2018年06月30日

更新履歴(平成30年度)

第一回更新 更新日:平成30131日(水)

 このブログも8年目に入りました。今年も月末に一度の更新を続けます。

 今月は「松旭斎天勝興行年表」をリニューアルしました。

昨年、明治以降はやらないというタブーを破って松旭斎天勝の興行を追ってみようと思ったのは、旗挙げだけで知らんふりが出来ない魅力を感じたせいです。記事がなければさっさと止めるつもりでしたが、豈図らんや、あるわあるわ、うれしい悲鳴でした。

とくにめだったのが興行に合わせて掲載されるスポンサー広告で、大正期に私の見ただけで、オリヂナル(35)、森永ミルクキャラメル(32)、ホーカー液(11)、赤玉ポートワイン(11)、ミツワ石鹸(7)、クラブ化粧品(6)、カオール(2)、キングドロップ(2)、レート化粧品(1)、伊東胡蝶園(1)、美活石鹸(1)、十一屋呉服店(1)、広江商会(1)がありました(括弧内は回数)。これは一公演一つとして数えたもので、たとえば都新聞にでた広告は東京朝日、読売等にもでているわけで、総数はえらい数になります。またありがたいことに、単なる広告ではなく、ほとんどの場合プログラムが載っており、期せずしてその演技内容を知ることができます。こうしたことは他の奇術一座にはないことで、これだけでも天勝がいかに人気があり、世の中に受け入れられた存在であったかがわかります。

明治445月、天一の養子であった天二と別れて旗揚げし、なんとか成功したあと、五百円懸賞付きの魔法の樽を看板に各地を廻っていましたが、この樽を巡って胡散臭い出来事が何度か起こり、新聞にも大いに揶揄され、ついには訴訟沙汰にまでなる始末。さらに今度は支配人であった野呂辰之助(大阪の奥田辨次郎と並ぶ東京の大興行師野呂藤助〈明治42年没〉の子)との結婚をめぐって一座分裂の危機がおこりますが、大正47月、有楽座でサロメを演じて大成功をおさめ、ようやく一座の基礎がかたまり、人気を不動のものにしました。

天勝一座の屋台骨を支えていたのは支配人であり夫である野呂辰之助であったことは間違いなく、バラエテイー形式の創設、天勝野球団の結成、ジャズの先駆的導入など多彩な企画を次々に打ち出し、財政面でもしっかりと一座を支えました。とはいえ昭和2年に野呂が死亡したあとも一座は存続しており、天勝本人の手腕も無視できないものがあります。

天勝一座は新しいプログラムが出来ると、ほぼ一年単位で大阪、京都、神戸、名古屋、東京での公演のあと地方まわりに出かけ、時に満州、韓国、台湾、上海までも足をのばしています。それらを網羅して興行年表を作ろうというのですから無茶もいいところです。とりあえずまとめた「年表」も不完全であることはいうまでもありません。しかしここまできたら、不足分を補いつつ、昭和9年に隠退し、完全に舞台を去るまで追いかけるしかありません。

本年もよろしくご笑覧のほどお願い申し上げます。


第二回更新 更新日:平成
30228日(水)

 今月は「松旭斎天勝興行年表」の続きで、昭和2年~昭和6年の東京(読売新聞)と大阪(大阪朝日・大阪毎日)を入れました。オリジナル、森永等スポンサー広告もつき、相変らず派手にやっています。

天勝の若さの秘密は人魚の肉を食べているからという噂がまことしやかにささやかれていました。その人魚ですが、先日ヤフオクに文化二年の人魚の一枚摺りが出ました。見世物興行の報條ではなく、瓦版的なものでしたが、とても珍しいものでした。人魚を研究されている方には垂涎の一枚でしょう。入札者も多く、最後は75,000円で落札されました。人魚伝説は日本でもまだまだ根強い人気を誇っているようです。

第三回更新 更新日:平成
30331日(土)

「松旭斎天勝興行年表」の続きで、昭和7年~昭和9年の東京(読売新聞)と大阪(大阪朝日・大阪毎日・大阪時事)を入れました。昭和9319日から東京新橋演舞場で引退披露興行が行われますので、ひとまずゴールまでたどり着いたことになります。天勝が亡くなるのは昭和191111日ですが、その間、映画「魔術の女王」へ出演したり、二代目松旭斎天勝襲名の助演をしたりなどしています。これら散見した記事もまとめて掲載しておきました。

当然ながら、これで終りというわけではありません。むしろこれからが本当のスタートだといえるでしょう。調べなければならないことはまだ山ほどあります。調査できたものから順次ブログに掲げていく予定です。

 その一例として、大正31月から2月にかけて台湾で興行した記録を「台湾日日新報」で追加しました。当てずっぽうで閲覧したのですが、ちゃんと出ており、にんまりでした。台北だけだろうと思っていたのですが、打狗(高尾)、台中、基隆、新竹、宜蘭と廻っていたのにはさらに驚きでした。


第四回更新 更新日:平成
30430日(月)

「松旭斎天勝興行年表」へ京都公演(昭和33月夷谷座、同43月夷谷座、同55月京都座、同65月南座、同73月南座、同83月南座、同99月南座)を『近代歌舞伎年表 京都篇』と「京都日出新聞」によって追加しました。

 昭和になって「大阪朝日」「大阪毎日」「大阪時事」の記事が極端に少なくなっているのに比べ、「京都日出」は変らず記事を載せてくれており、広告掲載だけでなく、内容の充実したものになりました。

昭和8321日の夜、京都日出新聞社主催で「魔奇術を語る」という座談会が開催されました。出席者は天勝のほかに一座のヴァージニア嬢、裴亀子、清水静子、それに元座員の山本耕水です。座談会の内容は325日~29日まで全五回にわたって連載されました。たいへん期待して読み始めたのですが、質問と答えがチグハグだったり、速記者のミスか、年代も間違いだらけで、さっぱり駄目でした。特にひどかったのは、信じられないことですが、座談会に出席しているはずのヴァージニア嬢、裴亀子、清水静子の三人の談話が一言も載っていないことです。彼女たちが何を語るか、大いに関心を持っていただけに、「えぇ…!?」という感じで、失望より怒りすら覚えました。「こんなん、どないしょ?」とほとほと迷ったのですが、せめて写真だけでも見てもらえればいいかと、昭和8年付録として一頁設けることにしました。文字通り、ご笑覧ください。

 追伸:427日にブログのPV200,000を突破しました。ひとつの目標にしておりましたので、達成できたことをたいへん嬉しく思っております。ご覧いただいたすべての方々に感謝申し上げます。


第五回更新 更新日:平成
30531日(木)

 「松旭斎天勝興行年表」へ満州公演(明治449月大連歌舞伎座、大正26月大連浪速館、同年10月旅順八島座、昭和37月大連歌舞伎座、昭和109月大連常盤座)を「満州日日新聞」と「満州日報」によって追加しました。また、日程だけですが昭和10910日から927日にかけて旅順、大石橋、営口、鞍山、奉天、撫順、鉄嶺、四平街、新京、哈爾賓、安東を巡業していたこともわかりました。まだ三、四回は満州公演をしていると思われるので、さらに調べるつもりです。

昭和10年の満州引退興行は、ぜひ打たせてほしいと懇請されたのでF興行に任せることにしたのですが、いざ乗込んでみると前景気がまるで立っていません。どうしたのかと常盤座の主人らに聞いてみると、F興行はケチで有名で、7月の羽左衛門一座のときも新聞社にさんざん提灯記事を書いてもらいながら、招待券を出し惜しみ、名刺入場などはまったく許さなかったというのです。満州日日新聞なども態度を硬化させ、「天勝さんには気の毒だが、F興行には一切かかわりたくない」との返事。そこを従来からの誼でなんとか後援をとりつけ、景気づけの記事を掲載してもらい、ようやく初日を開けることが出来たのだそうです。(石川雅章『松旭斎天勝』)

こうした興行の裏事情を知るにつけ、新聞記事の多寡だけでその興行の大入り、不入り(成功・不成功)を即断するのはあまりに短絡的すぎると自戒を込めて思います。新聞の情報をいかに客観的に、有効に活用するか、長年のテーマであり、常に考えながら閲覧を続けています。


第六回更新 更新日:平成30630日(土)

「松旭斎天勝興行年表」へ朝鮮公演(明治448月京城寿座、9月仁川歌舞伎座、大正211月京城寿座、仁川歌舞伎座、昭和36月京城京劇、昭和1010月京城京城劇場)を「京城日報」と「朝鮮新聞」によって追加しました。先月の満州公演と年月が重なっており、満州、朝鮮が巡業コースであったことが分ります。

先月、満州日日新聞の提灯持ち一件のことを述べましたが、今回は朝鮮新聞が大正21114日~18日まで五回にわたって「天勝が不思議の邂逅」と題して魔法樽のことを大々的に報じています。時の朝鮮総督寺内正毅も一枚からみ、開演前から大変な人気となりました。なおこの記事は「天勝の五百円懸賞金付き魔法樽」と題して「大正2年付録」に収めています。

休筆宣言

このたび、7月より12月までブログの更新を休ませていただくことになりました。

理由は二つです。一つは、現在進行中の「松旭斎天勝興行年表」の調査(特に地方)が追い付かないこと。もう一つは、お手伝いしている丸屋竹山人さんのブログ「上方落語史料集成」が中途半端なままになっていることです。それと、これはつまらない理由ですが、今年初めに痛めた腰が完治せず、長時間椅子に座っているのがつらいのです。

すべてきちんとするためには少しく充電の時間が必要と考え、ここに休筆宣言をさせていただいた次第です。今年中にこれらの課題をクリアして、来年、平成31131日より更新を再開する予定でいます。どうかご了承ください。

このブログを始めたのが平成23年の正月ですから、はや7年と半年が過ぎようとしています。当初の予想とはまったく違って、何かすごいところへ来たなというのが正直な思いです。これもたくさんの方々のご教示とご声援をいただいたお蔭です。改めて篤くお礼申し上げます。どうかこれからもよろしくお願い申し上げます。

東大阪市在住 六十九歳翁 蹉跎庵主人識

 

 




misemono at 14:10|PermalinkComments(0) 更新履歴(平成30年度) 

2018年01月30日

松旭斎天勝興行年表

   松旭斎天勝興行年表

天勝 001


はじめに

一、明治44年(1911年)5月、東京浅草公園帝国館で天勝一座を旗揚げしてより、昭和9年(1934年)3月に東京新橋演舞場で引退するまでの約23年間にわたる興行年表を作成するものである。

一、本年表を作成にするにあたり、既存の書籍、雑誌等はあえて使用せず、すべて新聞記事により構成した。

一、新聞記事の掲載にあたっては、仮名遣いは旧のままとしたが、漢字は一部常用漢字に改め、句読点は本文・広告とも適宜施した。

一、上掲の写真は石黒敬章『続 幕末・明治のおもしろ写真』(平凡社・1998年刊)に掲載されたもの。同書キャプションに「手品をする天勝。一流の写真館で撮り、京都歌舞伎座出演の際ダイレクトメールとして送った絵はがき」とある。とすれば明治441911年)のものか。


              松旭斎天勝略年譜

明治19521日   松旭斎天勝(本名中井かつ)誕生。

明治29年      松旭斎天一一座に入門。※30年説もあり。

明治3479日~明治38519日 欧米巡業。

明治442月      松旭斎天一引退。

明治445月         松旭斎天勝一座を浅草帝国館で旗揚げ。

明治45614日   松旭斎天一死亡。享年60歳。

大正1年(?)      支配人の野呂辰之助と結婚。野呂藤助(明治42年没)の子。

大正47月           有楽座でサロメを演じる。

大正13121日~大正14416日 アメリカ巡業。

昭和2817日      野呂辰之助死亡。享年51

昭和9319日~  新橋演舞場にて引退披露興行の開始。

昭和12421日~ 新橋演舞場にて二代目天勝襲名披露興行を開始。

昭和191111日  松旭斎天勝死亡。享年59歳。


              松旭斎天勝興行年表一覧(作成分)

明治44年(1911年)              

2月中旬 天一引退】

53日~6月末日 東京浅草公園帝国館(旗揚げ興行)

71日~10日 横浜賑町喜楽座

714日~23日 大阪道頓堀角座

725日~86日 京都歌舞伎座

820日~ 朝鮮京城寿座

92日~ 朝鮮仁川歌舞伎座

912日~22日 満州大連歌舞伎座

明治45年・大正元年(1912年)

323日~41日 横浜賑町喜楽座

43日~ 横須賀市横須賀座

413日~22日 東京新富座

531日~ 横浜勇座

66日~ 東京本郷座

614日 松旭斎天一死亡】

623日~29日 宮城県仙台市

72日~8日 北海道函館市池田座

719日~24日 北海道札幌市札幌座

730日 明治天皇崩御】

916日~1120日 東京浅草帝国館

1121日~27日 横須賀若松町歌舞伎座

121日~  横浜賑町喜楽座

大正2年(1913年)                  

110日~16日 名古屋末広町末広座

25日~11日 京都新京極京都座

213日~19日 大阪道頓堀中座

38日~18日 大阪松島八千代座

620日~71日 満州大連浪速館

104日~6日 満州旅順八島座

1110日~16日 朝鮮京城寿座

1122日~24日 朝鮮仁川歌舞伎座

129日~14日 熊本県熊本市大和座

大正3年(1914年)                         

11日~ 台湾打狗座

117日~ 台湾台中座

125日~29日 台湾基隆座

131日?~ 台湾新竹竹塹倶楽部

24日~16日 台湾台北朝日座

218日?~ 台湾宜蘭各支庁下を興行

102日~11日 神戸三宮歌舞伎座

1030日~11日 大阪道頓堀弁天座

1211日~17日 名古屋南桑名町千歳座

大正4年(1915年)                 

114日~24日 京都四条南座

23日~14日 東京有楽町有楽座

216日~ 静岡県浜松市歌舞伎座

223日~ 静岡県静岡市若竹座

36日~15日 東京木挽町歌舞伎座

41日~11日 東京久松町明治座

415日~25日 東京赤坂溜池演伎座

621日~ 東京上野家庭博覧会演芸館

710日~23日 東京有楽町有楽座

725日~29日 東京両国国技館

81日~ 横浜賑町喜楽座

86日~8日 東京両国国技館

813日~19日 東京神田三崎町東京座

822日~29日 名古屋御園座

911日~ 石川県金沢市香林坊第一福助座

918日~24日 大阪道頓堀浪花座

926日~103日 京都四条南座

1010日~19日 朝鮮京城朝鮮物産共進会演芸場

1022日~26日 朝鮮京城本町有楽座

1027日~30日 朝鮮京城朝鮮物産共進会演芸場第二回公演

111日~2日 朝鮮京城龍山佐久良座

115日~6日 朝鮮仁川歌舞伎座

大正5年(1916年)              

211日~24日 東京有楽町有楽座

31日~10日 横浜賑町喜楽座

315日~19日 東京両国国技館

321日~30日 東京春木町本郷座

412日~17日 名古屋御園座

5月~ 台湾各地を巡業

大正6年(1917年)                 

11日~10日 京都四条南座

114日~20日 神戸新開地聚楽館

123日~29日 名古屋御園座

21日~11日 東京有楽町有楽座

214日~ 神奈川県小田原富貴座

317日~29日 大阪道頓堀弁天座

413日~22日 横浜賑町朝日座

53日~13日 東京木挽町歌舞伎座

528日~61日 東京両国国技館

1223日~25日 名古屋蓬座

大正7年(1918年)       

11日~16日 東京有楽町有楽座

120日~26日 名古屋御園座

26日~17日 大阪道頓堀弁天座

220日~26日 京都四条南座

1011日~16日 名古屋新守座

1031日~ 横浜賑町朝日座

121日~15日 東京有楽町有楽座

大正8年(1919年)                 

38日~16日 東京木挽町歌舞伎座

41日~10日 神戸湊川新開地中央劇場

412日~26日 大阪道頓堀弁天座

大正9年(1920年)           

11日~10日 名古屋末広町末広座

221日~33日 横浜賑町喜楽座

313日~21日 東京久松町明治座

325日~44日 京都四条南座

46日~20日 大阪道頓堀弁天座

52日~(14日) 東京有楽町有楽座

614日~20日 北海道函館市錦座

1031日~116日 名古屋御園座

1213日~26日 大阪道頓堀弁天座

大正10年(1921年)                     

11日~16日 東京有楽町有楽座

23日~7日 東京両国国技館

224日~32日 京都四条南座

2月、野呂辰之助が天勝野球団を結成】

34日~10日 神戸湊川新開地中央劇場

71日~7日 福岡県博多大博劇場



misemono at 13:42|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表

(年表続き)

大正11年(1922年)                       

11日~16日 東京有楽町有楽座

28日~12日 東京両国国技館

217日~26日 横浜賑町喜楽座

311日~21日 大阪道頓堀弁天座

323日~30日 京都四条南座

41日~9日 神戸湊川新開地中央劇場

89日~13日 北海道函館市錦座

大正12年(1923年)              

11日~15日 東京有楽町有楽座

118日~22日 愛知県豊橋市呉服町東雲座

215日~19日 名古屋御園座

222日~26日 東京両国国技館

31日~14日 大阪道頓堀弁天座

320日~28日 京都四条南座

727日~82日 神戸新開地聚楽館

88日~ 大阪九条八千代座

815日~21日 大阪天満八千代座

831日 東京浅草常盤座

91日 関東大震災】

102021日 東京上野公園野外慰安会

1116日~25日 東京帝国ホテル演芸場

128日~10日 東京下谷鴬谷国柱会館

1215日~17日 三重県津市曙座

大正13年(1924年)

121日 天洋丸にて横浜より出帆。(大正14416日帰国)

大正14年(1925年)                

416日 サイベリア丸にて横浜着。

626日~30日 東京帝国劇場

713日 東京新宿園の大納涼会

714日~ 東京新橋演舞場

927日~102日 東京春木町本郷座

1031日~1115日 大阪道頓堀弁天座

1117日~22日 京都四条南座

大正15年・昭和元年(1926年)

316日~28日 神戸湊川新開地松竹劇場

41日~7日 東京両国国技館

81日~ 東京浅草公園観音劇場

930日~ 大阪道頓堀弁天座

昭和2年(1927年)

421日~30日 東京新橋演舞場

514日~ 東京浅草公園劇場

1014日~23日 大阪天満八千代座

昭和3年(1928年)

31日~7日 京都新京極夷谷座

39日~18日 大阪道頓堀弁天座

421日~29日 東京新橋演舞場

68日~17日 朝鮮京城京劇

75日~13日 満州大連歌舞伎座

昭和4年(1929年)

