしは20代半ばから、3年前までの約10年ほどの間
神田妻個人の作品用と、夫妻が経営するサロンの広告用モデルをしていたので
自分の姿を客観的に見られる機会があったのですが、うしろ頭専門になってから3年で
こんなにも顔が変わっていたなんて…思いもよらなかったよー\(^o^)/

予想以上のババア具合に思わず、あじゃぱー!となったのでした。

旅行しても自分の写真は撮らないから見ることはなく
友人たちと飲んでて撮る時は、一応顔を作るからそこまで変わっていないつもりでいました。
が、しかし。
それは都合の良い自己評価。
データは残酷な現実を「これでもかー!」というくらいに突きつけてきます。
もう絶句。まじ絶句。
わたしだとはわかっているけど、誰このババア。
ホントにあじゃぱーでした。
アルバムの中にあるふとした一瞬の顔を見て「あー、歳とったな」と実感させられます。
でもまあ、どんなに残念がっても、本当に歳とったんだし仕方ない。

なので、これから婚活を…と考えている女性の方。
できるだけ早く始められることを心からオススメします!
そして、できるだけ美しい状態をデータに残して欲しい…と切に思うアラフォーなのでした。

しかしその傍らで、見た目がどんどん衰えていく中でも、無理して抗ったりはせずに
フォトフェイシャルとピーリングを継続して、透明感のある素肌に近づければいいかな…
目指せ、くすみレス!そう思うわたしもいるのでした。

そんなこんなでやって来た、神田夫妻のサロン。
お土産を渡してから見せた写真に向かって、神田妻は言いました。

「たまねぎ…。顔は整ってるのに、すごいたまねぎ…」と。


ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。 


 にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

image


バルコニーからの夕暮れ。次はのんびりしに行きたいです🌴

挙式のあと 原宿さんその23


挙式を終えて一旦ホテルに戻って衣装を脱ぐと、休む間もなくビーチ撮影用にチェンジ。
原宿さんはホテル内にあったTori Richardで購入したアロハとショーツにサンダル。
わたしは日本で作った膝上のドレスにウェッジ。
帽子は前日にTommy Bahamaで調達しました。
髪型もハーフアップからラプンツェル風のサイド編み込みへ。 
前日に買っておいたパンを食べてひと息ついたところで、再びリムジンが登場します。

image


ドライブを経て、ひと気のないビーチでの撮影が始まりました。

2人で数ショット撮ったあとは、帽子をかぶった原宿さんのソロ活動。
青い海と空をバックにモデルのようなポージングの彼を見てニヤニヤしていると
わたしの隣でスタンバっていたメイクさんが
「ご主人、帽子かぶるとすごく若い!童顔だよね」と。
うむ。それは帽子をかぶっていないと…ということですね。
わかります。というか、妻であるわたしが一番痛感しております。
そのあと「髪、型が…」と、少し申し訳なさそうに言葉を濁すメイクさん。
なので「うん、髪型変ですもんねー」と彼女の気持ちを代弁してみました。
すると「み、みりこさん…」と笑いをこらえてから「くせ毛だからね。しょうがないよね」
と精いっぱいのフォローをしてくれて
ハワイは気候も人も、あったかくて優しかった…。プライスレス…!
と思わされた瞬間となったのでした。

つつがなく撮影を終えたあと、ホテルに戻ってから着替えてジュースでブレイクすると
ハレクラニホテルにあるラメールでのディナーが待っていました。
ハレクラニはもうホントにすごいホテルで、次回泊まりたいNo.1にランクイン。
そんなホテル内にあるレストランです。
雰囲気やロケーションはもちろん、食事も予想通り素敵!だったのですが…
オーダーしたキャビアと白ワインがなかなかのお値段で、ビックリしてしまったのでした。
まあ、おめでたい日だから、こういうのもありだよね。という話に。


image


一大イベントを終えてからは、のんびりとハワイを堪能。
原宿さんは泳いで焼いてで、少年のようにはしゃいでいました。

image



カウントダウンの花火をふたりバルコニーから眺めて「結婚っていいなぁ」
そう感じた新婚旅行&年末年始のあと、わたしたちは帰国の日を迎えたのでした。


ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

撮影で履いたウェッジはコレ。夏はワンピと合わせたい…♡

image

 
ギャラリー
  • 謎の無限ループ  原宿さんその25
  • 写真を見て思うこと  原宿さんその24
  • 写真を見て思うこと  原宿さんその24
  • 挙式のあと  原宿さんその23
  • 挙式のあと  原宿さんその23
  • 挙式のあと  原宿さんその23
  • 挙式のあと  原宿さんその23
  • 挙動不審  原宿さんその22
  • 挙式当日 原宿さんその21