今日は本当に腰が抜けるかと思うた・・・ってかいや

腰半分抜けたしっ

いや~、ガーディアンエンジェルが来てくれたとしか思われん

ってことはやっぱり日々感謝を怠っちゃあいけないってことね

というのがですね~

(前起き長いですんで、すんません)

夕方娘っ子から電話で

母ちゃん、車ぶつけられたっ!」と

パニくってる様子

え~~~~~、すぐ警察呼びなさい」と

叫ぶ母ちゃん(実はパニくり母ちゃん)

すぐダンナに電話して現場へ直行してもらうことに

こんな時にダンナがおってくれたことにも感謝

娘っ子は幼馴染の下の弟たちのベビーシッターをしていたので

その近所に住んでるママ友に即電話

ダンナより先に現場に駆けつけられるのでは・・・と

機転だけは利く母ちゃんの一瞬の判断でした

するとママ友は今家にいないが

ダンナのリックがすぐに駆けつけてくれるって

さっすが長年のママ友の連携プレー

とにかくいったいどないなことになってるのやら

気が気じゃないし

かと言って今日は5時からテレビ会議があるので帰れない

娘っ子にまた電話するも。。。出んし

ダンナに電話すると・・・

「向かってるよ・・・あっ消防車、えっ救急車もおるで」

この言葉で母ちゃんさらにパニック症候群

「ちょっとまたあとでかけるしな」とガチャっと切られた

(ガチャっとはないっしょ・・・今や)

待ってる時間

亡くなったご先祖さんに手を合わせせずにはおられん母ちゃん

そしてダンナからやっと電話があり

あのな~~、思いっきし当てられてるわ

えっ娘っ子は大丈夫~?」母ちゃん

娘っ子は車のそばにおるけど大丈夫やで」ダンナ

そこどこ?」母ちゃん

クラウディアの家の前やで」ダンナ

ほんでいったい何があったん、誰が救急車で運ばれたん」母ちゃん

まあ、ここからは会話形式は書くんも読むんも面倒くさいんで

(ですよね、たぶんっ)

説明しますと。。。

娘っ子がベビーシッター終わって

ドアの鍵を閉めて、ゲートを開けようとしたところ

ど~~~~~んっ!!!

というけたたましい音がして

びっくりして通りに出たら

(しかもその通りってのがかなり交通量の多いIngrahamですから)

娘っ子のプリウスにホンダアコードが思いっきしぶつかって


DSC03557
ドライバーサイドの後ろがベッコリ

交通量が多い故、誰かがすでにポリスに電話していたようで

即ポリスが来たらしく、そこで尋問を受けたと

ダンナが言うには当然ママ友のダンナのリックも駆けつけてくれ

また別のそこらへんに住んでるママ友と娘っ子の幼馴染も

たまたま通りかかってて

それだけでも盛り上がってたそうですわ・・・アホや(笑)

当てた車を運転していたのはお婆さんらしく

助手席にも後ろにも人が乗ってたそうで

誰が救急車で運ばれたのかはわかりませんが・・・

無事でいらっしゃることを祈ります


BlogPaint
娘っ子のプリウスも加害者って言うたらひどすぎるかもしれんけど

でも当てた方のホンダもレッカーで運ばれてしまった

とりあえず娘っ子が大丈夫やったってことで

いてもたってもおられんパニック症候群の母ちゃんも一安心

席立ったら・・・フニャって倒れそうになったもん

知らん間に腰抜けとったがな

まあまあ。。。それで一件落着・・・と言いたいところですが

ちゃいますちゃいます

これら始まるであおう

保険会社さんとのやりとり

レンタカー借りたり

車をレッカーから連れ戻したり

車が修理できるのかできないのかを決める

アジャスターさんとのアポ取りやら

被害者がそこで更に被害者になるわけです

今回はどうひいき目に見ようがなんだろうが

相手が200%悪いわけですが

(動いてないかわいいプリウスにぶっつけ本番やっちゃったんでね)

でも被害者もこのように時間的に拘束され日常が乱される

でも相手がオバアチャンと来た日にゃあ

責めるわけにもいかず

まあ、我々にとって大事な娘っ子が

あと30秒早く車に乗ってる、

または車に乗ろうとしてる瞬間でなかったことを

守ってもろたご先祖様たちの魂に感謝感謝です

やっと胸をなでおろしてる娘っ子には

家帰ったら即行ご先祖様にチンしてね

と言いましたもん

うん、これでいろいろ習わせてもらったよ」娘っ子

こんなラッキーに心から感謝です

(当てた方には申し訳ないですが)