札幌にまつわるエトセトラ(旧札幌魅せブロ。)

札幌にまつわる話とまつわらない話ととりとめのない話

こんばんは。

東日本大震災から今年で7年目。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

全員の行方不明者の発見を願います。

1日でも早い被災地の完全復興を願います。

1日でも早い原発事故の収束を願います。

そして原発ゼロを切に希望します。


・・・原発ゼロって言うと、やれ左向きだとか、プロ市民だとか、対案を出せだとか言われる風潮がありますが、自分は右でも左でもありませんし、対案なんてある訳がありません。そんなもん考えられる頭脳があれば、今頃こんな安月給のリーマンはしていないでしょう。アハハ。

こんにちは。

別にピョンヤン…?違う、ピョンチャン(どっちでもいいや)オリンピックに影響された訳じゃないけど、今年の冬、わたくし約20年ぶりにスキーを再開しました。もう一生スキーはやることはないだろうと思ってたんだけど、小学1年生の娘が授業でスキーをやるって事で、やはり親としては最低限のスキー技術を教えなければと思い、急遽、リサイクルショップで道具を揃えて、まさかまさかの現役復帰となりました。

DSC01803
↑幸い、スキーブーツとウェアは20年前のモノだけどまだ捨てずに持っていたので、板と金具とポールだけを購入。でも、20年前のブーツとウェアってどうなのよ?ゲレンデでかなり浮くんじゃね?と、かなりビビってスキー場に行きましたが、思っていた程、ウェアのデザインやスキー道具一式に進化が無い感じで、とりあえず現代のスキー場の雰囲気に馴染めたんじゃかなと思います。・・・と思っていたのは自分だけで、実はかなり浮いていた存在だったかもしれません(汗)。自分がスキーを辞めた頃にカービングスキーが出始めたんですよね。
DSC01800
↑ここは南区の藤野スキー場に行った時の写真です。今はフッズスキー場って言うそうです。自分の住んでいる北区からは若干アクセスは悪いけど、リフト料金が他の札幌近郊のスキー場の中でダントツに安く、麓の緩斜面にだけ掛かるリフトがあるので、娘の練習にはもってこいのスキー場です。
P1280012
↑ここは手稲オリンピアスキー場です。今はハイランドゲレンデと一体になってサッポロテイネと言うそうです。昔はオリンピアとハイランドって別々のスキー場だったんだけど、今は二つのエリアをゴンドラで行き来出来るようになってました。20年もブランクがあるとスキー場の名前や雰囲気も結構変わっていて、プチ浦島太郎状態になります。

寒いだの、除雪が大変だの、渋滞するだのと年齢を重ねるにつれ、冬が大嫌いになって来ましたが、どこかの宗教の広報番組じゃないけど『臭いと不平を言う前に進んで換気扇を回しましょう』をスローガンにこれからも可能な限り冬をエンジョイしていけたらな〜と思います。

DSC01879
DSC01876
↑あとはですね〜、今日、さっぽろ雪まつりが終わった大通公園で恒例の雪像解体ショーをチラッと見てきました。重機で壊していくんだけど、完全に解体が終わるまで見届けるにはかなりの時間が掛かりそうなペースだったので、寒くて最後まで見るのを断念して帰って来ました。ダイナマイトを仕掛けて一気に爆破解体が出来たら、もっと盛り上がりそうですけどね(笑)。

ところでピョンヤンオリンピックだけど、昨日ようやく日本勢がメダルをと取ったけど、やっぱりオリンピックはメダルありきだとつくづく思いましたね。“参加することに意義がある”って言葉はもう昔話で死語ですね。
今後の競技で大注目なのは何といってもスノーボード女子パラレルの竹内智香選手!自分と同じ旭川出身であの美形(おい!)。表彰台に立っても他の外国人選手と顔を並べても一歩も引けを取ってません。目の付け所が完全にエロおやじですが、頑張ってもらいたいです。
あとな〜やっぱりいつかはスキーのアルペン競技で日本人がメダルを取ってもらいたいですね〜。出来れば滑降かスーパー大回転で。誰か自分の目が黒いうちにこの偉業を達成してくださいな!

こんばんは。

もう去年のお話でございます。

丘珠空港で美味しいカレーライスが食べられるという情報を掴んで行って参りました。

DSC01753
↑小じんまり、且つ、小ざっぱりとした丘珠空港のターミナルビル。
DSC01756
DSC01755
↑1階が到着ロビー(写真上)、2階が出発ロビー(写真下)。
DSC01757
DSC01765
↑2階には丘珠空港や札幌市の歴史を紹介した展示スペースがありました(どこかの研修スペースみたい)。
DSC01768
DSC01770
↑小型のプロペラ機から続々と降りて来る乗客(機内の人口密度高そう)。
DSC01788
↑殺風景な搭乗口(イマイチ旅情が沸かない)。
DSC01775
↑ローカル空港ながら札幌と道内主要都市を短時間で結ぶ点で、スピード優先のビジネス客に支持されている様です。
DSC01778
↑丘珠空港の紹介はこのくらいにして肝心のカレーライスを頂きます。
そのカレーライスは出発ロビーの横にある丘珠キッチンさんで食べる事が出来ます。

DSC01780
入り口で先に食券を買い求める社員食堂風のスタイルです↑
DSC01786
↑コチラがそのカレーライス。その名も「丘珠カレー」。
入り口の写真と比べるとカレールーに降り掛かっている玉ねぎチップの量がチト寂しい感じもするのはご愛嬌。

DSC01779
意地悪な比較写真。
DSC01787
↑でもその代わり?カレールーが実物の方が多く見えるのでノープロブレム。

それでは早速いただきまーす!

食べた感想は激馬!これはレベルが高いカレーライスです。ひとくち食べると“ん?甘口か?”と感じるんだけど、食べ進んでいくうちにじわじわと辛みが湧き上がってくるにくい演出です。恐らくトロトロ飴色になるまで炒められた玉ねぎが大量に入っていて、それが最初に感じる甘みになっているんだろうと勝手に想像します(間違ってるかも知れませんが)。またカレールーに降り掛かっている玉ねぎチップスもナイスなアクセントになっていて、やはり写真との違いが悔やまれます(しつこい)。玉ねぎチップスが福神漬同様、かけ放題システムになれば自分の歴史の中でナンバーワンのカレーライスになった事でしょう。

丘珠空港を旅行やビズネスで利用する際はもちろんの事、飛行機を利用しない一般の方にもおススメです!空港前の駐車場は1時間までは無料、レストラン利用で2時間まで無料になるので、車でのアクセスもバッチリです。

ちなみに私は前にもどこかで書きましたが、未だかつてカレーライスを食べて不味いと思った事は一度も無い、カレーライスの味には超寛容な舌の持ち主なので、旨いか不味いかは・・・・

アナタ様しだいでございます。


↑このページのトップヘ