2007年11月

2007年11月08日

祝・CD「Reminiscence Miles」発売記念:KANKAWAライブ・レポ

KANKAWAライブ・レポ
昨晩
Motion Blue YOKOHAMA
Reminiscence Miles」アルバム発売記念
KANKAWA ライヴ にご招待いただきまして
エキサイティングな一時を堪能いたしました。



◆昨晩のライブの発端は・・・
2007年1月31日のMotion Blue YOKOHAMAでの
ライブ・レコーディングが熟成10ヶ月の期間を経て
完成の運びとなり
記念お披露目ライブだった。

◆1stは混沌 2stは芳潤 KANKAWAさんのライブへは
2007年1月31日・8月21日と昨晩
三回参戦させていただきましたが
本当に同じが無い
毎回新しい音が飛び出し
参加する毎に新鮮でエキサイティングな魅力がある。

●今回の1stは アルバム記念で2007年1月31日の再現・・・でもないなぁ?
なんというか 
あの日より数段 エキサイティングで
音とリズムの洪水だった!
実のところ何をやっているんだか
私は理解の外にいたのだけれど・・・
そんなことは問題ではなく楽しいのだ! 
実にゴウゴウ・・ワンワンと溢れる音の中で
笑いながらも音に溺れる・・・そんな感じのステージだった。
そして 今回はあの日に加えて
ユーモアが織り込まれていた!
私は数回 KANKAWAさんの笑いの震源に触れ
カウンター席の床に足が届かない背の高いイスから
のけぞり落ちそうになったほどだった・・・。

何がおもしろかったかは・・・後で報告。

●2stは芳潤なド・JAZZだった
それも深刻なヤツではなく
身も心も ほかほか ゆるゆる するような
ハーレム・ジャズ!

◆JAZZ界のぴんから兄弟
どこか場末の居酒屋に来た
流しのぴんから兄弟さんみたいなノリで
ぴんから兄弟KANKAWAさん:「なんかリクエストない?」
  杉本さん:「なんでもヤリますから・・・云ってみて!」

  客:「サ・・サテンドール」


で・・・
リクエストに応え演奏されたサテンドールや
馴染みのスタンダード
だが音が鳴りだすと
横丁の路地裏から
ニューヨークの本場ジャズクラブに
瞬間移動で
飛ばしてくれるようだった
さすが大人のJAZZだわ!
     ・・・ニクイねぇ!!

◆R&B 飛入りゲストのMaruちゃん
アンコールでKANKAWA御大が目黒だかどこだかで
意気投合して俄然気に入った
R&B ヴォーカルのMaruちゃんを呼んで
ブルースを披露。
パワフルなおねえさんだった!
ラストも猛烈に燃焼しきったライブだった!
Maruちゃんって 
鈴木勲さんの
キャデラックウーマンのヴォーカルだったのね!

◆我らがHiro Yamanakaさん(g)
進化し続けていたのか?
はたまた昨晩が本来の姿だったのか?!
よかったですねぇ!
ガンガン 突っ込んでましたねぇ!
うねうね系も 
ぐうぃんぐうぃん系も爆走してましたねぇ!
熱いプレイでした!
それに もともとの見映えがいいですから
ギターを弾くアクションも
昨晩のように大きく動いてくれると
見ていてスカッとしますよね!!
負けちゃいないわよ KANAWA御大に!

◆杉本喜代志さん(g)
2stからHiro Yamanakaさん(g)と交代で
ステージにあがった杉本喜代志さん(g)
スタンダードナンバーを
メチャクチャ モダンに演奏
クールですねぇ。
熱いKANKAWAさんとは好対照で
飄々とした風貌で熱くならない大人の魅力
杉本喜代志さんとKANKAWAさんのコンビは
絶妙のペアですよね!

◆James Mahone(ts)が欠のため急遽このメンバーが!
Andy Wolfさん(sax)
堂々とした大柄のイケメンの青年!
テナーとソプラノでしたか・・・
1stで音の洪水状態の中
果敢にもテナーとソプラノ一気に吹く
一人で2ホーンの勇士!
しかし・・・洪水の中では 
姿は見えど音は聞こえずでしたが
次回また・・・どこかでお会いでしたら
じっくり聞きたいです。
さて・・・もう一人Neil Stalnakerさん(tp) でした!!
Neil Stalnakerさん(tp)田村正和主演:映画【ラストラブ】に
ジャズメンとして登場しているそうですが
今回のライブでは
他のメンバーとは違う色合いを添え
ソフトなトランペットを聞かせていただきました。





◆Cecil Monroeさん(ds)
前回よりエキサイティングでした!
ビッグネームのドラマーは数多くおいでですが
私とウチの伸ちゃんは
Cecil Monroeさんのドラムはものすごく好きです。
音の空間をつくるドラマーだと感じています。
間が絶妙です!
リスナーも迷子になります
たとえばエキサイティングに音が洪水のように溢れたとき
Cecil Monroeさんをたよりに軌道修正します。

音の中でグルーブを共感したい時
やはりCecil Monroeさんのドラムに載せてもらいます
すると リスナーも自然と気持ちよく音に添っていきます。
今回も改めて思いましたが
ものすごくグルーブ感のあるダイナミックなドラマーです!!

あっ・・・ふと感じたのですが
Cecil Monroeさんのステッィクさばきを見ていて
彼はサウスポーですか?
Cecil Monroe(ds)










◆さていよいよ御大KANAWAさんですが
今年のモーションブルーでの
KANAWAさんのライブは全部参加させていただきましたが
益々上機嫌のご様子!
ステージでも数回

「横浜が好きだぁ〜!」と

ダミ声でおっしゃってましたねぇ。
うれしいですよ 横浜住民としては!

でも・・・
横浜にご来場の切は
Hiro-Yさんを
可愛さあまって酷使しないでくださいね。

昨晩 私は数度現場を見ました・・・。
はっきり声は確認できませんが
だってあの大音量の洪水の中ですから
でも 聞こえたような気がします!

演奏中 唐突に

「おまえ!
  ・・・・・イケっ!」って

Hiro-YさんにGOのサインを出しましたね!
でも 楽譜が分らない私にも
ソノ場所ではぜんぜん入れないぜ・・っというところで
 
突然
「おまえ!
  ・・・・・イケっ!」っていうから
ギターのHiro-Yさん 
カックンってフェイントかかったみたいになって

もぉ・・・それを見ている私は
おかしくてイスから落ちそうになりました。

さらに

たいそうご機嫌よさそうで
オルガンを弾いているときは
全能の神みたいな神々しいオーラ放出でしたが
おもむろに
鍵盤ハーモニカをくわえて立ち上がると
大地の精霊ノームみたいに小さくなって 
もぉ・・・私はおかしくて
またまたイスから落っこちそうになりました!!

音はスリリングでカッコイイけれど
KANKAWA(org,key)さんという人間は
オルガンから離れると
かわいいヒトになっちゃうのですね
と・・・大人の私は思いました!!

◆祝・CD「Reminiscence Miles」発売
CD「Reminiscence Miles」今朝から数回聞いていますが
すごいですね!

入口は高野山かチベットの「倍音の声明」のようで
進むとグレゴリオ聖歌のようで
もう少しすすむと
プログレのような うねうね感があって
だんだん生身の人間界に入ってきて
なんだかものすごく奥が深い
聞きごたえあるアルバムですね!!
私 気にいりました!!


miruko1 at 20:42|PermalinkComments(0) KANKAWA | ライブ