テクノロジーの進歩が人類の労働を奪っていく。

MISAKIは必ずしもそれ自体が悪いことだとは思わない。
人に代わって、AIや機械が仕事をしてくれて、
人には働く以外の時間をもたらしてくれる。
テクノロジーが生み出した利益は、
ベーシックインカムというカタチで、
人々に分配され、一定の生活保障がなされる。

それは、自分の時間、本当にやりたいことを
謳歌できる人類の理想郷のような世界かもしれない。

でも、それは実際のところ、
モノごとの片方の側面でしかない楽観的見解。

AIを含めたテクノロジーが道具であればという側面にすぎないってこと。

人が作り出したモノには、
必ずダークサイドが存在する。

刃物、銃、ダイナマイト、核…
もう一方の側面は凶器としての側面に他ならない。

仮にAIが殆どの労働を担った世界を創造してみて!
車や航空機の自動運転。
核や兵器の管理や制御。
生活パイプラインの制御など。

AIがコンピュータの延長線上にある限り、
人類が病原体ウイルスによって絶滅の危機を経験したように、AIもまたその脆弱性とコンピュータウイルスという危険とはいつも隣あわせ。

もし、それらがウイルス感染によって、
コントロールを失ったらどうなるか想像するのは
容易なはず。

既に人類の知能レベルを超えた世界にあった場合、
何によってそれを食い止めることができるのだろう?

倫理や常識?
倫理や常識があるから大丈夫?

なら、その倫理やら、常識やらは何を基準にしてるのだろうね。

人が作ったAIなら、
AIにも育てられる環境というのが存在する。
AIにも、その環境における思想や宗教など概念が反映するということ。

結局は、たとえAIに置き換えようとも、
現代社会が抱える問題は、
何も解決することなく、
より危険度を増し、
AI vs AIの争いが繰り広げられるだけだと
MISAKIは思う。

テクノロジーが未来を創造するんじゃない!

未来にとって必要なのは、
全世界が共通で抱く概念。共通の倫理。

やっぱ、ワンピース!だ!って!

シンギュラリティを考え、
経済を考え、行き着いた先。

それは、MISAKIが最初に目指したワンピースだったってお話でした〜(o^^o)

じゃあね〜(^_−)−☆