僕らは…
知ってか知らずか、意識的なのか無意識的なのか…
とかく他人に何かを期待する。
そのとき、じつは同時に自分も縛られていることには気づいていない。

「俺がいないと、会社はまわらいんだ!」
そんな自負を持っている人間は多い。

でも実際にはオマエが居なくとも会社の業務はなんとか回っていくのだ。

自分は重要人物である。
だから、周りの者どもは、それに値する態度をすべきだ。
こんな信念を持ってはいるが、あくまでも希望的という域を出ない。

他人に望むべく、同時に、自分自身は重要人物であり続けねばならない。
こうして自分自身を縛っているのである。

疲れるよね…

他人への期待が、同時に、自らに課した縛りを創り上げる。

本当に疲れるよね…

なんのためにそうしているんだ?

ブログランキング参加中*お願い!クリック

こちらもついでにクリックお願いします。(^ー^)ノ

記事をタグで検索