松旭斎天一興行年表

2014年05月30日

松旭斎天一興行年表 一




           長野栄俊編集 松旭斎天一興行年表



はじめに(長野栄俊)

一、この興行年表は、藤山新太郎『天一一代』(NTT出版・2012年)に掲載(284287頁)した「松旭斎天一興行年表」に、平成27年(2015124日現在で判明したものを取り入れ、大幅に増補改訂したものである。

一、年表作成にあたっては、天一本人への聞き書き資料、青園謙三郎『松旭斎天一の生涯』、松旭斎天洋『奇術と私』には拠らず、全面的に新聞記事(日本・海外とも)に依拠した。但し、下記文献・サイトは参照した。

  倉田喜弘『明治の演芸』18(国立劇場・1980年~1987年) 

  『近代歌舞伎年表』京都篇・大阪篇・名古屋篇(八木書店・1986年~)

  安田宗生編『近代熊本の劇場、活動写真、及び大衆演芸』(龍田民俗学会・2007年)

  松山光伸『実証・日本の手品史』(東京堂書店・2010年)

  蹉跎庵主人「見世物興行年表」

一、興行年月日の記載にあたっては、以下の原則に従った。

 「本日より開演」「昨日より開演」等、当該日当日以降の記事が載る場合、日付は確定できると判断した。

「本日限り」等、当該日の記事で千秋楽を告げる場合は確定できると判断した。

「愈々明日より開演…」等、前日以前の記事に載る場合、日付を未確定と判断し、( )で括った。

「何日より十日間…」等、期間を記す場合でも、日延べ・切り上げの可能性も排除できないため未確定と判断し、( )
  で括った。

上記参考文献・サイト等に掲載された日付についても、編者が確定の判断できない場合は未確定とし、( )で括った。                  

興行期間には休演も含めた。

はじめに(蹉跎庵主人)

一、今回は長野栄俊氏のご好意により、同氏編集の「松旭斎天一興行年表」を使用させていただいた。

一、同年表掲載にあたり、興行場所を≪ ≫で括り、興行年月日をその後に付け、未確定の月日は( )で示した。

一、東京市、大阪市、名古屋市、神戸市、横浜市は府県名を省略した。

一、松旭斎天一の年齢は数え年を採用した。

一、興行年表の項目の下に添付されている新聞記事は、「見世物興行年表」に掲載していたものである。長野氏も海外を含め多数の記事をお調べであるが、今回は「見世物興行年表」所載の分だけに限った。

一、新聞記事の掲載にあたっては、仮名遣いは旧のままとしたが、漢字は一部常用漢字に改め、句読点は本文・広告とも適宜
 施した。

一、『明治の演芸』所載の新聞記事はその旨を明記した。

一、項目は「見世物興行年表」にそのまま残し、(「松旭斎天一興行年表」の項参照)とした。

一、年表中、〈編者註〉とある編者は、すべて蹉跎庵主人のことである。



misemono at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 二

 明治131880年・28歳)

≪徳島県三石村≫ 明治13年(月日未詳)

 
 明治
151882年・30歳)

≪名古屋大須真本座≫ 明治1512月~

明治151219 愛知新聞(『明治の演芸』)

○当時大須の真本座にて興行中なる西洋手品一天松旭斎の一座は、随分評判も宜しき様子なるが、去る十五日は火渡りをするとの触出しに見物人も一層多く押掛けたりしに「東西〳〵、本日は追々夜も深更に及びますれば、火渡りは明晩」と口上を云ふが否や、忽まち見物人が騒ぎ立ち、「火渡りをせねば木戸銭を返せ〳〵」と怒鳴り出したに、止むを得ず勧進元は俄かに実印を取出し、札に捺して見物人に持ち帰らせしと。

 〈編者註〉さてこの「一天松旭斎」だが、当時はそう名乗っていたのか、或は単なる書き間違いかは知らないが、おそらく「松旭斎天一」のことであろう。明治を代表する手品師松旭斎天一の、現在確認されている中ではこれが最初の新聞記事だが、いきなり「一天松旭斎」とは何とも悩ましい。天一がすでにこの時期一座をなしていたことは、『中国芸能史』(187頁)に、一八八二(光緒八/明治十五)年に天一が初めて中国を訪れ、中国に新しい魔術の種を播いたという記述から窺うことができる。また同書によれば、その後、明治二十年、三十八年にも訪中し、「換影奇箱」(箱の中の人物入替り奇術)や「炮打美人」(大砲で少女を飛び出させる奇術)など、中国人に深い印象を与えたという。


 明治
161883年・31歳)

≪京都下立売亀の家席≫ 明治165月~

 明治16531日 京都絵入新聞

 ○顔は真黒 …下立売黒門上る町の亀の家席で頃日(このごろ)西洋手品師の松旭斎天一(二十年)と云ふ男が興行中の處ろ、一昨日午前十時頃、天一は同席にて手品に用ひる煙花を製造(こしらへ)むものと焔硝を調合中、何様過りしか、其焔硝に火が移り、是はと驚く間も悲や、天一の面(かほ)に炎々とも大層だが火の中(あた)り、額よりの大焼傷(やけど)、爛て皮は半剰(なかばむけ)しに、七転八倒、四苦八苦、此有様に同席の人々周章(あわてて)介抱し、直ちに病院へ入院させ、昨今療養中ですが、気の毒千万の事にぞ有りける。

〈編者註〉記事中天一の歳が二十とあるが、天一は嘉永六年(1853)の生れだから、この年数えて三十一である。


 明治
201887年・35歳)

≪大阪道頓堀中座≫ 明治2011日~(125日)

 明治191228 朝日新聞

 ○興行物の吹寄せ 来春早々より開場する諸興行物を一纏に記さんに、…中の芝居は松旭斎天一の西洋手品(後略)。

≪大阪西区新町座≫ 明治20311日~323

 明治20311日 朝日新聞

 ○新町座の芝居は今十一日より七日間、松旭斎天一の西洋手品を興行する由。

≪京都北座≫ 明治20年(327日)~

≪京都新京極道場京角座≫ 明治20年(43日)~

明治20331日 日出新聞

○新京極道場の京角座にては来る三日より松旭斎天一の西洋手品と水芸。

≪京都上京区岩神の芝居≫ 明治20年(429日)~

明治20429日 日出新聞

○過日来、新京極道場に興業なしゐたる西洋手品師松旭斎天一の一座は、本日より上京岩神の劇場(しばい)にて興行する
 といふ。

≪大阪堀江市の側芝居≫ 明治205月~

明治2058日 朝日新聞

○堀江市の側の芝居は松旭斎天一の西洋手品を興行する事に決りたり。

≪大阪千日前西側の大小屋≫ 明治20年(61日)~

明治20529日 大阪日報

○南地の興行場 …来月一日より西側の大小屋身振狂言の跡へは、英国戻りの松旭斎天一が西洋魔術。 


 明治
211888年・36歳)

≪名古屋千歳座≫ 明治2111日~

明治201224日 金城だより

 ○来一月一日より開場する明治文明理学実地手術と題する珍奇妙不可思議の西洋手品は、実に大道具大仕掛けにて、其術毎人の肝玉を引操かへすの名人でありといふ。此太夫はイングリース松旭斎といって此頃西洋より帰朝した太夫なりとの事。

 〈註記〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より孫引。 

明治21112日 金城だより

○西洋手品の新発明なる技術は毎日看客の胆を潰さす。其中にも若太夫を戸板に乗、胸を突刺、血を漓たらせ、又は桶詰、箱詰にして人から刀剣などで刺貫けど、更に死なぬは実に不思議(後略)。 

〈註記〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より孫引。 

≪三重県桑名桑名劇場≫ 明治212月~

≪岐阜県大垣高砂座≫ 明治212月~

≪岐阜県伊奈波国豊座≫ 明治21年(31日)~312

≪名古屋宝生座≫ 明治21314日~

≪静岡県静岡井桝座≫ 明治21527日~

 明治21527日 静岡大務新聞(『明治の演芸』)

 ○松玉(ママ)斎天一の手品は、当宿井桝座に於て本日より興行を始めたり。此手品は中々の大仕掛にて、昨日、二十余名にて市中を披露に廻りたりし。

≪横浜久方町の曲馬小屋≫ 明治21年(712日)~

明治21710日 読売新聞

○明後十二日より横浜久方町の曲馬小屋に於て催す天一の手術は数年間英国有名の手術師に就て修業せし程ありて、帰朝後も各所にて喝采を得しが、其手術中最も不思議なるは、箱入娘殺し、水芸、電信器の当物等にて、興業の前日は弘めの為め、天一を始め一座三十余名が揃の洋服、揃の人力車にて、横浜市中を乗り廻し、引札数万枚を配るといふ。



misemono at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 三

【明治21年・続】

≪東京浅草猿若町文楽座改文楽亭≫ 明治21111日~1218

 明治21111日 東京朝日新聞[広告]

明治21年 002萬国第一等世界無比 改良西洋大てじな興行 十一月一日開場

 始り時間 ひる正午十二時より切符売出し一時開場四時迄 
  夜午後五時より切符売出し六時開場十時限り

 入場切符代価 

一、下等  御一人前 金八銭

一、中等  御一人前 金十五銭

一、上等  御一人前 金三十銭

一、特別上等椅子付 御一人前 金一円

但、十才未満の御子供衆は右代価の半額。尤も初日は総て半額にて御覧に入れ申候。予輩が今回演ずる西洋奇術改良大手品は、奇々妙々、千変万化の秘術にして、今是を諸方に施して、世人の賞賛喝采を得たり。現に横浜の如きは大に洋人の褒賛を得、茲に興行する二ケ月の長に及と雖、満場殆ど立錐の地なく、其奇を演じ術を行ふに至ては、看客をして拍手喝采、手の舞ひ足の踏を覚ざらしむ。実に華胥仙境に逍遥するの疑ひを起さしむ。依て今回、左の席に於て来る十一月一日より興行せんと欲す。願くは江湖の諸君、当日より御来観あらんことを伏て希望す。

イングリース帰朝 坐長 松旭斎天一敬白

明治二十一年十一月一日開場 浅草猿若町文楽座改文楽亭に於て

明治211110日 毎日新聞

○改良大手品 目下、猿若町一丁目文楽亭にて興行の松旭斎天一一座の手品は追々評判となり、昼夜二回の興行とも可なりの入あるよし。一日見物したる人の話しに、外国帰朝とある丈け、表招牌(かんばん)を始め仕手の衣裳、諸器具とも残らず西洋風にて、総ての装飾も美麗なり。座長松旭斎天一は三十有余の人なるが、其の手際の軽くして奇麗なる為め、諸芸一々真に逼り、頗る客の観賞を得たり。唯だ当日演芸の種類は有り来りのもの多く、ノルトンの手品と同じものもあり、例の革盤(かばん)抜けの外に水の曲、磔、胴突きなど、重もなる芸なりといふ。

明治211114日 時事新報

 ○西洋手品を観て感あり 昨三日、偶々天長節の休暇に際したれば、友人両三名と共に行て、目今浅草猿若町文楽座に興行中なる松旭斎天一の西洋手品を一覧せり。其手術の奇妙不可思議なるは実に歎賞の外なく、場内は始終拍手喝采の声暫くも止まず、最も盛なる観物なりき。然れども、予輩は其技術の巧妙なるにも拘はらず、甚だ厭ふべく悪むべきものあるを発見せり。そは他にあらず、彼少女を殺戮し、及び之れを磔刑に擬するの一事なりとす。

扨、其技たる一は、妙齢の少女をして方一尺六、七寸、高さ二尺余の函中に入らしめ、之を緊鎖し、而して刀を以て左右前後より之れを刺し、悲叫煩悶するをも顧みず、無残にも又鎗を以て函の頂上より底後にまで之を貫き、以て死に至らしめ、又一は、一女子をして板上に仰臥せしめ、他の一女子をして十字架上に上らしめ(一は覆面し、一はせず)、各々之れに麻酔薬を施し、而して刃を板上なる少女の腹に加ふれば、刀尖は早く已に板の背後にまで現はれ、絶叫して死せり。又、十字架上なる女子をば鎗を以て腹、脇腹、喉部等を刺し貫き、七転八苦の間に命を終らしめたり。其死するや、何れも之れを他の函、若くは桶中に投じ、之れに電気を通じて蘇生せしむるの法なりとす。

右等の際は、刀刃の向ふ処、皆鮮血淋漓として衣襟及板上に流出し、悲叫の声はさも哀れげに場内に浸み渡りて、観客等の耳底に徹し、其苦痛煩悶の状態は如何にも見るに忍びざる程なりき。嗚呼、其技術の真に迫ると、其変装の尤も速なるとは、誠に感賞すべしと雖も、其観客をして転(うたた)悲惨見るに忍びざらしむるに至りては、甚だ厭ふべし。

予は憂ふ、如此(このごとく)して数十日、若くは数箇月、数所若くは数十箇所に於て之れを興行せば、見るものをして是より漸く残忍酷薄の風に慣れしめんことを。殊に、目下、中小学校に在る幼年子弟の為めには、教育上実に容易ならざるの事なりと信ず。故に予は望む、斯る残酷見るに忍びざる技術の如きは、社会風教上及徳性滋養上、其筋に於て断然禁止せられんことを。

昨日、予と同く此技を視れるもの、無慮千余人もありしなるべしと雖、此技を以て壮快見るべしとなすものは、蓋一人も之れなかるべし。之れを聞く、彼れ天一なるものは先年欧州へ渡航し、数年の間彼地に於て該手術を修め、過般始めて帰国せしものなりと。然らば今回演ずる処の術の如きは、目下欧米諸州に於て最も好評あるものゝみならん。斯く予輩、日本人の一見見るに忍びずとなす手術の如きも、彼欧米人に在ては尋常一様の事として敢て怪まざるのみならず、反て之れを賞揚措かざるに至れり。之れを以て之れを推せば、彼国人の残忍酷薄なる、実に驚くに堪へたり。

今や、吾邦到る處、西洋人とさへ云へば善悪可否の別なく、皆一概に之れを尊信するの傾ある秋(とき)に際しては、此一小技術と雖、亦頗(すこぶる)思慮を要すべきものならんと信ぜり。況んや此事項は、将来子弟教育上、至大の関係あるものなるに於てをや。書して、以て同感の諸子に質す。貴社、若し余白を貸さば幸甚。 十一月四日 宕麓杞憂生

明治211116日 東京絵入新聞(『明治の演芸』)

 ○松旭斎天一 先頃より猿若町文楽座にて興行する同人の手品、水芸は頗る評判宜ければ、一日の閑を偸みて観覧したるに、其技の霊妙にして手元の奇麗なること、観客をして毫(すこし)も疑ひを容(い)れざらしむるは感心なり。殊に水芸の如きに至つては、万国無比と評するも過賞にあらざるべく、一本の扇子を以て自由自在に水を使ふさへ観客をして感ぜしむるに、焔々と燃立つ松明の中より噴水を出し、又舞台へ立つ人の頭中より水気を噴出せしむるなどは、奇と呼び、妙と驚かざるを得ざるなり。

手術に至ては技芸幾番もあるうち、一女を函中に入れ、縦横前後より剣を刺し、脳天より一本の鎗を突込み死に至らしめ、鮮血淋漓として滴る惨状に驚歎し、心弱き婦人などは目を庇(おお)ふて見る能はざるかと思へば、悲喜倐忽(たちまち)一転し、傍への窓より風船の現れ出で、五、六間も花道の方へ下り、球袋(ふくろ)を取れば惨虐に突殺されし美人、従容と鶴の背に座し揚幕の処へ下り、又た十字架上の磔刑などは転(うたた)戦慄を覚ゆ。

