シリウス-Gigi young

Siriusは私たちのために非常に重要な星系であり、文字通りシリウスが最も明るい星であり、Siriusが情熱的なアンカーであり、私たちの意識のリファレンスポイント(参照となる点。引っかかるところ)であることもあります。
これは奇妙に聞こえるかもしれませんが、精神的に「地面をつく」ことが重要であるように、宇宙への意識を広げることも重要です。 私たちの上の星は意味を持ち、物語と人生を持っています。 私たちは日常でこの知識を忘れてしまったが、私たちの先祖は、地球の様々な場所、特にシリウスを重要な場所として、人類の創造にとって特に重要な場所として、多くの文化とともに非常によく知っていた。

アジア人、エジプト人、先住民族、ケルト人、アフリカ人の文化は、すべてシリウスに彼らの帽子を捧げて生まれた。 シリウスが空の中で最も明るい星であるという理由だけであると言う人もいます。なぜなら、そんなに愚かな原始的な文化は、光沢のあるものを見て幼稚な物語を構成するからです。 実際、シリウスに関する多くの物語が似ているのは単なる偶然の偶然のことです。 この忌まわしい態度は、宇宙の霊性の広大な水の中で泳ぐことを気にしない人に物を説明するかもしれませんが、古代社会が私たちの太陽系についての高度な知識と技術を持っていたという事実を説明していません。

シリアスは古代の時代を取り付けたというのは驚くことではありますが、星へのこの種のつながりは私たちの先祖のためではなく、今私たちのためであることを覚えておくことが重要です。 誰もが情報を伝達するのに十分な意識につながる能力を持っています。 これを行うと、私たちは周りの世界をどのように認識しているのかを変え始める。私たちは多次元になる。 私たちは物質的な世界への私たちの執念を失い、この世界を実際に作り出しているより高いパターンを見始めます。 私たちは宇宙を垣間見ることができます。 これが起きると、パターン、共鳴、弦、波、色、圧力として物事を見るようになります。 これは、私たちの周りの世界を私たちの通常の物質的な3D知覚よりもはるかに異なる方法です。 この宇宙意識のレベルでは、この惑星と宇宙の私たちの歴史についての深い真実を学びます。 私たちはまた、人間としての可能性をより鮮明に知るようになります。
会話を開始するためのシリウスについてのいくつかの事実を以下に示します。

*シリウスは、さまざまな種類の存在を収容するスターシステムです。 シリウスの多様なメークアップのために、それは地球と一定のタイムラインが次元の下で意識のリンクされたストリームで形成することを可能にするポータルを作り出した多極を克服することができました。(①) 言い換えれば、シリウスの統一は、この太陽系の創造に貢献しました。 これは概念化するのが難しいかもしれないが、現実の次元はあるレベルの意識と関連している。 次元内の世界の創造は、文明の進化(そして克服)に直接関係している。 文明は、異なる現実の中で転がって、しばしばわずかに異なる定数で類似のパターンを表現する。

*地球(私たちの太陽系)、人々、物語、贈り物、問題はすべてシリウスの物語の延長です。 Sirius fractaledのテーマ 地球上のより大きなカルマサイクルになった。 宇宙のカルマバランスの中で、バランスをとっていく度に、次元を引き継ぎながら、密度を高め、統一のための「強烈な」機会を作り出しています。 Orionのような他の大きな貢献者があったかもしれませんが、私たちはどこにいても、そのままポールを持っています。それはSiriusです。

*シリウスの合併によって生まれたとき、それらのリンクを尊重しないということは、私たちが人命を送ることはないということです。 宇宙の存在として、私たちは、この特定の「Sirian ray」を意識の有機的なものにしています。タオでは、この部分を敬う特別な儀式があります。 私たちは意識的にシリウスにつながることも学ぶことができます。シリウスは私たちの意識をマスターするための個人的な旅の一部です。

