February 04, 2006

リスニングとディクテーション

現在やっている勉強方法は
1.リスニング
2.ディクテーション

リスニングの効用はあなどれないです。例えば関西弁とか、昔の日本語は話す事はできないが、聞いた事があるので知っています。例えば”苦しゅうない、ちこうよれ”などです。何度も聞いていると音として記憶に残っていきます。しかも、電車の中などで聞く事ができて時間のない人にお薦めです。私はI-riverで聞いています。

iriver フラッシュメモリープレーヤー N10 1GB-RR ローズレッド

ディクテーションは今まで持っているテープ/CD(BBCとかVOA)を使って何回も聞いて書き取りしてます。これは結構効果的です。漠然と聞いているよりも自分がどこが聞き取れなかったか確認できるし、あとでその部分を集中して聞くことによりわかる部分が増えてきます。でも、この方法は根気がいりますね。

ディクテーションについては以下のブログを参照して下さい。

通訳者・翻訳者お薦めWorld
http://tuuyaku.blog42.fc2.com/blog-entry-10.html






misaoe at 20:48コメント(2)トラックバック(0) 
英語を武器にしよう 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by tuuyaku   February 11, 2006 18:35
わー、ご紹介いただいてありがとうございました。
ディクテーションはやればやっただけ、力になりますからね。英語で食べていく人には必須の勉強法ですよね。ただ、根気と時間がいることは確かです。でも、英会話学校にたくさんの時間と高いお金を使うより、絶対こちらの方がお薦めですよ。
2. Posted by YougDoo   February 11, 2006 20:47
根気と時間がいるのは確かですね。英会話学校に通うのも根気と時間はいるので断然お薦めですね。いつもアドバイスありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
YoungDoo
1995年、米自動車メーカーにて部品開発のプロジェクトマネージメント業務に携わる
2004年より外資投資銀行、IT部門に勤務
英日翻訳勉強中、時々翻訳業務をサイドビジネスでやってます。
「通訳翻訳ジャーナル」古典翻訳コンテスト「優秀賞」受賞
Recent Comments
Archives