今日もこのブログに訪問して下さりありがとうございます!😊

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加

商品の売り方も様々だよね…

中でも、僕が嫌いなのは、
今買わないと損だ、
っていうやつ、

大げさに表現してみればの話だが、
結局は、相手を不安に陥れて、
その何らかの恐怖を回避するために購入させる商法だ、

僕もこういう商法に乗っけられて、
焦って買った例が度々ある😓

後々冷静になって考えてみれば、
そんなに慌てて買う必要もなかったよなぁ…🤔
と思うようなことは結構多く、
ものにもよるが、
逆に買わなかったことで後悔した事はあまりなかったように思う。

僕が不快に思うような売り方ばかりで、
申し訳ないが、
こんな売り方もあるよね、

「買わなくてもいいよ、ただ次の客はすぐに付くだろうから、その人が買っちゃうかもしれないけどね…」
的なことを言われたことがある。

なんとなくプライド傷つけられたような感じになる、

意地になって一瞬は買ってやろうかと思ったけど、その営業の術中にはめられているような気がして、

逆の意味でまた意地になって、
「じゃ、次のお客に売ってください」
って、買うのをやめたこともある。

相手のプライドを利用した、
この売り方だと、
どっちに転ぶかわからないという、
博打的要素もある感じかな。
どちらにしても、
買う側にとってはあまり気分が良いものではない、
ちなみに、この例は中古車だったけど、

北風と太陽の寓話を思い起こさせる。

客が買いたくなる売り方ってある、

それも営業手腕の一つなのだろう、
と思う、

この話に関連して、

僕は以前観た、
映画『男はつらいよ』で、
興味深いシーンがあったことを思い出す、

それは…

「営業に向いていないんだ俺…」
と、会社に就職しセールスの愚痴を吐いている満男に対して、
寅さんがこんなふうに言うのだ、
「おじさんと勝負しようじゃないか」
おもむろにそこら辺にあった鉛筆を掴み、
満男に差し出し、
「この鉛筆を、おじさんに売ってみな」
と…

売り方の例をみせる、
寅さんの話は、
趣深い、

その後の展開、
僕が趣深いと言った寅さんの口上、
文字を綴るよりも、
以下の動画を観てもらうほうが早いと思うので、
興味を惹かれた方はぜひ。


どんなやりとりにも言えることなのかもしれないけれど、
相手の心を開かせることが肝要、

技術だよな…
って思った。

=================================
よろしければ応援のワンクリック!をお願い致します!😃

air_rank 88_31  このエントリーをはてなブックマークに追加
=================================