321日~28日 大阪道頓堀弁天座

330日~49日 京都新京極夷谷座

421日~29日 東京新橋演舞場

514日~ 東京浅草昭和座

昭和5年(1930年)

324日~29日 大阪道頓堀浪花座

421日~29日 東京新橋演舞場

516日~25日 京都新京極京都座

527日~62 東京新宿新歌舞伎座

67日~ 東京浅草昭和座

111日~9日 大阪松島八千代座

昭和6年(1931年)

323日~30日 大阪道頓堀浪花座

514日~20日 京都四条南座

526日~63日 東京新橋演舞場

71日~7日 東京久松町明治座

昭和7年(1932年)

220日~29日 東京新橋演舞場

319日~27日 京都四条南座

427日~53日 東京新宿新歌舞伎座

59日~18日 東京浅草松竹座

昭和8年(1933年)

217日~26日 東京新宿新橋演舞場

319日~29日 京都四条南座

41日~16日 大阪千日前歌舞伎座

426日~52日 東京新宿新歌舞伎座

54日~ 東京浅草公園劇場

111日~8日 大阪道頓堀角座

昭和9年(1934年)

319日~28日 東京新橋演舞場(引退披露興行。これより引退披露の全国行脚が始まる)

426日~56日 東京新宿新歌舞伎座

58日~ 東京浅草松竹座

91日~11日 京都四条南座

923日~1012日 大阪道頓堀中座

昭和10年(1935年)

95日~9日 満州大連常盤座

910日~27日 旅順、大石橋、営口、鞍山、奉天、撫順、鉄嶺、四平街、新京、哈爾賓、安東を巡業。

1010日~15日 朝鮮京城京城劇場

昭和11年(1936年)  

321日より映画「魔術の女王」が公開される。

昭和12年(1937年)  

421日より新橋演舞場で二代目松旭斎天勝襲名興行。

昭和13年(1938年)~昭和18年(1943年)

二代目松旭斎天勝が各地で興行する。

昭和19年(1944)  

1111日 初代松旭斎天勝死亡。

 





misemono at 13:40|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 明治44年(1911年)

53日~6月末日   東京浅草公園帝国館(旗揚げ興行)

71日~10日     横浜賑町喜楽座

714日~23日    大阪道頓堀角座

725日~86日   京都歌舞伎座
820日~         朝鮮京城寿座
92日~          朝鮮仁川歌舞伎座
9月12日~922日   満州大連歌舞伎座


◇東京浅草公園帝国館53日~6月末日)

◎一座旗上げ興行

〈編者註〉帝国館は活動写真館として四月三十日浅草に開館の予定であったが、四月二十九日午後四時五十分頃、浅草ルナパークにて火災が発生し、木馬館、台湾館及び新築した帝国館だけ残し、売店、屋上庭園、滑稽活動館、汽車活動館、演芸館等悉く焼失した。これによりこけら落しの予定を遅らせ、五月三日よりの開館となった。そして活動写真の幕間の余興として組まれたものだが天勝一座であった。

初日に木村荘八が帝国館へ行っている。近年刊行された『木村荘八日記』に「荘十三と帝国館へ行く、天勝は中々旨い物だ」(五月三日)とある。また「あとで帝国館へ行つて来る、魔術は面白い物だ」(五月二十八日)、「帰宅すると金君が居た、活動へ行かぬかと云ふ、少し製作慾があつたのだがまさかさう何度も断れず、夫に頭が休ならないから帝国館へ行く事にする、あの観客席の感じは好い、一つ描いて見やうと思ふ」(六月九日)とある。

44 04544 02044 01844 023














明治44423日 二六新報

❍天勝の活躍 松旭斎天一と云へば奇術に於て東洋一と称され居りしが、今回病の為め引退する事となり、其の後をば天勝に一任し、此に花々しく旗上げ

をする由にて、来る二十五日、浅草公園帝国館の開館式に際し、艶麗なる天勝嬢一座が天一の跡を継ぎての第一回目を興行する由。

明治44423日 東京日日新聞

○天勝の一本立 天一病気で退隠の為め嬉しい〳〵情夫(まぶ)がある

 亜米利加三界を股に掛け、欧羅巴迄押し渡つて、一時は東洋の名花と唱(うた)はれた女奇術師松旭斎天勝は、来二十五日、浅草公園帝国館の開館式と共に、師なる天一と分離して同館で独立営業と極り、一本立ちになると云ふ事であるが、天勝が其の独立の希望は今始まつたのではなく、曾つて欧州から帰朝した時以来で、其の際天勝が漫遊談を聴くべく訪問した文士で、畔野太郎と云ふ者があつた。天勝の容色の美に接して、之れに憧れ、天勝も亦赤髭ばかり見て居た目とて畔野の優姿に思ひを懸けた。若い男女が屡々の会見とて、早くも両人の恋の遂げた事は今茲に説明する迄もない。

其後は師なり旦那なりの天一の目を忍んでは媾曳(あいびき)を楽(たのし)み、後々の結婚費を作るべく、男は盛んに筆を執り、女は地方を天一と共に巡業し、相当の富を得て、天勝は一昨年の暮に本郷区丸山新町四一に土蔵付の堂々たる邸宅を求めたが、夫れでも未だ天一ある以上は思ふ男と添ふ事が出来なかつたので、只管其の機会(おり)を待つた甲斐あり、天一は老病の為め舞台に堪へぬとあり、愈々退隠する事となつたので、此の時とばかり、天勝は独立すると同時に天一との閨縁を断て、近々思ふ男と一緒になり、自働車に合乗して楽屋入りをするを楽みにして居ると云ふ。

明治44424日 都新聞

❍松旭斎天勝女 師匠松旭斎天一が芸界を退隠せしにつき、其の後継者として自ら天勝一座を組織し、二十五日より浅草帝国館に出演すべし。

明治44424日 読売新聞

❍松旭斎天勝一座 奇術師松旭斎天一は老衰の為め今回鑑札を返納して芸界を退くに就き、欧米に渡航して以来二十年来興行を共にしたる松旭斎天勝嬢に

奇術の奥義を譲りたれば、嬢は独立して座長となり、愈々二十五日より浅草公園帝国館の舞台開きに花々しく天勝斎一座の初興行を開演する由。

明治44429日 読売新聞

❍帝国館の天勝 明三十日開場式を行ふ浅草公園の帝国館出演松旭斎天勝一座の番組は、示指のカード、ダイスの奇術(花子)、飛行のカード、掌中の玉、空中ステツキ、指中のカード、群鷺の現消(天洋)、絶衣の妙技(一光)、空中の花、紙中の花、ハンカチーフの変現、タンバリンの奇術、夢中の交換、懸賞魔術、不思議のトランク(天勝嬢)外夏子、園子、露子等総出。

明治4453日 都新聞

❍[広告]五月三日開館 浅草公園帝国館 電話下谷二〇二二/懸賞魔術 不思議のトランク数種 松旭斎天勝嬢、天洋、一光、百合子、花子、園子、露子。活動写真(演目省略)。

明治4456日 読売新聞

❍新設の帝国館 約七万円の費用を投じて浅草公園内に新設されたる帝国館は三日より開館せり。建築はルネサンス式にて有楽座よりも広く、且つ美しく、階上特等及び一等席には絨氈を敷詰めたるも、靴にはカバーシュースを掛け、下足に預るの手数を要せざる他の活動写真館に例なき便利なり。独立初舞台の天勝の手品を始め、活動写真何れも鮮明なり。

明治44514日 東京朝日新聞

❍天勝踏み付らる 浅草公園帝国館の天勝は、口上を言つて貰ふ活動の弁士にひどく舞台を暴(あ)らされて居るが、二三日前の晩も、不思議のトランクで見物席から飛上つた医者が、袋の口を外科用の針で縫初めたを鈍(のろ)臭いと胸をコヅいて吐鳴(どな)りつけてゐたとは随分キビ〳〵した失敬な奴もあつたもの。

明治44519日 都新聞

❍[広告]五月十八日より全部取替 浅草公園帝国館 電話下谷二〇二二/最近の大魔術 雲の峯外奇術魔術数種 天勝嬢、天洋、一光、百合子、花子、園子、露子。活動写真(演目省略)

明治44529日 北陸タイムス

○一週一芸/西洋奇術 松旭斎天勝 浅草公園帝国館

 嘗ては其の師なる松旭斎天一と俱に欧米各地を興行し、尚彼地に於て応用物理的魔術、奇術等を学び得て帰朝し、内地到る所に興行して尠からず好評を博しつつあつたが、去月浅草の帝国館の落成と共に自から一座を組織して、現に同館に於て奇術界の新レコードを演じて居る。

東西観客の嗜好 同じ興行中の奇術でも客受けの好いのと然(そう)でないのと有ります。又西洋と日本とでは大層お客の好き〳〵がありまして、其の嗜好が異つて居ります。日本のお客は概して機械物を好まれますが、西洋人は滑稽物を大層喜ぶので厶います。特(ひと)り奇術魔術に限らず、芝居に致しましても大抵は喜劇を喜んで観るのです。全体西洋の観客は全然無邪気な小兒の様ですから、兎角滑稽物を歓迎いたします。日本で『アンナ子供だましの様な事』など申します奇術が、却つて西洋では大層受けるので厶います。日本では奇術の興行場に構はず子供を入場(いれ)ますけれど、西洋では決して小兒の入場を許しませんのです。ですから日本の様に場内が噪(さわ)がしい事がなく実に規律正しく、チヤンと時間通りに開場いたしまして、総てが高尚で紳士的であります。而して演芸の時間も日本のやうに斯んなに酷く演ずることは厶いません。大抵は一日に二十分間ぐらいなものですが、日本ではなか〳〵然(そ)んな事では善(い)けないので、現に此の帝国館では一人が大抵一回四十分間位づつ演じて、其れを一日に(昼夜かけて)五回演ずるといふ大勉強なのです。現に演じて居ります奇術中には西洋で研究したものもありますが大抵は日本(こちら)で工夫し考案したものが多いのです。只今演じて居ります奇術中では「不思議のトランク」といふのが一番歓迎されて居ります。此のトランクの奇術は日本人ばかりでなく外国人なども大喝采でして、現に昨日なども外国人が観に来て大層不思議がり、自身に舞台へ来て、自らトランクを縛るといふ様な騒ぎなんです。私しも各地で興行いたしましたけれど、此の帝国館ほど長時間を演ずるやうな勉強した事は是れまで厶いません。尤も這度(こんど)は自分が師匠(天一)と分離して新たに一座を組織いたしましたのですから充分勉強いたすは最初よりの覚悟ですから何分とも此上御愛顧を願ひます。

明治4461日 都新聞

❍[広告]六月一日より全部取替 浅草公園帝国館 電話下谷二〇二二/奇術界のレコードを破りたる演芸ウオンダーフルキヤビネツト 大魔術はコミク式に演じ可申候/松旭斎天勝嬢、百合子、花子、露子、保一、楽天、天洋、一光、光勢、青松外一座。活動写真(演目省略)。

明治44615日 都新聞

❍[広告]六月十五日より全部取替 浅草公園帝国館 電話下谷二〇二二/演芸 コミツク式鏡隠れの大魔術 松旭斎天勝嬢、百合子、保一、楽天、天洋、一光、其他一座。活動写真(演目省略)

明治44622日 東京日日新聞

○天勝嬢の種切れ 帝国館の出場は今月限り

 天一と手を切つて浅草公園の帝国館へ立籠つた天勝は、思ひ切て若返つて、芝居めいた衣裳や道具に見物を嚇かして相当の入を占めてゐたが、今月一杯で同館の出演を謝絶することになつた。同館でも此の呼物に行かれては大変と非常な引留運動をして、給金の点なら出来得るだけハヅむとまで下手に出たが、天勝却々(なかなか)初一念を翻へさないので、是は益(ため)になる筋を拵らへて、最(も)う可(い)い加減に『こゝへ持出しましたは……』の足を洗ふのだらうとの噂であつたが、実際は然(さ)に非ず。

一体、天一一座の西洋技術は養子の天二が握つてゐるので、洋行中苦心して奇術の楽屋へ化け込んで種を仕入れたのは天二だ。座頭の天一は水芸など演つてお茶を濁ごし、天勝は縹緻(きりょう)で売つてゐるまでの事で、西洋奇術は九種しか知らないのを、今まで帝国館で取ッ替へ引ッ替へ演じて見物を釣つてゐたが、然(そ)う〳〵は胡麻化しが利かず、今月は愈々種切れとなつたので、旗を捲いて引上るのだと。聞いて見ればまことに気の毒と同情してやらずはなるまいか。



◇横浜賑町喜楽座
71日~710日)

明治44627日 東京日日新聞

❍天勝の横浜 七月一日初日十日間、毎夜六時より横浜の喜楽座にて、松旭斎天勝を始め一座の大奇術を開演す。

明治44711日 東京日日新聞

❍天勝一座 松旭斎天勝一座は十一日出発。大阪角座へ乗込む。



◇大阪道頓堀角座
714日~723日)

明治44716日 大阪朝日新聞

❍角座の松旭斎一座は花の様に美しい天勝が新に座長とあるので、暑いにも滅気(めげ)ず初日から相応に客足を引いた。奇術の数に変化の無いのは欠点だが、呼物は何といつても天勝の箱抜けで、殊に最後に遣つた一人の婦人を袋に入れ、更にトランクに押込んでカーテンを卸すと同時に嚢中の女は天勝と代つて居る術は中々鮮かであつた。その他百合子とか露子とか涼しさうな名前の女が立ち替り入れ替り、飛んだり跳ねたりするので大受けはよいが、余興にとて出した天勝のダンスは西洋の阿呆陀羅経宜しくで、聊かプンと来た。それから奇術ではないが一光の足芸の傘廻しは正真正銘の胡麻化し無しの放れ業であつた。



◇京都歌舞伎座
725日~86日)

明治44721日 大阪朝日新聞京都付録

❍二十五日から歌舞伎座に開演の天勝は天一が退隠したので天勝が率いる一団で、国子、露子、百合子、花子抔いふ美人と一光其他のお馴染が付き従ふ。

明治44724日 大阪朝日新聞京都付録

❍天勝の一行は二十四日夕大阪から乗込んで、二十五日からいよ〳〵歌舞伎座に出演するが、これが日本の暫しのお名残りで、十日間を打上げると直ぐ朝鮮から支那へ入り、上海、香港と廻つて欧米巡業に出る筈であるさうな。

明治44727日 大阪朝日新聞京都付録

❍歌舞伎座の天勝は二十五日から始めたが、天一を髣髴せしめる奇術の数々、美しい丈けに愛嬌もあつて、人気がよいとお手前の口上である。

明治44728日 大阪朝日新聞京都付録

○歌舞伎座の天勝 

▲歌舞伎座の天勝は二十五日から天一になり代つた座長様で不思議な所と美しい所をお眼にかけてゐる。暑中ながらも美人の力は恐ろしいもので、近来の劇場にない大景気とは、イヤ神代神楽の初めからあな恐ろしや〳〵。

▲第五の夢中の変幻とやらからそろ〳〵本芸になつて、この前の「ワンダーキャビネット」をコメデーで見せる鬼神の芸当、それにも越して驚かされるは、「雲の峰」の空中早抜けの後の懸賞もの「不思議のトランク」で、顔をカーテンから引いたと思ふと天勝はトランクの中の袋入となつた百合子と早変りの素早さ、一二三(ワンツースリー)の懸声で姿は消えて了ふから実に不思議である。

▲美しい人が早いことに看客を驚かして膽を寒からしめるのだから、暑さの砌にも客は来る。夏向長口上は省き、手をかへ品をかへ、手奇麗な所をサラ〳〵とやるだけやつて了ふのは気持がよい。道化に名人のないのがこの一座の物足らぬ所であるが、少女の可憐と一光の曲芸が眼新らしいので補うて行く。アッと驚かされるばかりで評は忘れて了うたが、兎も角、も一度繰返すが、美しい綺麗なことである。

明治4483日 大阪朝日新聞京都付録

❍歌舞伎座の天勝一座は非常の大入といふので六日まで日延べをする。



◇朝鮮京城寿座
820日~)

明治44815日 朝鮮新聞       

❍目下釜山興行中の松旭斎天勝は此の月末頃仁川に来る。

明治44818日 朝鮮新聞       

❍天勝一座 松旭斎天勝女一座は今十八日午後八時十分南大門着列車にて入京の筈なるが、興行主坂本方にては若い者座方一同を出迎ひに出し、一行数十台の腕車にて乗込む由なるが、寿座の初日は来る二十日なりと。

明治44820日 朝鮮新聞

❍寿座 松旭斎天一の娘天勝女一座三十二名の奇術一座は既報の如く愈々釜山を打ち上げ、一昨夜京城に乗り込みたるが、勧進元にては数十流の幟を押し立て、楽隊を先登に数十台の腕車を列ね、近来珍らしく賑々しき乗り込みをなし、今晩より寿座に於いて開演の筈なり。

明治44822日 朝鮮新聞

❍京城寿座 松旭斎天勝一座は一昨日花々敷く町廻りを行ひ、午後六時より三発の煙花を合図に初日を開演したるが、初渡鮮のことゝて非常の大入。尚ほ今晩も例の大奇術にて開演。

明治44822日 朝鮮新聞

○天勝の噂 目下京城の閑人間には一昨晩から寿座に現はれた松旭斎天勝の年齢が問題になつてる。老けてると云ふ者もあれば、否若いと云ふ者もある。开(そ)が中に天勝が天一々座の花形として嬌名を謳はれたのは実に十数年来のことである、彼れの奇術界に身を投じた最初が女盛りの二十歳前後とする(と)も早や三十七八歳であらうと云ふのが多数を制して居るやうだ。可哀層にマア、明治十九年生れの今年取てタツタ二十六歳ですのにとは天勝と東京以来の知合(しりあい)なる当地某妓が同情の声。何は兎もあれ、あの艶麗なる容色では花の色は移りにけりなの嘆を発する、尚ほ前途遼遠なりと云ふべしだ。

某妓又曰く、天勝さんのやうにお行儀の良い方は珍らしいことよ。妾(わたし)等にしろ、女芸人なんて云ふ者は出る所へ出たときと内に引込んでるときとは蜻蛉と螻ほど違ふものですが、あの方ばかりは裏表なしの両面で何時もキチンと身だしなみが良いことよ。マア女芸人の模範とでも云ふのでせうと、這般(しゃはん)の消息は知る人ぞ知るだが、其處が天勝嬢の今日まで人気を失墜せざる所以でがなあろう。