*人生を創ることについては、シリウスを演じなければなりません。 シリウスが共鳴するエネルギーは、人生が創造されたり改造されたりするときに考慮されなければならない。(②) これは、キメラが作られたとき、あるいは遺伝子スプライシングが起こった時、シリウスである我々の存在の側面を継ぎ合わせることができないことを意味する。 シリウスのような高次元意識の詳細は、シリウスの次元に相当するものに意識が発達していなければ、完全には理解することが不可能であるため、これはストップロスや保護として機能します。 これは、生命が栽培され、存在より有意に高い次元で世話されていることを意味します。 より進化していない状態のETや次元間の存在は、ここで私たちに影響を及ぼす可能性がありますが、影響は非常に限られています。(②)

*私の水のビデオで言及されているように、シリウスへの別のリンクは地球上の私たちの水です。 私たちの水はシリウスに由来し、共鳴しています。 これはSirianの意識に自然に定着し、シリウスも私たちとコミュニケーションをとることができます。 これは、作物サークル、テレパシー、チャネリング、瞑想などを介して発生することができます。多くの作物サークルは、地球との直接の合併や集団意識によって文明意識が高められています。

* Siriusをもっと物質的、線形的な感覚で見ると(私たちが知覚するものを選ぶことができます)、Siriusは大スターゲイト、学校、情報ライブラリです。 多くの異なるタイプの次元間の存在と星の人々は、最終的にその輝きの中で彼らの家を作った多くの異なるタイプの存在として、シリウスと識別します。(③) これが、ライオンの人々、水生生物、青い人、光の存在など、多くの人々がシリウスと識別している理由です。

もともとシリウスには星系に固有のいくつかの固有の生命体がありましたが、 シリウスが進化したときにシリウスの物語が始まると、それは多文化の宇宙の拠点となりました。 多くの生物は、侵略や爆縮のために惑星を失いました。他の人は旅を決意し、他の場所に住んでいました。 結局、シリウスの中に偉大な教師(多くの種族から)が駐留し始め、多くの存在が勉強したいと考えました。 ライオンの存在は、初期のシリウスがリーダーシップ/外交的役割と教授態勢を取っていることに特に積極的でした。(③)

*太陽系内の他の惑星は、わずかに異なるスペクトルからシリウスに確立されたアーキタイプを表現しています。 金星や火星など太陽系で死んでいるように見える惑星は、かつて地球を守っていた。 彼らは意識の異なる典型的なオーバレイを持っていましたが、Sirianのコードを覆っているのは、私たちの太陽系内のすべての惑星内のすべての人生に浸かっていました。 私が話している生活のサイクルを達成するには、膨大な時間がかかります。 黄道帯はエネルギーのスペクトルを説明するので、これらの深遠なパターンをよりよく理解することができます。 このタイプの膨大な理解は、排他的な心ではなく、すべての感覚で最もよく行われます。

進んだアストラルの練習では、シリウスは星を旅行する玄関口です。 私たちは意識がシリウスを通過してから宇宙に出ていくことを想像することができます。 これは私たちが足跡をたどっていることを示唆しています。 我々は到着した同じ次元のゲートウェイを通過している。 私たちが必要とする自然言語と視点が含まれているため、これを行います。 これはスターゲイトの真の形です。彼らは単に人工の宇宙エレベーターではありません。私たちが通過するとき、星のエネルギーで油を注ぎます。 私たちは、私たちがどこにいるかを超えて具体的な宇宙/精神的言語と視点を活性化しています。

◆日本ではお馴染みではない、gigi youngさん。典型的なスタ-シ-ドで、私のブログでも何度か、登場しています。
とにかく明るいのが、あっ、いや可愛いのが特徴です。
私が始くんの父親(アヌンナキ系)に悩んでいた時、「あたしなんか、爬虫類とセックスしてるのよ。そんなの大したことないじゃない。相手にしなきゃあ、いいのよ。吹っ飛ばしなさいよ。」と言われ、・・・(゚_゚i)タラー・・・としたのを憶えています。
でもスタ-シ-ドなんです。なんせ宇宙からの情報量が半端じゃない!
彼女は本に書いてあるような内容ではなく、より濃厚なものを、いつもyoutubeでリアルに発信し続けているのです。
(誰でも視ることが出来ます)

