こんばんは。

先日、用事があって数日に渡り、高速経由で札幌〜苫小牧間を頻繁に往復する事が有ったんだけど、その時に苫小牧に向かって千歳ICを少し超えたあたりで何やら工事が行われているのが見えました。それを見て、そう言えば新千歳空港の最寄で新しいICを造るって話があったな〜と、昔何かで聞いた(見た)事がある、おぼろげな記憶が蘇ってきました。なんとなくまだまだ先の話なんだろうな〜と勝手に思い込んでいたんだけど、知らぬ間に工事が始まっていたようです。

新千歳空港IC建設のニュースを聞いた時は、きっと新しいICが出来たら、今まで千歳IC〜新千歳空港間が、おおよそ10〜15分程度(道路状況の違いや信号に引っかかるか否かの違いで若干ムラあり)掛かっていたものが、新しいルートだと、空港至近にICが出来て空港とICを最短ルートで結び、ムラ無く5分も掛からず行けちゃんだろうな〜なんて想像したものでございます。しかし当事はそれ以上考えたり、調べたりする事はなく、今回実際に工事現場を見て(偶然)、今更ながらあらためて新千歳空港ICについて調べてみたって訳でございます。

まずは場所のおさらいです。新千歳空港と道央自動車道の位置関係がイマイチわからなかったんだけど、そもそも道央道って新千歳空港の至近を走ってたっけ?
static
↑・・・ってな訳で新千歳空港ICと新千歳空港の位置関係です。意外と距離がありそうです。地図の上が札幌方で、下が苫小牧方なんだけど、札幌から来ると随分と空港の南側を廻り込むルートだと言う事がおわかり頂けるかと思います。千歳ICから新千歳空港への距離を比べると、若干ですが赤の新ルートの方が長い感じがします。ただ一般道での信号の数は新ルートでは空港を出る時の一箇所だけで、現ルートの5〜6箇所(たぶん)と比べると断然少ない。しかし、いくら信号が現ルートより少ないとは言え、これだけ空港を廻り込んだルートでどれ程の時短効果があるのでしょうか?

ちなみに苫小牧〜札幌間を移動している時に新千歳空港ICの工事現場と千歳ICの所要時間を計ってみると2分50秒で、ま〜ざっくり3分だとして、一般道区間の新千歳空港と新千歳空港ICをひいき目で見て5分で走ったとしたら合計8分。そこを制限速度に毛の生えた程度のスピードだと、5分じゃ着かないかも知れないので、トータルで10分は掛かると思った方が無難でしょう。となると先にも書きましたが、現ルートの10〜15分かかる時間と比べたら、その差はたったの約5分ポッチ、もしくは同等。

新千歳空港IC開通後の高速料金がどうなるのかは分かりませんが、札幌を基点に考えて、もし千歳ICで降りるより新千歳空港ICで降りる方が高くなるとしたら、金額によりますが、わずか5分の時短効果を得る為に払うほどの金額かどうか悩ましいところでございます。
それは一般車はもちろんの事、コストカットに躍起になっている運輸・物流、観光業界も同じことでしょう。中央バスが中心になって運行している空港連絡バスは、新千歳空港の一つ手前の南千歳にあるアウトレットモール・レラへのアクセスも兼ねているし、本州からの激安パックツアーの中には北海道観光の〆にお客さんに有り金を全部使ってもらいましょうと言わんばかりに、千歳ICを降りてすぐの所にある、旅行会社と提携している大型のお土産屋さんに必ず立ち寄るプランを組んでいるパックも数多くあるので、新千歳空港ICが出来たからといって、簡単にルートの変更をする訳には行かないでしょうね。

ただ、上記の所要時間は札幌からの時間を予想したもので、苫小牧方からだと千歳IC経由より断然距離は短くなるので、時短効果はかなりあると思われます・・・と最後に軽くフォローしておきます。


そんなこんなで、またまた車載カメラ動画を作ってみました。1本目は札幌北IC〜千歳ICを経て新千歳空港の駐車場までの動画で、2本目は苫小牧西ICから新川ICまでの動画です。1本目、2本目共にコレといって見せ場はありませんが、1本目の最後に国際線ターミナルがオープンしてパワーアップした新千歳空港を一周してきたシーンを収めてありますので‘へ〜今の新千歳空港ってこんな感じなんだ〜’ってな具合にご覧いただければ災い…いや幸いでございます。