(そ)も此の松旭斎天一は、十九の年、始めて養老滝五郎の一派に加り、水芸の一技を磨き、頻に新工夫を凝せども、当時は護謨管もなく、此芸を演ずるにも頗る困難なりしが、其後切磋琢磨の功を積み、芸道大に進み、数年前長崎に於て水芸興行中、米人某は其芸に感じ、三ケ年間雇聘の約定にて自国へ連還り、各所にて其芸を演じ、好評を博し、其後彼国有名の魔術師と一座になりて興行するときは、互に其技を交換して術ます〳〵熟し、約束年限も満ち、夫より英国へ渡り、今年の初夏帰朝し、横浜に於て二ケ月間興行し、評判よく、先ごろより又当地にて興行することになりたり。惣座中は三十五、六人とのこと。又一昨夜は、市川団十郎、市川左団次なども市村座の幕間に見物し、頻りに喝采しをると見受けました。

明治211223日 絵入自由新聞(『明治の演芸』)

 ○浅草猿若町の文楽座で、十一月一日より本月十八日まで興行したる松旭斎天一の手品は非常の大入にて、其上り金高は三千円余なりしと。又同人は目下四ッ谷旧桐座の向ふへ興行小屋を建築中なるが、最早大概出来(しゅったい)せしにより、来年は早々開場する筈なりといふ。

明治211225日 読売新聞

 ○松玉(ママ)天一の景気 先頃中浅草猿若町文楽座に於て去る十一日一日より十二月十八日迄興行して居た西洋手品松玉斎天一の上り高は三千円余なりと云ふ(此の興行中尤も大入りなりしは十一月廿三日、即はち神嘗祭当日にて、同日は凡そ三千人の来観者あり。木戸より返へしたるは幾人なるを知らずとのこと)。又た同人は四谷桐座向ふの地所を借り受け、興行小屋を新築し、来二十二年一月一日より興行せんと職工を増し、頻りに工事を急ぎ居ると云ふ。

〈編者註〉このとき、警察から手品は寄席芸に属し、劇場取締規則により劇場での興行は許可されないという通知がきた。窮余の策として、この公演に限り「文楽座改文楽亭」と改称し、寄席として興行許可を得た。変な話だが、思うに、ジャグラー操一が四月十八日より興行したときは何の差支えもなかったのに、天一の時になって不許可となったというのは、ノアトンやシャグラー操一の手品に人気を浚われた芝居関係の連中からそんなクレームが付いたのではなかろうか。それはともかく、この六十日間に及ぶ公演は大成功で、この文楽座(文楽亭)公演こそ、彼の名を一躍天下に轟かせた記念すべき公演であったといっていい。なおこの時の公演内容は『明治奇術史』(昭和二十七年)に芸内容の一々についてまで実に詳しく記載されている。なかなか手に入りにくい本であるが、『松旭斎天一の生涯』(昭和五十一年)にもその部分が引用されているので、ここでは再録を控えさせていただく。ついでながら、天一はこの興行収益で翌年薬研堀に大邸宅を建築している。

【絵画資料】

≪絵ビラ・木版墨摺≫(河合勝コレクション:ブログ「日本奇術博物館」

てんいち


(表題)「萬国第壱等 水芸元祖司 西洋手術」。表題下に「座長松旭斎天一」その右に「若太夫松旭斎天秀、松旭斎天照」その左に「若太夫松旭斎天若、松旭斎天海」。右下に「頭取岡島宗助」。

年代・興行場所記載なし。

描かれた演技内容が新聞記事及び『明治奇術史』に合致しており、この時に使用されたものと判断する。




misemono at 15:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 四

【明治21年・続】

≪東京芝公園内にての弥生社祭典に出演する≫ 明治211223日、24

 明治211226日 読売新聞

 ○天一大山大臣を驚かす 去る二十三日は弥生社の祭典にて、数多の貴賓が馬車を連らねて臨場され、終日撃剣、相撲等を見物し給ふうち、はや点燈の頃にもなりたれば、設けの舞台に於て彼の松玉(ママ)斎天一が得意の奇術を演ずるに至りける。満場の賓客も今日こそ彼が手品の種を見顕はさんと頻りに眼を舞台に注ぎ居りしに、天一は応(やが)て数個の銅貨をとりて壇上に現はれ、式の口上を了りて件の銅貨を傍らの卓上に置き、只今此銅貨をば諸君のお手許に移し舛とてハンケチ様の絹をかぶせ、須臾にして之をとれば、銅貨は更に跡を止どめず、賓客は皆なその所在を見出さんと辺りに眼を配る内、一個の銅貨は上等席に着かれたる大山陸軍大臣の頭上に顕れしかば、大臣にも大に驚き給ひしが、天一は更に磁器をとり出し、其作用によりて再び之を手元に吸ひとり、拍手喝采の間に壇を下りたるは一層の手際にこそ。

 明治22113日 東京日日新聞

 ○天一の賞賜 旧臘二十三、二十四日の両日、芝公園内弥生社祭典の時、折田総監は各大臣貴顕方を招待ありて、其余興として松旭斎天一の西洋手品を召されしが、右は余程の御意に叶ひたるものと見え、昨日、同人を警視庁へ呼出され、賞詞一通、銀盃一個及金五十円を下されしと云ふ。


 明治
221889年・37歳)

≪東京四谷荒木町旧桐座跡の新築小屋≫ 明治2211日~

 明治211225日 読売新聞

 ○…同人は四谷桐座向ふの地所を借り受け、興行小屋を新築し、来二十二年一月一日より興行せんと職工を増し頻りに工事
 を急ぎ居ると云ふ。

明治2215日 みやこ新聞

 ○…一日より四谷荒木町の旧桐座跡の新築小屋にて興行する松旭斎天一も同様大入との事。

 〈編者註〉桐座は四谷荒木町に明治六年に開場した小劇場。明治二十一年夏頃に廃絶した。

≪東京木挽町厚生館にて慈善手品会≫ 明治2233日~37

 明治2231日 郵便報知新聞[広告]

明治22年 017 天一大手品

 憲法発布祝並警視総監ヨリ銀盃、褒状御下付祝ヒヲ兼、演芸改良大手品慈善会

 諸君ヨ諸君、耳目ヲ開テ目開シ玉ヒ、本年ハ憲法発布ノ近時ニシテ、私等技術師ニ至ルマデ祝意ヲ上ゲントスルノ今日ナレバ、右祝表ト共ニ私栄誉ヲ祝ヒ、京橋区木挽町厚生館ニ於テ三月三日ヨリ五日間、慈善会ヲ開キ、東京府下貧民へ救与セント欲ス。慈善ノ志アル諸君、御来覧アランコトヲ乞。

厚生館ニテ 会主 松旭斎天一

午後一時ヨリ開場同五時迄。同七時開場十時限リ。
 会費、別上等五十銭、上等三十銭、中等二十銭、下等十銭

入場切符ハ厚生館前並銀座三丁目上方屋、日本橋区薬研堀二十番地・松旭斎天一方ニテ差出シ候

 明治2237日 郵便報知新聞

 ○去三日より木挽町厚生館に於て開きたる松旭斎天一の慈善会は、今夜を限りにて閉会の由なり。此会の趣意は、過日の広告にも記せる通り、賞状、銀盃等を賜りし祝ひかた〴〵此会を開けるにて、収入の金は米に替へ、貧民一人に五合宛、一万人に施与すると云ふ。又、其演芸の巧みなるは既に衆人が視て奇々妙々と称する所なるが、尚ほ帰朝後演ぜざる奇術も多けれど、場所の狭きため、今度回向院の相撲終れば直ぐ同場所に天幕を張て、十分なる興行を為す由。

≪東京両国回向院境内≫ 明治22324日~

明治22323日 時事新報[広告]

世界無比改良大手品興行

明治22年 028予輩今回官許ヲ得テ興行スル古今無双ノ改良奇術、奇々妙々千変万化ノ奇術ニシテ、各季五月帰朝ノ後、横浜及当府浅草猿若町文楽座、本年一月中ハ四谷桐座跡ニテ興行ノ度毎、何處ニテモ拍手大喝采ヲ得、古今無双ノ大商評ヲ博シ、特ニ旧臘廿三日廿四日両日、芝公園弥生社ニ於テ各大臣ノ叡覧ヲ辱フシ、辱クモ天下無双ノ天一ト賞詞ヲ蒙レリ、猶又其際折田警視総監ヨリ褒美トシテ賞状一通、銀盃一個、金五十円ヲ下賜リ、此名誉ノ如キハ大方諸君ノ知玉フ處、而シテ技芸ナル者ハ学術ノ進歩ト人智開達ニ因テ生ズル結果ニシテ、社会ノ文明ニ相伴ヒ裨益ヲ与フヤ贅弁ヲ俟ズシテ明ナリ、依而今回両国回向院境内ニ於テ、旧来演ジタル各奇術ニ一層ノ大改良ヲ加ヘ御覧ニ備ヘ候間、初日開場ノ当日ヨリ永当々々御来観アランコトヲ千祈万祷ノ至リニ堪エズ。

昼ノ分番組 午後一時開場四時迄

時計化鳥飛去術 化学的変色水フリケレノ術 看客ト術者懇新和合ノ術 三剣バクス積シテ空中風船鶴化天女中蒙リ奇術 看客嗜好食物観前集奇ノ術 自体七変化衣一度毎ニ術ヲ行ヒ憲法祝意ヲ表ス 袋抜ケンカイバクス忍入ノ幻術 社中惣掛合吹水ノ術 

夜ノ分番組 午後六時三十分開場十時限リ

電話気不思議ノ当物 紙幣ヤキ絵ヲ鶏卵打入スパロー変化術 借用キヤプ鶏卵鼠花鳥現出ス 西洋怪談砲術 拝借物品散乱術 陰陽水火ノ遣分ケ 口中火吹キ五色火花車 十字架ノ磔

右之外惣体ノ奇術ハ枚挙ニ遑アラズ、前芸数番尊覧ニ供シ候也

當三月廿四日開場 両国回向院境内ニテ 奇術師松旭斎天一社中 

入場券 一上等三十銭 一中等十二銭 一下等六銭 一特別上等椅子附一円但シ御茶菓子火鉢敷物附 十歳未満半額 但シ広告引札御持参ノ御方ハ三日間限リ半額ニテ御覧ニ入候

明治22323日 郵便報知新聞

○手品師天一が明日より回向院に於て手品興行を為すに付、今日三万枚の広告引札を府下に配布する由は今朝板に記せしが、天一を始め社中の者は何れも洋服にて、人力車十五輌を連ね、揃ひの蝙蝠傘をさし、真先きに赤の大幟を立て、ラッパを吹きながら、今朝両国の自宅より押出し、人形町通り、日本橋、新橋最寄りより万世橋、小川町に出て、又た深川辺まで乗廻はし、一町ほどにて歩を停め、車中の一人ヅツ立ち上りて興行の披露を述べて広告引札を配りたり。往来の人も一時は何事かと立止りし程にて、一寸目立ちし広告の仕方なりし。

明治22324日 東西新聞(『明治の演芸』)

 ○文楽座以来評判よき松旭斎天一は、本日より両国回向院に於てまた〳〵奇術を興行するに付、昨日市中を人力車にて乗廻し、広告引札三万枚を蒔きたり。其引札を持行く人は開場より三日間半価にて見物させるよし。興行は昼夜にて、昼の分は午後一時より四時まで、夜の分は六時三十分より十時までなりといふ。

明治2246日 郵便報知新聞

○天一の手品 松旭斎天一は去る廿四日以来昼夜二回づゝ両国回向院にて得意の手品を興行せるが、毎日満場の大入にて非常の喝采を博せり。諸芸中最も見るべきものは、米国の某婦人が妬婦の為めに銃殺せられ、幽霊となりて妬婦を悩ましたる事歴に基づき、銃殺の有様より幽霊の幻出に至る迄巧妙と評するの外なし。特に幽霊は模糊の間に隠顕し、火薬の作用にて其色を赤くし青くし白くする等、如何にもスゴく恐ろしゝ。又た銅貨三四個を見物中に擲(なげう)ち、マグネットの小棒を持ち廻りて、人込を押し分け、或は見物の襟の内より、或は膝元より棒の至るに従ひ之を捜し出して其の尖頭に付着し、其捜し出したる銅貨をば其處にて十数間を距る舞台のコップに投入するも良し。其他見物中より五六本の烟管を借り、之を燭台様の台に組み合せ、此烟管より噴水せしめ、次で其の噴水を扇端に移し、人頭に移し、焚火に移し、燈火に移し、終に満場の各所より無数の噴水を出し及び火を食ひ火焔を吐くも亦た喝采、少女を十字架に縛して之を磔殺(たくさつ)するの技も頗ぶる巧みにして其最も得意とする所なるべけれども、余り残酷に失して見るに忍びざらしむ



misemono at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 五

【明治22年・続】

≪東京上野博物館の日本赤十字社総会にて、皇后が天一の手品を御覧になる≫ 明治22427

 明治22428日 読売新聞

 ○行啓 皇后陛下には曩に仰せ出されし如く、昨廿七日午後一時三十分御出門、上野博物館にて開会せる日本赤十字社総会へ行啓在せられたり。(中略)同会にては御慰みの為め松旭斎天一の西洋手品を御覧に入たる由。

 明治22428日 やまと新聞(『明治の演芸』)

 ○松旭斎天一は、昨日、上野公園にて数番の手術を 皇后陛下の御覧に供し、夫より華族会館にても余興として演ぜしよし。又た同人は来月三日頃より神田神保町の神保園にて、昼夜二回の興行をするといふ。

〈編者註〉「郵便報知新聞」(428)によると、皇后が帰ったあと、天一の手品があったように書かれている。しかし。五月九日付「東京日日新聞」広告に「四月二十七日、赤十字社総会ノ節、恐レ多クモ皇后陛下ノ御親覧ヲ辱フシ、賜金ノ栄ヲ賜リ」と書いているところを見ると、少なくとも一番くらいはご覧になったのだろう。当日の来会者は千二、三百人。有栖川宮のほか伊藤、大山、松方、後藤、土方等のお歴々が顔を揃え、天一は得意の演目の外に憲法発布七変化の新作を披露し、大いに評判を博した。

≪東京市神田区神保町神保園≫ 明治2253日~(531日)

 明治2259日 東京日日新聞[広告]

 明治22年 032松旭斎天一手品
東西々々。私奇術ノ義ハ、文楽座興行以来、満府諸君非常ノ賞賛ヲ受ケ、殊ニ弥生社ニ於テハ貴顕高官ノ喝采ヲ得、折田警視総監閣下ヨリ賞状及銀盃、金円ノ贈与ヲ蒙レリ。又四月廿七日、赤十字社総会ノ節、恐レ多クモ 皇后陛下ノ御親覧ヲ辱フシ、賜金ノ栄ヲ賜リ、私共身ニ取リ難有奉存候。依テ右等御礼ノ為、左ノ處ニ於テ興行仕候間、何卒御申合ラレ、永當〳〵御来車ノ程奉願上候

 五月三日ヨリ昼夜二回 松旭斎天一社中

神田区北神保町神保園ニ於テ興行 
 昼午後一時ヨリ四時三十分迄 夜午後六時三十分ヨリ同十時限リ

下等五銭 中等十銭 上等三十銭 特別壹円

 明治22514日 毎日新聞

 ○天一の手術 過日来神田神保園に興行中なる松旭斎天一の手術は新奇の芸を演ずる為め昼夜とも毎日大入にて、就中其の幽霊の一芸の如きは面白し。最も同人秘蔵の妙術は何れ近日中に演ずべき筈なりと。

 明治22519日 東京朝日新聞[広告]

 松旭斎天一大手品 

当園興行大入御愛覧辱ふ存、尚新芸を差換、本月三十一日まで日延興行仕候間、旧に倍し御来観を乞。

御一名通券五銭 

神田区北神保町 神保園

≪東京市上目黒西郷従道邸にて皇太后、皇后両陛下が天一の手品を御覧になる≫ 明治22527

 明治22528日 郵便報知新聞

 ○皇太后陛下、皇后陛下には…先づ松旭斎天一の西洋手品を御覧に供したり。手品の場所は先日の土俵の上と定め、四本柱の三方には紅白段々(だんだら)の幕を張り、尚ほ正面に綾織の幔幕を張りありて、手品師は之れをクヾりて出入する様になせり。手品は数番ありしが、実に熟練の功現はれ、天晴れ巧妙と称するの外なし。殊に一箇の箱を麻縄にて十重二十重に結(ゆは)へ、結へ目には封印を為し、又た小女を袋に入れ、其口を縛りて同く封印を為したる後ち、小女は袋の儘此箱の上に安座せしめ、凡二三分時間箱の四方を屏風にて塞ぎ置きしに、小女は何時の間にやら袋を脱して十重二十重に梱りある箱の中に入り居たる早業は一入ほ巧妙なりしと(後略)。

