2010年08月31日

八木隆幸トリオの新作『Illumination』発売記念ライブ/レポ

八木隆幸トリオの新作『Illumination』2












7高橋 徹(ds)












◆八木隆幸トリオの新作『Illumination』発売記念ライブの印象は・・・
「専門書のような」って感じかな?!
堅苦しいとか・・・高尚とか・・・
難しいとかいう意味あいではでは全く無く
八木隆幸トリオのライブで演奏される楽曲は
最近ジャズを聴き始めたような私には
名前もきいたことのないような楽曲名や
先人のピアニストの名前が次々でてきて
大方がとにかくお初に聴く楽曲だったわけ。
けれど
八木隆幸トリオのライブを聴いて
ライブで購入した八木隆幸トリオ新作『Illumination』
翌日さっそく聴きながら
本家本元の演奏をyoutubeなどで探して聴いたり
手持ちのアルバムをあれこれひっくり返して
その曲を見つけ出し
聴いて・・・また八木隆幸さんのアルバムを聴く・・・を繰返す。
そして
「・・・あぁこの曲は、こんな感じが面白いのか!」とか
「なるほど・・・
この楽曲はコンナ風にも聴こえてくるんだなぁ・・」とか
このプレヤーはこんなところが凄いのだ・・・などと
私なりの聴き方のアイディアを
そのへんのハウツー本を眺めるより
八木隆幸トリオの特にピアノから教えてもらう・・・
だから、専門書のようなというわけなんだけど!

◆昨晩2ndステージで演奏された楽曲で唯一知っていた曲は
♪The Peacocks (Jimmy Rowles)と
アンコールで演奏した♪Caravan(Duke Ellington)2曲だった。

◆♪The Peacocks
The Peacocks はジャズピアニストJimmy Rowlesの曲
この曲のテーマは、たぶん多くの人が一度聴いただけでも
すっかり印象に焼きつく独特のフレーズが流れ
タイトルどうり孔雀が優雅に羽を広げ悠々とした様子と
熱風に包まれたようなアジアンチックな風を感じてしまう・・・って
(もしかしたら私だけかも・・・ですが)

昨日の八木隆幸トリオでは2ndステージ中盤に
♪The Peacocks を演奏しました。
本日、本家のこのアルバムのThe Peacocks を聞いて
Peacocks

Peacocks/Jimmy Rowles&Stan Getz

改めてこの♪The Peacocksの濃厚に焼きついた
熱風に包まれるように感じたあの印象は
このアルバムのStan Getz のサックスと
Jimmy Rowlesのピアノ低音部の印象によるものだと気が付きました。

八木隆幸トリオの♪The Peacocks は
熱風が吹くようなあの感じはありませんでしたが
ピアノの高音部とドラムのシンバルから孔雀の煌びやかさ
ベースの低音が孔雀の優雅さとエキゾチックな感じを醸しているようでした。
youtubeでみつけたBill Evans Trio featuring Stan Getz - The Peacocks
↓これは昨晩の八木隆幸トリオの感じと似てるように感じます。

http://www.youtube.com/watch?v=cPDjojyKCBg

◆♪Salute To Bach  ♪Cool Walk  by Oscar Peterson
昨晩も演奏され、アルバムにも収録されている楽曲
Oscar Peterson- Cool Walk

http://www.youtube.com/watch?v=y34I-NfHkVg

Salute to Bach - Oscar Peterson Trio.

http://www.youtube.com/watch?v=RPPQLzwCosI

昨晩のライブで八木隆幸さんの手元はよく観ることのできない
ステージに向かって右側奥の席からの観戦だったのだけど
八木さんの上半身はピアノ高音域側にあって
聴こえる音も右手から奏でる巧みに転がるような音が良く聴こえた
それに比べ左手側の低音はあまり主張しなように弾いてるのかなぁ・・・などと
思っていたのだけれど
本家オスカー・ピーターソンの動画をみると、なるほど
こういう曲なんだ・・・と納得した。

しかし・・・・改めてオスカー・ピーターソンという人は
八木さんの5倍以上の巨漢をもってして
転がるように奏でる右手から生れる音たちは
なんとコロコロと軽やかなんだろうと感心してしまった!
あっ・・・・八木隆幸さんの右手から生れる音たちも
自由に軽やかだったです!

