2007年10月29日

Terry Bozzio solo drum tour 07:ライブ・レポ

Terry Bozzio solo drum tour 07 
Jazz Rock Super Drummer Series III STB 139-2007.10.29
terry bozzioterry bozzio








予想していただいた通り
2007年04月より半年経過の2007年10月には
どうやら 
我ら熟年JAZZ初心者リスナーコンビは
プログレに片足は確実に突っ込み
恐ろしいことに・・・ 
あのザッパにとうとう嵌りはじめております!

◆予想どおり!
誰かBigなヒト聞きにきてるよね・・・きっと
と道々はなしていたのだけど・・・。

神保 彰(ds) さんも二階席にお出ででした。

◆想像を裏切る・・・ポジオにびっくり!
昨晩 サッパ学校 門下生ときく
テリー・ポジオのドラム・ソロライブに初参加してきた。
ドラムだけで約2時間
さらにこの要塞ドラムセットの画像をみただけで
terry bozzio何かしら連想する・・・
漠然とした感じがあるのだけれど
(マシンの如く暴れまくるのかと・・・・)
実際 生で遭遇したリアルな
テリー・ポジオのドラム・ソロライブは
想像とはまるで正反対のライブだった!




追記・・・・
・・・・・バスドラ-10個
・・・・・シンバル-52枚
(+メタルパーカッション4枚重ね、ドラ、
足で踏むミニドラ、スポークスハット、タンバリン)
・・・・・タム類-25個
・・・・・スネア-2個



◆なぜか人間臭い
先にも書いたのだが
大きく予想を裏切る・・・についてだけれど
古い人間でひっぱるところが古すぎだけど
テーリー・ポジオのドラムセットの画像を見ると
調合金合体ロボみたいじゃ・・ないですか。
なにもここまで数そろえなくたって
一人の人間が全て使いきるのかいなぁ・・・と
いらぬ興味が先走るのでありますが・・・

昨晩 初めて遭遇した
このドラム・セットは
ドレミファソ・・・と
音階を鳴らすトム(中太鼓)やドラ(?)で

terry bozzioリズムを叩くだけではない音階も生む
楽器群の
必然性の追求で構築された形なんだということ
私レベルでも よぉ〜く判りました。




テリー・ポジオのファンの方に
お叱りをうけるかもしれないけれど
私にはこの要塞ドラムセットが
数曲演奏を聞いたあとには
terry bozzioonemanbandの拡大版
という印象に変わり
マシーン的な印象から
なんだかものすごく人間臭い
ドラムセットに思えてきたから不思議!


◆芸人と芸術家
グレードの高低を云うのではないのであしからず。
先に誤解のないようにお断りをしておいて・・・。
大道芸のonemanband
引合いに出してしまったので
ここでもう一度項目をたてたのだけれど
ドラム・ソロライブに参加した
私とウチの伸ちゃんが受止めた印象を伝えるならば
テリー・ポジオのドラム・ソロライブは
芸術の領域で・・・
張詰めた空間の中で
オーディエンスも集中力を研ぎ澄ませて望む
あのキース・ジャレット・ソロコンサートに匹敵するような
そして
神聖・・・こんな言葉をも使いたくなるライブだった。

◆max よりmin
昨晩 我ながら呆れてしまったことがあった
「人間(慣れ)は 恐ろしい」ということだ!

どういうことかというと・・・。

雷鳴に打たれたようなドラムを叩きまくるシーンや
5連符7連符、2拍5連、2拍7連...11連符 
などドラムの技は
ウワサ通り 
「スゲェ〜!!
   もぉ・・・息を呑むほどスンゲェ〜よ!」
でしたが・・・・
恐ろしいのは自分の耳の(慣れ)でした!
テリー・ポジオのソロのみ2時間
同時進行に比較するものが無く
凄い技の連打にどっぷり浸っているうちに
凄い技と始めに感じたアレコレが
段々に普通になってくるのです・・・。
(こんな戯けたことを発言するのは私くらいですか??)

◆太古への誘い
帰り道にふと印象が蘇るのは
細心に研ぎ澄まされた小さな音でした!
トム(中太鼓)を叩く小さな音
ドラを擦るようにして鳴らす微かな音
鈴のようなパーカッションに振れるほのかな音
心臓の鼓動のように
一定のリズムで踏み続けたバスドラやハイハット
そして・・・・
ヨーロッパやアメリカとは違う
バリ島の神に捧げる儀式をしているような・・・
日本の神楽のような
原始を連想するような音だった・・・。

太鼓とは
もしかしたら太古への誘いの鼓動かも
・・・と思ったりもした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆テリー・ポジオのドラム・ソロで演奏された曲
★Miles Davis - Spanish Key - Antibes Jazz 1969

http://www.youtube.com/watch?v=DuUIIgjuP9Y
正真正銘ドラム・ソロのみで演奏した。
Miles Davisの動画から伝わる緊張感とスリル
しかし
テリー・ポジオのドラム・ソロで演奏された同曲が始まると
何故か私もウチの伸ちゃんも
Spanish Keyの4ビードに体が反応
妙にリラックスしてくるんだよねぇ
・・・不思議だった。
ワカル〜〜?!


★Terry Bozzio: The black Page . Franck Zappa

http://www.youtube.com/watch?v=AQt2inyxNNg

★Zappa Plays Zappa - The Black Page (Drums: Terry Bozzio)

http://www.youtube.com/watch?v=GDwRJK8bpb4

::::::::::::追記::::::::::::::::

Terry Bozzio solo drum tour 07 の翌日
私は
朝から♪キースのケルンコンサートのみ
一日中 流していました。
何故かそれ以外の音は聞く気分ではなかったです。
akemin

miruko1 at 16:24│Comments(0)Terry Bozzio (drum) | ライブ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字