October 09, 2006

マリア様がみてる (5)

どうやら忙しい最中に購入だけして読まずにいたらしいです。。。
なので、 6 巻と順番がひっくり返ってしまいましたが。

原作つきの漫画はやはり難しいなぁ、と。
しかも、原作を読み込んだ後に見るのはかなり厳しいものがありますね。
……まぁ、そんな感じで、どうにも冷静に漫画としての評価が出来ないです。

元々、びっくりチョコレートは原作の中でも特に好きな話のひとつなんですが、(そのせいもあって)原作との設定の違いが引っかかって仕方がない。
中でも、宝探し中に祐巳が駆け込んだトイレで出会うのが蓉子さまになっていたのはどうしても許せなかった。(これじゃ、紅薔薇、人生最良の日につながらないじゃないですか)
しかも、そのあおりで桂さん登場しなかったし。。。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miscmk/50111171