ところで私もリアルなシリウスを発信していますが、シリウス星人ではないとわかりにくいところがある上、地球人が
書いていないものがあるんです。そこをgigi youngさんが上手に表現し、私もリアルに記しているので、そこを説明しましょう。

①私ミレア・レイはよく、こう説明します。
〔シリウスの中では、空間と人間を分離するという概念は余りない。そして私のように、シリウスの光(愛と言わないところに注意)を持つと、光も闇も活性化し、すぐにポ-タルゲ-トを作ってしまう。〕
上記文章と厳密な意味で違うかもしれませんが、私はこう書いてきました。

②プレアデスやベガetcの星々の人達も勇敢で、アセンションをサポ-トしてますよね。なのに何でシリウスが目立つのでしょうか?
一つは枠がない点です。一つの星と見なせば、意識や信念体系があると思われるのですが、もともと星内部にエンパスのような性質を秘め、常に変容を繰り返しているので、定型がないようにも感じられます。
まっ、実際にはタイムリンククリスタルの集合体みたいに綺麗で、物凄い光に覆われているんですけどね。
そこへ持ってきて、実に個性豊かな、好奇心旺盛な強者が揃っているんです。
カオスや変容を作るもの。魔導師。プレアデスのようにおとなしくありません。
みんな創造主のようなものです。

③下記、シリウス艦隊のところを読んでください。
http://blog.livedoor.jp/mirror_gate99/archives/1026294717.html

サプリとか、ネコ型シリウス人とかあるので、面白いでしょ。
実はこの船自体がスタ-ゲ-トになっているんです。
この会話が、もし私の自室マンションなら、余り変化は起こりませんが、この船だといろんなものが集まりやすく、また時空移動も簡単です。

さて前書きはそのくらいにしておいて、シリウスの大学集団意識というのがありますね。
こういうのが登場すること自体が、シリウス的なんですよ。
これ、喋っていますから生物です。魂かもしれません。
けれど間違っても、大学ではありませんし、別に大学へ行って、何それの集団意識を調査したっていう話ではありません。
けれどこういうエネルギー場があって、いろんな宇宙人が出入りしているというのは真実なんです。
プレアデスやアルクトゥルスなら、プレアデス教育センター(場所を示す。これは一例)や光の寺院と表現されるかもしれません。

ライオンゲ-トは話題になりましたが、海外のチャネリングで、ライオンピ-プル=シリウスと並記されるものがあるのは、gigi youngさんが伝えているように、それが理由なのだと思います。

なおgigi youngさんの場合よくあるのですが、これはチャネリングというより、彼女がかつて体験したことを話されているのか、リ-ディングしているのだと感じました。

スタ-シ-ドのこと、雷雨のこと

私を知る二つの…。
まずはこれから↓

http://lifework.blue/ライトワークを始めよう/スターシードとは%ef%bc%9f特徴と能力の活かし方/

過去に何度もスタ-シ-ドのこと書いてきたけど、これ読んでいて涙が出てきた。
あっ、これ私だって!
多分当事者しかわからない心情。

スタ-シ-ドって格好いいわけじゃないんだよね。
物凄く辛い…。

もう一つ。
皆さんにとってはこちらの方が面白いかも。
本日、アヌンナキ率いる闇の軍団が、闇のエネルギーをまき散らしました。
そう、船橋市から関東に。
だから私達はその区域の波動調整をしました。

本日の午後1:50~午後2:30くらいかな。
高次元の光、変容をもたらす光を投下しました。
だから急に雷鳴が鳴って雨が降ったところがあるのです。

以上   天の川銀河方面・シリウス艦隊 ミレア・レイ

Message from the Sirian high council 2018 to Earth

こちらは翻訳も不可能ですし、原文で聞いてください。
シリウス高等評議会からの、それが意向です。
イメ-ジをお楽しみください。内容は恐らく、シリウスの紹介です。

地球人はなんでも文字や翻訳を通じて、知りたがりますが、そうすると「本当に伝えたいものが伝わらない」(シリウス)としています。
左脳はバランスを保つ程度で、すぐに右脳で思い描き、行動化してくださいとのことです。