◆♪Butter Cup by Bud Powell
昨晩はライブで演奏されたかどうか・・・・覚えていませんが
アルバムに収録されてある楽曲です。
このバター・カップというタイトルから
すぐに
映画『Round Midnight 』に登場する
http://www.youtube.com/watch?v=mJEYjLQp43g&feature=related
バター・カップという名の黒人女性が浮かび
いつだったかこのButter Cup という人につて
私は興味があって、あれこれ探したことがありました。

SandraReavesPhillips

↑映画『Round Midnight 』でButter Cup役を演じたSandra Reaves

バターカップについて
バド・パウエルは軍隊時代妻が美人の白人だったので上官に苛められたり、後の妻は愛称「バター・カップ」という黒人女性で、彼女がバド・パウエルのマネージャーを務めていた頃は、ギャラはバド・パウエル本人には渡らなかったという逸話もあるそうです。


♪Butter Cup は
Bud in Paris

Bud in Paris/Bud Powellこのアルバムに収録されているようです。
Kenny Clarke:Drums
Pierre Michelot :Bass
Bud Powell :Piano
Barney Wilen :Sax (Tenor)
聴いて見たいな・・・!

八木隆幸さんのアルバムに収録されている♪Butter Cup
陽気でノリ良いグイグイupするような楽しい1曲でした!


◆♪Turquoise Twice by Cedar Walton
CEDAR

CEDAR ! /シダー・ウォルトン
Junior Cook:Sax (Tenor)
Kenny Dorham: Trumpet
Mark Gardner Liner Notes
Billy Higgins :Drums
Leroy Vinnegar :Bass
Cedar Walton :Piano

シダー・ウォルトンは 
村上春樹の『意味がなければスイングはない』 を読んで
一度は来日ライブで聴いてみたいと思っているピアニストですが
私はいまだに、アルバムも持っていないし
ほとんど演奏もきいたことがありません!
唯一 映画『Round Midnight 』にもシダー・ウォルトンは登場していて
後半のライブシーンで演奏しているのを見たくらいです。
◆♪Turquoise Twice by Cedar Waltonは、
昨晩のライブでは2nd前半に演奏されました。
八木隆幸トリオの♪ターコイズ・トワイスは
曲タイトルにあるターコイズ(とかターコイズブルーとか)という響きから連想する
哀愁おびたメロディでピアノが歌いつつ
八木さんのピアノはどこか男っぽい悠々とした感じで進めていました。
金子さんのベースと高橋さんのドラムのゴリゴリ感が
また一段とピアノを引き立ててイイ感じでした!

◆♪Little Niles by Randy Weston
Randy Weston - Little Niles

http://www.youtube.com/watch?v=ovk5OSa8PrU

昨晩、ライブでも♪Little Nilesは前半に演奏しました。
八木さんは「ジャズワルツのリトル・ナイルスというこの曲は
ランディ・ウエストンが息子に捧げた曲だそうですが、
ナイルっていうのはもしかしたナイル川のことかも・・・。」といって
この曲を紹介していました。
LITTLE NILES/PIANO A-LA-MODE/Randy Weston


LITTLE NILES/PIANO A-LA-MODE/Randy Weston

今日、本家ランディ・ウエストンの
このアルバムジャケットを眺めながら
youtube動画を聴きながら
もしかしたら
ランディ・ウエストンが息子さんをこのジャケットのように
おんぶ&抱っこしながらナイル川を歩いた時の感じが
この何とも言えないドッテッテみたいな土臭い感じの
3拍子なのかなぁ・・・
とも思ったりしました!

八木隆幸トリオの♪Little Niles
本家Randy Westonにくらべ
独特のなんともいえない土臭さのような感じはありませんでしたが
行ったことも見たこともないナイルの
エキゾチックな雰囲気は想像できそうな感じがしてきました。


◆八木隆幸トリオのアルバムタイトルにもなっている
♪Illumination by Walter Davis
アルバムにも収録され昨晩も演奏されました。
八木さんは「ブラジリアン風」と紹介していましたが
私にはブラジリアン風・・・というのが馴染みがないので
これはもう少しアルバムを聴いて温めてみたいと思います。


八木隆幸トリオの♪Little Niles
八木隆幸トリオの新作『Illumination』

01. Scorpio Rising
02. Turquoise Twice
03. Salute To Bach
04. Illumination
05. Butter Cup
06. The Piacocks
07. Cool Walk
08. So In Love
09. Groove Yard
10. With A Song In My Heart
11. Little Niles
12. Out Of The Past



◆おまけ
ライナーノーツによると八木隆幸さんはブルックリンで数ヶ月暮らしながら
実力派ピアニストの元でピアノの修行をしたそうですが
その中に 歌伴の神様ノーマン・シモンズ氏の名前もありました!
2004年10月10日
TokyoTUC in SCOTT HAMILTON meets 
NORMAN SIMMONS で観戦した時の
ノーマン・シモンズ氏の沁みるピアノを今思い出しました!
akemin
Norman-Simmons1

NORMAN SIMMONS

miruko1 at 14:25│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字