明治44823日 朝鮮新聞       

❍京城寿座 世界的大魔術松旭斎天勝一座は初日開演以来非常の好人気にて連夜大入と云ふ有様なるが、日毎に演技番組を換ふるを以て観客は大喜び。

明治44825日 朝鮮新聞       

❍寿座 松旭斎天勝一座の世界的大魔術は朝鮮人側にも評判好く、連夜一二等以下の入場券売切と云ふ有様なり。

明治44826日 朝鮮新聞       

❍寿座 松旭斎天勝一座の奇術は初日以来札止めの大好評を博し、今晩も賑々しく開演。



◇朝鮮仁川歌舞伎座
92日~)

明治4493日 朝鮮新聞

❍仁川歌舞伎座 京城にて好評を博したる松旭斎天勝一座は昨日花々しく市廻りをなし、同六時半より開場したるが、目先の変り居る事とて非常の大入なりしと。


◇李太王、天勝の奇術を御観覧
98日)

明治4497日 朝鮮新聞

○李太王と奇術 明八日天勝の奇術御観覧 李太王殿下には松旭斎天勝一座の奇術御観覧の旨御所望あり。仍つて同一行は大連行を一日繰延べ、八日徳寿宮にて殿下の御観覧に供し、九日仁川出帆の酒田丸にて大連へ乗込む筈なりといふ。

明治4498日 朝鮮新聞 

○徳寿宮賀宴

今八日は恰も徳寿宮李太王殿下の大旬(六十歳)の御誕辰日に相当するを以て徳寿宮に於て六旬の祝を挙行さるゝ事となり、一両日前夫れ〴〵招待状を発したるが、今本日の次第を聞くに、李王同妃両殿下には午前九時徳寿宮に御成り、李太王殿下御対顔の上祝詞を述べられ、同十一時李太王、李王の両殿下には石造殿に出でさせられ、朝鮮各貴族、前韓国大官及一般耆老者等を引見され、代表者の祝辞を受け、終りて三鞭の酒及茶菓の饗あり。更らに同十一時四十分□(じゅん)徳殿に於て両殿下御臨席、李喜、李岡の両殿下、各貴族、閔長官、小宮次官、前大官及李王職各高等官並に耆老者百三十名参列、午饗会を開き、右終つて同宮殿に於て李王妃殿下御臨席の上、李喜、李岡妃同殿下、李王職、各高等官夫人並に前大官夫人百十名に対し朝鮮料理の饗あり。一面外賓百三十名に対し銀製酒盃を、内賓百十名には緞子製の李花を、李王職判任官以下には酒餞料を賜ひ、同六時より中和殿に於て天勝奇術観覧会の御催しあり。終つて随意退散する筈なり。因に総督府よりは国分人事局長、府員を代表して徳寿宮に参賀す。



◇満州大連歌舞伎座
912日~922日)

明治44831日 満州日日新聞

❍世界的大魔術と銘を打つた松旭斎天勝一座はいよ〳〵当地に於て興行する事になりしが、最初恵比須座にて興行の筈なりしも、熱海一座が三日迄の期限なるに差し支へる為めか、歌舞伎座にも交渉中にて、未だ其何れとも決定せずとの事なるも、何れにせよ一日には初日を出すならんか。一行は花子、保一、天洋、百合子、楽天、園子等にして、印度土産変幻術、欧米式曲芸、驚異的大魔術等五十余種類にして、余興には天勝のスパニシダンスあるべしと云へば、近頃の見物(みもの)なるべし。

明治4491日 満州日日新聞

❍歌舞伎座は天勝 恵比寿座に於て興行すべかりし天勝一座は歌舞伎座に於て興行する事に決定したるやにて、其初日は六日か七日なるべく、天勝の乗り込みは三四日の内ならん。

明治4492 満州日日新聞

❍興行師の提携 睨み合つて損ばかりし、お客を馬鹿にするを本職と考え居たる大連の興行師も、お互ひの角突合ひはつまらないと眼が覚めたか、今度天勝一座の先乗坂本某及び熱海一行の太夫元山田重助等が尽力の結果、恵比須座の寺田が歌舞伎座の平川及び松公園の三浦、互ひに提携して競争を避け、見物の気に入るやうにする由。早晩さうなくては見物の方が迷惑、つまらない事に意地を持たぬやう旨いことやつて貰ひたし。

明治4497 満州日日新聞

天勝 009

❍天勝一座乗込 朝鮮に於て李王殿下御台覧の為め予定に後れたる同一座は、愈々六日午後二時仁川出帆の便船にて一行三十八名七日乗込みの予定なるが、乗込みと同時、歌舞伎座前にては三発の煙花を打ち上げて景気を添ふる由。而して八日は一日休養、九日初日を出すべく、開場時間は午後六時三十分にして、七日間興行の筈なるが、毎日開場時間には三発の煙花を打ち上げるといふ。(写真は七日乗込むべき松旭斎天勝一座)

明治4498日 満州日日新聞

❍天勝一座 七日京城より乗込の筈なりしも、八日李王殿下其他の御台覧ある為め出発延期となり、九日仁川発の酒田丸にて来連すべし。

明治44911日 満州日日新聞

❍天勝一座乗込み 天勝一座は十日午後七時頃仁川より入港の鷹取丸にて着連、歌舞伎座関係者其他の出迎を受け、花々敷く乗込を為し、遼東ホテルに宿泊したり。開場は未定なるも多分十二日頃なるべし。

明治44912日 満州日日新聞

○乗り込める天勝一座 九日乗り込む筈なりし天勝一座は、李王殿下の御台覧後、急に李太王殿下にも召されたる為め漸く十一日の乗り込みとなりしが、同一行は予ねて後藤男爵より満韓巡業を勧められ居りしも、都合上其機会に接せざりし處、本年京都に於て興業中、在北京岡田博士及び静岡県知事松井博士より荐(しきり)に満韓巡業を勧められ、しかも巡業中朝鮮人及び支那人等の眼に其奇術がいかに映ずるやを緻密に観察して報告せよとの注文をも受けたる為め、いよ〳〵巡業の意を決したる次第なれば、単に営利上の巡業とは趣を異にし居れりとの事にして、初日は十二日と決定、開場は六時三十分として七時三十分開演、一時間半幕無しにて演じ、五分の休憩後更らに一時間幕無しにて演じ、再び五分の休憩後四十分間演じて閉場する予定にて、奇術は四十六種づゝを演ずるべしと。

明治44913日 満州日日新聞

❍歌舞伎座 十二日初日を出したる天勝一座は八時と云ふに既に満員の盛況なりしが、二日目も午後六時三十分打ち上げる三発の煙花に依つて開演、大魔術大奇術取交ぜて、四十数種を演ずべく、斯界の花と謳はるゝ天勝嬢を始め花子、百合子等の花の如き艶麗と、一光、天洋等の軽妙なる奇術とは如何に満市の人気を吸収するならんか。殊に最終の懸賞附不思議のトランクは怪中の怪と云ふべきか。

明治44914日 満州日日新聞

○天勝一座の奇術 打ち上げる三発の煙花と共に木戸を開けば、待ち兼ねたる入場者潮の如く流れ込み、八時には既に九分通りの大入りなりしが、奇術は「不思議のトランク」最も鮮かにして、其名の割合に呆気なきは「驚神的大魔術」、能書き少なき割合に面白きは「魔神の函」なりしも、何れとして鮮かならざるはなかりし。一光の曲芸又頗る巧みにして、足にて傘の扱ひ尤もよく、ボールの扱ひ、輪の背進等何れも旧(ふる)からず。一光、保一の滑稽大に感心して笑はせたり。其他天洋の「変幻術」、天勝の「夢中変幻」「二重函」「少女の打消」等其開演時間の短き変りとして幕なしなれば、殆んど応接に遑もあらず、殊によくある奴の長口上や前置などの更になきは観客の気に入るべし。尚ほ其背景及び道具など申分なく金がかゝつて見ゆ。

明治44914日 満州日日新聞

❍天勝一座の日延 非常の好景気なる天勝一座は最初七日間の興行として更に日延べせざる筈なりしが、観客の希望に依り三日間の日延を為すことゝなりたり。

明治44920日 満州日日新聞

❍天勝又々日延 演芸の斬新奇抜なると舞台面の花やかなる為め満市の人気を集め開演以来日増し満員の盛況にして、殊に各方面の団体申込引も切らざるより改めて三日間日延べをなす事に決定したるが、雨天にても休場せず開演すべし。

明治44922日 満州日日新聞

❍天勝一座 三日間日延をなし、二十一日にて閉場の筈なりしも、観客の希望に副ふ為め尚一日日延べをなし、二十二日も例の通り晴雨に拘はらず開演し、同日限りにて愈々千秋楽を告る由。

明治44923日 満州日日新聞

❍天勝の打ち上げ 盛況の為め日延べを重ねたる天勝一座はいよ〳〵二十二日にて打ち上げたるが、旅順乗り込みは二十五日にして、其間大連に滞在中、電気遊園演芸場の為めに其奇術数番を活動写真に撮影せしむべしとか。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

〈編者註〉以下は「満州日日新聞」913日~920日に掲載された天勝舞台写真である。上から順に松旭斎天勝の奇術(13日)、天勝の奇術『雲の峰』(14日)、帽子の曲芸・松旭斎一光(15日)、天勝一座天洋の印度土産『変幻術』(16日)、松旭斎天勝の『魔神の函』(17日)、男女変幻ダブルボックス・天勝の奇術(18日)、天勝の万国風俗ボックス(19日)、輪の背進・松旭斎一光演ず(20日)

天勝 008

天勝 007

天勝 006

天勝 005

天勝 004

天勝 003

天勝 002

天勝 001





misemono at 13:39|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 明治45年・大正元年(1912年)

323日~41日     横浜賑町喜楽座

43日~       横須賀市横須賀座

413日~22日    東京新富町新富座

531日~       横浜勇座

66日~        東京春木町本郷座

【614日 松旭斎天一死亡
6
23日~29日    宮城県仙台市

72日~8日     北海道函館市池田座

719日~24日    北海道札幌市札幌座

916日~1120日    東京浅草帝国館

1121日~1127日  横須賀若松町歌舞伎座

121日~       横浜賑町喜楽座


◇横浜賑町喜楽座
323日~41日)

明治45323日 都新聞

❍横浜喜楽座の天勝 本日より開場の番組は、男女変現術、空中少女の打消し、卓上の美人隠顕外小奇術数番(天勝)、滑稽曲芸(一光・ケツフヘー)、印度土産変化術外数番(天洋)、大魔術油絵(天勝、保一、一光、耕水)、日本手品夕涼(天勝)外花子、園子にて、大切は天勝の万国風俗ボツクス、魔神の箱、雲の峰、懸賞トランクの大掛り。



◇横須賀市横須賀座
43日~)

明治4541日 東京日日新聞

❍天勝一座 本日横浜喜楽座を打上げ、三日初日にて横須賀の横須賀座にて開場。



◇東京新富町新富座
413日~422

明治45412日 東京日日新聞

45❍新富座 十三日初日の松旭斎天勝一座は十日間日のべなしにて、入場料は特等八十銭、一等六十銭、二等四十銭、三等二十五銭、四等十五銭、初日は二十銭均一。番組はコミック式大魔術(天勝、一光、保一、耕一)、羽衣ダンス(天勝)、曲芸と滑稽(一光)、珍芸大魔術(百合子、天勝、一光)、日本手品夕涼(天勝振袖にて出演)、スペインの大魔術(天勝)。

明治45413日 東京日日新聞

❍[広告]當四月十三日午後六時開場 電京一八七二・一〇九七 新富座/世界的大魔術(十日間日のべなし)/松旭斎天勝嬢 出演外一座/コミツク式大魔術油絵、羽衣ダンス、滑稽曲芸、日本固有の手品夕涼み、今回始めて演づる「スペインの娘」大魔術外新奇術十数番/特等八十銭、一等六十銭、二等四十銭、三等二十五銭、四等十五銭 初日は二十銭均一。

明治45414日 東京朝日新聞

❍天勝が久しぶりに帰京し昨夜初日を開ける。六時少々過には満員の好況、コミツク式大魔術を始めトランク抜け、スペインの娘其他十数番の外、日本手品夕涼みに天勝の振袖姿の出演は前が大受けであつた。

明治45414日 読売新聞

45 013○新富座の天勝 四月は目先をかへて二年振に奇術師天一の後継者天勝嬢一座を迎へて十三日に蓋を開けた。出演者の身体が何となくギコチナクて軽快な本場の役者の滑稽を現はす事は出来ないが、舞台の飾り付等に通俗な外国趣味のあるのは面白かつた。出来るならも少し落ついた心持を起させるやうにして欲しかった。天洋、花子、園子等の奇術は見古し。大魔術油絵といふ物も嘔吐物だが、一光の曲芸は罪がなくてよかつた。総て出し物に新創意はないが、懸賞魔術不思議のトランクには例によつて驚かされて、他は失敬して帰つた。

明治45416日 都新聞

❍天勝の進歩 新富座の天勝は技術も大に進み、特に同人発明の「雲の峰」は理外の理とも云ふべき奇術にて、尚振袖姿の日本手品は却て珍らしいとて評判宜し。

明治45417日 東京日日新聞

❍天勝と喜劇 新富座天勝一座は十日間興行とて連夜大入にて、中にも喜劇油絵は芝居の内の奇術で、その中の天勝のスパニシダンスは先年洋行中外国俳優に就き稽古せし得意のものなりと。

明治4552日 都新聞

❍天勝の一行 上州地方を巡業し、六月一日より本郷座を開場すべしと。

〈編者註〉上掲の写真は四月十三日付「東京日日新聞」に掲載されたもの。左横の文字は「今日から新富座に出る天勝はモウ洋服も気が利ないとあつて昔に返つて振袖姿でいろ〳〵の曲芸を試みるといふ。併し実際は此頃無暗に肥つたので洋服が身体に合はなくなつたからだと」



◇横浜伊勢佐木町勇座
531日~)

明治45530日 読売新聞

❍横浜勇座 三十一日初日午後六時三十分より松旭斎天勝一座の奇術開演。



◇東京春木町本郷座
66日~)

明治4567日 東京日日新聞

45 001❍[広告]當六月六日より午後六時開場 電話下一九五一 本郷座/第一案内所 電下二一九七、二八〇三、第二同一二八一/世界的大魔術 松旭斎天勝嬢一行/全部新芸の外新たに喜劇応用「妹の媒介」及び大奇術スペインメーゾンを入御覧、外に少女の自転車曲乗り、洋犬の曲芸/入場料九十銭、七十銭、四十五銭、廿五銭/初日は二十五銭均一 茶代祝儀を不要。

明治4569日 都新聞

○本郷座の天勝 今回の呼びものは「西班牙の娘」であらう。去月英国ケラー奇術士から嬢に寄贈されたといふ。五百年前西班牙で用ひた死刑箱の模造を道具に使ひ、天勝は濃艶な肉襦袢の仕度で此内に隠れる。満韓巡業に出かける前とは見違える程肥えて帰つた。従来の様に一々くだ〳〵しい説明をせず、ハイカラなやり方だと思つた。余興として犬の曲芸、カフマンス氏式一輪車の曲乗は目新らしいものである。ネリーとチヨカといふ二疋の黒い犬が出て梯子を登る、綱を渡る、一疋が車に乗ると外の一疋が後から押して廻る、数字を聞き分ける等は頗る無邪気なもの。(しばた)

明治45610日 読売新聞

❍天勝は山の手の人気に叶ひ紳士貴婦人の見物多く、日々満員続きなるが、日々新芸を取替へ見するより一層好評なり。

明治45611日 読売新聞

○本郷座の天勝 天勝一座の奇術は去る六日から本郷座で開演、魔術の奇術のと云つたところで、「近代の魔術(モダンマジック)」の一冊も読めばそんな事は何でもない。只其の技の巧拙如何にあるのみだ。就中「万国風俗ボックス」「魔術之函」「不思議トランク」などが大喝采、しかし天勝の「空中少女の打消」は賞められぬ。一光の滑稽曲芸は兎に角腹を抱へさせたが、園遊会式の曲芸を練磨神に迫るとは恐れ入る。余興天勝の「羽衣ダンス」は慥かに美しい。帝劇のそれよりも奇麗だ。荻原秀長外二名の「カフマン式自転車曲乗」と「犬の珍芸」も新らしく付け加へ、魔術応用の喜劇もあつた。花子や園子などの連中は御愛嬌にもなるが、しばらく楽屋で稽古させて置く訳にはならぬものか。(米の花)

明治45612日 東京朝日新聞

❍今度は大分新物を加へた。不思議のトランクなどは受けている。一光の曲芸も軽い。新帰朝荻原の自転車曲乗り離れ業、洋犬の曲芸は子供衆には持つて来い。天洋のカードの技術は相変らず鮮か〳〵。


●明治45年年614日 松旭斎天一死亡(「松旭斎天一興行年表」の項参照)



◇宮城県仙台市
623日~629日)

明治45619日 河北新報

❍天勝嬢一行は二十日当地初日の筈のところ、養父天一死去に付、二十三日初日と変更せり。一行は五十余名の一座にて、約一ケ月間北海道巡業の契約成り、其途次、当地に五日間開演なすことに確定せしものにて、北海道巡業の上、直ちに九月上旬北米地方へ巡業の途に就く筈なれば、帰朝再び開演をなすは一ケ年の後なるべく、今回の当地開演は暫時の御名残なりと。



◇北海道函館市池田座
72日~78日)

明治4571日~7日 函館新聞

天勝 002天勝 001❍池田座 本晩より松旭斎天勝一行の大魔術の開場の筈なるが、演芸曲目は全部斬新奇抜の物のみなりと。重なる曲目は左の如し。

滑稽曲目(一光)、洋犬の珍芸、ネソーナヨカ。余興スパンスダンス、羽衣ダンス(天勝嬢)、カフマン式自転車一輪車曲乗(萩原秀長外三名)、マヂクダイス、掌中のフライキ(百合子)、練磨神に迫る絶妙の曲芸(一光)、愛らしい花籠(園子)、座長代辞(松川耕水)、男女変幻術空中少女の打帽、卓上少女の隠顕、万国風俗ボクス(天勝嬢)、魔神の函、雪の峰、不思議のトランク、スペインメイズン(天勝嬢)、外奇術数十番、魔術応用喜劇姉の媒介、之は天勝嬢、天洋、一光、保一、花子、耕水出演。(71

❍池田座 奇術松旭斎天勝一行は愈々今晩初日を開けたるが、前景気好し。(72

❍天勝の奇術 [紙面破損]かの天勝は相変[紙面破損]若い七年程前だつたか、始めて池田座へ来た時と同じ若さだ。けれど流石に今度は座長といふ丈けあつて大人びた感じがする。一座の内では犬の曲芸と一光の鞠とが面白く、萩原の自転車と一輪車はお馴染だけれど見飽きぬ芸。天勝は矢張り天勝だけに鮮やかな芸だつた。モッと入りを取らせてやりたい。(74