≪東京市芝公園弥生社の祭典にて余興に手品を演じる≫ 明治2265日、6

 明治22531日 読売新聞

 ○芝公園地の弥生社の祭典は例年十一月に施行されしが、本年より爾来六月と改正され、来月五六日の両日に祭典を執行さるゝ由にて、当日は警視の官吏一般参拝せられ、余興には角力、撃剣、松旭斎天一の手品等あり。皇族、大臣其他貴顕紳士等を招待さるゝよし。

 〈編者註〉当日の来会者は有栖川陸軍大将、小松宮、伏見宮、三条内大臣、伊藤枢密院議長、黒田総理大臣、大山陸軍大臣、松方大蔵大臣、山田司法大臣、榎本文部大臣、後藤逓信大臣、前島、吉井、吉川、青木の諸次官、東京府会議員等。「夜に入りては天一の手品もありて頗る盛況なりし」(「読売新聞」66)とある。

≪東京市有楽町中山邸にて、明宮(皇太子)が天一の手品を御覧になる≫ 明治22616

 明治22617日 郵便報知新聞

 ○昨十六日有楽町なる中山邸へ明宮殿下の御成あり、貴顕数十名御陪従にて午後一時より松旭斎天一の演芸を御覧ぜられしが、孰(いづ)れも其の技芸の巧妙なるを賞讃し、殊に明宮殿下よりは直ちに絹上布二疋並に金円を下賜り、且つ一座の者へ折詰御菓子を下されしと。

明治22618日 時事新報

 ○手品御覧 明宮殿下には一昨十六日、有楽町中山邸に成らせられ、松旭斎天一の演芸数番を御覧被遊、同人へは種々の賜物ありたるよし。

≪東京市芝紅葉館のハインリヒ親王の宴にて天一が余興に手品を演じる≫ 明治22628

 明治22627日 読売新聞

 ○天一の手品 西洋手品松旭斎天一は去十六日、有楽町なる中山邸へ召れ、明宮殿下の演芸御覧を忝なくしたる由なるが、猶明二十八日は芝紅葉館にて鍋島直大氏の招きに依り、澳国皇族ハインリヒ殿下を饗応の余興として右の手品を御覧に入るよし。

≪横浜市久方町一丁目大角力小屋≫ 明治22年(630日)~

 明治22627日 読売新聞[広告]

  明治22年 021天一大手じな興行

 六月三十日初日

 ひる 午後一時開場、四時三十分迄

 よる 七時開場、十時限り

 並等五銭、中等廿銭、上等五十銭、特別一圓

 横濱久方町一丁目大角力小屋にて

奇術師松旭斎天一社中

 



misemono at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 六

【明治22年・続】

≪東京市両国回向院境内≫ 明治2291日~(1020日)

 明治2294日 読売新聞

 ○去る一日より本所回向院境内に大なる舞台を建て興行する天一の手術は、是迄普通有ふれたる汚なき小屋と違ひ、構造巧にして大に見物の便を計れり。技芸は相変らず目を驚かす者多き中にも、小女を大砲に入れて打放す業など随分気味悪き程巧なり。又普通の芸等も芝居掛にて面白き業のみなりと云。

 明治22911日 時事新報[広告]

古今無双世界独歩 新奇術大手品興行 今回両国回向院ニテ一大演場ヲ新築シ、未ダ世間ニ見ザル處ノ大改良新奇術ヲ晴雨共昼夜二回、午後一時ヨリ同七時ヨリ開場、入場券並等五銭、中等十銭、上等廿銭、特別五十銭。 九月一日開場 奇術師松旭斎天一

明治22年 025明治22年 023明治22年 024













明治
22105
日 時事新報[広告]

西洋大てしな興行 今度外国ヘ渡航仕候ニ付、御礼ノタメ未ダ世間ニ見ザル所ノ奇術新狂言ヲ差加へ、来ル廿日迄日延御覧ニ奉入候間、永當〳〵御来観アランコトヲ乞フ。 両国回向院ニ於テ晴雨共昼夜二回興行仕候 御一人前並等五銭、中等十銭、上等廿銭、特別五十銭。ひる正午十二時開場午後四時迄、よる午後六時開場同十時限り。 奇術師松旭斎天一

明治221013日 時事新報

○両国回向院に於て欧行名残りの為め久しく興行なし居れる松旭斎天一の奇術は、殊の外大評判にて、未だ見物の滅(め)げざるよし。

明治221017日 時事新報[広告]

 天一のてしな日延 私ハ今度両国回向院に於て西洋大手品を興行仕居り候所、開場以来御客様の御ひいきに預り、非常大入に付、就ては新奇妙術新狂言をさし加へ、来る廿日迄日延仕、御覧奉入候間、御ひいきの御客様方賑々しく御来観之程ど偏に希上候也。 両国回向院ニテ 奇術師松旭斎天一

 【絵画資料】

 ≪絵ビラ・木版墨摺・芳豊画≫(『松旭斎天一の生涯』口絵)

明治22年 016

 (表題)「古今無比世界獨歩 新奇術大手品興行」。表題下に「西洋奇術師 太夫松旭斎天一」。

(袖)「両国回向院ニ於て當ル九月一日ヨリ開場」。明治二十二年八月発行。

 〈編者註〉この時、いつもの水芸、大砲術の芸、十字架の磔等以外に天一が演じた「猫化け」という奇術が、少年雑誌「少年団」(明治二十二年十月発行)に出ていて、『松旭斎天一の生涯』(109頁)がその部分を紹介している。それを読むと、早替りのなかでも髯をはやした少女に変身するなど、滑稽をも含んだストーリ性のある奇術であることがわかる。

    なお、上掲の絵ビラは『松旭斎天一の生涯』(口絵)より拝借した。
≪横浜を出航し、清国上海へ向う≫ 明治
22115

 明治221029日 東京日日新聞[広告]

  明治22年 020 天一社中洋航 

  生儀、弥二十九日正午十二時横浜出帆、欧米へ向て渡航仕候。此段、愛顧諸彦ニ報道候也。

 十月二十八日 西洋奇術師 松旭斎天一

 〈編者註〉芸人が渡航するのに広告を出した最初ではなかろうか。広告に「日西洋奇術師」となっているのは誤植。また同日の「東京朝日新聞」の広告には「十月 日」とあって、日は明記されていない。実際に出発したのは十一月五日で、十日に西京丸にて上海着。

  ついでながら、今年の天一の活躍は目覚ましい。天皇の叡覧こそ叶わなかったものの、皇太后、皇后、皇太子はじめ多くの皇族貴顕紳士の前で手品を披露し、ひじょうな好評を得た。また興行面でも昨年の文楽座につづき、回向院で二回のロングランを成功させ、薬研堀に大邸宅を建て、慈善も施した。そして上海へ…。

『松旭斎天一の生涯』(105頁)に、御前公演のために特別注文した軍服のような奇術服を着た天一の記念写真が載っている。そこには「明治廿二年両度天覧演芸之服装・古今無比世界唯一・日本西洋奇術大博士松旭斎天一実名服部松旭・宿所大日本帝国東京日本橋区薬研堀町廿番地」と記されている。天一の得意、思いやるべし。

≪清国上海にて公演≫ 明治22年(11月)~

明治2315日 大阪毎日新聞

○奇術清人を驚かす 西洋手品に名高き松旭斎天一は先頃より上海に渡り興行中なるが、其評判甚だ宜く、同人が数ある奇術の其中にても彼の磔けの一術は最も真に迫りて見え、愚昧なる清人は此術の始まると多くは皆見るに忍びずして退場し、或る夜一清人は電火の如き白刃が今や術師の胸腋を貫きて鮮血の淋漓として迸り出づるを見るや、即座に絶倒し、大騒ぎを生ぜしより、清人一同は申合(もうしあわせ)、猶も斯る寒心の術を行ふならば、直ちに其筋に向つて天一の上海立退を請求すべしと掛合ひたれば、天一も折角の奇術なれども止むなく之に応じて此の一術丈を廃したりしに、看客は大に喜び、其以前に倍して益々多しと同地より通信の端に見ゆ。

明治23117日 九州日日新聞

○嘗て東京に於て初興行を為すや、其奇術の余りに真を写すものから頗る攻撃を蒙りたる手品師松旭斎天一は、先頃より清国上海に渡りて相変らず興行中なるが、其評判甚だ高く、就中、彼の磔の一奇術は、愚昧なる清人をして多くは見るに忍びず退場せしむる由。然るに或夜、一清人は、電光を欺く白刃が少女の胸腋を貫きて鮮血の迸しり出づるを見るや、即座に絶倒して大騒ぎを惹起せしより、清人一同は申合せ、「猶も斯る寒心の術を行ふ以上は、直ちに其筋に向ふて、天一の上海立退を請求すべし」と懸合ひたるを以て、同人も余儀なく此一術だけを廃したりといふ。


 明治
231890年・38歳)

≪清国漢口日本領事館≫ 明治23220

≪清国漢口旗昌洋行の荷物蔵≫ 明治23223日~

明治23321日 郵便報知新聞

○松旭斎天一 旧冬上海にて数月間手芸を演じ、大に内外人の賞賛を得たる松旭斎天一の一行は、去月十八日漢口に赴き、同二十日領事館にて数番の芸を道台の一覧に入れ、二十三日より居留地にある旗昌洋行の荷物蔵を借り興行を始めしに、観客は存外多く、居留外国人は勿論、支那人は毎日百人内外あり。其得意の水芸、火吹、三剣箱攻の如き大喝采を博せりと、同地よりの通信。 

≪清国より、長崎に帰国する≫ 明治23324

≪長崎県長崎市清洋亭へ出演≫ 明治23329

≪長崎県長崎市大浦公会所≫ 明治2343日~45

≪長崎県長崎市八幡町劇場≫ 明治23410日~418

≪福岡県福岡市中洲永楽社≫ 明治23426日~(54日)

 明治23427日 福岡日日新聞(『明治の演芸』)

 ○中洲永楽社にて昨日より興行の松旭斎天一の奇術は、客年十一月、清国(同国にて大人気を取れりと)より帰朝し、本年三月中、長崎八幡町にて一週間開演し、今度は東京へ帰り大博覧会を当て込む由なれば、当市にて一週間演じ、夫より東京へ向ふ由なるが、其一座は昨日顔見(かおみせ)として、風琴、喇叭等を入れ、対の蝙蝠傘にて人力車に乗り、市中を練り廻りたり。

扨、其芸人は天一、其他に松玉斎天秀(婦人十七年)、天海(男二十六年)、小天(男十一年)の四人なるが、場の中央にターフル其他種々の品を飾り、元老院議官金井之恭氏の揮毫なる「千花千水兪出兪奇」「忽生忽死為仙為鬼」の二幅、及支那人の書を掛けたり。

昨日演技中、尤とも絶妙とも称すべきをあぐれば、松旭斎天一の面水芸にして、先づ黒の美麗なる洋服を着し、二重台の上にコップをあげ、水を其中に盛り、傍にサーベルの身を刀掛にかけありたり。天一は口に呪文を唱へたるに、始めコップの中より水を吹きあぐ。其高サ、凡そ二間計りに達す。夫より天一は扇を以て其水を一寸サーベルに移せば、又々サーベルの刃より水を吹き出し、暫くこれを両方に移し居たる内、天秀、小天の両人、手に小く長き物に火を持ち出でたるより、天一は又扇を以て水の種を其火に移せば、両人の持ちたる火の内よりトットと水を吹きあげ、又、近傍にある人の頭に移せば、其頭より吹き、或は扇を開けば扇面の紙より水を吹きたるは、誠に一場の奇観にして、大喝采を博したり。

次は天一の早替りにて、始め上下(かみしも)を着し、立出て一枚の紙を切りて丼の中に入れ、それを緋木綿となし、数丈引き出し、仕舞には早や天一は何時の間にやら若き娘と変じ、口にて襖に「男女同権」と書し、仕舞には忽ち人力車挽と変り、車を挽き居るかと思へば元の上下と着替へ、風呂敷包を持来り、此の包の中より注連縄を出したる時は天一は神官と化し、注連縄ハッと落るかと思へば錦の天幕と替り、其時早く天一は見事なる大礼服を着けし貴顕となりて、幕の中より出たり。実に其技の速かにして、目の注ぎ処を失ふに至る。奇術の称、空しからず。尚、其他に奇絶妙絶の技あれども、余白なければ次号に評せん。尤も、右は昨日昼間の芸なり。夜は又別に演芸あり。昼夜ともに二十番余の演芸あり。昨日にては未だ天一の奥の手を見せる迄には至らざりしといふ。因に記す。昨日は初日に拘はらず随分見物多く見掛けたり。又、同興行には二階へ特別上等席を設け、上等椅子等を並べたるが、此入場券は特別五十銭なりと云。



misemono at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 七

【明治23年・続】

明治23429日 福岡日日新聞(『明治の演芸』)

 ○一昨日は日曜なりしかば、彼の有名なる松旭斎天一の西洋奇術を一覧せんものと打集ひて来る人衆は、午後二時前より木戸口に集まれり。其の通り札は八百有余にして、予期の如く二時となりたれば、変る〳〵演技をなしたるが、其内二、三を掲ぐれば、天一の演技にして初め錦を鑵中に盛り、之れを変じて紅と化せしめ、紅を変じて洋酒(びいる)となし、又之れを墨汁と替へ、清水となし、終りにコップの中なる水を風呂敷に包み、三間余りも距たりし古帽の中にコップの儘投げ入しは、中々手際にして妙。又、同人が棒切りは、先づ見物人をして双手の拇子(おやゆび)を縛(しばら)せ、二間余りの棒を立て、其棒を腕の中に抱き、終りに見物人中に出で、見物人に両手を組ましめ、其組みたる腕の中に指込(さしこ)みしは、満場の喝采を博したり。

天秀の袋脱けは、始め小櫃を持ち出し、見物人に大苧縄にて之れを縛くり、天秀は布の袋に入りて其上に登り、上より天蓋を卸し、一分間にして天蓋を引揚ぐれば、袋は殻となり箱の上に残り、箱を開けば天秀は装飾を変じて其内より現はれたるは、亦一場の見物なりし。又、小天が皿鉢取扱、其術妙を得たる、驚くべし。

天一の早変り、水芸(前号に精はし)、大に見物の賞讃を採り、終りに天秀が十字架磔は、誠に見るも身の毛のよだつが如く真に迫り、婦人女子抔は目を掩ふに至りしが、死体を小さき桶の内に入れ、暫くして桶を脱け花道より上下を着し出で来りし時は、満場ホット安堵の息(い)きをつきたり。其他一、二を除く外は何れも奇妙にして、奇外の奇、理外の理と云ふも誣言にあらざるが如し。同夜及び昨日も大入なりしといふ。

 明治2352日 福岡日日新聞(『明治の演芸』)

 ○永楽社天一の奇術は本日にて一週間となり、初めより期せし日数に満ちたるを以て千秋楽の筈なりしところ、其奇術の大に人気をとりしより、見物人の足を引き人気多きを以て、尚ほ一両日開演すべしとの求めあり、明三日、四日の両日だけ日延べを為す由。愈々両日の名残りとなりては、一層人気の寄ることなるべし。〔編者注=一日付同紙によると、電話機の使用と早替りが好評とある〕

≪九州より帰京する≫ 明治23514

 明治23518日 毎日新聞[広告](『明治の演芸』)

