_________+2017-04-03+19.09.24
    1: ムヒタ ★ 2018/05/23(水) 03:19:52.25 ID:CAP_USER
    東芝の半導体子会社「東芝メモリ」(東京)は22日、岩手県北上市に予定する新工場の工事に7月から着手すると発表した。記憶媒体のフラッシュメモリーの需要拡大に対応する狙いで、平成30年度に約1000億円を投じる。31年度入社の新卒を370人採用する計画も明らかにした。31年に完成予定で、32年の量産開始を目指す。
    2018.5.22 20:03
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180522/bsb1805222003004-n1.htm

    【【企業】東芝メモリ北上に新工場 7月着工 31年度に新卒370人採用 】の続きを読む

    1f3cc098df7b5d219a100c8d53b8cba7
    1: ムヒタ ★ 2018/05/23(水) 05:52:03.86 ID:CAP_USER
    米配車大手のウーバー・テクノロジーズは22日、今夏から兵庫県淡路島で事業を始めると発表した。日本への本格進出の第1弾。島内のタクシー会社に人工知能(AI)を活用した配車システムを有償で提供。急増する訪日観光客や、高齢者らの呼び出しに迅速に対応して実績を積み、全国の大都市への展開を狙う。

    米ウーバーの経営幹部で海外事業を統括するブルックス・エントウィッスル氏は共同通信の取材に対し「既に東京や大阪などの大都市で、20社以上のタクシー会社と交渉を進めている」と語った。

    兵庫県など地元自治体が配車サービスへ高い関心を持つことから淡路島を最初の進出地に選んだ。原則、島内での利用に限定して来年3月末までシステムを検証する。

    米ウーバーのサービスは、利用者がスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、配車を依頼する。従来に比べて短時間で呼び寄せられるほか、アプリ上で運賃の支払いも可能としている。

    米ウーバーは大都市に照準を合わせているが、公共交通インフラが十分に整備されていない地域でもタクシーは重要な移動手段になっている。エントウィッスル氏は「地方を中心に移動手段に悩みを抱える高齢者がたくさんいる。高齢化で需要が高まる地域交通を支援したい」と意気込みを語った。

    JTBはタクシーに定額で何度でも乗れるサービスを順次拡大する計画。自治体を巻き込んだ新たなサービスが今後も登場しそうだ。
    2018.5.23 05:00
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180523/bsd1805230500004-n1.htm

    【【企業】米ウーバー、淡路島でタクシー配車 日本への本格進出第1弾 今夏から開始 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/05/23(水) 05:49:59.51 ID:CAP_USER
    ダウンロード
    は22日、高精細の「4K」放送を受信できるチューナーに加え、録画用のハードディスクとブルーレイディスクの再生機を内蔵した液晶テレビを今秋に発売すると発表した。12月の4K衛星放送開始に向け、手軽さと多機能を売りに買い替えを促す。

    画面サイズは3種類での展開を検討。一つのリモコンでテレビ操作から録画、ブルーレイ再生まで行うことができ、高齢者にも操作しやすいようにして需要の取り込みを図る。

    テレビ事業の拠点の京都製作所(京都府長岡京市)で事業説明会を開いた中嶋博樹所長は「どんな機器が必要か迷う必要なく、このテレビさえあれば4K映像を楽しめる」と強調した。4Kよりさらに高画質な「8K」放送に対応したテレビの発売は検討中としている。

    4Kや8Kの放送開始に向けては、すでに東芝ブランドのテレビを手掛ける東芝映像ソリューション(青森県三沢市)やシャープもチューナー内蔵型薄型テレビの発売を発表している。
    2018.5.23 05:00
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180523/bsb1805230500002-n1.htm

    【【家電】4K、受信も録画も再生も 三菱電機が全て内蔵テレビ 】の続きを読む

    このページのトップヘ