札幌にまつわるエトセトラ(旧札幌魅せブロ。)

札幌にまつわる話とまつわらない話ととりとめのない話

こんにちは。

最近、いい天気が続いている札幌。気温も20〜25度くらいで長袖のワイシャツ一枚で丁度いい気温です(個人差アリ)。そんな気ままに街歩きにはもってこいな季節なんだけど、なかなか自由な時間が作れない今日この頃。

あ〜勿体ない。

そんなこんなで更新ネタが全くないので、今回は最近の無駄遣いをネタにします。
IMG_5121
↑デアゴスティーニから出ている第二次世界大戦時の旧日本軍の戦闘機を集めていると以前ネタにしましたが、戦闘機だけでは飽き足らず、少し前にとうとう軍艦も買ってしまいました。
今回買ったのはKBシップスというところから出ている1/1100スケールの空母赤城。もちろん作るのが下手だし面倒臭いので、今回も完成品です。他に大和、武蔵、長門などのメジャーな戦艦もありましたが、戦闘機を集めている流れで、まずは空母かな?と思い赤城をチョイス。

IMG_5122
↑裏にはゴリッと旭日章。
IMG_5124
IMG_5125
IMG_5133
↑空母の1/1100スケールといってもピンとこないのでチョロQと比べてみました。
ま〜こんな感じです。この大きさにしては割と細かいところまで再現されているのではないでしょうか?

これでお値段2850円(ヨドバシ.comで買ったのでそこから更に10%ポイント還元)。
このお値段で、この大きさで、このクオリティー・・・満足してます(強がり)。
IMG_5137
↑ちなみにデアゴスティーニの傑作機コレクションはこれだけ増えました。とりあえず今は仮のスペースに並べてあるんだけど、そろそろ限界が近づいてきました。初期に買った飛行機にはタンマリ埃が積もってるし。
ちなみにこの傑作機シリーズは全部で80機出るそうなんだけど、今のところ34号まで出てます。集めだした当初は旧日本軍の飛行機だけを買い揃えるつもりでいましたが、現在、34機中20機が旧日本軍機。このペースで行くと、全号出そろった暁には、旧日本軍機は45機くらいになりそうです。これは想定外の割合です。旧日本軍機の他にアメリカ、イギリス、ドイツ、ソ連、イタリアなどの戦闘機がバランスよくラインナップされるのかと思っていたので、旧日本軍機は20〜30機程度を予想してましたが、甘かった。今までのラインナップを見ると、零戦だけでも型式違いで4機も出してくるという拘り様。引き続き旧日本軍機を買い揃えていくとトータル10万円近い出費になる・・・。ジワジワ財布に響く禁断のコレクションになりつつあります。

恐るべしデアゴスティーニ商法。

10万円分、なにかしらの分厚い本を買って読めば、少しは賢いオッサンになるかも知れないけど、今更、賢くなっても残りの人生そう大差ないだろうから、このまま財布に響かない程度の無駄遣いをしていくとしよう。



こんばんは。

少し前にヨドバシカメラ札幌店の駐車場料金についてネタにしましたが、そのネタを後で読み返して気付いた事なんだけど、ヨドバシの営業時間が9時半〜22時なのに、駐車場の営業時間が7時〜23時って事は営業時間外は車を停めた後、そして車を出庫する時、ドライバーはどこから駐車場の出入りをするんですかね?営業時間外でも特別に店舗フロアを通行出来るんだろうか?でもそれだと防犯上よろしくないですよね。防犯上よろしくないからと言って店内の照明を煌々と点けて、店員さんも大勢出勤してたら、営業時間も駐車場に揃えて7時〜23時にしれよって話ですよね。

じゃ〜どこから?
DSC00513
↑そんな訳で早速確認に行ってきました。
確認しに行ったのは平日の開店少し前の朝9時頃。ちなみにこの日も4階の駐車フロアには満車マークが点灯してたので、素直に屋上まで上って来ました。

で、営業時間外はどこから外にでるのかな?
DSC00514
↑ありました、ありました。あそこです、あそこ。
北西の角、1階フロアで説明するとマックがある方の角に非常階段がポッカリ口を開けてました。
DSC00517
↑なるほど、駐車場はNPC日本パーキングという会社が管理してるんですね。