❍池田座 天勝一行の奇術は連夜大好評なるが、嬢は近き内に米国興業師フオールマンの招待によりて渡米することになり居れりと。(75

❍池田座 松旭斎天勝の大奇術は天一以来のお馴染もあり、手際も誠に鮮かなもので、昨晩なども大入好評を博して居たが、一行はいよ〳〵明後八日限り当地お名残りとし、近々洋行すると云へば、此機を逸せず見て置くべしである。(77



◇北海道札幌市札幌座
719日~724日)

明治45720日 北海タイムス

❍札幌座の天勝 本日は二日目なるが、呼物は小鳥の打込、双指のリム、欧米式滑稽、天勝のスパニシダンス、百合子の奇術ほか。

〈編者註〉こののち室蘭に乗り込み、打上げ後、渡米するという。

 

◇東京浅草帝国館916日~1120日)

大正元年913日 都新聞

❍天一の追善興行 北海道巡業の天勝の一行は先頃帰途天一の死去せし福島県飯坂に立寄り、亡師紀念碑建立の為追善興行をなせしに、同地の同情も厚く好成績にて日ならず建碑の都合にて、一行は昨日帰京し、十六日より浅草の帝国館へ出演なすと。

大正元年914日より連日 都新聞

[広告]九月十六日より浅草公園帝国館/世界的大魔術松旭斎天勝一座出演/発見者に一百円懸賞大魔術、スペインの娘其他/余興活動大写真数番

大正元年918日 東京日日新聞

❍帝国館の天勝 浅草公園ルナパーク付属帝国館は西洋奇術天勝一座にて再演する事となり、十六日より開演せるが、余興には活動写真疾走機関車、火夫の冒険、長尺物其他数組あり。本芸奇術は一座車輪にて大入なりと。

大正元年919日 都新聞

❍帝国館の天勝 満韓地方を始め各地を巡業して一年振りで帰つた松旭斎天勝は、十六日から浅草公園の帝国館に出演して相変らず不思議な奇術で好評を博して居る。尚余興の活動写真も西洋物だけに却々(なかなか)面白い。

大正元年101日より連日 都新聞

[広告]十月一日全部取替/世界的大魔術松旭斎天勝嬢一座出演/欧米漫遊大奇術、日本娘其他/可驚探偵奇談・最大長尺前後二編続/ニックワンテー氏の復活、兇漢と探偵前古未曾有の大活劇其他/浅草公園帝国館(電下二〇二二)

大正元年1016日より連日 都新聞

[広告]十月十五日全部取替/世界的大魔術松旭斎天勝嬢一座出演/五百円懸賞魔法の樽、大魔術鳳凰閣其他/余興活動大写真西洋軍事劇、奈翁栄華の夢長続其他数種/浅草公園帝国館(電下二〇二二)

大正元年1028日 東京朝日新聞

❍茶気満の見物 浅草帝国館で天勝の樽抜けの秘術を見つけた者に五百円の懸賞をやると吹聴しているが、二三日前天勝の足を引摑んで、サア五百円くれと金切声を出した客がある。イヤ見つけた許りではいけぬ、此芸の出来るものでなけリア遣らないと混(ごっ)た返したので、到頭幕を引く。

大正元年111日 東京朝日新聞

❍天勝飛び出す 魔法の樽が飛んだ味噌樽に化けて、此頃些(ち)と極りの悪い天勝は、近日桑博まで滞在の覚悟で米国へ渡航するさうだ。

大正元年112日より連日 都新聞

[広告]十一月一日全部取替/世界的大魔術松旭斎天勝嬢一座出演/大魔術五大洲、斬新巧妙大小奇術其他/活動大写真 古今卓絶の名写真 女軍事探偵マチルダ上中下三巻 出場人員数千名砂漠中の一大活劇其他/浅草公園帝国館(電下二〇二二)

大正元年114日 都新聞

❍天勝の再洋行 天一の死後残党を率ひて浅草公園に籠もれる松旭斎天勝は年内二三の地方を巡業せる後、来春再び渡欧の途に就くと云ふ。

大正元年116日より連日 都新聞

[広告]大高評二十日迄日のべ/十五日演芸差替 松旭斎天勝嬢一座/頗る滑稽コミック式大魔術 レーモンド式の向上せる大魔術不思議トランク其他/活動大写真女軍事探偵マチルダ上中下三巻其他/浅草公園帝国館(電下二〇二二)

天勝 008天勝 007天勝 006天勝 005天勝 004














◇横須賀若松町歌舞伎座
1121日~1127日)

大正元年1120日 都新聞

❍松旭斎天勝 二十日限り帝国館を打上げ、二十一日より七日間横須賀歌舞伎座へ乗込む。


◇横浜賑町喜楽座
121日~)

大正元年1129日 都新聞

❍横浜の喜楽座 十二月一日より松旭斎天勝一座の欧米漫遊のお名残り興行を開演。



大正元年
1214日 読売新聞

○天勝を訴へる 魔法樽の発見 大魔術法廷の場

 天勝が訴へられるといふ話だ。それも芝区白金猿町九多田弥太郎といふ世間に知られぬ男から広告利用観覧料詐欺として告訴されるので、理由を聞けば、天勝が九月頃浅草公園の帝国館で奇術を開演した時に、見物を呼ぶ方便から天勝の婿探しと自演の魔術「樽抜の術」を発見したものに賞金五百円を与へることを口上云ひに見物の前で披露させて大入り大当りを取つていたが、九月三十日に見物に行つた前記の多田が見事に魔術の種を発見して賞金を請求した處、天勝始め座員一同、同館の弁士、世話人までが兎や斯う云つて賞金を渡さず、有耶無耶に過さう気色で今日が日まで多田は五百円に待ち労(くたび)れ、到頭上田弁護士に依頼するに至つたのだといふ。

偖てもその後さる程に奇術師の天勝、種があつてこそ見物を釣ろや〳〵の釣狐、其漆黒の髪毛も洗ひ落せば白髪の婆、化生のものがなどと張りに行つて素顔を見てから怒るも野暮なら、種の無い手品を見せろといふも無粋、その種をありと知つてゝエヽ器用な奴、あの姿がよく若く見せるねえなど感ずる所が御贔屓の有り難さ、と天勝は田舎巡(まわ)りの折々に、五百円と結婚に釣られた東京の見物の馬鹿さを笑つてもいるさうなが、聞くならく、天勝の手品は旦那だつた天一が残したものを七つとか九つとかより知らず、お目新らしい珍芸は無いが、意見の総仕舞、今更ら法廷の場などいふ新題の大魔術をかねが惜しさに勤めやうとはその身の語り、かねに恨みは数々御座るは手品ぢやありますまいと馬鹿にされた見物は云つています。



misemono at 13:38|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 大正2年(1913年)

110日~16日    名古屋末広町末広座

25日~211日     京都新京極京都座

213日~219日   大阪道頓堀中座

38日~318日     大阪松島八千代座

620日~71日    満州大連浪速館

104日~106日   満州旅順八島座
1110日~1116日  朝鮮京城寿座
1122日~1124日  朝鮮仁川歌舞伎座

129日~1214日    熊本県熊本市大和座


◇名古屋末広町末広座110日~16日)

大正219日 名古屋新聞

❍末広坐 明十日午後五時より奇術界の花と称せらるゝ松旭斎天勝一行の美人揃ひ大魔術にて開演。奇術種目は何れも斬新なる目新しきものゝみを撰み、殊に天勝の演ずる懸賞魔術の樽、鳳凰閣、スペインの娘、伏魔殿等は実に観客の目を驚かす大魔術にて、其他萩原の自転車曲乗、珍妙なる犬の曲芸、一光の絶妙なる曲芸、其他魔奇術共に東都各座に於て好評を博せしものなりと。因に明初日入場料は各等共に半額の一等二十五銭、二等二十銭、三等十五銭、四等十銭、五等五銭の大勉強なり。

大正2110日 名古屋新聞

❍末広座 愈よ本日午後五時より開場する女奇術師松旭斎天勝一行は、斬新奇抜なる魔奇術のみを撰み、舞台面も全部新調のものを用ひ、花々敷開場する由なれば、定めて好評を得る事なるべく、因に本日は座員華々敷く町廻りをなし、午後五時より開場する由。

大正2112日 名古屋新聞

❍末広座 松旭斎天勝一行の奇術は昨二日目も満場木戸締切の好人気にて、殊に「鳳凰閣」「スペインの娘」「不思議のトランク」「伏魔殿」「魔法の樽」等は演芸中の呼びものにて、其他犬の曲芸、絶妙なる曲芸、萩原の「自転車曲乗」等大喝采なり。因に開場は毎日午後五時なり。

大正2112日 名古屋新聞[広告]

名古屋 001

大正2113日 名古屋新聞

❍末広座 松旭斎天勝一行奇術は連日大入満員続きの大盛況にて、奇術種目は何れも斬新奇抜なるものゝみ撰み、殊に一行久々の御目見得の事とて頗る大喝采を博しつゝあり。因に開場は毎日午後五時。

大正2114日 名古屋新聞

❍末広座 開場以来連日大入大好評を博しつゝある女奇術師松旭斎天勝一行の美形揃ひ大魔術は、其目新しき不思議の妙技は観客をして驚嘆せしめ、萩原の自転車曲乗り、犬の曲芸等の絶妙、其他一光、秀長の滑稽等は呼ものにて大喝采を博しつゝあり。

大正2116日 名古屋新聞

❍末広座 連日大入満員続きの同座松旭斎天勝一行の奇術は、五百円懸賞「魔法の樽」が第一の呼びものにて、其他の奇術「犬の曲芸」「自転車の曲乗」「絶妙なる曲芸」等斬新なるには観客(けんぶつ)を驚嘆せしめつゝあるが、予定の如く本日限りの由。


◇京都新京極京都座25日~211日)

大正224日 京都日出新聞

[広告]当ル二月五日より毎日午後五時開場 世界的大魔術 松旭斎天勝一行

 △五百円懸賞の樽抜け△斬新奇抜なる奇術魔術  京都座 電中二一九一番

大正225日 京都日出新聞

❍京都座天勝の奇術は愈々本日初日を出すが、一等六十銭、二等四十銭、三等二十五銭、四等十銭。

大正226日 京都日出新聞

❍京都座の天勝一行の奇術は昨日初日を出したが、人気者のことゝて頗る上景気。

大正227日 京都日出新聞

○京都座の天勝一行

 松旭斎天勝一行が五日より京都座に懸つて得意の世界的大魔術で客を呼んで居る。今度の呼びものは昨年東京浅草帝国館其他で演じて抜けられる、抜けられぬで問題となつた「懸賞魔法の樽」である。見れば誰でも樽中に入つて五分間以内に外部に出たら即時金五百円を呈すと云ふ懸賞付きだ。初日の夜は最初一光が入つたが病気の故を以つて失敗に了り、次で秀長が入つたが是れは鮮巧なものであつた。モ一つ一百円懸賞の「スペインの娘」は英国奇術士ケラー氏より贈られたものとやらで、五百年前西班牙で用いた死刑箱を模造したもので、二つに割れる人造形の箱には見るも寒い無数の剣が突起してるので、其の中へ花の如き座長天勝が入つて是れもホンの一瞬間、呀(あっ)と云ふ間にモウ外面(そと)へ出てるのには観客一同全く息も吐げぬ早業に、最初はハラ〳〵し、次は旨く誤魔化され乍ら感嘆して居た。

其他天勝の「不思議のトランク」、日本固有の手品「夕涼」「伏魔殿」「米と水の変化」など何れも眼新しく、一光の「絶妙なる曲芸」中でも殊に傘と輪とが目を惹いた。「珍妙なる犬の曲」は三疋の犬が秀長の言葉を聞き分けて客の求めたカードの数を合すのだが、是れも能く教へたもので、尚ほ一光と秀長の鳥の鳴き声があつたが、是れ亦喝采を博した。(らの字)

大正229日 京都日出新聞

❍京都座は却々の好人気であるが、「不思議のトランク」は前回より格段の進歩をみせて、天勝と百合子と入代る間が真に電光石火、従来にない早さである。懸賞の樽抜けは案ずるに不思議のトランクと同型のネタらしく、物数寄の観客は五分間内に出てみやうと入つてはみるが、どうして〳〵迚もの事だが息が詰る方が早い。「羽衣ダンス」は前回には演らなかつたものだが、何時見ても心地のよいものである。欲には電気をも少し工風すれば確に天勝の専売物の値打はあらう。美しい子供が大勢になつている。六人の女の子のダンスも稍本筋のダンスで、遉に天勝の仕込みだけに表情術など従来の新種のものとは大分違つている。

大正2210日 京都日出新聞

❍京都座の天勝一行は美人連だけに人気よく、毎夜大入の好人気であるが、懸賞の魔法の樽では閉場後もネタを知らうと観客が残つて大騒ぎをしている。

大正2211日 京都日出新聞

❍京都座の天勝一行は好評にて日延べ説もあつたが、何分次興行が決定しているので遺憾ながら本日限り千秋楽となる。

 


◇大阪道頓堀中座
213日~219日)

大正2214日 大阪朝日新聞

❍中座は十三日開場。松旭斎天勝が一光、百合子外六名の女奇術一座としての興行。初日に限り二十五銭均一。演芸種目は左の如し。

不思議のトランク、自在の顔、美花の散乱、スペインの娘、卓上少女、日本手品夕涼、糸と水の変化、伏魔殿、卓上コップ、変転の指輪、魔法の樽

大正2214日 大阪朝日新聞

○足を出(だし)た天勝 見付けたら五百円の懸賞といふのを売物にして居た函抜けの天勝、浅草の興行で首尾よく見物に足を押へられ、結局出すの出さぬの訴訟沙汰になる程の御愛嬌やら味噌やらをつけたが、当分息抜きの為台湾落ちをする行きがけの駄賃とあつて、十三日から一週間中座で相変らず五百円の懸賞を振廻す。さあ欲の浅い連中はいつたり〳〵。

大正2215日 大阪時事新報

❍天勝一行 中座で十三日から開場した松旭斎天勝一行の奇術は、初日の均一が利いたか満員の好況であつた。斬新なものは五百円の懸賞とやらで呼声を高めた魔法の樽抜け位で、其他は不思議のトランクや或は色電気応用のダンスなどで、格別目先が異(かわ)らなかつた。萩原秀長の自転車の曲乗や滑稽振は臍の皮を撚せた。百合子以下の可憐の少女が幾度か出場して種々の奇術に興を添へているのは愛らしかつた。

大正2220日 大阪時事新報

❍中座は十九日にて天勝の奇術を閉場し……。

 


◇大阪松島八千代座
38日~318 日)

大正239日 大阪朝日新聞

❍天勝舞もどる 愈(いよいよ)渡台すると云つて大阪を去つた天勝、何所(どこ)をウロついて居たのか、例の樽を引擔いでまた舞戻り、八日から松島八千代座で相変らず「皆さんこの樽抜けの種を御発見のお方には……」

大正2311日 大阪朝日新聞

❍八千代座は松旭斎天勝一座が朝鮮巡業に当分の名残として八日より開場。演芸中の魔法の樽及びスペイン娘は懸賞を付したる特芸にて、初日より大入をあげたり。

大正2313日 大阪時事新報

❍松旭斎天勝の奇術にて開演中の八千代座は魔法の樽抜けの懸賞方法を替へ、看客にして樽の中に入り、五分間以内にして外部へ出でたる者に賞を与ふる事をしたり。有繋(さすが)に場所柄だけに人気を惹きて、毎夜多数の入場者ありと。

大正2315日 大阪朝日新聞

❍八千代座開演中の松旭斎天勝一座は十八日迄日延し、大入祝ひとして特等五十銭より十銭下りに三等迄の切符を売出す。



◇満州大連浪速館
620日~71日)

大正2614日 満州日日新聞

❍浪速館にはいよ〳〵天勝が三十名の大一座で乗り込むさうだ。芸は此前のとコロリと替へて、例の五百円懸賞付魔法の樽をも持て来るさうだ。初日は二十日頃の予定だが、小屋の組織が違ふから入場料の外には下足も水場もいらないから、うんと安く見せる筈だと云ふ。

大正2618日 満州日日新聞

○天勝一行来る 既報松旭斎天勝はいよ〳〵二十日より浪速館に於て開演すべく、入場料は一等八十銭、二等五十銭、三等三十銭にして、しかも其他にて場代、下足料一切を要せざる由なれば、破格の安価なりと云ふべし。一行には百合子、君子、鶴子、花子、初子、園子、八重子等花の如き美人を揃へ、演芸の全部も悉く取り替へ、余興として曲乗り、曲芸、美人ダンス、滑稽等仕組み、殊の外面白く、凡そ一週間の予定にて興業の筈なりと。尚ほ一行は大連の外満州にては興業せず、打上後直ちに上海に向ふべく、同地にては支那新聞社主催博覧会余興として一ケ月の契約あり。其後香港に出て、一旦内地へ帰つてより、明年末再び洋行の途につく筈なりと云へば、大連にては今回が当分のお名残興行なるべしと云ふ。

大正2619日 満州日日新聞

○天勝の奇術 二十日から浪速館でやる天勝の奇術は斬新なもののみを選択して、此前とはコロリと取替へ、西班牙の娘、鳳凰閣、伏魔殿など所謂驚神的の大魔術の外には、嘗て東京で問題となつた五百円懸賞付魔法の樽、即ち誰でも其樽の中に入つて五分間内外に出て来れば五百円やると云ふのもある。余興としては日本固有の手品夕涼みを始め羽衣ダンス、スパニスダンス、七美人ダンスを始め、萩原秀長の自転車曲乗、絶妙なる一光の大練磨術、滑稽雲雀の表情などがあるさうだ。

大正2619日 満州日日新聞[広告]

天勝 013

大正2620日 満州日日新聞

❍浪速館の天勝 松旭斎天勝一行の大奇術は愈々二十日、数十台の車を連ねて、座長天勝、百合子、君子、鶴子、花子、初子、園子、八重子等美人を始め、座員一同花々しく町回りをなし、午後六時より開催す。余興としては座長独特の羽衣ダンス、七美人の愛らしきダンス、萩原秀長の自転車曲乗り、一光の大練磨術、滑稽雲雀の表情あり。入場料は一等金八十銭、二等金五十銭、三等金三十銭にて、外に下足代、中銭なしと。

大正2622日 満州日日新聞

○天勝の好人気 二十日浪速館に於て初日を出したる天勝一座は、雨模様なりしに拘らず入場者は八時過九分通りの大入りを占めたり。舞台は五百円懸賞付魔法の樽の外、眼新らしきものは無けれども、余興秀長の自転車曲乗は非常に美事にして満場の大喝采を博したり。尚ほ今回は少女六名を率い居れる事とて舞台の華かさは一昨年の比にあらず、それ等が舞台を飛び刎ねる舞踊の奇麗な事、滑稽には雲雀の表情ありて大いに笑はせ、一光の曲芸は例に依つていよ〳〵鮮(あざやか)に見られたり。(や)

