April 30, 2006

のだめカンタービレ #2

1 月に 1 巻を読んだきり、すっかりご無沙汰になってしまいました。
とりあえず、 1 巻を読み直した上で、 2 巻に進みましたので、軽く感想を。

やっとオケ話になってきました。
私は、実際のオケの裏側に立ち会った事がない(本当はそういう場に立ち会ってみたい願望はあるけど今のところその機会がない)ので、実際と比べてどうかという話は出来ませんが、結構よく描かれているんじゃないかなと思いました。
往々にして、オケってこういうものだと思う(オケに限らずかもしれませんが)し、それをまとめあげるのは並大抵の事ではないのでしょう。

……それにしても、千秋の設定って見ていてグサグサ突き刺されるものがあって読んでいて気が重くなります。

中途半端に経験を持った人間というのは、その大して大きくもないプライドのせいで、とても保守的になりやすいもの。
本当の成長ってのは、そのプライドを脱ぎ捨ててこそ得られるものなんだと、理屈では判っていても、なかなかその一歩が踏み出せないんですよね。
……って、なんだか脱線しそうなのでここまでにしておこう。
(正直、この辺はまだ自分の中で消化し切れていない話なので)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miscmk/50082814
この記事へのトラックバック
のだめカンタービレ(15) 限定版 ジャンル: 本 製品分類: コミック メーカー: 講談社 Amazonで予約受付中 今回の限定版特典は、なんと!『のだめ』ファンなら誰もが知っているキャラクター、マングースのぬいぐるみ付き! のだめが学園祭でラプソディ・イン・ブル...
4063582256【LIP*(リップ):バーコードで検索する、製品のまとめサイト。口コミ・レビューのコミュニティ。 (PukiWiki/TrackBack 0.3)】at May 01, 2006 16:59