今日もこのブログに訪問して下さりありがとうございます!😊

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでに何回か、
このブログでも綴ってきた、
とにかく、節約のため😅
できるものは自力で修理してしまおうという方針なので、
今回もそれに合わせて、自分でやってみた!😊

実際に修理したのは、
先月のことなのだけど、
記録の意味も含めてここで記事にしておきたいと思います。

壊れたのは、
リンナイ製のガス衣類乾燥機、
型式:RDT-51SA-2(都市ガス12A・13A用)
同じものが、東京ガスだと「乾太くん」と言う名称でお馴染みのもの。

実は僕は独身時代からこのガス乾燥機を使っていて、今使っているものが2代目なのだ。

なので、
結婚後も、
我が家では、物干し竿にかける、吊るすなど、屋外で洗濯物を乾燥させるなどということは全くやったことがない。
というのも、
鳩の糞害がひどく、外になんか出しておいたら、洗濯物が糞まみれになってしまうという理由も多分にある😰
あとは、いちどガス乾燥機を使ってしまうと、
そんな洗濯物を干すためのさきの作業をする手間などに時間は割けないという日常になってしまう。
電気の乾燥機と違い、ガスはすごくカラッと乾くし、なにより乾燥仕上がりまでのスピードが速い!
洗濯機で洗濯→ガス乾燥機で乾燥、を何サイクルもやる日だってある。
ほんとに、
我が家ではもう大活躍でね😆
いつも頑張ってくれてありがとうねーと感謝の念を持つくらいだ!

と言う事は、
この乾太くんの我が家での依存度は、
相当なものなのである。

そんな乾太くんが壊れて使えないとなると、
それは我が家の一大事である!😱

でもって、
症状はと言うと…
いつもなら、ガス点火のカチカチ音とともに、内部に温風が吹き出しドラムが回転しだすはずなのだが…
今までに見たこともないエラーコードが出て、
「ピーーーーッ!」というけたたましい音が鳴るだけで、後はうんともすんとも💦全く動かない😨

IMG_6951

エラーコード61

取説を見ると、
その他のエラーということで、
サービスに修理の依頼をしてくれと、
それだけで、
何が問題なのかも書かれていない。
相当深刻な状態なのだなと、悟ったが…

何が何だかわからずに、
修理依頼するのもなんだし、
このエラーコード61でネット検索すると、

IMG_7172
わー!
何より修理料金よ!
さらに出張料は別らしい😱

はいはい、僕のケチケチ根性が勢いづく😆

さらに、ネット検索してみると、
どうやら、このエラーコード61が出るほとんどの原因は、モーターの動力をドラムに伝えるためのゴム製のファンベルトが切れることが問題らしい。
つまり、物理的な問題で、
新しいゴムベルト部品を交換すれば、
何とかなるかも!

ネットでは先駆者が、
ほんとに有り難い優良情報を共有してくれている。
ちゃんと、自分の失敗例をもとに、
これから作業する人のために、
気をつけた方が良いところまで教えてくれるのだ😆

モーターそのものや、ガスの制御部分の故障であれば、あきらめがついたが、

自分でできそうな気がするぞ!
よしやってみようか🤔と、

早速、楽天市場でリンナイの純正部品を注文した。到着までに3日ほどかかった、

IMG_6976

それがコレ↑(057-016-000)だ。

ただ、部品が届いたからといって、すぐに修理作業にとりかかれるわけではない。
困ったのは乾燥機の本体重量が30kg超もあることだった。作業するには一度本体を下ろさなくてはならない。

こんな時頼りになるのが、
僕より身長も高く、ガタイの良い高校生の息子だ😅

僕が平日の仕事から帰宅するとすぐ、
あらかじめ作業手伝ってと連絡しておいた息子と、
夜の7時から作業が始まった。

IMG_6979

まずは、コンセントを抜いて、ガスコードを抜く、

そして排気口から伸びる蛇腹ホースを本体から外す。
(脚立を使いながら不安定な足場での作業だった💦)

そして、設置台からネジ止めしているネジを緩め、本体を2人して運び、おろす。

IMG_7174

作業台代わりにゴミ箱の上に置く💦
若干不安定、大丈夫かしら😅
でもって…
背面のステンレスカバーを外します。
ビス止め箇所がかなりあって外すのに少し苦労。
外したビスは無くさないように、
まとめて紙コップに入れた。👍🏻


本来ならこんな感じでベルトが張っているはず。
 ↓
belt2

カバーを取り外してみると…
案の定、
見立て通り!
ドラムに動力を伝えるためのゴムのファンベルトが…
ブツリっと見事に切れていた😨
 ↓
belt


後はドラムの中心にあるピン止めを外しーの、
ファンベルトを通す隙間をつくる。

IMG_7175


そして新品部品のファンベルトを張り直す。
この時にはベルトにまんべんなくシリコンスプレーを吹きかけておくと良いらしい。
ベルトの引っかかりをなくして、再度の切断防止だとのこと。
これもネット情報😄
 ↓

IMG_7178

そしてステンレスのカバーを再取付け。
あとは逆の工程、
設置台に固定、排煙パイプ接続と。


IMG_7179


試運転!

IMG_7181

お!ガスもちゃんと点火、ドラムも回っています!
行けました😆

洗濯物の多くなる時期だったので、
ほんとに良かった!

「直したぜ!」と妻に報告も…
「おぉ〜!」の一言だったが。

息子にも手伝ってもらったが、
なかなかスゲーじゃんオレ!😲
って自己満足!

そして、
部品代、送料込み
1,390円!
作業時間はあれこれ手間取って2時間ほどかかったものの、
ひでぴん&息子の作業プライスレス😆

成果が出ると嬉しいね!

=================================
よろしければ応援のワンクリック!をお願い致します!😃

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加
=================================