大正2623日 満州日日新聞

❍浪速館の天勝一座は連夜の大入りを占めつゝあるが、外国人間にも好評にて毎夜入場者多し。

大正2626日 満州日日新聞

❍浪速館 いよ〳〵好人気なる松旭斎天勝一行の奇術は天候の不良なるにも拘らず毎夜満員の盛況にして、二十五日夜よりは百円懸賞付西班牙の娘と題する魔術を加へたり。

大正2627日 満州日日新聞

❍[広告]天勝一行 連夜満員に付七月一日まで日延 新芸差し加へ御覧に入れ候 浪花館

大正2627日 満州日日新聞

天勝 011
 

❍天勝の振袖姿 天勝一行は今晩より嬢が曾て欧米巡業中到る處にて喝采を博せし日本固有の手品を差加へ、振り袖姿にて舞台に現はれる由。例の金閃の洋装との対照が頗る面白かるべし。尚ほ同一座は来る七月一日まで日延開演するよし。(写真は天勝の振袖姿・加茂川の夕涼み)

大正2630日 満州日日新聞

❍浪速館 松旭斎天勝一行は振り袖姿の日本手品が外人側の呼物となり、大和ホテル滞在の外人より花輪を贈られたり。尚ほ千秋楽も近づきし事とて此際見落さじと詰掛ける観客にて相変らず大入なりと。



◇満州旅順八島座
104日~106日)

大正2103日 満州日日新聞
❍旅順八島座 大連打上後上海に於て三ケ月間興行中なりし松旭斎天勝一行は三日入港の神戸丸にて来連、直ちに旅順に向ひ四日より八島座に於て華々しく開演する由。

大正2104日 満州日日新聞

❍旅順八島座 四日より向ふ三日間、天勝一座開演。入場料特等一円二十銭、一等一円、二等七十銭、三等五十銭。



◇朝鮮京城寿座
1110日~1116日)

大正2118日 朝鮮新聞

❍天勝来る 当時平壌に興行中なる松旭斎天勝一行は来る十日より七日間、京城に乗込み、寿座にて開演する由。

大正21112日 朝鮮新聞

❍寿座 天勝一行にて毎夜六時より開演。

大正21113日 朝鮮新聞

❍寿座 天勝一行の大奇術は非常なる好評にて毎夜六時より開演し居れり。

大正21116日 朝鮮新聞

❍寿座 松旭斎天勝一行にて毎夜六時開演。


◇李王殿下、同妃殿下に奇術を御覧に供す
1117日)

大正21117日 朝鮮新聞

❍天勝仁川乗込 天勝一行は十六日京城打ち揚げ仁川歌舞伎座にて三日間興行する筈なりしが、李王家のお招きにより一二日間仁川乗込みを延期する由。

大正21118日 朝鮮新聞

❍王家と天勝 松旭斎天勝一行は十七日李王家に招かれ、得意の奇術を李王殿下、同妃殿下の御覧に供し、近日仁川に乗込む由なりといへり。



◇朝鮮仁川歌舞伎座
1122日~1124日)

大正21122日 朝鮮新聞

本日より仁川歌舞伎座にて開演すべき天勝の魔法樽

大正21122日 朝鮮新聞

❍天勝仁川乗込 京城寿座に於て非常なる喝采を博し、毎夜大入りの感況を極めし松旭斎天勝一行は愈々二十一日仁川乗り込み、二十二日より三日間歌舞伎座に於て開演する。

大正21123日 朝鮮新聞

天勝 002

                             仁川歌舞伎座にて開演中の松旭斎天勝一行 

大正21121 朝鮮新聞 

寺内総督自ら魔法樽を験す 殿下に奇術御伝授

李王殿下同妃殿下には、去る十七日夜昌徳宮仁政殿に於て、寺内総督を主賓として山縣政務総監、児玉伯及び夫人、小松局長、尹澤栄侯同夫人、趙重応子、山形大佐以下各日鮮士官四十八名を招かれ夜会を催されたる次第は当時の本紙に記したるが、其席上余興として松旭斎天勝を招かれ、例の問題となり居る魔法樽を御覧に供し、天勝はイツモの如く洋装に厚化粧をして栄ある此日の奇術に得意の説明を申上げたるところ、寺内総督はツカ〳〵と起(た)ち上り、笑ひ乍ら「ハヽア是か、朝鮮新聞に書いてあつた問題の樽と云ふのは」と自身舞台に上つて魔法樽を仔細に験(あら)ためしに、小宮李王職次官も黙つていず、「俺も魔法樽の種を発見して五百円の賞金に預からうか」と変な手付を試みて樽をグル〳〵験(あらた)めしにぞ、一同興を更に深く、やむごとなき宮邸にて端なくもまた〳〵魔法樽が問題となり、大官連の話に花が咲くにつれ、李王殿下に於かせられては殊の外御感深く、是を終りて天勝に三枚皿の奇術を伝授せよと御所望あらせられし程にて、天勝は本紙掲載(編者註:1114日~18日まで5回連載/当ブログ大正2年付録「天勝の五百円懸賞金付き魔法樽」に全文掲載)の魔法樽一件以来非常なる人気を高めたりとて喜び居る由。                     

大正
21126日 都新聞

❍天勝と寺内総督 渡韓した天勝は十七日仁政殿で李王殿下及寺内総督の御覧に供したが、寺内伯は例の魔法樽を取上げ、「己(おれ)も種を見付けて五百円の賞金に預からう」


◇熊本県熊本市大和座
129日~14日)

大正2129日 九州日日新聞

天勝 7 023


〈編者註〉広告及び写真が載るが、残念ながら破損しており、初日がわからない。読売新聞より九日としておく。

大正21210日 読売新聞

❍天勝の消息 久しく満鮮地方を巡業せる松旭斎天勝一座は到る處大歓迎を受け、二三日前帰朝し、九日より熊本大和座を開演し、尚年内九州二三ケ所を打(うち)、来春は又台湾に乗込む由。

大正21212日 九州日日新聞

❍大和座の天勝は学校生徒が毎夜何百人といふ程団隊(ママ)で見物に来る。之は予て芝居や活動を見に行てはなりませぬと先生からとめられて居る生徒が、奇術に行くなとなかつた所を見ると奇術は行て差支へないものと思ひ、茲で遇ふたが百年目と相率いて行くのであるが、行てはならぬと生徒に四角張ていて聞かせた先生までが出懸けて行くから面白い。

大正21214日 九州日日新聞

[広告]松旭斎天勝一行大魔術 本日迄日延 大和座

 演芸種目全部取替 益々奇抜 乞ふ今一度




misemono at 13:36|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 大正2年付録 

     
              天勝の五百円懸賞金付き魔法樽

天勝 001


大正21114日 朝鮮新聞 

天勝が不思議の邂逅 五百円魔法樽の発見者京城にあり(一)

▲今も遣る魔法樽 昨今京城寿座で大当りを占めている松旭斎天勝女一行の奇術中、「五百円懸賞の魔法樽」といふのがある。東京で初めて之を演じた時に、種を見破つたものには賞金五百円を呈するといふので端なくも大評判になつた。所が浅草公園第六区の帝国館で興行中、此種を看破した者がある。夫れは当時東京京橋区岡崎一丁目四十六番地に居住し、日本橋区駿河町三越呉服店に通勤している林彦太郎(二五)といふ人で、此人は其後渡鮮して今では京城南山町一丁目五十五番戸に居住している。

▲説明の範囲が不明 寿座へ見物に行かれた人は御存じであらうが、愈々「五百円懸賞の魔法樽」を初めるといふ時になると後見が出て「此樽を看破(みやぶ)つた上に奇術者と同様樽から出る事の出来る人には五百円を呈する」と云ふ事を述べるが、前記林彦太郎が東京で看破した際の口上は唯だ「種を発見した者に賞金を贈る」といふ意味で、其範囲が極めて不明瞭であつた。夫れが為め興行者の方では看破(みやぶ)つた許りでは否(いけ)ない、奇術者と同様に樽から抜け出なければ賞金を遣られぬといふので大分紛紜(ごたごた)した。

▲火の手は意外 左ればにや天勝の方にも言ひ分があると共に、発見者林彦太郎にも理由があつた。夫れがため社会の一問題となつて、所轄警察署は天勝に対し、五百円懸賞の魔法樽は公安を害する嫌ひがあるとの故を以て禁止を命じ、又た林彦太郎は飽迄も自己の権利を主張して一件書類を弁護士に託すといふ仕末で、火の手は益々盛んに燃えて、天勝の洋行も立消となり、紛紜(ごたごた)に紛紜を重ねて、ツイ三年を夢の間に過去(すぎさ)つたのである。

〈編者註〉(一)だけ林彦太郎となっているが、彦三郎が正しい。


大正
21115日 朝鮮新聞

天勝が不思議の邂逅 懸賞魔法樽の発見者京城にあり(二)

▲発見した晩 其当時林彦三郎は前記の如く三越呉服店の店員であつた。浅草帝国館で天勝が五百円懸賞の魔法樽で客を呼事となつたので、彦三郎も好奇心に駆られ、朋輩と共に一夜天勝の奇術を見物した。次第に時は経て例の懸賞の幕となつた。無論彦三郎も眼を皿のようにして眺めて居たに違ひない。

▲魔法樽一幕 此時後見は勿体らしく説明して「若し此奇術の種が一部分でも発見されたら約束の通り金五百円を其方に差上げます……」とやつた。後で美しい天勝が厚化粧をなし、例の洋装で舞台に現はれ、仕出役の一光が滑稽姿よろしく魔法樽を検(あらた)め、決して仕掛はありませんと証拠立てる。樽は式の如く台の上に置かれ、一光が中に入りて蓋をなし、上に天勝が仔細らしく十字形の真鍮鍵をかけてねぢを止めた。

▲天勝顔色無 其うち黒い袋が上から下りて樽を蔽ふた時、突然一人の男が舞台に駈け上つて、今しも見物に知れぬ様黒い袋の蔭から舞台の後に逃げ行かんとする一光を捕へた。一光は驚き慄(ふる)へて物をも得いはず、天勝も流石に顔の色を変たが、後見は素早く此の失体を糊塗するため、袋を上げて樽の中から花のやうな少女が現はれたので、見物は夫れに眼を奪はれ、之で打ち出しとなつて前の騒ぎには気が付かなかつた。仕合せよしと人知らぬ間の此の発見者を一座は有耶無耶に葬り去らうとしたのだといふ。

▲胡麻化されぬ 云ふ迄もなく此発見者は一昨年来問題の主人公と成て居る林彦三郎であつた。彼は飽迄も自己の権利を主張して止まない。ソコで一光が謝つたり、後見が貴下の手柄だと言つて兎に角一応引取つて呉れとの要求に、其夜は一先づ帰つたが、其から更らに何の便りもないので林は天勝に厳重な掛合を初めた。


大正
21116日 朝鮮新聞

天勝が不思議の邂逅 懸賞魔法樽の発見者京城にあり(三)

▲天勝の返辞 天勝から間もなく林の許へ手紙が来た。其返事が振つて居る(原文のまゝ)

 御芳墨確かに拝見仕り候。御大意に據れば魔法の種御判明の由、御熱心の程有難く謝し奉り候。詳細の御回答出来候はゞいつにても御来館の上御自身樽中に入りて再び無事に外部にお出でなされ候はゞ御約束通り懸賞金差上げ申すべく候。右御回答まで、匆々。(松旭斎天勝執事)

▲約束が違ふ 怒つたのは林で、是では約束が違ふ。己は手品遣うひではない。殊に後見がなくては出来ない事に極(きまっ)た者を、素人が後見なしでドウして出来るかと、林は更らに厳談に及ぶと、初めの説明は弁士の誤りだと逃げる。此上は到し方がない、訴訟に懸けても黒白を争ふと敦圉(いきま)けば、天勝の方でも敗けて居ず、若し勝訴になつたら続いて誣告の訴へを起すの損害を訴へるのと熱を吹く。問題は更に行悩んで何時果てるとも見えない。

▲天勝覚て居ろ アル夜の事、林は浅草のルナパークの門を出でんとした時、ドウいふ手筈がしてあつた者か、数名の兇漢が闇から現はれて林の前に起ち塞がつた。林は今迄見た事もない荒くれ男が自分の前に現はれたのだから驚いて道を避けんとした。数名の悪漢は「此の野郎、能くも人の邪魔をしやがつた」と處嫌らはず打ち据えた。恨みを飲んで悪くれ男が拳□に林は無念骨髄に達し、「覚えていろ天勝」と思はず知らず口走つた。

▲転がす魔法樽 問題は愈々複雑となつて来て、火の手は益々揚つた。義に強きは江戸ッ子の常。天勝を遣つけろと敦圉(いきま)く者も出て来たが、此間を折衝する者があつて、殴打事件だけは事なく済んだ。併し納まらぬのは魔法樽の一件で、益々事件は闇に転がつて行くばかり。折柄所轄馬道署にては、帝国館の江田弁士を呼出して魔法樽の興行は稍々公安を害する嫌ひがあるから今後の興行を中止しては如何にと注意したので、天勝も其の意を諒し、魔法樽だけは止める事にしたと、当時東京の新聞は天勝対林の事に就き詳しく報じた。

▲此儘では納らぬ 馬鹿を見たのは林である。懸賞五百円は以上の次第で手に入らず、其上悪漢に散々殴打された耳(のみ)ならず、其夜懐中して居た大金を紛失して了つたといふ割に合はぬ話になつた。林は記者に語つて「何も五百円が欲しいといふのではないが、余り人を馬鹿にしている。一部分でも種を発見した者には五百円の賞金を差出すと言ひながら、発見した自分には説明通り寄こさない。人を馬鹿にするのも程がある」と言ふ。其内林は都合に據つて三越呉服店京城支店詰となつて来たので、此の問題も一時立消えの状態でツイ一年は夢の如く経過したのであるが、計らずも今回天勝一行の入京に邂逅(めぐりあ)ひ無念の歯噛をなし、飽迄も天勝の不埒を責めて最後の解決を着けんとして居るから何れ此儘では納まるまいと思ふ。


大正
21117日 朝鮮新聞

天勝が不思議の邂逅 懸賞魔法樽と天勝側の主張(四)

▲林を訴へんとす 先日来本紙が連載せし「天勝が不思議の邂逅」と題せし記事に就き、天勝一行中の江田支配人は此記事に対し大に憤慨し、発見者と称する現に三越店員林彦三郎を対手(あいて)取り、営業妨害の一件書類を京城地方裁判所に提起せんと敦圉(いきま)き居れるが、今魔法樽の件に就き天勝の意見なる者を聴いて見ると左の如くである。天勝曰く

▲虚(うそ)なのです 林さんが浅草帝国館で魔法樽の種を発見為すつたと言ふ事は事実無根なのです。勿論其種を発見した方には五百円の懸賞金を差上げると広告は到しましたが、別に楽屋に抜けて逃げるところを捉へたとて夫れが果して種を発見したと申されませうか。此の手品は元来樽の中から男が楽屋に抜けて其跡に少女が現はれるやうになつて居ますので、樽の中から抜けて出る事は常識を備へて居る人であれば解りそうな者です。樽から抜けて楽屋に入つた者を捉まへたとて、それが魔法樽の種を発見したと言はれるでせうか。人の迷惑も顧みず御自分が何處までも発見したように当地で御吹聴になる其心の愚劣な事は呆れて了います。

▲権利者でない 其当時は余り権利を御主張になるので樽の中に入れて御覧に入れましたところが、外に出られず非常に困つて手を血だらけにしてお出になつた事がありました。夫以来社会からは林さんは権利者でない事を認められて居るのです。併し之れがため私は非常に迷惑を致して居ます。種を発見すると言ふ事は手品を実行し得ると言ふ意味なので、只だ逃げるところを捉へたとて夫れが果して種を発見したと言はれますでせうか。

▲何の五百円位 一昨日も総監部の山形大佐殿抔のお招きに據り京城ホテルで御覧に供しましたが、大佐殿其他の総監部の御連中は非常に感心されまして「イヤ別に研究すれば抜けられぬ者でもない」と仰しやられて居られましたが、私の方でも正常なる発見でさへあれば何の五百円位差上げるに躊躇致しません云々。


大正
21118日 朝鮮新聞

天勝が不思議の邂逅 懸賞魔法樽と天勝側の主張(五)

▲些しの所で駄目 天勝曰く、恰度(ちょうど)広島寿座で開演して居ました折、初日から千秋楽まで一生懸命になつて何(ど)うかして樽を発見して天勝に一泡吹かさうと三十幾人からの一団体がありましたが、此の幕で終りと云ふ時、其人々が突然舞台の上に駈上り、妾を取巻いて啖火(たんか)を切り始めましたには驚きました。色々説明した後(の)ち、其内の三十四五歳の男が代表者となつて樽の中へお入りになりましたが、モウ少しといふ所で辛棒が仕切れなかつたと見えて出て了いました。其時は大層残念さうに見受けました。夫れから広島を引き揚げ、同地から七里距(へだた)つている呉に乗り込みましたが、何處迄も熱心な前の御連中は又々御一同呉までお乗り込みになりまして「天勝、今度は是非とも種を看破(みやぶ)るから覚悟をしろ」と詰め懸けて居りました。

▲五百円の準備 妾も余り皆さまの御熱心なのに感動されまして、千秋楽の当夜種を御覧に入れましたので、若し抜けられた御方があれば五百円の賞金を差上げると申しましたら、今度は造廠所の水兵のお方が承知せず、「僕が一番に入る」「否や己が一番だ」と言ふので舞台の上で前の団体と水兵側と衝突が起りましたので、計らずも其筋の干渉に據りまして夫れだけは中止致しましたが、其時妾は其晩五百円差上げる積りでお金をチャンと揃へて置いた様な訳でした。

▲解決は仁川 京城に参りまして計らずも今度の様な問題が起つたのでありますから、一層の事林さんを樽の中に入れて各新聞記者のお方に御臨席を乞ひ、天勝が悪いか林さんが悪いかを確めて頂きたいものです。二三日のうちに仁川に乗り込みますから、若し京城で出来ねば仁川まで御出張を乞ふて林さんに男らしく皆さんの目の前で魔法樽懸賞五百円の権利者であるかドウか見て頂く積りで云々。


