IMG_0011
変な液体…
注射器…
ついに、MISAKIも手を染めちゃいました!

電子タバコの再生にね!(o^^o)

ちなみに、MISAKIは今で電子タバコ歴2年半。
IQOS→glo→IQOSと移り変わり、
最終的に今はploomtechに落ち着いたって感じ。

だけど、このploomtechは致命的な欠点が一つあって、一箱に入ってる5つのカプセルを使い切る前に、カートリッジから煙が出なくなっちゃうんだよねー(T . T)

だから、どんどんカプセルだけが溜まっていく。

で、どうしたものかなぁ〜って思って、
ネットで色々検索してたら、
いいの見つけちゃった(o^^o)

煙が出るように、カートリッジを再生するって方法!

必要なのは、
  • 煙の元となるファンタジーグリセリン
  • 100均で売ってる注射器
注射器でファンタジーグリセリンを吸い取り、カートリッジの綿の部分に締め込ませるだけ(o^^o)超簡単‼️

で、早速試してみると、
出るわ!出るわ!煙!
通常のよりいっぱい出るし、
吸いごたえ抜群‼️

ってことで、
MISAKIは、貯めてた使用済カートリッジを次から次へと再生!

これで、間違いなく節約できる!
VAPE用のフレーバーとかで
香りを楽しめば、ホント、
タバコ買う必要もなくなっちゃうかも。

ってことで、
タバコを吸う行為自体は
やめられないけど、
ニコチン0&タール0のヘルシー喫煙生活になりそうでーす(o^^o)

じゃあねー(^_−)−☆





IMG_5031

今日は久しぶりに活動しようって思ってたのに、
あいにくの雨。終日、雨☂️

雨だと外を歩くのも傘持って歩かないとダメだし、
早々に諦めて宅内でのんびり過ごす一日に変更(o^^o)

MISAKIってホント、
時間を与えられて何もなくて困るってことがない。
多趣味だし、やりたいこと一杯あるし、
何なりと充実した時間を過ごすことができる。

最低ノートとペンがあればね。

お絵描きしたり、頭の中に詰まってることを
書き記したり…

そういえば、MISAKIが女装を始めて、
先月末でちょうど2年。

途中、何度かすることが見つけ出せなかったり、
行き詰まりを感じて延半年くらいは
女装から遠ざかったりしてたから、
活動歴は実質1年半くらいなんだけどね(o^^o)

それでも、
一杯色んなことを経験できたし、
明確な目標も得ることができたんだよね。

ちなみに、MISAKIは
あと2年でMISAKIライフに終止符を打つつもり。

これから先の残された2年。
自分の中にある揺るぎない目標=夢を
実現できるように、
1日1日を大切に、
変わらぬ元気で前に向かって歩んでいこう!って
思いまーす(^-^)/

ということで、
せっかくの休日、勿体ないので、
残りの時間も満喫しちゃいまーす!

じゃあね〜(^_−)−☆





日本代表のW杯が終わった。

選手、監督も言葉が見つからないというコメントをした。
MISAKIは、ただただ悔しいの一言。

その悔しさには2つある。

一つは日本を含めたアジアサッカーに対する世界の意識を変えれなかったこと。

そして、もう一つは、勝負にこだわることができなかったこと。

結果の2-3というスコアは、
後半24分にサッカーの神様がベルギーに微笑んだ、
幸運のヘディングゴールが引き金になった。

あと10分、いや、あと5分、2-0を保っていたら、
結果は変わっていた。
あの時間帯で1点を取ったことにより、
ベルギーは勝利へのマインドの息を吹き返した。
所詮、アジアの国には負けないという想い。
20数戦負けなしの自信。

あとは相手の意のままに試合が展開した。

日本代表は最後まで前向きに歩む姿勢を貫いた。
が、結局、逆転を許し、そのままTHE END。

美しさを取るか、勝負に拘るか?

前試合で示した勝負に拘るが真の選択なら、
またもや大ブーイングを受けてでも、
もっと醜いプレーをしてでも2-0の優位性を
利用しても良かったように思う。

夢は見れた。
だけど、勝負の世界は結果が全て。
世界におけるアジアサッカーへのマインドは
何も変わらない。

たとえ、アジアが負けないメンタルを持っていても
相手はアジアを格下という姿勢で臨んでくる。

MISAKIはそれが何より悔しい。
ホント悔しくて仕方がない。

次の東京オリンピック世代には、
久保君を始め、有能なタレントが揃っている日本!

少なくともこの世代には、
全ての国際試合で全勝するくらい
頑張ってもらい、アジア劣勢のイメージを
払拭してもらいたい。

MISAKIは、
そこに希望のある未来が待っているって信じてる!

あー、それにしても悔しいなーー

腹癒せに、明日女装活動でもしーちゃおうっと(o^^o)

じゃあねー(^_−)−☆

















↑このページのトップヘ