 西洋奇術大博士松旭斎天一

小生儀、本月十四日、清国ヨリ無事ニ帰京仕候ニ付、御愛顧諸君ニ御報告申上候。就テハ、御宴会ノ席ニ御余興等御催シノ際ハ、不相変御招キニ応ジ、演芸仕候。

〈編者註〉九州での興行を済まし、五月十四日に東京へ帰った。出発の時と同じく帰京広告を出している。

清国欽差大臣黎庶昌を公使館に訪問する 明治23616

明治23619日 東京日日新聞

先ごろ清国より帰朝したる手品師松旭斎天一は、両三日前、清国欽差大臣黎庶昌君を同公使館に訪問し、同国滞留中、各地興行の模様を談話し、且つ同国に於る保護の厚かりし等を申謝したりとか。

≪東京市蠣殻町友楽館にて改良演芸会に出演≫ 明治23(年622

 明治23621日 東京朝日新聞

 ○改良演芸会 明二十二日、友楽館に催す同会の演芸番組は、第一席猫芝居(三遊亭金朝)、第二席上野五月雨日記(猫遊軒伯知)、第三席浮世ぶし(立花家橘之助)、第四席仏説こんにゃく問答(三遊亭円喬)、第五席鳥の権八(大蘇芳年、清元菊尾太夫、同岸太夫、さみせん同里八、同菊助)、第六席疎忽使者(三遊亭円馬)、第七席四季のながめ(尺八荒木古童、さみせん石村井和井)、第八席熱海土産伊豆の白浪(松林伯円)、大切祝典の七変化(松旭斎天一)、同即席料理(天一娘天秀)等なり。

≪東京市蠣殻町友楽館にて慈善興行≫ 明治23年(627日~29日)

 明治23615日 時事新報

 ○松旭斎天一の慈善興行 去月中旬清国より帰朝したる松旭斎天一は来る二十七、二十八日の両日、蠣殻町三丁目の友楽館に於て慈善興行を催ほし、収入金は区役所の手を経て貧民へ施与するよし。

明治23626日 東京朝日新聞[広告]

来廿七日より廿九日迄三日間、友楽館に於て昼午後二時より五時迄、夜八時より十一時迄二回、貧民救助の為慈善会開設候に付、余興として会員松旭斎天一社中、西洋奇術数番相演じ候間、此段広告候也

日本橋蠣加殻町 東京改良演芸会 芸名松旭斎天一事右会員発起人服部松旭

明治2374日 時事新報

 ○天一の寄付金 西洋奇術家松旭斎天一は過日友楽館にて同技を演じ、其所得の中五十円を貧民救助費に、二十円を赤十字社へ夫々寄付したりと。

明治23726日 東京朝日新聞

○天一賞杯を受く 西洋奇術師松旭斎天一は貧民救助として金五十円を寄付せしに付、府知事より其の賞として昨二十五日
  木杯一個を下賜さる。

明治23730日 時事新報

○手品師の慈善 目下両国回向院にて興行中なる松旭斎天一は此程府下貧民救助として金五十円を寄付したるに付、其賞として東京府より木盃一個を贈られたる由。

明治23731日 東京日日新聞 

 ○天一の名誉 松旭斎天一が曩に友楽館に於て慈善興行の上り高を府下貧民救助に義捐せしことは前号の紙上に記せしが、右に付、去二十四日、蜂須賀府知事より木杯一個を下賜せられたり。

≪東京市両国回向院境内≫ 明治23715日~819日/91日~

明治2377日 時事新報

 ○松旭斎天一は両国回向院境内に仮興行場を新築し、来る十四五日頃より開場する由なるが、今度は先年の如き残酷の評ある芸をばさらりと抜き、更らに面白き手品を演ずる筈なりと。

明治23年明治23714日 時事新報[広告]

 七月十五日より両国回向院境内にて 改良大てじな興行 松旭斎天一 

明治23715日 郵便報知新聞[広告]

 改良大てじな興行 

 小生ガ奇術ハ曩ニ天覧ノ光栄ヲ辱フシテヨリ、東都ニ於テ興行開演毎ニ観客□至蜂屯、満場立錐ノ余地ナキ大喝采ノ術ハ、曩ニ大入得、不肖天一ノ名声実ニ大都ニ轟々タリシハ各位モ夙ニ知り玉フ處ナリ。然ニ聊感ズ處有テ、昨年外務大臣ノ許可ヲ経テ清国各都ニ興行シ、至所頗ル大喝采ノ感賞ヲ蒙リシガ、内外各新聞紙上ニ於テ明々白々タリ。然ルニ去月無異ニ帰国シ、今回當市両国回向院境内ニ於テ大演場ヲ新築シ、清国土産ノ奇功百出、古今絶無ノ大改良ノ奇術ヲ御高覧ニ供シ候間、開演ノ當日ヨリ英鼕々々ノ御来観アランコトヲ伏テ希望候

 西洋奇術大博士 松旭斎天一

七月十五日初日、昼夜

二回午后二時・午后七時開演 入場券上等特別椅子付五十銭、上等二十銭、中等十五銭、下等
 六銭

両国回向院境内 

 明治23715日 国民新聞(『明治の演芸』)

 ○西洋奇術大博士と名乗る松旭斎天一は、本日より両国回向院境内に於て大てじなを興行する由にて、殊に本日は初日なれば、昼夜二回(昼正二時始り、夜正七時始り)興行すると云ふ。

明治23825日 読売新聞

 ○目下両国回向院境内にて興行中の松旭斎天一は開場以来已に日数四十日間余にて、昼夜共立錐の余地なき非常の大入を得しより、本月十九日限り一先休演したるが、猶来る九月一日よりは目新しき奇術を開演なさんとて目下其器械の準備に着手中なりと云ふ。

≪東京市牛込赤城下都座≫ 明治23922日~(1012日)

 明治23922日 読売新聞[広告]

 天一の大てじな開演 九月廿二日より同三十日迄、昼夜二回興行仕、晴雨共休なし。入場券上等二十銭、中等十二銭、下等六銭。始り時間昼二時開演、夜七時開演。赤城下みやこ座におゐて 奇術博士松旭斎天一

明治23102日 都新聞

 ○牛込赤城下都座にて興行中なる松旭斎天一の手品は、昨日より新芸を差加へ、来る十二日まで日延せり。



misemono at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 八

【明治23年・続】

≪東京市麻布区森元町盛元座≫ 明治231019日~(1116日)

 明治231019日 時事新報

 ○松旭斎天一は今十九日初日にて毎日午後一時より五時迄と同七時より十一時迄二回宛麻布区森元町の盛元座に於て新仕組の大手品を興行するよし。

 明治23117日 時事新報

 ○天一の手品 芝森元町の盛元座に於て興行中なる松旭斎天一の手品は非常の大入りに付、本月十六日迄日延、打揚の上は深川宝木座(ママ)に於て一興行なすといふ。

明治23118日 読売新聞[広告]

天一の手品 小生儀芝盛元座に開演以来非常の大入に付、来十六日迄日延、新奇術差替御高覧に供す 
  西洋奇術士松旭斎天一

≪東京市東両国井生村楼の慈善演芸会に出演?≫ (明治23114日、5日)

 〈編者註〉「元に組の鳶頭、日本橋区薬研堀町に住む土屋三之丞は、本年亡父の二十三回忌に相当するより、来る十一月四日五日の両日、東両国井生村楼に於て亡父追善のため、養育院施行慈善演芸会を開く由」(「東京朝日新聞」1031)とあり、当日の出演予定者として三遊亭遊三、古今亭今輔、春風亭柳枝、三遊亭円生、三遊亭円遊、禽語楼小さん、枝女子・小すず、徳永里朝、伊東燕林、放牛舎桃林、三遊亭円朝、談洲楼燕枝、松旭斎天一(西洋手品)、竹本綾瀬太夫・鶴澤文蔵、清本お葉・菊寿太夫・梅吉、花柳勝次郎連中、柳橋芸妓連等の名が書かれている(演目省略)。但し実際に出たかどうかは未確定。

≪横浜市賑町蔦座≫ 明治231126日~

 明治23124日 時事新報

 ○松旭斎天一は深川の宝輝座にて奇術を興行すべき筈の處、同座は改造修繕中なるを以て客月廿六日より有志者の勧めに依り横浜の蔦座に於て昼夜二回宛興行を始めたりしに、開場以来珍らしき大入りのよし。

明治231211日 都新聞

 ○目下横浜蔦座に於て興行中なる松旭斎天一の手品は、相変らずの大入にて、来る十四日まで同地に興行し、夫より相州小田原有志の招きに応じ、同地鶴座に於て昼夜二回づゝの興行をなす筈なりと。


 明治
241891年・39歳)

≪東京市日本橋友楽館にて新年演芸≫ 明治24年(11日)~

明治231231日 時事新報

 ○明一月一日午後六時より毎夜日本橋区蠣殻町二丁目有楽館に於て松旭斎天一が得意の新奇術を興行するよし。

明治231231日 読売新聞

○天一の手品 同丈は来る一月一日の夜より、しんばの小安の周旋に依り、日本橋区蠣売町三丁目友楽館に於て毎日午后六時より古今未曾有の新奇術を興行する由にて、上等は三十銭、中等は廿銭、下等は十銭の安直なりと云ふ。

明治2415日 郵便報知新聞

〈編者註〉道楽道人なる人が、昨日四日の昼に入り、桃林、円遊、播磨太夫、円朝を聞き、帰天斎正一の手品は見ずに帰ったとある。「夜に入れば松旭斎天一得意の奇術を行ふよし」とあって、天一は夜のみに出ていたようだ。因みに円朝の噺を聞いた道楽道人なる人は、他の多くの証言者と同じく、「円朝の情話、佳境に入るに及で眼前に円朝あるを怠れたり、友楽館あるを怠れたり。眸底に在るは情話中の人、耳底に在るは情話中の声、是れも青年が二三十年を費て練磨せずは容易に到り難き妙境なるべし」と絶賛している。ついでながら、侠客新場の小安は本年十月七日に死亡した(「郵便報知新聞」109)。 

≪東京市猿若町文楽座≫ 明治24111日~120

明治23年 025 明治24110日 時事新報[広告]

 天一の手品興行 此度當座に於ていまだかつて是迄みざる處の新きじつを御らんにいれます

 一、猛火水戦龍神の遊 一、懸賞壺魔□の術 一、月世界軽気球、其他数番

 ひるは午後一時、よるは午後六時三十分 晴雨に論なく開演 

上等場一名金廿銭、中等場金十二銭、下等場金五銭 但初日昼夜共半値段  

来る十一日初日 猿若町文楽座

明治24121日 時事新報

○松旭斎天一は本月十一日より猿若町の文楽座に於て例の西洋奇術を興行なせし處、客足繁き為め、来る二十五日まで日延べし、来る三十日より更に四ツ谷の桐座に於て昼夜二回宛興行するといふ。

明治24124日 時事新報

 ○文楽座にて興行する松旭斎天一が手品は二十五日まで日延べせし趣、前号の紙上に記したるが、連中に流行感冒に罹りたる者ありて、去る二十日限り打上げたりと。

≪東京市四谷荒木町桐座跡≫ 明治24年(130日)~221

 明治24216日 読売新聞

 ○天一の手品 松旭斎天一は当時四谷区荒木町の旧桐座に於て興行中なるが、来る廿七日より武州浦和へ移り、夫れより群馬県前橋の敷島座並に藤木森座の招聘に応じ、同地を打上げ次第更に北国路へ赴く由。

明治24216日 時事新報

 ○天一の手品は先月より四谷荒木町の桐座跡にて興行中の處、客足繁きを以て来る二十二日まで日延べし、二十七日頃より浦和に赴き、夫より前橋、高崎等を経て、北国筋の招きに応じ出掛ける筈なりと。

〈編者註〉「郵便報知新聞」(329)にこんな記事が出ているので紹介しておこう。

「松旭斎天一は一昨日美術展覧会を縦覧して、斎藤嘉吉出品の金指輪一個を購求せり。同人は昨年開設の博覧会に於て金三百余円の金剛石入の指輪を求めたるが、こは彼れ常に海外諸国に出稼ぎし居るを以て、骨董品を愛翫するの隙なければ、身体に付くる道具を求めてこよなき楽しみとなすなりと語り居りたり」

≪長野県小諸町博愛館≫ 明治244

 明治24421日 信濃毎日新聞(『明治の演芸』)

 ○小諸町にて興行中の松旭斎天一は来長の上、来る二十六日より当所御幸座にて十日間興行する由。

≪長野県長野町三幸座≫ 明治24426日~516

≪ロシア皇太子饗応の手品が大津事件により中止となる≫ 明治24511

明治24429日 時事新報 

 ○松旭斎天一の準備 西洋手品師天一は先頃より埼玉、群馬等を経て、目下長野県の各地に於て興行中なるが、今度露希兩皇族の来遊に付、宮内省の沙汰に依り其手品を一覧に供する事と為りしが、天一も此上無き面目なりとて、今より頻りに目新しき手術を工風し、且つ幔幕等の新調に着手し居る趣にて、其天幕は黒羅紗地に総金絲の浮縫にて双龍が玉を争ふ図、純張幕は五色の筑前博多へ本金絲を以て横文にて天一と浮縫をなし、其縁には手長足長の両骸骨を総縫にしたるもの、其他テーブル掛等も総て新調する筈なるよし。

明治2451日 信濃毎日新聞(『明治の演芸』)

 ○目下三幸座に興行し、大入を博せる松旭斎天一は、其奇術の愈々出で愈々奇なるは万人の嘆称する処なるが、前号にも一寸記したる如く、今度、露国皇太子殿下饗応の御席にて其の奇術を御覧に供する御内定の旨、宮内省より同人へ御沙汰ありしに付、同人は難有御受をなし、生涯の名誉なれば、当日用ふる天幕、純張幕等の新調に取掛り、先づ天幕の模様は黒羅紗地に純金糸の浮縫にて竜を現し、純張幕に五色の博多地に金糸を以て横文にて「天一」と浮縫をなし、周囲は骸骨の縫にて余程美麗なるものなりと。又、御覧に供する奇術は何か目新しきものを供せんと、目下頻に考案中なるよし、社員へ語れり。

〈編者註〉宮内省よりロシア皇太子饗応のため手品をするよう内命を受け、これを名誉として種々準備に取り掛かっていたが、五月十一日、ロシア皇太子が大津で巡査津田三蔵に襲われるという歴史的な事件がおこり、中止となった。宮内省は気の毒に思ったか、準備にかかった費用の一部を補填してやっている。

「(前略)又同人は露国皇太子御来遊に付、宮内省よりの命にて技術を一覧に供せんと器械、幕等を新調せし處、大津の兇変に出合ひて御帰国ありしを頗る遺憾に思ひ居るよし。尤もこの程宮内省より手当金を下賜されたりといふ」(時事新報626



misemono at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 九

【明治24年・続】

≪長野県長野町三幸座にて慈善興行≫ 明治24518

≪新潟県新潟市永楽座≫ 明治24610日~(621日)

明治24611日 新潟新聞(『明治の演芸』)

○予て記したる島(ママ)永楽座は愈々昨夜より松旭斎天一の奇術を始めたるが、内外の粧飾も整ひ、場内には官吏、紳士、新聞記者等の招待席も設け、又々幕間には西洋音楽を奏するよし。〔編者注=二十四日新潟を立って新発田へ向う〕。

明治24626日 時事新報

○松旭斎天一は本月十日より越後新潟の永楽座に招かれ昼夜とも非常の大入にて、日延べ興行を申込む者さへありしが、新発田よりの招聘頻りにて、二十一日に新潟を打上げ、二十五日より新発田の初日を出だし、同所打上げ次第、越中富山に赴くよし。

≪新潟県新発田町≫ 明治24625日~

≪富山県富山市清水座≫ 明治2478日~

 明治2477日 北陸政論(『明治の演芸』)

○西洋奇術師松旭斎の一座は、昨日一座二十余名と共に着富し、本日は町廻りを為し、愈々明八日より富山市清水座にて興行し、当日は官吏、神商、新聞社員等を招待するよし。又た興行は昼夜二回にて、昼は午後一時開場、夜は午後六時半開場するとのことなり。皆様にぎ〳〵しく。

