固体と液体。

アニメ エヴァンゲリオンでいう、
ATフィールドの考え方。

個というのは、
外郭に壁を作ってることで成立する。
これが所謂、固体。

でも、壁を作ったままだと他人と
交わることができない。
交わるためには、
壁を無くすことが必要。

固体が壁を無くす。
それは液体になるということ。

液体は、
自由に交じりあえる。
ただ、液体になると同時に、
個であることは失ってしまう。

というのが、エヴァで描かれてる世界。

うーむ、微妙…
深いけど、微妙…

なんか、それだけだと寂しいし、
何か足りないような気がする…

で、MISAKIはその先を考えてみた。

液体になって交わる。
そして、もう一度固体に戻って、
個体になる!っていうのは?

なんかイケそう!多分、イケる!

その方がつじつまが合うし、
納得できるし、実践できる。

自分の殻=プライドを捨てて、
他人と交流し、自分にないものを吸収し、
前よりパワーアップした自分になればいいんじゃないかなぁってね。

金属の鋳造技術や合成技術と一緒。
一旦溶けて、目的の形や強さにして、
固めればいいんだよね。

うーん、納得!

MISAKI的には、
超スッキリした感!w

実行動では、
そうしていても、
やっぱ、それでいいのかって
どこか不安もあったけど、解決!

ますます、自信を持って、
溶けちゃおう!っと!

今日も積み残しナシで、
スッキリ寝れまーす♪

じゃあねー(^_−)−☆


女装(ノンアダルト)ランキング


にほんブログ村