大正
21125日 朝鮮新聞  

魔法樽懸案最後の解決 天勝対林彦三郎折衝問題==本社員立会実證顛末 

懸賞金五百円、東京帝国館にさんざ喧ましき問題を惹起して以来、東京の新聞紙上に時ならぬ花を咲かせ、或は弁護士の交渉、或は警視庁の立会あり、呉に、広島に、到る處、問題の焦点となりて、毎次観客より懸案の如何に成行くべきかを興味を以て注視されつゝありたる所謂魔法樽、其魔法樽の解決が年を超へし今日、東京以来京城、仁川を経来りて茲に愈々の団円(おさまり)を告ぐることとなつた。こゝに其顛末事実の大要を物して読者の前に報ずることとする。

読者御案内の如く、魔法樽に就いての天勝対林彦三郎折衝問題は数日引続朝鮮新聞紙上を賑はせし通りにして、要するに問題の帰結は所謂魔法樽を樽の中なる人の抜け出づる方法を発見者と自称する林其人が果して指摘し得るか得ざるかの一点に繋りて、即ち之を指摘し得るに於ては林其人の勝利に帰し、之を指摘し得ざるに於ては林其人を以て発見者と目すべからざるに帰着するのである。

文明式答案を以てすれば課題は頗る簡単明瞭である、解式は中々に容易である。その容易なる解式答案の未だに提出されざりしもの、今ここに提出されて年来の懸案解決を告ぐるに至りたる訳である。いでや解式の順序をかい摘まんに、去る二十二日、此日は発展号発刊準備のために夜晩(おそ)くまで従業しつゝありたる其の夜午後十一時三十分を過ぐるの比(ころお)ひ、仁川歌舞伎座より人の来りて魔法樽問題解決に付新聞社の立会を嘱したしとの切なる懇請を齎らして息(や)まず。該問題を記事しける由縁には之が解決に関しては一は読者に対する役目もあり、旁以つて繁忙中の時間を割いて社員二名立会する事となつた。

応対一時間に亘るも开(そ)は問題の帰結に左迄の関渉を生じない。然れば手ツ取早く単刀直入的に節に中(あた)るの琴線に触接すべく摘載せむに、その解案の管鍵とも目すべき数節の応対折衝たる結局の『樽の側に補助員の立つて居るのが怪しい』との一疑問に帰着する。然らば補助を用ひず単独に樽の中より抜け出でなばソレにて然る可きや否やの一段に及むで、林の之を得心するありて、結局補助員を用ひず樽抜けの実験を確むる事になり、演芸者を特に旅館より呼寄せ、歌舞伎座舞台面に於て之を実地に行ふこととなつた。

先づ樽の点検を為すべく林本人、上に下に中に外に頻りに樽の検査をする。例に依つて魔法樽を台の上に載せる。固より台をも審密に検査をする。演者は特に素裸に褌一重になりて樽の中に這入る。型の如く蓋をし螺釘もて之を緊結する。座中の補助者は一人残らず場を外づす。舞台面には立会社員と林本人の居る許りで、様子如何と注視を懈らないのである。平場に来て見て居た座中其他の連中も堅唾を呑むで控へている。本人並に立会人は側近く寄り添ふのである。カーテンは上より吊下げられる。例の樽の上に被される。被ぶさるゝや否やカーテンの中には既に何物か動いている。此時既に樽の中から抜け出て居たのである。其間実に一刹那で、迚も五秒を要しない。抜け出てからが却つて時間を要したやうであつた。カーテンは引き上げられる。此時演者は樽上に石地蔵然と裸体のまゝ蹲踞(うずくま)つて居たのである。ワーツと一同思はず一声を発するのであつた。

ソコで皆々寄り集つて来る。林本人は抜け出た後の魔法樽を備さに検査する。而して畢に抜け出づる点を指摘し得なかつたのであつた。茲に年越しの問題、東京、京城を経廻つて来た天勝対林の折衝問題魔法樽の懸案は解決の団円(おわり)を告げたのである。解けて見れば左程にもあらぬ蹯窟(ばんくつ)の一條であつた。

〈編者註〉上掲の写真は大正21122日付「朝鮮新聞」に掲載されたもの。「本日より仁川歌舞伎座にて開演すべき天勝の魔法樽」のキャプションがついている。

 



misemono at 13:33|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 大正3年(1914年)

11日~        台湾打狗座

117日~         台湾台中座

125日~129日        台湾基隆座

131日?~        台湾新竹竹塹倶楽部

24日~216日        台湾台北朝日座

218日?~        台湾宜蘭各支庁下を興行

102日~1011         神戸三宮歌舞伎座

1030日~1111       大阪道頓堀弁天座

1211日~17              名古屋南桑名町千歳座

◇台湾へ渡航

大正21226日 台湾日日新報

❍村田正雄の一行 新劇村田正雄一行は高松同仁社主の聘に応じ、来る二十八日笠戸丸にて着北の筈。

❍京山若丸の一行 浪界の大立物京山若丸は同様同仁社の手にて昨日門司発の笠戸丸に乗船。渡台の途に就けるが、一行は客員一名を加へ十三名なりと。

❍奇術師天勝一行 奇術師松旭斎天勝の一行も同様同仁社の手にて昨日笠戸丸に乗込みたりと。

大正21227日 台湾日日新報

○笠戸丸無線電信 昨夜来雨天なるも珍らしき凪模様にて、恰も瀬戸内海を航するが如し。今朝八時基隆へ五百五十哩の点にあり、船客総計三百七十名。一等には箕輪三井台北支店長、長瀬干城氏等あり。奇術師天勝、新俳優村田正雄、浪花節京山若丸等の一行乗船せる為め船内大に賑ふ。基隆着は二十八日未明の予定。(二十六日大瀬崎経由)

大正21230日 台湾日日新報

❍京山若丸 二十八日の直通で基隆から台南へ乗込んだ(後略)。

❍天勝の一行 同上直通にて打狗へ向ふ。


◇台湾打狗座(
11日~)

大正311日 台湾日日新報

❍打狗座に乗込みたる天勝一座の奇術は斬新なる演芸を加へ、魔術の樽、西班牙の娘、鳳凰殿、伏魔殿等の驚神的大魔術の外、例の羽衣の舞及びスパニシダンス等ありと。 


◇台湾台中座(
117日~)

大正3116日 台湾日日新報

❍台中座の天勝 松旭斎天勝の一座三十有余名は十七日より台中座に於て開演する事となり、演芸は何れも最新式のものゝみを選み、余興として七美人ダンス、自転車曲乗、種々なる曲芸、滑稽雲雀の表情等を差加へ観覧に供する由。

大正3124日 台湾日日新報

❍台中の演芸界 (前略)又目下天勝の奇芸にて大入を当てつゝある台中座にては、此の終結を俟ち、斬新なる活動写真を入替へ観覧に供する由なるが、天勝の当地引揚は二十六日の筈にて、夫より基隆にて船待の間同地に興行し、一先づ内地帰還の途に就き、夫れより一行渡米することゝなるべしと。


◇台湾基隆座(
125日~29日)

大正3125日 台湾日日新報

❍基隆座の天勝 中南部に於て喝采を博したる松旭斎天勝の一行の大奇術は愈々本日より基隆座に於て開演さるべく、その出演芸題左の如くなるが、就中魔法の樽はこの中に入りて五分間以内に外部へ出でたる人に金五百円の懸賞金を与ふる有名なる呼物なりと。

〈編者註〉芸題省略。24日「朝日座」に同じ。但し演者名なし。


◇台湾新竹竹塹倶楽部(
131日?~)

大正3131日 台湾日日新報

❍天勝一行の新竹興行 奇術師天勝の一行は台中より基隆に乗込み、同地に於て五日間興行の上、更らに新竹竹塹倶楽部に乗込み、同地にて三日間桜島義捐興行を為したる上、当地朝日座に来り、開演の筈なりと。


◇台湾
台北朝日座(24日~216日)

台北朝日座

大正323日 台湾日日新報

❍天勝の開演 新竹に於て開演の奇術師天勝一座は本日午後一時五十分台北着、明日より朝日座に於て開演。独特の妙技を発揮すべし。

大正324日 台湾日日新報

❍朝日座 天勝一行は本日艶麗なる洋装にて一行三十有余名、車を列ねて町廻りをなし、午後六時より開場なす由。入場料は一等金一円、二等金七十銭、三等金五十銭、四等金三十銭にて、番組は左の如し。

綿布の接続(八重子)、色衣の打消(園子)、小鳥の打込(君子)、抱腹絶倒欧米式滑稽(一光・秀長)、コップの盛花、伸縮自在のハンカチ、掌中の国旗、万国風俗ボックス(百合子)、カフマン式自転車、ヲルデイト式一輪車曲芸(萩原秀長)、鳳凰閣、卓上コップの消滅、無尽蔵五色の酒、レーモンド式不思議のトランク、変幻自在の額面、美花の散乱、魔術スペインの娘(天勝)、紙片の接続、鶏卵とリボン(鶴子)、絶妙なる曲芸(一光)、ナショナルダンス、ポルカダンス(鶴子、君子、花子、初子、園子)、スパニーダンス、羽衣ダンス(天勝)、滑稽雲雀の表情(一光・秀長)、八面自在のふん水術、卓上少女の隱現、米と水の変化、タンバリン、伏魔殿、ハンカチーフの接続、変転の指環、懸賞魔法の樽(天勝)

大正325日 台湾日日新報

❍天勝の町廻り 昨夜より朝日座に開演せる天勝の一行は昨日午前中より総員三十余名車を連らねて賑々しく町廻りをなしたるが、孰れも洋装せる花の如き美人揃ひにて、天勝は別に自動車にて列に入り、頗る派手なる行列、当夜は節分に際したる事とて初日にも拘らず却々の好況なりき。

大正326日 台湾日日新報

❍節分の夜 再度渡台の天勝、初日より却々の人気、ソレにお化け連中も分け入て入場約八百名。

大正329日 台湾日日新報

❍朝日座大盛況 連夜満員札止の盛況を呈し大喝采を博しつゝあるが、中にも大懸賞「魔法の樽」、西班牙の娘、鳳凰閣、不思議のトランク、五大洲抔観客挙(こぞ)つて酔へるが如く、遉に天勝の名を恥しめず、特に昨夜より松旭斎の最も得意とする古代水芸の進歩せる噴水術は天勝を始め窈窕たる美人、皆上下出立ちとなりて出演、満場割るゝが如き好評を博しつゝある由。

大正3210日 台湾日日新報

○朝日座の天勝 前後三回目の渡台にも拘らず非常なる好人気は先以て天勝嬢万歳と申すべく、毎夜八百九百の大入とは聊か驚かざるを得ないが、見た處全く以て舞台は頗る面白い。演ずる處の奇術は決して不思議でも何でもなく、これが首尾悪るく仕損じでもすればそれこそ不思議だが、唯だ手奇麗な處が身上である。その出演中重なるものを挙ぐると、万国風俗ボックスだとか鳳凰閣だとか五色の酒、不思議のトランク、スペインの娘、タンバリン、魔法の樽など其最たるもので、頗る巧妙である。萩原秀長の自転車曲乗は実に巧みなもので、曾つてこれ位いの曲乗りは見なかつた。又た一光の太神楽式曲芸も却々(なかなか)鮮やかだ。少女のダンスや天勝の羽衣ダンスなど□に云ふも□。万年娘の様に何時見ても水々しい天勝の舞台姿は依然として奇術の上に大光彩を放つて居る。一番面白いと思つたのは一光と秀長の雲雀の表情で、これには大に笑はされた。(魔雲坊)

大正3214日 台湾日日新報

❍天勝再演 連夜大好評の裡に茲許三日間の義捐興行をなしたる朝日座の天勝一行の大奇術は再び明十五、十六日の二日間、更に普通興行を開演するよしにて、勿論演芸は一層斬新奇抜のもののみを差加へ観覧に供し、特に入場料は金三十銭均一となす由。

大正3217日 台湾日日新報

❍天勝大当り 引続いて朝日座の天勝は大当りに当つて居るが、尠くて八百九百、多い日は千二三百と云ふ大入の盛況、先づ本年以来の当りである。

〈編者註〉台北朝日座の写真はliondogさんのブログ「植鉄の旅」より拝借しました。


◇台湾宜蘭へ、そして帰国。

大正3218日 台湾日日新報

❍天勝一行 初日以来甚だしき盛況を極めたる天勝一行も十六日約八分の入りにて、之を千秋楽とし、十七日基隆発の小倉丸にて宜蘭に向ふ予定。

大正332日 台湾日日新報

❍天勝一行帰還 宜蘭各支庁下を興行中なりし天勝一座は二十八日蘇澚より基隆に入港、直に信濃丸へ連絡乗換を為し内地へ帰還したるが、近く米国巡業に赴く由。

〈編者註〉大正31110日付「台湾日日新報」に「台湾へ来た噂の女」の第二回に松旭斎天勝が取り上げられているので再録しておく。
            ※          ※            ※
大正31110日 台湾日日新報

 台湾へ来た噂の女(二) 

▼白粉の天勝は此の春やつて来た。奇術師松旭斎天勝は是れから洋行するんだと云つて居た。江戸ッ兒のチャキ〳〵は妾(わたし)ですよと云はぬ許りのハキ〳〵した、甚だ精練された物の言ひ様。素顔の天勝は真に語ッ振りの気持のいゝ女だ。台湾へ来たのは此れで三度目、最初は師匠の天一と共に、あとの二回は独立興行であつた。

▼天一は彼女の師匠である。小さい時から育てられて技術を仕込まれた。負けぬ気の覚えが好かつたから師匠も一入気を入れて仕込んだらしく、顔形が美しかつたから殊の外の寵愛を受けたと云はれて居る。それは正当の妻君であつたか、妾であつたか、それともサラ〳〵何の関係も無かつたかは人の判断に任せるとして、天勝は天一あつて天勝になられたと同時に、天一は天勝あつて衰へた晩年の舞台を飾る事が出来たと見て好からう。

▼素顔の天勝に逢つて話すと、話の上手な、慎(つつましや)かな、真に気持の好い女だ。顔は癖の無い輪郭、表情に富んだ、色の小白い、歯竝の揃つた、背のスラリと少し高過ぎる位高い、横から見ても縦から見ても、唯仇ッぽい下町風の女と感じる許り。然し思つた程遊芸人染みては居ない。先づ奈何(どう)見ても芸者上りの奥様と云つた様な風である。

▼女は、亭主の前に出た時の女は、亭主を立てる女でも立てない女でも一際引立つて見えるものだ。お引立役になる亭主こそ世の中に不幸なものはない。然し其の対天勝の不幸者こそ果報者であるらしい。「興行主任」とか云ふ名目に隠れて居る天勝の亭主は、天勝と一所(いっしょ)に歩いて居る。早い話が金庫の番人と云はうより弱い女の天勝の番人だ。

▼天勝は偉い。自分の番人を雇つて置く。其の番人には指輪をはめさせ、光つた服装(なり)をさせ、甘い食物(だらうと想像するのだが)を与へて居る。天勝が舞台に立つ時は、番人たる者勘定場に済し込んで銭勘定をして居る。一体番人は何時雇つたか。雇ふ時には誰れかに断つたか。天一の生存中か、天一の歿後か。そんな事は奈何でもいゝ。

▼天勝はモウ四十に近い。然し其の水の滴(た)れさうな舞台の美貌は、艶愈々艶を加へて、此の分ならば五十にならうが六十にならうが、容易に色香は褪めまいとさへ想はれる。これから洋行する。金を溜める。年を取る。今養成して居る可愛いゝ娘奇術師は年増奇術師になる。さあ、それから奈何なる?そんな事を奈何でもいゝぢやないか。

▼天勝から社会の道徳問題の解決を与へて貰はなくともいゝのだ。唯華(はなや)かに唯不思議さうに奇術をして見せて呉れて、大人や子供の眼を喜(よろこば)せて貰へれば夫れでいゝ。西洋のお伽話にでもある様な服装をした男女が、訳の分り切つた而(そ)して訳の分らぬ函だの

籠だのを持出して、その前に眼覚る様な天勝が現はれ、小女の様な朗かな声を出す時、巧妙な動作で吾々の視覚を迷はす時、首尾好く行つて喝采の起る時、天勝は女王の如き嬌態を輝かす。それを見物は満足するのだ。矢張り天勝は白粉を塗らなければならぬ女である。舞台に立たなければならぬ女である以上は、客から木戸銭を取らねばならぬ。御機嫌も伺はなければならぬ。要するに白粉を塗る。素顔では生活の出来ぬ女は何んの威張れる筈がない。それは弱い者なんだから。それに彼女は不具の子供を抱へて居るとか。


大正3410日 都新聞

❍九州の天勝 台湾より帰京し、鹿児島に開演中の天勝は本月中旬帰京すと。

大正3712日 都新聞

❍魔法樽の天勝は昨今讃岐に流れ廻つて居るが、土地の新聞記者が訪問して、君(あなた)の年収益は五万円といふが本当ですかと聞くと、イエ昨年の上り高は十二万円許りでしたとは嘘をつけ。

大正3818日 都新聞

❍松旭斎天勝 清国上海に興行中。

大正3921日 都新聞

❍天勝の一行 上海を打揚げ、神戸へ引返し、二十日より同地大黒座にて開演。



◇神戸三宮歌舞伎座
102日~1011日)

大正3927日 神戸又新新聞

❍天勝来る 久しく海外巡業中なりし奇術界の花松旭斎天勝は新に数名の外人を加へ、舞台を一洗して帰朝、来月一日より歌舞伎座に出演、例の妖艶な表情で観客を煙に捲くさうなり。

大正3928日 神戸又新新聞

❍天勝の乗込み 来月一日より久々にて三の宮歌舞伎座に花の姿を現すべき奇術界の女王天勝は二十九日上海より帰朝、三十日か一日に花々しく町廻りを為す筈なるが、今回は露国人ヂヨン、印度人モルガン外数名の外人を加へ、舞台は従前と全然一新し、衣裳の如きも総て裁立(たちた)てを用い、背景は又頗る大仕掛けの由にて、喜劇応用上海土産魔神ホームを初め未だ嘗て日本に演ぜし事なき四大魔術「不思議の扉」「美人閣」「出没自在の空」「宇宙の少女」等は今回の呼びものなるべしと。

大正3929日 神戸又新新聞

❍歌舞伎座の天勝 来月匆々開演の天勝は余興に「音楽合奏」を初め外人の珍ダンス、一光の曲芸、奥田の自転車、裃姿の水芸、少女のダンス、羽衣ダンス等息も継がせず、本奇術の四大奇術と今回封切の四魔術の中にも不思議の扉は最も変幻不可思議にして、喜劇応用「魔神ホーム」は可笑しくも亦奇妙なものなりと。