≪富山県魚津町≫ 明治24728日~

≪富山県高岡市○三座≫ 8月~811

≪石川県金沢市馬場戎座≫ 明治24815日~

 明治24815日 北陸政論(『明治の演芸』)

 ○過般来、富山、魚津、高岡等にて興行せし松旭斎天一は、本日より石川県金沢市馬場戎座にて興行を為すといふ。

≪福井県福井市照手座≫ 明治249月~

≪兵庫県姫路市養気座≫ 明治24年(1211日)

 明治241216日 神戸又新日報(『明治の演芸』)

 ○姫路の養気座に於て目下興行中なる松旭斎天一が奇術の中に、「別世界旅行大砲奇術」といふは、取り分け喝采を博し居れる事なるが、同奇術は弾薬を多量に用ひて月形に向って発射するものにして、其の音の凄まじきこと、宛(さな)がら百雷の落るがごとく(チト仰山)なるにぞ、近隣の人々は予じめ承知しながら、いつも其の響に驚かされ、小児は為めに虫を出すといふ位ゐなれば、切(しき)りに不平を鳴し居たる処、漸く一昨日を以て芸題がはりとなりたれば、ヤレ安心と思ひ居りしに、其の当夜、或るお客が所望によりて不意にズドンと凄まじき音させたれば、静まりかかった近所の苦情はまた〳〵再発したりといふ。


 明治
251892年・40歳)

≪京都市新京極常盤座≫ 明治25312日~410

 明治2534日 日出新聞

 ○新京極常盤座にては、東京にて天覧の栄を辱ふしたる彼の有名なる西洋手品松旭斎天一の一座にて、来る八日初日を出すよし。

明治2539日 日出新聞

 ○新京極常盤座に於て興行する松旭斎天一の西洋手品は愈よ明十日より開場。

 明治25310日 大阪朝日新聞[広告]

明治25年 011西洋大奇術開演広告 
 古今無比世界独行西洋奇術大博士松旭斎天一君

 絶世の聞へある天一君が、奇術に巧妙敏捷なるは予て江湖諸君の知らるゝ處にして一々枚挙に遑まあらず。就中愛兒を巨砲に装て之を発射するが如き、凄愴惨憺、観る者をして魂飛び魄消せしむるの感あり。殊に同氏の名誉たる、一昨廿二年四月廿七日上野博物館に於て、又五月廿七日西郷伯目黒の別邸に於て両度まで畏くも天覧の光栄を辱ふし、各親王殿下并に各大臣閣下の御陪覧を蒙り、且欧米に支那に到る處高評を博せざるはなし。是完く同氏の其技に畏するの栄誉たり。依而今回同氏を招き、當市常盤座に於て本月十日より昼夜晴雨共興行し、江湖諸君の高覧に供し候間、陸続御来観あらんことを希望す 

三月十日より毎日正午十二時開場 

京都市新京極常盤座

明治25311日 日出新聞

○興行便り 新京極常盤座松旭斎天一の西洋手品の初日は明十二日に延引したり。

明治25315日 日出新聞

 ○新京極常盤座の松旭斎天一の西洋奇術は、去る十二日より開演したるが、初日より中々の入りにて、毎日午後一時と午後七時との両度に演ず。取分け空中睡眠術、水を自由に使ひ分くる抔は、同人の最も得意とする所なりと。遉(さすが)は御手前味噌丈けありて、月世界旅行、大砲飛入術の危なげに怖ろしげなると、総ての手術の手ばしこく人の目を眩ますことの巧みなるとは、見るものアット感服したる様子なりし。

明治25319日 日出新聞

 ○新京極常盤座の西洋手品松旭斎天一の一座は評判の高き程ありて昼夜とも非常の大入なりと。

明治25412日 日出新聞

 ○常盤座の西洋手品松旭斎天一の一座は非常の大入にて永々興行の處、やう〳〵一昨日にて打上げたり。

≪滋賀県大津市大黒座≫ 明治25419日~

≪大阪市道頓堀角座≫ 明治25613日~71

 明治25612日 大阪朝日新聞

 ○角座へ乗込し手品師松旭斎天一は、御目得のためとて、昨日午後四時より相生橋北詰の見山屋へ各新聞社員を招きて酒宴
 を開きしと云。

 明治25年 014明治25617日 大阪朝日新聞

 ○角座にて興行の松旭斎天一の奇術はなか〳〵の上景気にて、一昨日などは場、桟敷とも売切たるが、奇術中、千日前めきて感心せぬものもあれど、天一の発明せる水芸、大砲より子供の打出し等は非常の喝采なりと云ふ。

 明治25628日 大阪朝日新聞

 ○角座にて興行の松旭斎天一の手品は大当りにて、来月二日限りうち上げ帰京するはずなるを、更に出しものをかへ日延をするよし。演劇(しばい)と違ひ、道具衣裳とも悉皆天一の持参にて、純益折半の約束なれば、仕打は手をぬらさず懐を脹らせたりとて大悦び。

 明治25629日 大阪朝日新聞[広告]

 天一のてじな 大入に付七月五日迄日のべ仕、御めあたらしきものを差加へ、御礼のため此広告切抜持参の御方に限り通り半直にて御らんにいれます 通り一人五銭 道頓堀角座

 明治25年7月1日 大阪朝日新聞

 ○角座の松旭斎天一は来る十日頃まで日延のはずなりし處、来る四日、東京高輪の後藤大臣邸へ御臨幸あらせらるゝにつき、其余興に天一の手品を天覧に供へんと、電報を以て至急帰京を促がされたるを以て、今日ぎりにて打ち上るよし。



misemono at 14:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十

【明治25年・続】

≪逓信大臣後藤象二郎の東京市高輪の邸にて、天皇が天一の手品を御覧になる≫ 明治2574

 明治2575日 東京朝日新聞

 ○後藤邸行幸の模様 天皇陛下には御予定の如く昨日午後一時御出門。…二時高輪なる後藤逓信大臣の邸に行幸在らせられたり。…午後二時四十分ごろ能楽堂へ出御。(編者註:能番組略)。午後六時過夕食。…午後七時過同邸洋館の側らなる仮玉座に出御。帰天斎正一の手品を天覧遊されたり。其手品の番組は左の如し。第一番 噴水自在の術、第二番 鶏卵飛鳥の術、第三番 食烈火吐の術。(編者註:このあと如燕の講談、薩摩琵琶の演奏などがあった)

〈編者註〉この時「帰天斎正一」と間違って報道した新聞が多かったが、いずれも後日「松旭斎天一」と訂正している。思うに、宮内省あたりの公の発表が誤ってなされたのであろう。

≪逓信大臣後藤象二郎の東京市高輪の邸にて、皇后が天一の手品を御覧になる≫ 明治2575

明治2576日 東京朝日新聞

 ○後藤邸行啓の模様 皇后陛下は予期の如く昨五日午後一時御出門、高輪なる後藤邸に行啓あらせ玉ひたり。…右了ちて園庭の山上芝生の上を御歩行あらせ玉ひ、同四時能楽堂の玉座に入御ありて、九郎の斑女、狂言与作の瓜盗人、実の伸光の能を御覧遊され、終りて松旭斎天一の手品(鷄卵飛鳥の術、噴水自在の術、手巾燃失の術)を御覧に供したり。(編者註:このあと如燕の講談鉢の木、後藤令嬢、岩崎令嬢の琴の演奏があった)

≪和歌山県和歌山市御坊(鷺の森)の七福座≫ 明治25710日~

 明治25710日 大阪朝日新聞

 ○松旭斎天一 同人は後藤伯の邸に主上の行幸ありしとき、余興に技芸を天覧にそなふるため(先号に天覧に供へしを帰天斎正一とせしは誤り) 急に帰京したりしが、右の天覧もすみたれば、今十日より和歌山御坊前の劇場七福座にて興行の約束ととのひたるを以て、一昨日当地の東西屋栗丸ほか数名を引き連れ同地に赴き、楽隊にてはやし立て、広告させる筈なりと。

明治25716日 大阪朝日新聞

 ○天一の奇術警部を驚かす 此ごろ和歌山県鷺の森七福座にて興行中なる松旭斎天一の奇術は、ここでも大当りにて、魔法でも使ふやうに評判し、毎夜客留大入のよしなるが、二三日前の夜、臨監警部荒川宗七氏、例の大砲より小兒を打出す奇術を見て、土俵を積むとき子供を下へ落すを知らず、真に子供を打出すと思ひしか、頻りに其残酷にして危険の業なるを気遣ひ、何(いか)に営業なればとて小兒を大砲中に入れて打出す事不便(びん)至極なり、我等人民保護の任に当る者、此危険なる業を見て黙々に付し難しとて、座主を呼んで訊問に及びしところ、右は実際小兒を打ち出すにあらねば其御心配には及ばずとだん〳〵との弁解に、やう〳〵得心し、其奇術に驚嘆したりとぞ。

≪大阪市天満大工町天満座≫ 明治25723日~

 明治25720日 大阪毎日新聞

明治25年 007 ○芝居だより 天満大工町の芝居は来る廿二日より松旭斎天一の西洋手術を興行すると云ふ。

 明治25723日 大阪朝日新聞[広告]

 西洋奇術士 松旭斎天一 
本月廿三日より昼夜二回開場、古今未曾有改良新規の奇術を御高覧に供す 
通し御一人金五銭 
天満大工町天満座 
此広告切抜き御持参の御方は通り半値段

 明治25729日 大阪朝日新聞

○天神と天一の間違ひ 二三日あとのことゝか、讃岐琴平神社前の白井なかといふ婆さまが天満の天神へ参詣せんと同社の裏門近所をまごつきたるが、何處が天神か分らぬゆゑ、道ゆく人に天神は何處でございますかと尋ねたるに、天一はソラ向ふの人がドヤ〳〵入つてゆく處だと教へられ、木戸口に入らうとすると、通り五銭と下足五厘、敷物代一銭払へと云はれ、高い天神さまだと思ひながら云ふがまゝに払つて大勢見物人のある後に坐り、天神さまのお開帳でもあるのかと待て居るうち奇術を始めたるに呆れ、私しやこんなもの見には来ず、天神さまへ参詣に来たのだと、木戸へ来て苦情を述べ、全く天神と天一の間違ひと知れ、木戸銭其外とも戻してやりしと云。

≪東京市本所相生町万喜亭≫ 明治258月上旬~

 明治2584日 東京日日新聞

 ○これは〳〵 彼の西洋手品師松旭斎天一は、目下(とうじ)本所相生町の万喜亭に出席し中々の大入なるが、一昨夜も例の如く紙幣掏替(すりかえ)の術を行ひ、先づ正真の紙幣を見物の甲乙(だれかれ)に渡し置きて、何時か玩具(おもちゃ)の札と掏替へ、此れを景物として贈るなり。然るに其夜は如何なる間違にや、掏替て我手に残りしものは悉く玩具の札なり。此れは如何にと仰天するも道理(ことわり)、いづれも五円、十円取交ぜて六、七枚なれば、四、五十円の損耗なるべしと云ふ。但し危ない手品の仕損じや綱渡の糸の失脚(ふみはずし)はまづ〳〵世間に多かるべし。

≪兵庫県神戸市大黒座≫ 明治25810日~

 明治25810日 神戸又新日報[広告]

 松旭斎天一大手品来ル十日ヨリ昼夜二回晴雨ヲ論ゼズ開演仕候間、御来観アランコトヲ希望ス 昼は午後二時開場、夜ハ午後七時開場

 此広告掲載ノ又新日報又は広告ノ所ヲ切抜キ御持参ノ御方ハ御一人毎ニ木戸銭半額  神戸市大黒座

明治25812日 神戸又新日報

 ○[破損]一の奇術 西郷伯の目黒邸、後藤[破損]も天覧の光栄を辱ふせる[破損]一は、一昨日来市内大黒座にて興行中なり。同夜演ぜしは小天、天政のハンカチーフ竹鞭のあしらひより月旅球行に至るまですべて十番、勇将の下に弱卒なし、子供の腕でも立派なれば、まして天一の妙術に点の打ち処はなけれど、取り分けて観客を感心せしめしは空中睡眠術、暗室奇物運転の曲、噴水の曲と例の月球旅行なり。その電燈影暗き処、左右の支柱により、烏帽子を着けたる一少年を睡眠せしめ、或は右、或は左の支柱を外し、遂に二本ともに撤去し、少年をして空中に横臥せしめ、なき世の魯生が邯鄲の夢を結ぶの状を演ずる、自ら奇なり。但し聖上御躬親(おんみず)から拍手あらせられたりとの口上は畏れ多し。薄暗き舞台の上にて国旗を絞れば花瓶出で、卓上を敲けば土瓶出で、火炉現れ、右を動せば左随つて動き、骸骨が豊年踊をなすなども面白し。此の間に天一七変化の可笑味あり。改良人力車は妙。次は有ふれたる噴水の曲なれども、或は白刃より、或は扇面より、頭髪の間より水を噴く、一呼一吸、間髪を容れず。此の曲終つて小憩をなし、次は天一の専売特許ともいふべき奇術中の奇術、大砲を以て小兒を月球へ撃込む魔法。伊藤伯の長篇を紹介として、中入りの太夫天政を砲口より詰込み、花道の中央より月球を望んで撃一撃す。轟然の声発する一刹那、天政は飛んで月球を破り、下体半身垂れて、気息絶え、衣裳の寸裂せる状、惨絶又た悽絶、天一、倉皇之れを抱き卸し、水よ薬の大騒ぎ、満場の観客その真に逼れるを見て、心寒く膽冷え、覚えず大声を発して呼活(よびか)けるなど、実に非常の混雑をなせしが、天一、天政をその儘水を盛りたる大桶の中に投ず。稍二三分にして天政蘇生し、首を動かし、手を揺(うご)かすと見る間に、桶中に入る。検し来れば、水あつて天政なし。コハ如何にと驚く間もなく、天政、忽まち天女に羽化し、鶴の背に乗りて空中を翔る。観客茲に至つてホツと一息、撞き出す鐘は十一時、先(まづ)今晩は此にて。

明治25813日 神戸又新日報

 ○松旭斎天一の奇術 批評は前号の紙上に記せしが、昨日或人より天一の奇術、奇は則ち奇なりと雖でも、其一技一術ある毎に天一が妙に学者ぶつて度々吟詩を為すは感心せず、鳥渡(ちょつと)洒落に一度丈け吟詩する位に止めては如何、外国人抔は欠伸の色あるも無理は無し。又支那文を活版摺にせし者を観客に頒つに、御分かりに成る方へ進上云々の口上は観客に対して無礼ならずや。又子供の手品は愛嬌の積りならんが、最(い)と目だるければ、之はお廃(や)めとして、今一幕か二幕天一の奇術を増すべし。兎に角口上計りが多くて技術の幕数が少な過ぎる様に思はる。序に夫(か)の天覧云々、李鴻章云々の高慢話しも、余り毎度言はぬが却て奥床しとの投書ありたり。

明治25817日 神戸又新日報

 ○奇術の仕損じ 一昨日午後三時ごろ、大黒座にて例の通り天一が奇術を演じつゝ、今や大砲の芸に移り、ヅドンの響きとゝもに見物の目と耳を驚かさんとしたりし處、元来此の大砲の手品たるや、誰衆も合点の通り、大砲の尻より子供を奈落へ抜き取り、廻つて舞台の月宮の後にかゞませ置き、発砲と同時にその子供が月の裏より紙を破つて足を突出し、恰かも月宮に打込まれし如く見せかける芸道なるに、如何なる機(はづ)みか、今しも発砲せんとする間際に、月どの、打たれるのは嫌じやといふ顔して、グルリと廻つたれば、月の裏面に今や音がするかと待構へてゐたる子供の姿があり〳〵見えたのに、種が分つて満場の見物人は一途にドツと笑ひ出したので、流石の天一博士も此の仕損じは繕ひ兼、其まゝ大砲のかはりに先づ昼芸はこれまでと打出したりといふ。



misemono at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十一

【明治25年・続】

≪名古屋市千歳座・特別公演≫ 明治25831

≪名古屋市千歳座≫ 明治2591日~922

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

劇場の前面に七、八旈の大旗を立て、一大緑門を設け、数十の毬燈(きゅうとう)を以って天一の二字を造る。舞台正面は支那風の仮壁に、中央に錦の緞帳を垂れ、左右に日清各大家より寄贈された揮毫の書幅を掲げる。八月三十一日は第三師団将校、両裁判官、県庁部員、衆議院議員、県会市会議員、銀行、米商、電燈、紡績、新聞社の社員等五百名を招待し、九月一日に初日を明ける。評判高く、遠近より客が詰めかけ、午後二時の開場にはすでに八百人の入場者があった。演芸は子供のハンカチの手品から始まり、新聞の切り抜き、モルモットの妖怪屋敷に似た怪術水芸、少女を月球に向かって射撃する大砲術、火を噴出し、食べる術、美人の磔、空き缶より客の選んだ食べ物を取り出す術その他を演じる。九月十三日は暴風のため休業。十七日より外題を改め、一日一回興行とした。

