続いて「大田区立館山さざなみ学校」の状況確認へ。こちらも残念ながら校舎2階部分の屋根に備え付けられていたドーム状の明かり取りが吹き飛び、校舎に雨が降り注いでました。

IMG_3694

屋根も一部崩落し、とても授業できる環境ではありませんでした。

IMG_3684

副校長先生曰く、在校生24名は先週のうちにマイクロバスを使って大田区の各家庭にお戻しした、とのこと。その時は館山自動車道が通行止めだったため一本しかない一般道ではガソリンスタンド待ち渋滞が各所であり、帰宅にとても時間がかかったそうです。

IMG_3688


そしてここでも問題になっていたのは改修工事したくても人手がいないという現実。

館山市内業者は無数にある被災家屋対応、大田区内業者はオリンピック・パラリンピック対応で人手がなく、授業再開は早くとも10月中旬以降になるそうです。

それまでの間、生徒達は大田区内地元小学校に通われるそうですが、軋轢が生じないか心配です。1日も早く授業再開できるように私からも教育委員会に働きかけてまいります。