大正3930日 神戸新聞

❍歌舞伎座 奇術天勝一行の演技振は従来見ざる珍らしきものゝみなる由なれば好評なるべく、尚例の「魔法樽」は今回余興として演ずべしと。

天勝 神戸 002

〈編者註〉写真は「歌舞伎座に出演する松旭斎天勝一行」

大正3930日 神戸又新新聞

❍天勝が又樽を擔ぎ来る 三宮歌舞伎座に出演の天勝、初日は船脚の都合にて二日と決定。今回は最も気の利いた舞台面を見てアッと云はせる由にて、例の各地で大騒ぎを惹起(ひきおこ)せし厄介な懸賞魔術の樽は矢張り擔ぎ込んで余興の中に加へる由なり。

大正3101日 神戸又新新聞

○天勝の気焔 昨日帰着して花隈吉野館に投宿した天勝嬢を訪ふと、何時もながらお若い調子で語る。

「上海では殆ど戦争の影響は受けませんが、支那人は天勝なんて言ふ名前が気に入つたと云つたやうな工合で気受けが宜(よ)かつたんですよ」を前提に滑らかな江戸弁で饒舌(しゃべ)る〳〵、盛んに捲くし立てる。

「上海では芸妓に招待されましたよ。住居(すまい)なんかは汚いんですが、持物から礼節の立派な事は到底日本芸妓衆だつて一寸真似は出来ないかと思ふ位です。さうして見識が馬鹿に高いんですよ。其見識の高い芸妓から頻りに懇願されて一夕の会食をしたと云ふ妾(わたし)は笑いもんでせう」と無邪気に笑ふと例の金歯がチラリ、両手の指にも指輪がキラ〳〵、左手に金の腕輪が其御盛んな気焔を助けるかのやうに光つて居る。棒縞のお召に黒の羽織が、舞台に立つた時とは違つた優しい女に見せて居る。

「此前行つた時には革命戦争があつて、今度はまた戦争でせう。だから天勝が来ると戦争が始まんだつて仰言(おっしゃ)る方があつたんですよ。なアに戦争だつて支那は暢気なものですよ。日本の新聞でも拝見して初めて戦争の模様が分る位なんですからね……桑博ですか、えゝ行く事にはなつてるのです。二年許し米国に居つて、夫から帰りまして一世一代の巡業を終へるのが一年として、三年後に引退します。天勝の名前も夫迄に誰か見立てゝ譲るか、適当の者が御座いませんければ一代切りにしやうと思つてます。夫からですか、マア何か変つた外人対手(あいて)の大(おおき)い事を遣ります。モウ支度も始めてるんですよ。ですけれど待合を出さうの、料理屋を始めやうのなんかとは申しませんから何(ど)うか御安心を……えゝ天機洩らすべからずなんですの」と又莞爾(にっこり)。(△生)

大正3102日 神戸又新新聞

○坊ちやん嬢ちやん方へ ▽面白い手品の種明かし 今晩天勝が舞台で説明します

今日から三宮歌舞伎座へ出演します天勝は本紙の此欄へ日々お慰みに載せます手品の種明しを御会得の行くやう其日の晩に舞台で説明をして御覧に入れるさうです。夫で今二日の晩に演じますのは天勝新案の左の小手品です。(以下略)

天勝 神戸 001

〈編者註〉以下終演の十一日まで毎日図版入りで種明しの手品が載る。その種目は三日から順にカバーダラ、空中飛行の洋杖、小楊子の奇術、チエンヂウオーター、銅貨飛行の術、投げ付けカード、揉み消し洋盃(コップ)、口中卵、柱抜き。

大正3102日 神戸又新新聞

❍天勝一行 三の宮歌舞伎座の初日は愈々本日にて午後五時半開場。

〈編者註〉これ以降、演芸欄に毎日その短評が報じられている。以下にまとめて載せておく。

❍天勝満員 三の宮歌舞伎座の天勝は昨初日満員木戸〆切の盛況なりしと。(103日)

❍天勝の盛況 歌舞伎座の天勝は昨二日目も忽ち満員木戸〆切の大盛況。(104日)

❍満員の天勝 三の宮歌舞伎座天勝の人気素晴らしく、昨三日目も開場五時に木戸を〆切るの大盛況にて、各演技悉く大好評なり。(105日)

❍連日満員の天勝 三の宮歌舞伎座の天勝は驚く許りの人気にて昨夜も忽ち満員を告げ、開場五時より六時迄の間は木戸前茶屋大混雑なり。(106日)

❍歌舞伎座 天勝の奇術は相変らず素晴らしき人気にて昨日も又亦宵の程既に爪も立たざる大盛況を告げ、木戸閉め切の混雑を呈したりと。(107日)

❍歌舞伎座 天勝の奇術は依然として大入を打ち続け、昨日も又亦札止めの盛況を呈したりと。(108日)

❍歌舞伎座 天勝の奇術は益々人気昇(あが)り毎晩大入騒ぎ。(109日)

❍天勝の日延 歌舞伎座 天勝の奇術は初日以来大入続きの好人気なる為め技芸を差替え十二日迄日延べする由。(1010日)

❍歌舞伎座 初日以来大入続きの天勝一座は愈々本日限り打ち揚げ。(1011日)


◇大阪道頓堀弁天座1030日~1111日)
大正
31028日 大阪時事新報

❍弁天座は三十日初日、天勝の一行は二十八日梅田に着し、英米の外国人等と俱に異様の服装にて乗込む由。

大正31029日 大阪朝日新聞

❍弁天座 松旭斎天勝一座の奇術は三十日より開場。

大正31030日 大阪毎日新聞

❍弁天座 奇術天勝一座の演芸種目の主なるは、酒呑の滑稽、曲芸、自転車曲技、トランク、魔法の樽、魔神の函、五大洲、宇宙の少女、不思議の扇、出没自在の室、美人閣、魔神ホーム其他。

大正31031日 大阪時事新報

❍ダンスが呼物 松旭斎天勝の一行に加入して弁天座に出る露国人と印度の黒坊とは、欧州の全体を常に漫遊して居るので、今度の出演には各国のダンスの種類を毎日取替へて見せるといふ。目新しからう。

大正3111日 大阪時事新報

❍天勝等の特芸 弁天座に開演した松旭斎天勝は頗る好人気で、彼が特技とする魔神の函、出没自在の魔法等は入神の妙があると称する者さへあるほどの大喝采である。一行中の秀長以下の自転車曲乗も見物に違ひないが、露国と印度人のダンスは慥に目新しい。一光の曲芸は海老一其処退けの趣味がある。何しろ昨年三月以来海外の巡業に一層技芸を磨いた痕跡が窺はれて面白い。

大正3112日 大阪朝日新聞

○弁天座の天勝
 
舞台装置と使用器具が立派だから見た眼が美しくて宜い気持ちだ。奇術、曲芸、自転車曲乗、ダンス、音楽といろ
〳〵取り混ぜて見物を倦(あ)かせ無いやうに仕組んだのは流石に天勝一座である。演芸中是と言つて飛び離れたものは無いが、相当に皆な面白い。併し箱や樽を応用しての奇術は昔からありふれたもの丈けに、手際が奇麗でも珍らしく無い。舞踏(ダンス)類は総て駄目、小奇術の中にちょい〳〵面白いものがあつた。天勝はいつも若く、いつも美しい。(史)

大正3114日 大阪毎日新聞

❍弁天座 天勝一行の奇術は不思議の扉、自転車曲乗、少女ダンスが呼物となりて客を引き居れり。

大正3116日 大阪時事新報

❍弁天座の松旭斎天勝は連日満員の好況にて、各番組共手際の鮮(あざやか)なるに大喝采を博し居れるが、同奇術も八日限りにて打揚の筈なれば、五日より天勝独特の羽衣ダンス、雲の峰、ダブルボックス、スペイン娘、タンバリン等目新しき技芸を加入すと。

大正3117日 大阪朝日新聞

❍弁天座の松旭斎天勝一座は八日限り閉場する筈なるが、従来の外に羽衣ダンス、雲の峰、ダブルボックス、スペイン娘ダンバリ等を差替へたり。

大正3119日 大阪時事新報

❍弁天座の天勝一座は、青島の陥落を祝するため、座員は勿論お茶子に至るまで旗行列を為し、尚初日以来連夜大入満員続きの盛況に酬いんとて、青島土産大魔術を仕組み、八日より更に三日間日延、来る十一日まで演ずる由。

大正31110日 大阪毎日新聞

❍弁天座 青島陥落と初日以来の大入祝ひをかねて十一日まで日延べ。


◇名古屋南桑名町千歳座1211日~17日)         

大正3129日 名古屋新聞

❍千歳座 天勝一座乗込み 美人連の天勝一行は既報せし如く本日午後花々敷乗込、直ちに当地贔屓先を廻る筈にて、各方面より寄贈品多く前人気湧(わく)が如し。(写真は天勝一行の舞踏)

名古屋 002

大正31210日 名古屋新聞

❍千歳座 明十一日午後五時より開演する千歳座の天勝一行は、欧米漫遊中種々の奇術魔術等を研究し帰朝したる世界的大魔術師にして、曩に東京及び京阪地方に演じて変幻不可思議、未だ日本の舞台にて曾て演じたる事なしとの好評を博せしものなるが、当地にては尚其上に驚天動地の新技芸を見する由にて、定めし中京の人々を驚かす事なるべし。而して同一行は九日当地乗込みたるを以て十日は数十台の腕車を連ね花々しく町廻りを為すよし。因みに演芸種目は酒呑の滑稽、曲芸、上海土産魔神ホーム(一行総出)、小奇術、自転車曲技、天勝独特のトランク、魔神の函、五大州宇宙の少女、不思議の扉、出没自在の宝、美人閣、八面自在噴水、少女のダンス、羽衣ダンス、音楽合奏等なるが、初日は金二十五銭均一のお早い勝ち。

大正31212日 名古屋新聞

❍天勝割引券 千歳座に開演し其巧妙なる大魔術に満都の人気を吸収しつゝある天勝一行は、多年の贔屓に報ゆる為め特に本紙愛読者の為め入場料を大割引する事となり、其割引券は本日の本紙に添付したり。天勝の魔術が如何に斬新奇抜なるか此の割引券を利用して続々千歳座に出掛けらるべし。

大正31212日 名古屋新聞

❍千歳座 昨日開演せし大奇術覇王松旭斎天勝一行は非常なる大好評を博し、午後五時開場なるにも拘らず三時頃より観客犇々と押し掛け、正五時開演と共に忽ち満場木戸〆切の大盛況を呈せり。奇術は総て今日まで当地で演ぜしものと全然面目を更めし斬新奇抜なるもの計りにて、其の巧妙なるには場も破れんばかりの喝采なり。(写真は魔法箱)

名古屋 003

大正31213日 名古屋新聞

❍千歳座 東洋の奇術界に覇王として謳はるゝ天勝は、其の独特の妙技も天稟の愛嬌を提(ひっさ)げ、到る中(ところ)にて大喝采を博し来りたるが、十一日当地千歳座に於て初日を開演したり。何がさて来名前より待ち兼ね居たることゝて忽ち満員となり、定刻六時三十分にはハヤ〆切りの盛況なりし。舞台面の天勝は年こそ喰つたれ益々艷に、動作も頗る軽妙にて、流石に天下一品と感ぜしめたり。開演中は定めて連日の大盛況なるべし。

大正31214日 名古屋新聞

❍千歳座 世界的大魔術松旭斎天勝一行の奇術は素晴らしい人気が空前の大入を占め、開演前六時には入場者既に一千三百名以上にて、七時には木戸締切とは遉は天勝なり。ハイカラ滑稽、奥田と一光の異装せる滑稽の一幕には看客腹を抱いて笑□せり。少女の愛らしい小奇術、自転車の曲技、東洋一と称せらるゝ萩原の芸も一点避難する處なかりし。何れにしても連日大入は目出度し。

大正31217日 名古屋新聞

❍千歳座 開演以来非常なる大好評を博し連日満場木戸締切の大盛況を呈せる松旭斎天勝一行は本日千秋楽、日延なしにて、明十八日相州横須賀に乗込み、例の魔術にて凱旋の将卒を酔しむる由。

 



misemono at 13:32|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 大正4年(1915年)1月~6月

114日~124日   京都四条南座

23日~214日   東京有楽町有楽座

216日~      静岡県浜松市歌舞伎座

223日~      静岡県静岡市若竹座

36日~315日   東京木挽町歌舞伎座

41日~411日   東京久松町明治座

415日~425日   東京赤坂溜池演伎座

621日~      東京上野家庭博覧会演芸館


◇京都四条南座
114日~124日)

大正4113日 京都日出新聞

[広告]当一月十四日より(午後五時開演)新帰朝松旭斎天勝一行 

一光の曲芸、萩原、奥田の自転車曲乗、露国人印度人の演芸其他斬新なる世界的大魔術

四条南座 電中六二〇番・二四七四番  

大正4113日 京都日出新聞

❍天勝一行 先発員は既に来京してそれ〴〵準備中なるが、一行には園子、初子、鶴子、君子、百合子、静子等の美人連の外、お馴染の曲芸の一光、自転車では萩原秀長に奥田一夫の夫婦、印度人モルガン、露国人ジヨンの外にも新手がいるさうで、天勝今度のお土産は四大魔術の宇宙の少女、不思議の扉、出没自在、美人閣ださうだ。

大正4114日 京都日出新聞

[写真]天勝の美人団・天勝一座のダンス

天勝 021天勝 21











大正
4117日 京都日出新聞

○久方振の天勝

〼マジツク界の第一人者の称(となえ)ある松旭斎天勝が三年振りで南座に来た。待久(まちひさ)しがられた矢先とて、初日以来真に立錐の余地なき成功は、人気が致すところとはいへ、又以て其間に技術の進歩もあらねばならぬ。さらば技術はどう進歩したか、一般の舞台はどう変化したか!

〼技術より先きに目に入るのは舞台装飾の気の利いていることである。それに御大が美人であるだけに、之れに従ふ美人連も可愛(かわい)のが多く、百合子、静子、時子、花子、君子、園子など美しいのやら可愛いのやらで、この前来た時は六人であつたが今度は舞台の人が十人になつている。又以て一行の発展を示すものであらう。

〼時間の都合で謂ふ所の小ヅマは見落した。而し天勝の得意は小ヅマよりは大物にある。天勝の今日の名を成したのは其容貌風姿と大物の技術とそして一流の外交術に外ならぬ。大物として今度呼物とするのは宇宙の少女、不思議の扉、出没自在、美人閣の四つであるさうな。

〼宇宙の少女は今迄あつたやつだが、それを手際よく改めたものだが、その演技方法に一段の進歩を示している。進歩といへば二重のトランクが頗る進歩したものである。これは一ト頃懸賞で演つたもので、袋の中へ人を入れて、更にトランクへ入れて天勝と入替るのであつたが、今度はトランクが二重になり、その入替る速さは真に電光石火である。不思議[の扉]は西洋風のドアーを立掛て、それに窓掛のやうなものを掩ふて開けると宇宙で打消しになつた少女園子が出るといふ運びだ。

〼出没自在はコミック式で、之れも四五年前天勝の考案になつたものであつたが、其時代には箱の左右を明けなかつたが、今度はそれを明ける。そして以前あつたワンダーキャビネットと折衷して終つたが、出入りが面倒でなくて面白い。が而し之れはもつと運びが改ためられる余地があるやうだから、より以上に工風が欲しく思はれた。

〼美人閣はニッケルの格子の箱の中に更に四本の柱があつて、それに覆(おおい)が降りるやうになつていて、その覆が降りる、直ぐ上る、美人が出る、又降りたかと思ふと直ぐ上る、又一人美人が居るといつた風に君子、花子、時子、百合子、静子などが出るものである。其他お馴染みの一光の曲芸、萩原、奥田等の自転車、印度人、露人などのダンスなど、兎に角日本に在るこの種の一座では整つたものである。

〼三年間見ない内に著しく発達したといふことは総てが垢抜けがして気が利いた舞台の様子であることである。服装などにしても随分変つたもので、殊に美人閣の服装などは随分手際である。それに今度は天一時代に呼物であつた水芸を天勝がやるやうになつているが、之れなどは天一時代には呼物であつたらうが、時代の推移は既に之れを迎へなくなつていやう。苦心に比較してそれだけ舞台効果を齎らすや否やは疑問である。但し外国行きの予習とあらば止むを得なからう。

大正4118日 京都日出新聞

❍南座の天勝は只もうえらい人気で一昨夜も七時に満員の盛況だ。

大正4119日 京都日出新聞

❍南座 天勝一行は引続き好人気、一昨夜の如き開演前既に満員なるが、中にも最終の美人閣が最も手際よく演ぜられる。

大正4120日 京都日出新聞

❍南座の天勝は連夜開場後間もなく満員といふ大成功に一行も景気づき、更に二三新芸を差加へるとやら。

大正4121日 京都日出新聞

❍南座の天勝は滅法な大入りにて昨年来の好景気だ。

大正4122日 京都日出新聞

❍南座の天勝は素晴しい人気なので目下日延べの相談中とやら。

大正4124日 京都日出新聞

❍南座 天勝一行はいよ〳〵本日限り打揚げ。直ちに東京有楽座に乗込む筈。



◇東京有楽町有楽座
23日~214日)
 24「東京日日新聞」        28「都新聞」

天勝 005天勝 003












大正
4124日 都新聞

❍天勝 久々帰京し、二月三日より有楽座に出演。魔術数番と外人のダンス幷に音楽を差加へ、道具衣裳全部新調。

大正4127日 都新聞

❍有楽座の天勝 二月三日初日。海外巡業以来三年目のお目見えにて四大魔術を披露す。

大正4129日 都新聞

❍天勝 三日より有楽座に出演。三十一日上京。一日二日と舞台の準備にかゝり三日初日。

大正421日 東京朝日新聞

❍有楽座 三日より開演の天勝は昨夕東京駅へ着し、有楽座関係者其他の出迎へを受け、浅草の新宅へ引上げたり。

大正422日より連日 都新聞

[広告]当三日より十四日迄毎夕五時半開場/世界的大奇術 天勝一座/海外お土産変幻不可思議の四大魔術、露国印度人の各自国有の特技其他大小奇術、曲芸、ダンス、音楽合奏、喜劇応用魔術、自転車曲乗等/特等一円二十銭、一等一円、二等七十銭、三階三十銭/有楽座

大正424日 都新聞[広告]

天勝 002

大正425日 都新聞[広告]

天勝 001

大正425日 東京日日新聞

❍有楽座の天勝 三日から開演の同一座は久々とて満員の盛況であつた。「まだ日本にて演じたることなき大魔術」と銘を打つた大切の奇術も従来ありふれたもので格別感心するほどのものではない。その他の奇術もすべて平凡だが、一光、一夫の滑稽雲雀の表情や曲芸乃至土井のヴァイオリン、自転車の曲技などの方が却て面白かつた。