【絵画資料】

≪絵ビラ・木版墨摺≫(『松旭斎天一の生涯』口絵)

松旭斎天一 009


(表題)「古今無比世界獨歩 新奇術大手品興行」「太夫松旭斎天一」。

〈編者註〉印刷不鮮明で年代、興行場所不明。但し同書キャプションに「明治二十五年のポスター。同じ木版刷りだが、古い方は左上の太鼓が新しいものでは月に変わっている」とある。また、平成二十五年十一月、河合勝氏が松旭斎天一関連資料三十二点を福井県に寄託されたが、その一覧表の中に「明治二十五年 名古屋千歳座興行絵ビラ」があり、資料概要に「回向院興行のものと図案は同じだが、大砲芸の的が太鼓から月に変わっている」とある。おそらく同一のものと思われる。回向院興行は明治二十二年九月で、その時の絵ビラも『松旭斎天一の生涯』(口絵)にあり、当「年表」にも載せてあるので参照されたい。

 なお、上掲の絵ビラは『松旭斎天一の生涯』(口絵)より拝借した。

≪名古屋市熱田町蓬座≫ 明治25925日~(927日)

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。昼夜とも満場立錐の余地なき大入り。

≪岐阜県大垣町高砂座≫ 明治25101日~106

 明治25102日 岐阜日日新聞(『明治の演芸』)

 ○頃日の本紙上に掲載せし如く、到る処好評の東西洋奇術師松旭斎天一の一座は、一昨夜、県下安八郡大垣町へ乗込み、停車場前安田屋に宿泊、昨一日夜より船町高砂座に於て開場、五日間興行の筈にてすばらしき評判の由。〔編者注=好評は大砲飛入月世界旅行の術、ハンカチーフ焼、耶蘇蘇生霞抜け、暗中器物自転の術、憲法発布祝典七変化、邯鄲空中の夢など〕

≪福岡県福岡市中洲永楽舎≫ 明治25年(1117日~124日)

 明治251113日 福陵新報(『明治の演芸』)

 ○明治二十三年の春、当地に於て得意の奇術を演じ、非常の喝采を博したる松旭斎天一の一座は、其の後久しく東山、北陸、畿内、山陽、南海の各都市を巡行せしが、到る所評判宜しく、再び博多に来らんとすることは既に之を報道したるが、愈よ昨朝入津の木曽川丸にて来博し、道具の一切到着するを待ち、来る十五日頃より中洲永楽舎にて興行を始むる由。同一座の演技中には先年の分より色々新趣向の奇術加り居る由なれば、一層人の目を惹くならん。〔編者注=十七日より十二月四日まで興行〕

≪福岡県久留米市≫ 明治2512月~

 明治251214日 九州日日新聞(『明治の演芸』)

 ○奇術師松旭斎天一一座は目下久留米にて興行中なるが、本月下旬には同地を打上げ当地に来り、来月一月二日頃より市内
 東阿弥陀寺町東雲座に於て興行するよし。


 明治
261893年・41歳)

≪熊本県熊本市内東阿弥陀寺町東雲座≫ 明治26年(12日~122日)

 明治26112日 九州日日新聞(『明治の演芸』)

 ○初日来、大喝采を博したる東雲座に於ける松旭斎天一の奇術は、愈々明晩を以て千秋楽とし、翌日より長崎に向け出発する由なれば、今明の両日は定めて非常の賑合ひなるべし。

≪長崎県長崎市栄ノ喜座≫ 明治2623日~220

≪香川県高松市東座≫ 明治2679日~718

 明治2678日 香川新報(『明治の演芸』)

 ○手品の奇術を以て欧州に航し、到る処に喝采を博し、嘗つては畏くも 天覧に供したることある西洋手品松旭斎は、昨日来高、明日より東座に於て不思議の奇術を興行する由。委細は広告にあれど、開閉の時間〔編者注=午後五時より〕は掛値なしの西洋時間なりと云ふ。〔編者注=十八日打上げ後、岡山へ〕

≪岡山県岡山市≫ 明治267月~

≪大阪府堺市卯の日座≫ 明治26年(817日)~

 明治26815日 大阪朝日新聞

 ○松旭斎天一 昨年中、角座にて興行したる西洋奇術士松旭斎天一社中の一行は、其後、九州、四国を廻り居りしが、今後帰京の途中、堺卯の日座に一ト興行する約束調ひ、明後十七日初日のよし。

明治26815日 大阪毎日新聞

 ○松旭斎天一 西洋奇術の松旭斎天一は昨年角座に於て非常の喝采を博し、其後九州及び四国地方へ赴き居りしが、今回帰京の途次、堺市卯日座の劇場にて同社中は例の奇術を演ずる事となり、来る十七日より開場のよし。

≪名古屋市南桑名町千歳座≫ 明治26916日~926

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

十五日午前に到着、舞台にて手打の式を行い、正午過ぎより各連中廻りをし、十六日初日。昼夜二回興行。木戸二銭五厘。上場一枚十八銭。演目はメルモット、七変化、水芸、猫の怪談(演劇とにわかと手品を合併したような技芸)等。十日間のところ、大入りにつき、一日だけ日延べ。

≪岐阜県岐阜市美殿町泉座≫ 明治26101日~(108日)

 明治26103日 岐阜日日新聞(『明治の演芸』)

 ○当市内貧民数百名へ白米五合宛施与して、先づ人気取りの術を行ひしジャグラー・プロフェサー松旭斎天一の奇術は、一昨一日、美殿町泉座に於て開演せしが、昼夜共忽ち木戸〆切といふ素張らしき大入にて、最も喝采を博せしは空中睡眠術、暗室捜器術、水技(げい)、七変化、大砲人身射弾術等なり。〔編者注=八日まで大入り〕



misemono at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十二

明治271894年・42歳)

≪神奈川県横須賀元町立花座≫ 明治27212日~

明治27213日 都新聞

○松旭斎天一 九州地方に赴き居たる西洋奇術師天一は帰京の途次、明十四日より横須賀の立花座に於て興行すると云ふ。

明治27216日 東京朝日新聞

○横須賀の天一 去る十二日より一週間、横須賀元町立花座にて興行中なる松旭斎天一の一座は、相変らず新奇の手術を弄し、就中、百鬼夜行、七変化等に至りてはいよ〳〵人目を驚かすにぞ、日々午後五時よりの開場なるも、既に時間前より看客押来り、連夜大入なりといふ。

≪東京市木挽町厚生館≫ 明治2733日~320

松旭斎天一 007明治2732日 東京朝日新聞[広告](各紙掲載)

西洋奇術開演 

西洋奇術士 松旭斎天一氏 

三月三日より同月廿日まで興行 

昼は正午十二時、夜は午後六時より開場 

入場券最上等御一人五十銭、上等御一人二十銭、中等御一人十五銭、並等御一人六銭、十歳以下の小人様は半直 

京橋区木挽町二丁目 厚生館 

但御披露の為め此広告切抜持参の方は半直

 明治2735日 毎日新聞

 ○松旭斎天一一座は一昨日より木挽町厚生館にて興行す。当夜見物したる数番の演芸中、水芸は彼れの得意として巧妙なり。睡眠術なりとて児童空中飛行の技は、喝采場外に溢るゝ計りなりしが、是等はノルトン、正一も巧に演じて賞讃を得たる後なれば、左程目新らしくは覚えず。化学的の作用なりとて火焔の術を演じたるが、中々手際よくヤッてのけ、七変化は茶番狂言の如くにて看客を悦ばせり。

≪東京市神田錦輝館≫ 明治27年(323日~410日)

松旭斎天一 001明治27320日 時事新報[広告](各紙掲載)

西洋奇術開演 

西洋奇術士 松旭斎天一氏 

三月廿三日より四月五日迄 

昼は正午十二時、夜は午後六時より開場 

入場券最上等御一人五十銭、上等御一人二十銭、中等御一人十五銭、並等御一人六銭、十歳以下の小人様は半直 

神田錦町 錦輝館 興行人野呂藤助、関口濱吉 

但御披露の為め此広告切抜持参の大人は半直

明治27322日 中央新聞(『明治の演芸』)

○松旭斎天一の奇術は一昨二十日を限り木挽町の厚生館を打上げ、明二十三日より四月十一日まで神田錦輝館に於て興行する由。錦輝館は厚生館に比して場内頗る広ければ、一層目新しき技術を演じ得べしとなり。

明治2742日 読売新聞

○松旭斎天一 目下、神田区錦輝館に興行中の西洋手品松旭斎天一は、来る十日同所を仕舞、十二日より麹町区三光稲荷に於て一興行するといふ。

明治27414日 都新聞

○目下神田錦輝館にて興行中なる松旭斎天一は、日々非常の大入なれば、其祝を兼て、去る十一日、各技術士四十七名を赤穂義士に扮装(こしらへ)、其他男女百余名と共に向島八洲園へ押寄せ、盛んなる演芸を催し散会したりと云ふ。

≪東京市麹町区三光稲荷境内≫ 明治27年(420日~513日)

松旭斎天一 002明治27418日 時事新報[広告](各紙掲載)

西洋奇術開演 

西洋奇術士 松旭斎天一氏 

今回一大天幕ノ演場ヲ建設仕、當ル四月廿日より五月十三日迄、昼夜二回昼ハ午后一時三十分、夜ハ午後六時ヨリ開場仕候間、賑々敷御来観アランコトヲ希望ス 

入場券最上等御一人金五十銭、上等同金二十銭、中等同金十五銭、並等同金六銭、但十歳以下小人様ハ半直 

麹町区十丁目 三光社境内ニ於テ 興行人野呂藤助・関口濱吉 

此広告切抜御持参ノ大人様ニ限御披露ノ為半直

明治27419日 都新聞

 ○神田錦輝館に於て衆人の耳目を驚かせし天一は、明廿日より五月十三日まで、又々麹町十丁目に於て興行する由にて、今度は天幕を張り設け、空中飛行の奇術など演ずるとの事なり。

≪東京市芝区愛宕下町三丁目≫ 明治27年(519日)~

松旭斎天一 008明治27518日 毎日新聞[広告](各紙掲載)

西洋奇術開演 

西洋奇術大博士 松旭斎天一君 

天一君の奇術に有名なることは兼ねて江湖諸君の知らるゝ處にして、曩に欧米各国を漫遊し、帰朝の後ちは辱くも両三 天覧賜光栄 

然るに今回芝区愛宕下町三丁目明地に於て演場を建設、昼夜二回の新奇術を御高覧に供す

五月十九日より毎日二回開演 興行人野呂藤助・関口濱吉 

此広告切抜御持参の大人様に限り御披露の為半直

明治27530日 新朝野新聞(『明治の演芸』)

 ○目下、芝愛宕下町二丁目にて興行中の松旭斎天一の奇術は、昼夜共、例刻開場前に切符売尽くし、開場すると同時に客止めの札を掲る上景気なるよし。

明治2761日 時事新報

 ○天一奇術の好況 愛宕下町三丁目に興行中の松旭斎天一が奇術は頗る巧妙にして評判好く、昨今は昼夜両回とも後れ客を断はる程なり。桟敷が天幕にて日光自然と漏れ、それに風入れなき為め、其蒸熱きには見物の閉口する所、夜間は昼程になきも、風を塞ぎ客の込み合ふので、逆上質の者は四時間辛抱出来ずして中途より出場するもあり、風の吹き抜ける様注意せば妙ならん。

明治2767日 毎日新聞

○都門双観 上

日比谷の大見世物は端なくも小屋立てとなり評判此に絶へたれば、徐(そぞ)ろに市中をうろ付て奇観を探りしに、愛宕下に天一の奇術、浅草に竹田縫殿之助の生人形を得たり。都下の観叢中、技芸の精錬を以て勝ると共に、記して読者に紹介するの価あるもの、曩に知せし春風館の操りと此二。

  愛宕下の天一 

此度は麹町に興行したる時と異りて、木戸前に金縁の肖像額を掲ぐ。見来れば松旭斎天一が、錦綿に見る陸軍大将西郷隆盛の如き金モール付の軍装したる所。自像の看板、是も亦彼れが客取りの一奇術。「于火于水愈出愈奇、忽生忽死為鬼為仙」金洞山樵がものせる聯、清客某々の贈れる書は舞台の正面に掲げられ、奇妙なる一種の囃子謡(はやしうた)はオルガンの音に伴ふて歌はれ、忽生忽死の件(くだり)などには何となく哀れ気に聞へぬ。

 巨砲は舞台の中央に引き出され、装薬(そうやく)の後、十一、二とも見ゆる少女は此巨砲の筒に籠められぬ。籠められて後、天一は一個の小瓶を把(と)りて少女の面前に携へ来れば、凡そ五分時を経て、少女は恰かも死せる如く動かずなりぬ。天一は舞台の上部に吊りたる仕掛の月を指さし、少女はクロヽフォームにて暫しの息を止めり。憐むべし、今や少女は大砲より此月宮に向けて打出されんとす。其の月宮に入るの時は、彼れが絶息したるの時なり。看客請ふ、大声を斉発して彼れを蘇生せしめられよ、と。虚か実か。憐れに説きて彼巨砲を花道に引直し、筒先きを舞台の月に向けて、今や点火の準備に掛りぬ。

嫦娥は不死の薬を得、而して後、広塞宮に入りたれど、是れは巨砲に打出されて、死を求むる為め広塞宮に入るなり。女客の辺りには蛾眉を皺めて其惨を悼むが如きもの、其處此處に見へけり。天一は「可憐(あわれむべし)」何とか〳〵といへる詩を声悲しく吟じて、一層客の傷心を惹きつゝ合図の笛を鳴せば、轟然一発、場は黒煙に没し、あはやといふ間に彼方の月を破りて、少女の後半身は見へぬ。花道の人は周章(あわただ)しく駈け行き、天一も亦馳せ付けて、匆惶女を抱き下し、其耳に口して呼生(よびいか)すよと見てあれば、少女は何時の間にか服装を更(あらた)め、鶴背に乗りて出来り、悠々中天に遊ぶ。満場の喝采、山の崩るゝが如く、亦潮の湧くに似たり。

芳紀十五、六とも見ゆる一少女、高き台に上り、左右の手を広げて支柱に横(よこと)ふ。此時天一来りて、所謂睡眠術を行ふこと少時、初めに左の支柱を取りて、次に右の支柱に及ぶ。其手は依然として横はること、尚ほ支柱の残れるが如し。最後に其足を載せ居たる台を除き去れば、少女は全く空間に在りて眠れるもの。次で之を斜にし、又、之を横ふる。意の如くならざるなく、横臥せしめて邯鄲夢の枕と呼ぶ。拍手喝采、四方の観棚に湧起す。昼間見る所の月宮旅行の凄惨なるも、是亦夜間演芸中の第一。

本邦、所謂手品師多し。唯其仕掛の大なると多少の物理を応用せるとにて、天一特色を備ふ。何事も手づまの世の中、手品の流行する無理ならねど、彼れの到處(いたるところ)喝采を博するは、偏へに此特色あればなるべし。

