とうとうフェンウェイ球場でも今シーズンの幕開けです。今頃の気候って毎年こんなものかもしれないけど、今年は特に寒いような気がします。チケット獲得を試みた今日の試合ですがもちろん行けず、でもStay-at-Home Momの特権でTVでオープニングセレモニーから見ました。

アメリカの野球の開会式って、なんだか厳粛な気分になるのは私だけ?毎年恒例、昔活躍していた選手達が登場するのを見ると、気分はまるで"Field of the Dreams"です。その一方で、選手/スタッフ紹介の時に相手チームに対してovation(拍手喝采)が起こったのが最後に紹介されたバット・ボーイだけだったり、松坂の通訳者に結構なovationがあったりすると、これがアメリカ流orフェンウェイ流?だなーなんて思って楽しくなります。

試合中ベンチで松坂とSchillingが何かしゃべってた。何をしゃべってたんだろう??松坂投手は今のところチームメイトとうまくやっているみたいで、なんだか安心。もちろんピッチング内容が一番大切なんだけど、野球は特にレッドソックスは、チームメイトといかにうまくやっていくかというのが大切だと思うから。イチローもレッドソックスに来るといいのにね。

今日の放送中、たまにレッドソックスの靴下マークのロゴが画面の下に出ると、「パパ」を連呼してた一輝。Pの野球帽にはあのロゴは付いてないし、なんでだろう??と思ったら、車の後ろにある予備タイヤのカバーがそうそうあのマークでした。おもしろいね、こどもの記憶って。

今日の試合は14-3で快勝!この試合が今年のレッドソックスを象徴していますように。明日はいよいよ松坂の初フェンウェイ。私達が行く予定のあさっての試合は、雨/雪の予報なんでどうなることやら…。