2011年11月

2011年11月08日

ニッキ・パロット・カルテット&スコット・ハミルトンTokyo TUC2011.11.5.

自由度の高いパフォーマンスを結集したアンサンブルの妙!

25


Nicki Parrot Quartet and Scott Hamilton-Japan Tour
2011年11月4日の武蔵野スイングホールを皮切りに、11月14日前橋マーキュリーホテル最終日へと着々進行している。私たち夫婦は、東京TUC/2ndにてLive観戦をした。ネット上に掲載されていたスコット・ハミルトン&ニッキ・パロット・カルテットのライブレポートを見ても、また私たち自身の観戦後の感想も予想以上に楽しめたことを併せ、評判良いツアーとして回を重ねているようだ!

東京TUC-5日の会場は満席だったが、多くは(たぶん)ニッキ・パロットとスコット・ハミルトンのファンではないか・・と思われる。また、東京TUCへ訪れると、毎回顔をみかけるヘビーなJAZZファンや、たぶん自身も演奏者だろうなぁ・・・と思える方、そして学生、さらには業界関係者など、いろいろな空気感を漂わせる人が大勢客席に詰め掛けていた。

ライブ参加観戦者のいろいろな導引動機があつまったこの会場での演奏終了後の雰囲気は、満足感と高揚感に溢れていた!さらにサイン会とCD販売にも人が溢れていた!今回のこのライブでの私の感想は、一言でいうと
自由度の高いパフォーマンスを結集したアンサンブルの妙! だと感じた。
◆いろいろな組み合わせで楽しめた!

アンサンブルその1
♪You and the night and the music
John DiMartino - Piano&Jacob Fischer -guitar DUO
7 12


Jacob Fischer(ジャンゴの香りがするような・・・ギター!)

http://www.youtube.com/watch?v=4_2Aeou8_N4&feature=related
John Di Martino - Because

http://www.youtube.com/watch?v=rXhrx4BILUI

(おっ!ジョンさんのこのアルバムにドラムのティムさんが参加していた! いいドラムだ!)

ニッキさんの「昨晩は何をしてたの?」とか「どんな夢みてた?」とか・・・なんだかそんなような日常会話的MCから、ごくごく自然にジョン・ディ・マルティーノさんが、何かをつぶやくように、ピアノを弾き始め、ヤコブさんのギターが加わって♪You and the night and the music DUOの演奏へとステージは展開していった。



ピアノという楽器は「一台のオーケストラ」といわれるほど、オーケストラ並みの音域と音量を1台でカバーできるそうだが、ジョンさんのピアノの魅力はpp(ピアニッシモ)のデリケートなタッチと音色、そしてリリカルな歌いまわし。そしてデンマークのギタリスト:ヤコブさんの硬質な音色のガットギターとのDUOの相性は、どこかヨーロピアンな風を感じ。心地良く素敵だった!そして二人の奏者が詩を読上げているように演奏する 歌いまわしや間合いのハーモニーが心憎いアンサンブルだった!

アンサンブルその2
Scott Hamilton の♪SKYLARK
15
http://www.youtube.com/watch?v=k1LzU7-qc6A

この動画で聴くスコットさんの♪スカイラークよりも、今のスコットさんの演奏は、さらに円熟みがかかって、この手の芳醇でウォームなテナーは、他の追随を許さない。この晩の2ndステージでは、スコットさんがメインになる演奏は、2曲目に演奏した♪SKYLARK のみだった。しかし、この1曲で王者の風格は、完全に果たした!しかし、このスコットさんの♪スカイラークを聴いた私に「おみごと!」っと唸らせた、もう一人の功績は、ドラマーのティム・オーナーさんだった。スコットさんの演奏で進行する独特な音の時間軸に、背景が立ち上がってくるような、ドラムというかパーカッションのアンサンブルを加えた技が光っていた! 私がこのライブで一番楽しみにしていたのが、ティム・オーナー(drums)なのだが、実はアルヴィン・アトキンソン(drums)の代役で、急遽このツアーに参加したらしい。
Tim Horner - Drums
5
http://www.youtube.com/watch?v=2q-MpksOEJc
(好きなアーティストをたぐっていくと、なんだか皆つながっているんだなぁ・・・感がする!ティムさんは、ビル・メイズのアルバムにも参加しているんだな!うん!このドラムもすっごくイイ!)

アンサンブルその3
二人の競演♪EAST OF THE SUN

この曲はスコットさんの十八番だと私も記憶している・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=1RPulo4KMYo

ニッキさんも♪EAST OF THE SUNは演奏メニューに加わっている曲らしい。

http://www.youtube.com/watch?v=YeF7FBOBY88

この2つのEAST OF THE SUN動画が合わさったらどうなるか?!
ライブ後半で演奏した♪EAST OF THE SUNは、ヴォーカル&ベースのニッキさんとテナーのスコットさん2topで、サウンド的にも視覚的にもゆったりと華やかに楽しめたアンサンブルの1曲だった!
18


アンサンブルその4
演奏者と客席の一体感がライブの醍醐味!
だから・・・アンサンブルの要素にライブハウスも加えてみた

私たちは今秋、東京TUCに行くのは2度目だし、過去スコットさんのライブやニッキさん初来日も、同じく東京TUCで観戦している。その度ごとに、会場の客席デザインが微妙に変わっている。ライブの演奏形態によっていろいろな角度から楽しめるように、座席位置を工夫していることが感じられる。また、ピアノとドラムは全ての席から良く見える・・・というわけにはいかない固定されたセットポジションがあるだろう・・・。そこを限定でピアノ(ドラム)が特に聞きたい、見たいファンのための特別席・・とか、ライブによって作られている。私たちも多くの場合は最前列近くでかぶりつきで観戦したいが、時には全体のを眺めながら音を楽しみたい・・・ライブもあるわけで、ことにこの度のNicki Parrot Quartet and Scott Hamilton-Japan Tourは、最後尾席で全体を眺めたいと思っていた。すると最後尾バーカウンターの前に、2席だけ背の高いバースツールを用意していただき、希望どおりの観戦が叶った!

いつもいつも我がままな要望に応えていただけるかは判らないけれど、東京TUCのwebsiteには、 “「世界でここにしかないJAZZを提供し続けていく…。そんなClubでありたい。」を信念のもとにスタッフ一同日夜一丸となって努力をいたしております。 より優れたJAZZの提供を目的としております。料理・飲物のオーダーはあまりお気になさらずごゆっくりご鑑賞下さい。”・・・・と書いてある!
小回りの効く、心配りの感じられる、演奏をとことん楽しませてくれるライブハウスだと私は思う!
次回は12月3日satアナット・コーエン(cl) withリニー・ロスネス(pf)Trio 、12月11日sunジョー・ラ・バーベラ(ds)Quaetet in東京TUCあたりにライブ観戦したいと計画しているしだい・・・!

東京TUC:http://www.tokyotuc.com/
23 24


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニッキ・パロット・カルテット&スコット・ハミルトンTokyo TUC2011.1.5.
Tokyo TUC2011.1.5.
ニッキ・パロットNicki Parrott - Bass (vo)
ジョン・ディ・マルティーノJohn DiMartino - Piano
ティム・オーナーTim Horner - Drums
ヤコブ・フィッシャーJacob Fischer -guitar
<Special Guest>
スコット・ハミルトンScott Hamilton - Tenor Sax
2011.11.8.akemin記

miruko1 at 11:50|PermalinkComments(0)Scott Hamilton | ライブレポート