アナログ回帰。

そろそろ、人は真剣に今のデジタル化社会が行き着く先を考え、アナログ社会を取り戻す行動に出なければいけないんじゃないかなってMISAKIは思う。

デジタル化によって、
均一性や利便性、生産性が向上したことは間違いない。

ネットショッピング。
自動車の自動運転システム。
モノの自動生産システム。
AIによるオペレーションシステム…

資本主義下の競争化社会では、
人件費を下げ、生産性を高め、
より収益率を高めることが命題なのかもしれない。

でも、やっぱ違う。
こんなことを続けてたら、
最後には人が介在する場所がなくなってしまう。

雇用があり所得を得るから、
消費が成り立つのであって、
人が介在する場所もなく、
ただ一方的に利便性等を供給されても
何の意味もないってのは明白だよ。

国も企業も今の利益だけに目を向けるんじゃなく、
倫理的立場で、
真剣に未来に向きあって考えないと、
取り返しのつかないことになると思うんだけどなぁ。

とはいえ、欲に目が絡んだ、
今の国や企業、大都市圏では、
言うだけ無駄なんだろうけどね〜

これからは、
やっぱ、地方かもね。
自給自足に近く、人の介在が不可欠な社会。
人と人が触れ合うアナログな社会。

みんなで、若い力で、
地方に移住し、人間らしい、
アナログ社会を回帰させちゃおう!
なーんてね(o^^o)

ホント、
大きなコミュニティにいることと、
生きるってことの充実度や満足度は違うからね!

MISAKIも
真剣に田舎暮しを考えてみよう!っと。

じゃあね〜(^_−)−☆