天勝 004大正426日 東京朝日新聞

❍有楽座の天勝 久し振りに天勝が掛つた。日本でまだ見せた事のないといふ四大魔術の外、例の水芸、羽衣ダンス、自転車曲乗、露国人印度人の踊り、音楽合奏といろ〳〵に目先を変へていたが、ツマの中にも一夫(ママ)のバイオリンなどはひどく前受けがいゝ。

大正428日 都新聞

❍有楽座天勝 連夜満員、小奇術は毎日差替へ一両日より日本手品夕涼みを加ふ。

大正429日 都新聞[広告]

謹啓 当興行(世界的大魔術松旭斎天勝一座)御蔭様を以て日々開場満員と相成り候為、折角多数の御来観を御断り致し候。止むを得ず次第、悪しからず御諒察願い上げ候。就いては今後は御来観以前に電話又は御使にて場席御約束願いたく候。然る時は御望みの場所相定め申す可く候。何卒宜しく願い上げ候。敬具。

追って当興行は来る十四日迄にこれあり、日延べ仕らず候。電話本局 五二二○ 五二二一 有楽座(読み下し・編者)



◇静岡県浜松市歌舞伎座216日~)

大正4214日 都新聞

❍天勝一座は近く浜松へ乗込むと。

大正4217日 都新聞

❍天勝一座 昨日浜松の歌舞伎座へ乗込めり。静岡若竹興行の後、三月上旬帰京。


◇静岡県静岡市若竹座
223日~)

大正4222日 都新聞

❍天勝一座 二十三日より静岡若竹座を開演。三月六日より歌舞伎座に出演。



◇東京木挽町歌舞伎座
36日~315日)

 36日「東京日日新聞」      35日「都新聞」       35日「都新聞」

天勝 006天勝 007天勝 009 

 










大正
434日 都新聞

❍歌舞伎座天勝 六日夜より松旭斎天勝一座にて開場。

大正435日 都新聞

❍歌舞伎座 天勝は新加入の外国人と夫々下稽古。

大正438日 都新聞

[広告]多大の御好評を賜り初日二日目共未曾有の大満員を告げ難有御礼申上候。毎日午後五時開場。一円、五十銭、二十五銭均一。歌舞伎座出演 天勝拝

大正438日 読売新聞

○歌舞伎座の天勝 六日午後五時から十日間開演する歌舞伎座の天勝は初日満員札止の盛況はよけれど、幾分目先きの変りしのみにて大体有楽座で見せたものと違はぬ如(よ)うだ。が幾度見せられても種明しの出来ない見物には矢張り面白く不思議に看せる天勝の小奇術、却々(なかなか)小さくなく、其の手並益々冴ゆる様だ。一美人をトランクの中に入れ、厳封してカーテンの中へ入れ、気味悪い懸声と共にカーテンを閉した天勝の姿は何時の間にやらトランクの中に、先きにトランクの中に入つた美人が其瞬間に現はれるなど何度見ても狐に欺(だま)された様だ。休み無しの大車輪で息つく暇もなくお客様を瞞(だま)し抜く處に天勝の価値があるのだ。

大正438日 東京日日新聞

○歌舞伎座の天勝 有楽座で味を占めた天勝は此の分ならば客足未だ充分と其處は奇術屋、御贔屓の懐中を読んでか、有楽座とは目と鼻の間の木挽町で六日から蓋を明け、半額券の効(ききめ)ありて初日満員を掲げたり。奇術は三、四種新しきを加へたるが、奇術にてはトランク抜け、美人閣に、滑稽物にては雲雀の表情、黒奴(くろんぼう)のダンスなど相変らず喝采なり。此一座が天一時代と違ひ奇術の外に種々(いろいろ)の芸を演ずるやうになりたるは奮発したるものと云ふべし。

大正439日 都新聞[広告]

天勝 008

大正4313日 都新聞

[広告]天勝大入に付特に十四日昼夜二回興行 昼十二時半 夜五時半開場 歌舞伎座



◇東京久松町明治座
41日~411日)

大正4330日 都新聞[広告]

天勝 015

当る四月一日より十一日迄日延なし。毎夕五時半開場。近々世界漫遊、暫く帝都のお名残興行

世界的斬新大魔術 天勝出演  明治座 電話浪七六番

演技は悉皆取替へ独特斬新四大奇術、新五大魔術は皆様の膽を奪ふ妙技

特一二等八十銭均一、三等四十銭、四等二十五銭均一○初日三十五銭、四等十五銭均一

大正443日 都新聞

❍明治座 天勝は好景気にて故天一の愛弟天右も加はり奇抜な種明しを見せ、又天花、文子、松子も復座し、喜劇魔術「いたづらボーイ」は新しいもの。

大正4410日 都新聞

❍明治座 天勝は十一日千秋楽。



◇東京赤坂溜池演伎座
415日~425日)

大正4415日~ 都新聞[広告]

天勝 014

当四月十五日午後開場 近々世界漫遊、暫くのお名残興行/世界的斬新大魔術 天勝出演/演伎は全部新らしく独特四大奇術、新五大魔術は神から人の術かと思はしむ。

特一等(八十銭均一)、二等(六十銭均一)、三等(四十銭)、四等(二十五銭)/演伎座 電話新六一七

大正4416日 東京朝日新聞[広告]


天勝 010

大正4419日 都新聞

❍演伎座の天勝 各団体付込み盛んなりと。

大正4420日 都新聞

[広告]天勝 大入に付二十五日迄日延 演伎座

大正4421日 都新聞

❍天勝の表情 演伎座のカブリ付で天勝の表情に参つた小田紳が「アノ娘は美しいが物覚えのいゝにも感心した」と。連(つれ)が何故かと聞くと、「先刻僕がアノ剪刃(はさみ)でハンケチを断(き)つて遣つてから此方(こっち)ばかし見て居る」。すると後の角刈哥兄(あにい)は危ねへ〳〵

大正4421日 都新聞[広告]

天勝 013

大正4422日 読売新聞

○本日行幸の伏見宮邸 御前演技者の光栄

天皇陛下には既記の如く今二十二日午後二時御出門、麹町区紀尾井町なる伏見宮邸に行幸あらせらるゝが、当日宮邸にては表御門より御玄関に到る御道筋に黒白段々の幔幕を繞(めぐ)らし、御車寄には紫縮緬の幕を張り、便殿に充てらるべき階上の西洋室には金屏風を引廻し、紅紫燎爛たる花の数々綺羅を尽し、余興場たる舞踏室も亦善美を聚めたる装飾にて御興を添へ、尤も興味ある余興を叡覧に供し奉る筈なるが、其一二を承はるに、高尚斬新なる西洋フイルムの天然色活動写真、続いて松旭斎天勝一座の西洋奇術を御覧に供し、尚陛下には薩摩琵琶に殊の外御趣味を有し給へるより永田錦心及び四元義一両人の薩摩琵琶の御前弾奏を供し奉る由。此等余興の後、陛下には若草萌ゆる御庭に立たせられ宮殿下と共に御調馬の御慰みを遊ばされ、軈て晩餐を召させられて同五時御還幸あらせるゝ御予定と拝承しぬ。

大正4427日 都新聞

❍天勝は仙台へ乗込む。



◇東京上野家庭博覧会演芸館
621日~)

大正4617日 都新聞

❍天勝の帰京 松旭斎天勝の一行は甲府より帰京し、二十一日より上野家庭博演芸館へ出演す。

大正4619日 都新聞[広告]

天勝 012

大正4620日 都新聞

❍天勝の封切大奇術 二十一日より上野家庭博出演の天勝は「壺中の花」「グローウイングドール」等の封切り数番を上演する。

大正4624日 都新聞

[広告]二十一日より昼夜三回 土間無料桟敷二十銭 天勝一座大魔術 上野家庭博演芸場

 




misemono at 13:31|PermalinkComments(0) 松旭斎天勝興行年表 

松旭斎天勝興行年表 大正4年(1915年)7月~8月

710日~723日  東京有楽町有楽座

725日~729日  東京両国国技館       

81日~       横浜賑町喜楽座

86日~88日   東京両国国技館

813日~819日  東京神田三崎町東京座

822日~829日  名古屋御園座


◇東京有楽町有楽座
710日~723日)

  78日「東京日日新聞」       78日「都新聞」

天勝 020天勝 019













大正
4626日 都新聞

❍天勝女優となる 洋行中絶へず名優の舞台を見学し研究して居た松旭斎天勝は一度は女優として舞台に立ちたい希望を持ち居りしが、いよ〳〵近日有楽座に於て多年の宿望を試みん計画中。

大正478日 都新聞

❍有楽座のサロメ 十日初日の天勝一座の余興演劇サロメは魔術応用で頗る新趣向にて衣裳は悉く新調せしと。

大正4711日 東京朝日新聞[広告]

天勝 016

大正4712日 都新聞

○天勝のサロメ 有楽座の初日

 松旭斎天勝一座が有楽座へ出た。今度は奇術の余興として魔術応用のサロメを出すといふので是が呼物となつて初日から満員大入。要するに奇術師であつて俳優でないからサロメを見るにも余興の二字を頭において掛らねばならぬが、其れにしても本職の奇術の方が何(ど)れだけ面白く手際が好いか分らない。只天勝だけに須磨子張りの表情を以て異彩を発揮している外は到底問題にならぬ。猶太(ユダヤ)王や妃などが何とか云ふと見物がクス〳〵笑ふのも無理はない。

一光の曲芸は頗る鮮(あざや)かで、中にも傘のあしらひは大喝采だつた。同じ芝居らしいものでも鼠取といふ方が面白い。土井も猶太王では吹出させたが、バイオリンの独奏は今一つ〳〵で大受けだつた。天勝は別に目新しい奇術もない。封切魔術と云ふのも在来のやり方と大して変つた處もないが、段々と術の鮮かさが増して息も吐かせぬ處は流石と思はせた。一光は実に旨い。小手先の奇用なことは眼も覚むる許りで、全く手に入つたもの。天右と一光との滑稽奇術は満場大喝采。自転車曲技は少し長過で大分欠伸が漏れたし、廊下へ出て行つた客もあつた。今少し切詰めた方が好いと思ふ。(貧富生)

大正4712日 読売新聞

○天勝のサロメ 

十日から有楽座で天勝一座の興行があつた。今回は天勝が女優としての初舞台、魔術応用のサロメに扮し大いに腕を振ふといふ意気込み、観客も重り合ふ程の大入であつた。

野蛮な饗宴の席からのがれ出てほつと吐息をつきながら振り返る處は巧(たくみ)でもあつたし美しくもあつた。美しい夜の空気を喜び、月を讃美するあたりからそろ〳〵熱の足りぬ不満さを感じさせられて来た。殊に王と王妃の問答中のサロメは気の抜けた程ぼんやりしたものである。踊りもまことにまづい。練習の足りぬといふ点もあらうが、それよりも、も少しサロメといふものを研究し、充分の理解と落ちつきを以て演じて欲しかつた。矢張り天勝は魔術で美しく輝いている方が花のやうに思はれた。静子のヘロヂヤス始め兵卒達の貧弱さはお話にならぬ。

天勝魔術のグロイング、ドルは大喝采、天右と一光の雲雀の表情は実に巧妙を極めたものであつた。(和子)

大正4712日 東京日日新聞

○天勝のサロメ  
 
三千円を投じて衣裳を新調し、泰西名優の型を参酌して演ずるといふ能書沢山の天勝サロメを有楽座で見た。大小の奇術魔術を例の如く沢山見せた上に余興としてこのサロメを演ずるのである。扮装した顔の輪郭は須磨子に酷似し、台詞廻しまでが似ているのも不思議である。舞の姿勢はこれまで見たサロメのうちで最も優れていた。けれども台詞はともすれば上辷りがして、力が籠らず、「ございます」といふ詞尻が本職の魔術の説明と同じになるのが難である。併し大体に於て成功に近いものである。土井の猶太王は東儀鉄笛を髣髴させ立派なものだ。佐藤の預言者ヨカナアンは井上や澤田とは又違つているが、これもよくやつている。さうして台詞が一番明瞭である。山本の若きシリア人は本郷座でやつた嘉一君と略同じ程度のものだ。静子のヘロヂアスは秋元千代子と同型で、それよりは劣つている。この芝居に魔術を応用するのは独特かも知れないが、それは小細工で、却つて落付いた場面の感じを打ち壊すやうなものだ。(桃華)

大正4712日 東京朝日新聞

○天勝のサロメ 
 有楽座の初日は定刻前に満員といふ景気には一寸驚かされた。奇術には封切の筒中美人、絹の中の美人で手際を見せ、例の雲雀の表情や土井のヴァイオリンの前受もよく、大切天勝のサロメ、柄は確かに貞奴や須磨子以上で、夫に足の長いのが勝であつたが、奇術は炎の中よりヨカナアンの首を現(あらわ)し、また王の前の机上から酒器と果物を出した位で、何處迄も劇本位としたのが却て物足らぬ心地がした。

大正4713日 都新聞

❍有楽座天勝 十五、六、七の三日間は特に昼夜二回開演。

大正4714日 都新聞

❍有楽座 天勝は十五、六、七の三日間は昼の部を一時より開場。サロメの代りに小波氏考案の奇術応用のお伽芝居を差替ふ。

大正4715日 都新聞

❍有楽座の天勝 今日より十七日まで昼の部は各等入場者にキャラメル一箱宛を出し、尚小波氏考案の魔術お伽芝居は「新浮れ胡弓」四場の大仕掛ものなりと。

大正4715日 都新聞[広告]

天勝 018

大正4718日 都新聞

❍天勝のサロメ 有楽座天勝サロメは益々円熟し来り、打出しも十時四十分となる。

大正4721日 都新聞

❍有楽座 天勝は二十三日まで日延べと成り二十一日夜より従来の演芸の外小波氏考案の魔術お伽劇「新うかれ胡弓」を加ふ。

大正4723日 都新聞

[広告]天勝 今晩限 有楽座



◇東京両国国技館
725日~729日)

大正4724日 都新聞

❍国技館の天勝 二十五日より五日間、両国国技館に於て天勝一座の大魔術及びサロメを上演し、帝都お名残御礼として階上二十五銭、階下五十銭均一にて夕刻六時始め。

大正4727日 都新聞

❍国技館 天勝のサロメ客足よしと。

大正4727日 都新聞[広告]

天勝 021

番組 一、小奇術(初子・絹子) 二、小奇術(天花・百合子) 三、硝子トランク・絶妙なる曲芸(一光) 四、奇術応用喜劇鼠取(天勝・天右・一光・土井) 五、小奇術(園子・文子) 六、ヴァイオリン独奏(土井)・流行ダンス(モルガン) 七、小奇術 鳩とキャラメル・鍋中の花・皇国の誉 封切魔術 筒中の美人・グローイングドール・絹の中の美人(天勝) 八、滑稽奇術種明かし・雲雀の表情(天右・一光) 九、自転車曲技(横井・華子) 十、魔術応用余興「サロメ」一幕

大正4728日 東京朝日新聞[広告]

天勝 022



◇横浜賑町喜楽座
81日~)

大正4727日 都新聞

❍喜楽座の天勝 一日より開場。サロメと新魔術を加へ、昼三時夜七時の二回興行。

大正4730日 都新聞

❍喜楽座の巡業 横浜の同座は一日より天勝奇術開場。



◇東京両国国技館演芸会
86日~88日)

大正486日 読売新聞

❍国技館大演芸会 世界新聞社主催にて六、七、八の三日間、午後四時より両国国技館にて開演さるべき納涼大演芸会は松旭斎天勝の奇術、東家楽燕の浪花節、綾之助一座の総懸合、永田錦心の琵琶、岸沢仲助、佐喜太夫等一派の常磐津、芸術座松井須磨子一座のサロメ劇外に開幕、余興梅坊主の活惚といふ空前の大顔合せにて、入場料は階上階下全部三十五銭均一。当日出札所の混雑を厭ふ者の為に切符は前々より同社受付にても発売するといふ。



◇東京神田三崎町東京座
813日~819日)

大正4810日 都新聞

❍東京座サロメ 十三日より東京座に於て開催の天勝サロメは舞台を油絵風に作り、円熟した處を見せると。

大正4812日 都新聞

❍東京座天勝 明日初日毎夕六時開場七日限にて、天勝は小奇術の外、筒中の美人、グローイングドール、絹の中の美人の封切魔術及例のサロメを演ず。



◇名古屋御園座822日~29
日) 

大正4814日 名古屋新聞

○天勝のサロメ  
 名古屋 004
目下京浜各地に於て人気を沸騰せしめつゝある大魔術松旭斎天勝は、東京座打上げ不日当地に乗込み開演すべく夫々準備中なるが、同人のサロメは他の長所を採り、殊に七ツヴエールの踊などに至りては全く先輩を抜ける優美のものあり。且従来の奇魔術全部を取替、封切りの者のみにて、大魔術グローイングドール、筒中の美人、絹の中の美人などが呼物となつて、其他新しき奇術鳩とキャラメル、鍋中の花、皇国の誉など、人目を驚かすに足ると。
 

大正4818日 名古屋新聞

❍天勝は御園座 松旭斎天勝一行は御園座に於て近日より花々しく開演する事となりたり。久々の乗り込と言ひ今回は天勝が「サロメ」を上場し、魔術奇術応用にて貞奴、須磨子より以上の手腕を揮ふといふ。而してサロメに用ふる衣裳全部、小道具等に至るまで東京にて新調したるものを使用するよし。天勝のサロメは既に定評あれば第一の呼び物となる事勿論なるが、本芸の大魔術は何れも封切の斬新なるものを選択し、重なる種目は「筒中の美人」「グローイングドール」「絹の中の美人」「鳩とキャラメル」「鍋の中の花」「皇国の誉」其他封切小奇術及び滑稽物数種あるといへば定めし好評を博すなるべし。

大正4820日 名古屋新聞

❍御園座 既報の如く来る二十二日午後六時より松旭斎天勝一行の大魔術奇術にて花々しく開演。一行は本日乗込を為し、二十一日花やかなる町廻りを為す筈なるが、久々の乗込と言ひ、既に定評ある問題の「サロメ」一幕を魔術奇術応用にて演じ、又本芸なる大魔術は何れも斬新封切のもの斗りを選みて演ずる由なるが、今回の呼物としては筒中の美人、グローイングドール、絹の中の美人等何れも大仕掛の大魔術にして、其他封切斬新の小奇術としては鳩とキャラメル、鍋の中の花、皇国の誉及び滑稽物沢山ありといへば、前人気頗るよく、開演の上は大入を占むるなるべし。

大正4820日 名古屋新聞[広告]

名古屋 005


大正4821日 名古屋新聞