今日もこのブログに訪問して下さりありがとうございます!😊

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonで本を買った。

kindleで読むことが多くなった僕は、
Amazonで紙の本を購入するのはけっこう久しぶりのこと、

楽しみにして到着を待っていたが、

送られてきた包装パッケージには穴が空いている、
嫌な予感…😓

案の定、
本を取り出してみると、
角が潰れた状態、さらに本の外カバー上部が折れ曲がっていた。

以前に比べて、
包装パッケージが格段に薄っぺらくなったように感じるのだが…

以前は、これは過剰包装じゃないの?
と思えるくらいの感じだった気がする。
簡易包装にしたのだろうか?
実際のところはどうなのだろう?

まぁ、
読むには読めるよ、
角が潰れていようが、
カバーが折れていようが…😒

でもこんなダメージのある本を、
甘んじて受け容れ、
普通に新品と同じ金を出して…

僕はそんなお人好しにはなれないばかりか、
黙っているわけにもいかない。

カスタマーセンターに連絡して、
配送の途上で穴があくくらいのちゃちなパッケージに問題があるのではないか?
ということも含め、
ダメージの状況を伝えた。
今度は同じようなことにならないようにお願いしますとまで念押しし、
本の交換をお願いした、

迅速対応してくれ、
交換品は翌日に届いたはいいが、

パッケージを開けてびっくり。

えっ!?😒
また、本の角が酷く潰れている。
角から落下したあとがパッケージの状態からわかる。
以前と同じちゃちいペラペラの梱包パッケージだった。

なんなの?コレ…
僕の配達地域を担当する配達員はよほどの荒くれた扱いをする人なのだろうか?😰

連続して2度も同じ目に遭うなんて…

もうこうなると気分の問題で、
この本を読む気がすっかり失せてしまった。

交換品もまた、
問題がある商品として返品して、
返金してもらうことにした。

もしかしたら、
読む必要はないということなのかもなぁ?🤔

いっそ、そう理解することにした。

必要、機会があればまた引き寄せられることだろう。

腹立たしい気分でいた僕だけど、

不満な気分を引きずるほうが、
精神衛生上よろしくない。

返品、そして返金してもらい、
この件は一旦リセット。

どこかで線引きするか否かは、
自分の舵取り次第。

自己の感情の取り扱いという観点に焦点を当てて綴ってみました。

=================================
よろしければ応援のワンクリック!をお願い致します!😃

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加
=================================