そして評議会が言うには、常識とか、他者の知識、こうだからこうなるという学習や認知から得られたものは、
一旦エゴとともに捨てて、どっぷり使ってくださいと述べています。
「レプティリアンは悪だ」
「こういう顔は気味悪い」etc
”怖いのはわかりますが、それではいつまでたっても、真実を知ることはできませんよ”とも語っています。
また”あなた方は私達の同志にも会えないだろう。会えたとしても本当の姿を知らずに別れるだろう”とも述べています。

この件について、先程ロアモ・シリウス高等評議会(意思決定委員)に聞いてみました。
すると、「同志はいろんな意味が含まれているが、その中に君の名前もあるのは確かだ。これは君の日頃の行動をサポ-トする為のものでもある」というお言葉を戴きました。

私の場合もそうで、私が重要だって感じているのは、意外とチャネリングよりも、それ以外の方が多いんですよね。わかる人はわかると思いますが。
そこに宇宙人の実態やシリウスのことも書かれていますが、みんなそっちは読まない。

すみません、愚痴をこぼしまして。

緑字は原文ではありませんからね。
でもシリウス高等評議会が地球人に伝えてねって、私に託したものですよ。

偉そうなこと書きましたよ、ワタイも。
ワタイも苦手意識ってありますから…。
ベラトリックス星人…。あのバルタン星人のような鋏で立たれると…かなり怖い。
攻撃はしないですよ。基本的には彼らも惑星連合に所属していますから。
邪悪な爬虫類よりはいいです。が雰囲気怖し。

彼らは私を欲しています、なぜか???

さて私がこのyoutubeを見ていたら(おっ、シリウスなのに、こんなエロ可愛い奴いるんかいと思いながら見てたん)凄いインスピレーションを感じてしまいました。

わかりやすくいうと、箱の中に入っていた私がいて、その箱がいきなり壊れる感じ。
これはわかりやすく説明しただけで、箱は私達が見ている世界ですよ。
で正面、側面、足元それぞれがホログラムだと想像して、いきなり同時に囲いが取れるんです。
そうすると、皆さんならどうなりますか?

えっ?わからない?うん、そうかもしれないけど、何かはあるはずじゃない??
そう、別の時空があるんです。

で鏡が回転して、裏になります。
するとそこにいつもと異なる私と、景色らしきものが映っています。
一体何があるんですかね?

地球を靴下みたいにめくることが可能な球体だとします。靴下は丸くないけど…。
私達から見た地上は変わらないけど、実はこれがひっくり返ったりして!?
そうするとアガルタや内部世界はどこへ行くのでしょうか?

とにかくいろいろ書きましたが、youtubeを見てください!

ブログ村
プロフィール

ミレア レイ

RyuRyu 私のお気に入り

こちら、元ブログです。
水天彷彿、そして私は。 http://lumoyen.webspace.ne.jp/blog/ 私のブログは単なる日記ではなく、地球と宇宙を結びつけるものです。 元ブログのタイトル横にも書きました通り、つい最近まで私は、男性で地球人だと思っていました。その後霊能修行を積んで、食べていく為に税理士試験に臨んだある日のことです。 私、正確には女神テラに寄り添っている始君がそうですが、原因不明の難病に侵され、生死の狭間に落ちたのです。その時彼が初めて、女性の魂を持っていること、スタ-シ-ドであることが知らされ、惑星連合に認証されました。 それからは大変。彼がLira-minakoに追放されると、魔導師として悪なる異星人と戦いに明け暮れ、地球の次元上昇をサポ-トするべく、ミッションを重ねていったのです。 そして今の私は本来の魂となり、シリウス艦隊の副艦長・ミレアレイとして職務に全うしています。 これまでの経過は、元ブログに書かれているのでご覧ください。
星が永遠を照らしてる
翻訳