〈編者註〉「都門双観 下 浅草の縫殿之助」は六月十二日に掲載。「見世物興行年表」に全文再録してあるので参照され
    たい。



misemono at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十三

【明治27年・続】

≪東京市牛込区赤城下改代町明地≫ 明治27年(616日)~

明治27614日 毎日新聞

松旭斎天一 003○松旭斎天一 来る十六日より牛込区改代町三十八番地にて改良夏向の天幕を用ゐ、昼夜二回
 興行す」

明治27615日 東京朝日新聞[広告](各紙掲載) 

 西洋奇術開演 

西洋奇術大博士 松旭斎天一君 

天一君の奇術に有名なることは兼ねて江湖諸君の知らるゝ處にして、曩に欧米各国を漫遊し、帰朝の後ちは辱くも両三 天覧賜光栄 

然るに今回牛込区赤城下改代町明地に於て演場を建設、昼夜二回昼は午後一時三十分、夜は午後六時三十分より一大改良の新奇術を御高覧に供す 

六月十六日より毎日二回開演 興行人野呂藤助・関口濱吉 

此広告切抜御持参の大人様ニ限り御披露の為半直

≪東京市本郷区四丁目真光寺境内≫ 明治27714日~(85日)

松旭斎天一明治27714日 読売新聞[広告](各紙掲載)

 西洋奇術博士 松旭斎天一氏 

當十四日より本郷区四丁目真光寺境内にて毎日午後六時より、十五、十六、十七の三日間は昼夜興行仕候、昼午後一時より開演仕候 

興行人野呂藤助・関口濱吉 

此広告切抜御持参の大人様に限り半直段

明治2784日 毎日新聞

 ○天一手品 本郷四丁目真光寺境内に開演中なるが、猫化怪談の評よく、明五日まで日延興行する由。

≪東京市両国回向院境内≫ 明治27812日~96

明治27810日 東京朝日新聞[広告](各紙掲載)

當る十二日初日、毎日午後七時より 

松旭斎天一 005松旭斎天一 004天一社中 

両国回向院境内

〈編者註〉八月十八日よりアデヤ嬢との合同公演となる。

明治27818日 東京朝日新聞[広告](各紙掲載)

 天一社中・アデヤ一座合併大奇術興行 

天一は先に洋行漫遊中、米国ニューヨークブロドウエーマデソン座に於てアデヤ嬢と共に興行せしことも有之しが、今回アデヤ嬢一座の渡来し久々に面会を得たるを幸ひ、同一座と合併を為し、當る十八日より両国回向院境内にて毎日午後七時開演にて、各自の蘊奥なる妙技を互に奮励競争せしめ御高覧に供す 

両国回向院境内 興行人野呂藤助 

下等十銭、中等二十銭、並上等三十銭、上等五十銭、最上一円

 明治27817日 読売新聞

 ○目下両国回向院に於て開演中の松旭斎天一は、米国アデヤ嬢の一座とは洋行中ニウヨークデリン座に於て合併開演せしこともある因縁より、今回同嬢の来朝を幸ひに明十八日より両国回向院境内に於て合併開演し、ダイナマイトの爆裂等面白き技芸を演ずる由。

明治2793日 読売新聞

○両国回向院に於て興行中なる松旭斎天一及び米人アデヤ嬢一座は、一昨一日の上り高総額を恤兵部と本所区被召集兵家族撫恤義捐中へ献金する為め、右一日間は免税を特許されたるに付、該興行元野呂藤助・関口濱吉の家族等数名は、金十円以下一円以上を出兵家族撫恤中に寄贈せしといふ。

松旭斎天一 006≪横浜市賑町両国家≫ 明治27年(912日)~

明治27911日 東京朝日新聞[広告](各紙掲載)

當る十二日より昼夜二回 ひる二時より夜は七時より 

大奇術士 松旭斎天一 

横浜賑町一丁目両国家


 明治
281895年・43歳)

≪宮城県仙台市長寿亭≫ 明治2811日~127

 明治2813日 奥羽日日新聞(『明治の演芸』)

 ○長寿亭の西洋奇術 本月一日より昼夜二回(昼正午十二時・夜午後五時より)開演、東西洋奇術博・松旭斎天一の連中にして、畏くも天覧の栄を辱うしける丈け非常の喝采にして、初日より爪も立たぬ程の大入なり。〔編者注=日延べして二十七日まで興行〕

≪山形県米沢市米沢座≫ 明治2834日~

≪山形県高畑村≫ 明治283月~

≪京都市新京極常盤座≫ 明治28512日~65

明治28511日 日出新聞

○松旭斎天一の奇術 先年数度天覧の栄を辱ふせし奇術師松旭斎天一は、今度、新京極常盤座に於て明十二日より昼夜を分つて興行し、昼は正午より夜は七時より始むる其手術は耶蘇蘇生、金蝉脱殻、日本大勝利祝典の賑、八面自在噴水の術、月世界旅行巨砲弾人の術、邯鄲一夢空中睡眠、食火吐咽大火輪、百鬼夜行の術等にて、幕間には見物の退屈なき様、音楽を奏するよし。一昨夜は其顔繋ぎとして各新聞社員を八新亭へ招請し、余興に門弟の手品を演じ、尚、天一は両掌中の働らきにて初めに国旗をもみ出し、次に締盟二十余国の旗章、次に大なる連隊旗を揉みかはらせたる手練には、見るもの奇怪の思ひあらしめたりと。

≪京都府伏見町福富座≫ 明治28617日~

≪大阪市道頓堀中座≫ 明治28715日~82

明治28714日 大阪毎日新聞

○松旭斎天一 明日より昼夜二回、道頓堀中座に於て興行する松旭斎天一の西洋手品は、去る二十五年角座に於て開演せし際も非常の喝采を博せしが、今回はまた、昨年東京両国回向院境内にて彼の米国奇術士アチヤ嬢と合併にて大に評判の高かりし米国最新の演芸、大蛇踊りとて幻燈の作用にて一人の美人が見る間に蝶と変じ、また鳥と替る等の奇術を演じ、其他にも日清戦争に模したる滑稽的の技芸を見せると云ふ。

明治28719日 大阪朝日新聞

○西洋奇術 去十五日より開場したる道頓堀中座松旭斎天一の西洋奇術中、アデヤ踊りといふは、米国の女優アデヤと云る者より伝へられたる奇術にて、光線の作用に依り衣服の色種々様々に変りて、最も目新しく面白き踊りなりと。

〈編者註〉『松旭斎天一の生涯』(208頁)によると、大阪の奇術愛好家上野山金之助が中座に天一を見に行き、天一が舞台で揮毫した「誰将螳蜋試逆車 当軍之事勝嘆嗟 山河百戦只枯骨 功罪千秋空白沙」の七言絶句をもらったという。「入復州吊乙未戦跡 旭天一」の署名があるから、明治二十八年に間違いはない。こののち、天一は和歌山の劇場へ乗り込むが月日、場所等は不明である。

≪神戸市大黒座≫ 明治28107日~(1018日)

≪岡山県岡山市≫ 明治2810月~



misemono at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十四

 明治291896年・44歳)

≪広島県広島市畳屋町笹置座≫ 明治2911日~(116日)

 明治2913日 大阪毎日新聞

 ○松旭斎天一 西洋奇術士松旭斎天一は、一昨日より広島市畳屋町の笠置座にて開演したるに、初日早々好人気なるよし。

≪熊本県熊本市東雲座≫ 明治29131日~(222日)

≪熊本県八代町≫ 明治293月~39

≪熊本県水俣市衆楽館≫ 明治293月~

≪長崎県長崎市大浦公会堂≫ 明治2962日~

明治2962日 鎮西日報(『明治の演芸』)

 ○天一の演芸 過日来崎したる松旭斎は、本日より大浦公会堂に於て興行する筈なるが、明後四日は招待演芸を為す由に云ふ。〔編者注=六月九日より根津町栄ノ喜座で興行〕

≪長崎県長崎市根津町栄ノ喜座≫ 明治2969日~

≪福岡県福岡市博多教楽社≫ 明治29717日~

明治29718日 福岡日日新聞(『明治の演芸』)

○松旭斎天一の西洋奇術はいよ〳〵昨日より教楽社に於て興行せり。昨日昼の分にて尤も眼ざましかりしは、水芸と月世界旅行となり。月世界旅行と云ふは、大砲の中に少女を詰めてみ、其れを発射して月の中に飛び入らしむるものなれば、随分眼も耳も醒むる技なり。此の芸に就きて某伯爵の長篇の詩ありとて、天一之を吟誦したり。兎に角一度は見ておくべき芸なるべし。右の外、尚日々差しかへて種々の芸を演ずる由。

≪佐賀県佐賀市松原町新馬場定席≫ 明治291027日~

明治291119日 大阪毎日新聞

 ○新紙(しんぶん)を材料(ねた)に奇術の考究 当地の東西屋九里丸の門人にて、佐賀県肥前国九鉄北方駅にて矢張喇叭の東西屋を営み、傍ら奇術師となり居る九里七事一心斎一好と云ふが、去る二日、三日の大阪毎日新聞に掲げし魔術と催眠術の記事を一読して大きに感じ入り、之は好材料ともなるべしとて、該二葉の新紙を、目下、同県新馬場に逗留中の東京の奇術士松旭斎天一の許へ送りたる處、天一も此記事を見て一方ならず打喜び、好き材料を得たればこれに依つて研究を凝し、不日、一奇術を世に公けにせんとて、目下頻りに研究を為し居ると云ふ。

≪東京市神田錦輝館≫ 明治291213

明治291213日 東京朝日新聞

○福田会慈善演芸会 今十三日正午より神田錦町錦輝館に於て開会。番組は少年音楽隊、三遊亭円遊の落語、桃川如燕の講談、松旭斎天一の奇術、芳村伊十郎・杵屋六左衛門其他の長唄、家弓熊介・吉水経和の薩摩琵琶、山勢松韻・萩岡松柯其他の三曲、荒木古童其の他の尺八、剣舞等にて、入場料は特別七十銭、上五十銭、中三十銭、並十五銭。


 明治30年(1897・45歳)

≪福岡県鞍手郡直片町寿座≫ 明治30212日~

明治30213日 福陵新報(『明治の演芸』)

 ○西洋奇術師松旭斎天一社中の一行は、昨十二日より鞍手郡直片町寿座に於て一大興行を為す筈にて、本日は花々敷町廻り
 を為せしとなり。

≪福岡県小倉船頭町旭座≫ 明治3035日~(39日)

明治3036日 福岡日日新聞(『明治の演芸』)

 ○過般、直方町に於て喝采を博せし松旭斎天一一座は、此度、小倉船頭町旭座よりの招きにより、昨五日より五日間開場し、同所打揚次第、馬関弁天座へ乗込筈なりと。因に記す、同座は昼は正午より夜は午後五時より開演するといふ。

≪山口県赤間関市弁天座≫ 明治303月~

≪愛媛県三津浜町永楽座≫ 明治3064日~

明治3065日 海南新聞(『明治の演芸』)

 ○三津浜町永楽座に於て、昨日より松旭斎天一々座の水芸を興行せり。

≪愛媛県越智郡今治町大字室屋町幸玉座≫ 明治30616日~

明治30622日 海南新聞(『明治の演芸』)

 ○越智郡今治町大字室屋町幸玉座に於て、去る十六日より有名なる天一座の手品興行中なるが、好人気にて毎日大入。 

≪大阪市道頓堀中座≫ 明治30715日~

明治30716日 大阪朝日新聞

 ○中座は松旭斎天一の奇術を興行のよしにて昨日より開場したるよし。

≪京都市新京極阪井座≫ 明治3085日~

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・京都篇』より。

≪名古屋市末広町末広座≫ 明治3091日~

明治30829日 扶桑新聞(『明治の演芸』)

 ○末広町末広座に於ては、来九月一日より毎日午後六時開場にて、有名なる日本大奇術士松旭斎天一が例の巧妙不思議の奇術を演ずる由。此天一は已に人々の知る如く、去明治二十五年十月(ママ)、後藤伯邸に於て天覧の栄を拝し、其他 皇太后 皇后両陛下の叡覧を賜ひ、又 皇太子殿下の御覧にも供したる有名なる奇術士なり。

 明治3093日 扶桑新聞

○松旭斎天一の座中は一昨日は終日市内各町を廻り、午後六時を以て開場したるに、観客は久し振りのこととて開場前より続々押かけ、七時頃には木戸〆切り、新奇術のみ撰抜して、瀏覧に供したれば、拍手喝采の声場内に満ち、非常の人気なりし。

〈註記〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より孫引き。 

≪名古屋市西栄座≫ 明治30年(918日)~

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

≪横浜市港座≫ 明治301119日~




misemono at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十五

明治311898年・46歳)

≪東京市神田錦輝館≫ 明治31123

≪東京市浅草千束町浅草座≫ 明治31129日~(221日)

 明治31131 読売新聞

 ○東洋奇術師の泰斗たる松旭斎天一は永らく内外諸国を漫遊中なりし處、今度帰京し、浅草有志の招きに応じ、一昨廿九日より毎日二回(昼夜)開場。一大改良の新奇術を演じ居る由。 

 明治31129日 読売新聞[広告]

 五度賜天覧 一月廿九日開場 昼夜二回、昼十二時より夜午後六時開場 西洋奇術士松旭斎天一 浅草座

 明治31210日 東京日日新聞

 ○浅草座 松旭斎天一の奇術興行は増々大入好人気にて、来る十五日迄、吉原、赤坂、牛込等、各連中の付込あり。来る二十一日迄日延べを為し、新奇術を差し加へ御覧に供する由。

≪東京市赤坂溜池演伎座≫ 明治31年(220日)~38

 明治31227日 東京日日新聞

 ○赤坂演伎座 目下興行中なる天一の奇術は日々の大入にて、内外の顕官を始め諸芸人等の総見物も続々あり、三月十日迄新奇芸を差加へ開演する由。

明治31311日 東京日日新聞

 ○川上座の奇術 松旭斎天一は喝采の裡に去る八日限り演伎座を打ち揚げ、来る十四日より神田三崎町川上座に於て、毎日
 昼夜二回づゝ開場する由。

明治31227日 都新聞

 ○目下赤坂の演伎座に於て興行中なる松旭斎天一の奇術は、日々非常の大入にて、去る廿四日には赤坂拍子、料理屋百余人の惣見物ありしが、尚ほ付込なる程なれば、十日まで引続き開演。

明治3135日 都新聞

○目下赤坂の演伎座に於て興行中なる天一の奇術は、日々非常の大入にて、今五日より引続き柳橋、日本橋の大連其他の付込あるに付き、今五日より猛火を食して烈火を吐く、月球殿は月の飛入など云ふ大仕掛の奇術を演ずる由。

≪東京市八百松楼≫ 明治31316

≪東京市神田三崎町川上座≫ 明治31年(316日~410日)

 明治31313日 都新聞[広告]

 五度賜天覧 三月十四日開場 昼夜二回 昼十一時より、夜午後五時開場 西洋奇術士松旭斎天一 神田川上座

 明治31315日 都新聞

 ○昨十四日開場する處、電気応用の大道具不揃ひの為め、明十六日より開演す。

明治31324日 都新聞

 ○目下開演中なる天一の奇術は、日々非常の大入にて、昨廿三日より引続き各白拍子連の惣見物と他の付込もあるに付き、来月三日まで日延して更に新奇術を差加へると云ふ。

明治3141日 都新聞

目下三崎町の川上座に於て興行中なる松旭斎天一は近ごろ稀なる大入にて、付込続々あるより、更に新奇術を加へて、来
 る十日迄日延。

≪東京市新富町新富座≫ 明治31413日~(51日)

明治3148日 中央新聞(『明治の演芸』)

 ○曩に浅草、演伎、川上の三座に於て開演せし松旭斎天一は、来る十三日より毎日二回(昼十一時、夜は五時)、新富座に於て大道具大仕掛にて、目新らしき奇術を演ずる由。尚、天一は今回を東京名残りとして、打上げ次第、露国、支那地方を漫遊するといふ。

