時間が経つのが遅く感じることがある。
えー、まだこれだけしか経っていないの?

だいたいそんな時は自分の望まない現実を体験している時だ。
その現実を受け入れられず、抵抗すればするほど時間の流れが遅く感じられる。

逆に時の流れが早く感じる時。(ちなみにこれは、過去を振り返って早く過ぎたと思うそれではない。)
それは現実を当たり前に受け入れている時。言葉を換えて言えば「今を生きている」時だ。
いつだって今に集中して生きていれば、時間の事など気にしない。言わばそこには時間は存在しないとも言える。

私は今、ある現実に必死に抵抗して生きている。

長い一日を過ごしている。

ブログランキング参加中*お願い!クリック