知らんかった。
DSC00522
↑ヨドバシカメラ札幌店がJRの高架下から今の場所に移ってからもう何年が経過しただろうか?調べてみると、高架下に北海道初進出をしたのが1995年で、今の場所に移転したのが2000年6月との事。今の場所にヨドバシカメラ札幌店が移転してから今年で19年か〜。19年目にしてオレは初めてヨドバシカメラの非常階段を、あんなモノやこんなモノを買ったな〜と、一段一段万感の思いを噛みしめながら降りている。

これってボクが知らなかっただけの事で、最大料金制度を導入する前から、っていうか19年前から非常階段は常に開いてたのかな?んで、みなさん普通に利用されてたのかな?もしそうならヨドバシが大好物なオッサンとしてはチト、恥ずかしい。
DSC00519
DSC00520
↑一応、この日も4階の満車マークはハッタリか否かを確認してきましたが、確認した限りでは4台分のスペースはあったものの、ホボ満車状態。

前回も言いましたが、平日でも満車マークが出てたら素直に従い、上層階を目指した方が無難なようです。
DSC00524
DSC00523
↑非常階段を下りきった出口はコチラ。

なるほどね〜。
DSC00525
↑ちなみになんで4階が満車だったからって、わざわざ屋上まで上がったのかというと、この為です。

繰り返しますが、札幌駅のすぐお隣で自走式の立体駐車場で最大料金平日900円はかなりお得であることは間違いありません。しかし、強いてケチをつけるのならば、営業時間外に車を出し入れする場合、7階までのアクセスが階段のみというのはチト、しんどい・・・かな?

こんにちは。

先日、すくすくと成長を続ける創世サンクの再開発現場を見に行ってきました。
DSC00530
↑ムムムッ!存在感ありますな〜。
DSC00531
↑北側から見上げてみる。
DSC00532
↑続いて南側(市役所側)から見上げてみる。
低層階が囲いに覆われているので正確には数えられなかったけど、ホボホボ最上階の28階部分まで鉄骨は育ってきたようです。
DSC00534
↑市役所屋上から見てみましょう。
すっかり市役所より高くなりました。
DSC00535
↑ここ数年で札幌市内でも超高層ビルがかなり増えてきましたが、その殆どの高さが100mそこそこのビルばかりなので、久しぶりの100mを頭一つ越えた高さのビル、しかもオフィスなどが入った複合ビルという事で、わたくし年甲斐もなくワクワクしております。

ここで改めてこのビルのスペックのおさらいです。
地上28階、地下5階、高さが124.25mで、オフィスや放送局、そしてホールなどが入った複合ビルとなっております。
DSC00541
↑北1条通りと創世サンクのビル。
ちなみに「創世サンク」ってこのビルの名前じゃなくて、創成川通りと北一条通りが交わる一帯の街づくりプロジェクトの総称で、その計画によると写真の右下角に写っているNHKや、NHKと創成川通りを挟んで向き合っている中央バス札幌ターミナルや劇団四季劇場を含めたエリアも創世サンクに含まれているそうです。

この先、この角度の風景がどう変化していくのか楽しみです。
それよりこの風景を眺められる市役所もいずれ建て替わると思うので、この展望回廊の存在もいつまで続くのか気になるところです。
DSC00542
↑時計台と創世サンクのビル。

時計台って日本三大がっかり名所に数えられたりしてますが、こうして周りがどんどん都市化して、ビルもどんどん高層化していけば行くほど、周辺の風景とのギャップがかえって景観のインパクトを生み、逆に時計台の観光地としての株が上がっていくんじゃないですかね?(笑)。
DSC00529
↑新しいビルが生まれる一方で、取り壊されるビルもあります。
故・黒川紀章氏が設計したことで知られる大同生命ビルの取り壊しがいよいよ始まりました。今後の計画は大同生命ビル隣のビル(写真では左隣の6階建ての小さなビル)も取り壊されて新しいビルに建て替わるとの事ですが、再開発の具体的な計画は今のところまだあきらかになっていないそうです。

↑このページのトップヘ