 明治31417日 都新聞

 ○目下新富座に於て開演中なる天一の奇術は、更に斬新なる新芸を加へたる事とて、開場当日より大入場は売切となり、殊に夜の部は近来稀なる大入にて、白拍子連の付込続々ある由。

明治31424日 東京朝日新聞

 ○新富座の天一日延 同座に興行中なる松旭斎天一は各連中の付込み、外国人の来観多き為め本日より来月一日迄日延べし
 たり。

明治31429日 東京朝日新聞

 ○新富座の日延べ 目下同座にて開場中なる松旭斎天一の奇術は、頗る好景気なるを以て、来る五月三日迄日延をなすに決したりと。又天一は一昨夜演伎座の山口定雄が座員出方等を引連れて総見物をなせし礼として、来月四日新富座の出方等と共に山口一座を見物するよし。

明治3152日 東京朝日新聞

 ○新富座 同座は先頃より好評の西洋奇術松旭斎天一にて興行中の處、昨日千秋楽となり…(後略)。

 【絵画資料】

 ≪絵ビラ・木版墨摺≫(『松旭斎天一の生涯』口絵)

明治31年 005

 (表題)「数度賜天覧 古今無比世界獨歩 東洋奇術士松旭斎天一」。

(袖)「明治三十一年四月十三日 ひる十一時よる五時開場」。

興行場所記載なし。新聞記事より新富座と推定。

〈編者註〉上掲の絵ビラは『松旭斎天一の生涯』(口絵)より拝借した。

≪東京市両国二州楼≫ 明治31510日~(522日)

 明治3157日 東京日日新聞

 ○天一の名残興行 奇術師松旭斎天一は各劇場に大入を博し、新富座打上げ次第、七ケ年間見込にて直ちに内外を漫遊する筈の處、此度有志の招きにより、来る十日より二十二日迄毎日昼夜二回、両国二州楼に於て開場すると云ふ。

明治3157日 東京朝日新聞

 ○天一の名残興行 此程まで新富座に於て奇術を演じ居たる松旭斎天一は、近々の内に内外各地を漫遊する筈にて、夫々準備に着手せしが、出願便船等の手続に多少の日子を要する為、来る十日より廿二日まで両国二州楼に於て名残興行を演ずる事となり、昼は一時より、夜は七時より開演するよし。

明治31527日 東京朝日新聞

 ○天一盗人の奇術に驚く 奇術師人の目を晦まして種を懐中へ忍ばすれば、又其奇術師の目を晦まして盗みを働らく曲者あり。扨々油断のならぬは世の中なり。先頃演技座、川上座、新富座等の各所に於て大道具大仕掛の奇術を演じ、数多の見物を驚かしたる西洋奇術師松旭斎天一事日本橋区薬研堀町廿番地服部松旭(四十六)は、一昨日東両国井生村楼に於て吉原の幇間松廼家露八が催ほせし松廼家節の大浚(おおざらひ)へ招かれ、席上余興として種々の奇術を演じたる後、露八和尚の案内に依つて他の出席者と共に吉原へ繰込み、仲の町の茶屋丸小尾張より宝来楼へ送られたれば、天一倐忽(たちまち)相好を崩し、相方綾衣を傍へ引付け、献(さ)しをれ飲むのは茶碗酒、此なみ〳〵と酌(つ)いだる酒を腹の中へと通はせます、お眼留められて御覧じろと芸者、半玉の打囃す三味と太鼓の調子に乗つて底ぬけ騒ぎをなしたるが、何時の程にか酔倒れて、前後も知らぬ高鼾、寝言にまでいふ口上に連れて鼻より提灯を取出すは遉(さす)がに奇術師、恐れ入つたと一座の者を感服させしが、昨朝五時頃眼を覚し、傍に綾衣の居合さゞるを見、エヽ何の事だ愚々(ばかばか)しいと愚痴をいひつゝ窓に凭(よ)れば、空に飛行く時鳥も帰るに如かずの声あるにぞ、己れも急(せわ)しく身仕度をなし、一寸便所へ赴むきて再たび部屋へ立戻り、煙草入と金時計を探したるに、皆暮(かいくれ)影も形も見えず、扨は便所へ立つた間に何者にかしてやられたかと、さしもの奇術師も蒼青(まさを)になり、二品合して四百円余のもの、種なしとなつては手品も使へず、悄々(すごすご)警察署へ訴へ出たり。

明治31514日 読売新聞

 ○天一の火術 去る十日より江東二州楼に於て演じ居る松旭斎天一の手品は、大相撲の好景気に伴はれ頗る景気能く、一昨夜の如きは場内立錐の地もなしといふ大入なりしが、其中高座一面の火を噴出し、火勢炎々たる有様に、観客拍手喝采して賞賛の声溢るゝ計りなりしに、何ぞ図らん、これは真の出火にて一時非常に騒立てしが、人々の尽力にて難無く消し止めたりといふ。右は全く羊燈を転覆したるを、楽屋の人々誤て水を注ぎたる故、火は忽ち一面に燃へ拡がりしものなりといふ。



misemono at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十六

【明治31年・続】

明治31821 読売新聞

○高砂の養子志願兵の次第

相撲年寄高砂浦五郎の庶子山崎秀太郎(二十一年)といふは、予て放蕩に身を持ち崩し、人々の意見も馬耳東風と聞き流して、一切箸にも棒にも掛らぬ怠惰(なまけ)ものなりしが、昨今に至りて大に先非後悔の状(さま)を現し、是までの不品行を賠(つぐな)ふには軍人となりて国恩の万分一をも報ずるが第一なりと、去月下旬徴兵検査に合格したるを幸ひ、現役兵を出願したる所、同人が風俗其他以前の挙動に照らすも志願兵は到底覚束なからんと、区長又は検査掛員より一応説諭を加へたりしも、一旦の決心堅くして動かず、強(タッ)ての志願に此程遂に歩兵隊に編入さるゝ事となりたるが、今秀太郎が是までの身の上を聞くに、同人は愛知県熱田の豪商石原三右衛門の孫にして、父某が放蕩の結果、名古屋芸妓お何との中に儲けたる子なるも、其当時実父は三右衛門の勘気を受け居り、自分ひとりの進退にすら窮し居る場合なれば、一子秀太郎を如何とも養育の道なく、途方に暮れたり。然るに高砂浦五郎は去る明治初年改正相撲なるものを組織し、東京協会に反目し諸国巡業中、西京に於て東京方の大獄門左衛門一行と衝突の事あり。始終石原三右衛門が後楯となりて高砂を助けし関係より、後年高砂が世に知らるゝ身となりては、即ち三右衛門は恩人との廉にて、其孫に当る秀太郎を藁の上より貰ひ受け、漸く長ずるに及び、十一二歳の頃より行司と為し、木村秀太郎と名乗らせてハツケヨイ〳〵と諸国を打廻らせ居る内、自然人ズレて、十六七歳頃より見やう見まねに放蕩を始め、遂には家を飛出し、竹澤藤治といふ独楽廻しの前芸師となりて兎を勤め、又は娘義太夫竹本愛之助が両国広小路に魚釣開業の際より肩を入れ、遂に愛之助を連れて古郷名古屋に欠落(かけおち)後、或人の異見に依り浅草田圃の牛肉店平野方の食客となりて、しばし辛抱の体と思ひの外、上野広小路辺の料理店鳥何方の長女おさだ(二十一年)と通じ、互ひに深く語らへるさまなるより、イッその事おさだを妻(めあ)はせて家を持たしたらば本気にならんかと、其頃は誰れ構人もなかりし中を、相撲版元根岸治右衛門といふが大に尽力して、高砂家の女将等と謀り、相当の家屋を尋ねゐる中、本年五月、江東二洲楼に於て松旭斎天一の手術興行の砌、秀太郎は同二洲楼住ひなりしかば、いつしか天一の妾おかつ(十六年)と私通せしこと露見におよび、おかつは一の遺書(かきおき)を某家に送りて宮城県仙台地方に迯げ行きたるを、辛らくも追人(おって)をやりて引戻す等、其他此種の乱行数を尽されず、人々持て余し居たるを、如何なる事の機(はずみ)よりか、先非後悔して現役兵を志願したる次第なれば、真の改心か否かはいまだ知り難けれど、兎に角殊勝の事なりとて、目下秀太郎には外出毎に一人宛の護衛を付け、其行跡を監督中なりとぞ。

≪宮城県仙台市東一番丁松島座≫ 明治3162日~(615日)

 明治3163日 奥羽日日新聞(『明治の演芸』)

 ○松旭斎天一の西洋手品は愈々昨日より東一番丁松島座に開場せしが、流石有名の大奇術家とて非常の好評判にて、初日より大入りなりしが、軍人、学生へは特に割引券を配りて観覧せしむるとの事なれば、定めし大当りなるべし。猶ほ同一座は、一昨夜、新聞社員其他を挹翠館に招待し、盛んなる披露の宴を張りしと。〔編者注=大入りにて十五日打上げ〕

≪北海道札幌市大黒座≫ 明治31716日~(730日)

 明治31716日 北海道毎日新聞(『明治の演芸』)

 ○松旭斎天一は愈今晩より大黒座に於て独特の奇術を演ずると云ふ。〔編者注=二十五日千秋楽のところ、大入りのため五日間日延べ。八月二日より十八日まで小樽住吉座へ出演。その後は岩内へ行く〕

≪北海道小樽町住吉座≫ 明治31年(82日~818日)

 〈編者註〉以降の足取りは不明。十二月十四日付「都新聞」に「奇術師松旭斎天一は北海道地方漫遊を終へ、露領浦潮斯徳へ渡航の見込なりしが、新富座主の招きに依り、来春一月一日より昼夜二回興行する由にて、来る廿五日乗込むとの事」とあり、露国への巡業は実現しなかったようだ。


 明治
321899年・47歳)

≪東京市新富町新富座≫ 明治3211日~

 明治311228日 都新聞[広告]

 賜天覧 奇術士松旭斎天一 一月元旦より毎日二回開場・昼午十二時より夜午後五時より 新富座

明治32113日 読売新聞

○新富座の天一は開場当日より好景気にて昨十二日は魚がし大連百廿人総見物、今日赤坂連、十四日新橋連、十五日日本橋連等の附込(つけこみ)ありて、此度は新芸を差加へたる由。

明治32114日 時事新報

貞宮殿下薨去に付、一昨日より三日間休業御遠慮申上げ、十五日より引続き昼夜二回宛興行するよし。

≪東京市深川仲町深川座≫ 明治32123日~(25

明治32127日 時事新報

深川座の日延 廿三日以来同座にて興行中の天一は来月五日迄日延べするよし。

≪東京市神田新声館≫ 明治32年(26日)~

明治3225日 東京朝日新聞

○松旭斎天一 新富座、深川座等を打廻りし奇術師松旭斎天一は明六日より神田新声館に於て昼夜二回宛興行するよし。

明治3229日 東京朝日新聞

○天一手品を遣らる 目下神田新声館に於て興行中なる西洋奇術師松旭斎天一は初日以来の好景気に乗りが来て、一昨日も例の弁舌を舞台に揮ひ、天地間何事か手術ならざると大気焔を吐き、観客へ挨拶を済まし、一旦楽屋へ引取りて身仕度に取掛らんと燕尾服を入れたる行李を開くれば、アラ不思議や、大切の洋服紛失し居るに吃驚(びつくり)して、何者の奇術にて行李の中より抜取りしかと直に其筋へ訴へ出でたり。流石の奇術師も行李の中より抜取りて質屋の蔵へ通はする曲者の早業には敵はぬものと見ゆ。

≪横浜市羽衣座≫ 明治32226日~

明治32227日 読売新聞

松旭斎天一は横浜羽衣座にて昨廿六日より昼十二時より、夜六時より昼夜二回づゝ新奇術を差加へ開場の筈にて、操人形
 と合併興行する由。

明治32224日 都新聞

横浜羽衣座に於ては来る廿六日より昼夜二回、天一、ダーク合併一座の奇術を興行する筈。

 〈編者註〉「東京朝日新聞」(2・26、3・3)には松旭斎天一の興行はあるが、ダークのことは一切記されていない。本当に合併してやったのかは今のところ半信半疑である。後考を俟つ。

≪東京市赤坂溜池演伎座≫ 明治32年(310日)~

明治3239日 都新聞

奇術師松旭斎天一は明十日より赤坂の演伎座に於て昼夜二回(夜は六時より、昼は十二時より)新芸を差加へて開演する
 由。

≪長野県上田町末広座≫ 明治325月~54

明治3254日 信濃毎日新聞(『明治の演芸』)

○当時植田町(ママ)末広座に於て興行中なる松旭斎天一の一座中、芸名天福事茨城県生・染野福太郎(十八年、父は西洋人、輿廻し)及、天慶事奈良県生の宮岡節五郎(二十五年、鉢廻し)の二人は共謀して、本年二月五日、東京神田にて興行中、座長天一の燕尾服一組と靴一足を窃取し、自分等の荷物中に隠し置き、其出稼先なる上田原町に来り、去る一日、上田原町古着屋関浜吉方へ九円余にて売飛ばしたる事発覚し、一昨二日夜同座に興行中、大塚巡査の為めに取押へられたり。

明治3254日 時事新報

 ○信州末広座の天一 目下信州上田町の末広座に於て興行中なりし松旭斎天一は、本日同地を打揚げ、明後日長野町千歳座に乗込む筈なりと。



misemono at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十七

【明治32年・続】

≪長野県長野市千歳座≫ 明治3256日~

明治3256日 信濃毎日新聞(『明治の演芸』)

○松旭斎天一 愈々本日より長野市に於て興行す。尚同一座の天慶は、主人の物品を盗みたりとの嫌疑を受けしが、取調の末、不都合なしとて放還せられ、一行に加はりて来れり。

明治3259日 信濃毎日新聞(『明治の演芸』)

○天一の奇術 長野市千歳座の同奇術は中々の人気なり。彼は自ら万事一挙、世の中は手品に外ならずと揚言して妙技に取り掛る。七変化、催眠術、自由噴水、其他手中より各国の国旗の一大長条を引き出す等、思はず観客をして拍手せしむる事多し。一発銃砲の下にゴム球数個を遙の硝子箱中に移し、而も元の箱中に変じて雌雄の鶏たらしむる等、軽妙熟練の技、流石に東洋奇術家の泰斗たるの価あり。又、幕間無く、一座の者交る〳〵其の特技を演ずる事とて人を倦ましめず、婦人羽衣の舞踏等、光線の作用に依りて変化せしむるは、例の活動写真を観たるが如くなるも、亦一見の価あり。

≪富山県富山市新富座≫ 明治32721

≪富山県高岡市板橋座≫ 明治32年(73187日)

≪石川県金沢市福助座≫ 明治32810~(825

≪石川県小松町清水座≫ 明治32年(827日)~

≪福井県福井市照手座≫ 明治3296

≪福井県武生町≫ 明治329月~

≪神戸市大黒座≫ 明治321013日~(1022

明治321012日 神戸又新日報[広告](『明治の演芸』)

東洋大奇術士松旭斎天一の名誉

 天皇陛下 明治二十五年七月四日 後藤伯芝高輪別邸に於て

 皇太后陛下 明治二十二年五月二十七日 西郷内務大臣邸目黒に於て

 皇后宮陛下 同年四月二十二日 上野博物館に於て

 皇太子殿下 同年六月十五日 中山公閣下の邸内に於て

 何れも 賜展覧 度毎に莫大の金賞牌を賜はりしは枚挙に遑あらず。然るに今回、一世一代にて当地に相招き、奇々妙々たる神変不思議の新奇術を御高覧に供し候間、賑々敷御来館あらんことを奉希望候 十月十三日 初日午後五時

 〈編者註〉この宣伝文句はすべて事実に基づいている。細かいことを言えば、皇后宮は二十二日ではなく「二十七日」、皇太子は十五日ではなく「十六日」が正しい。なお、天一の天覧はこれだけでないことは、ここまでの年表に既述した通りである。

≪岡山県岡山市大雲寺町高砂座≫ 明治321030日~(119

明治321031日 山陽新報(『明治の演芸』)

○当市大雲寺町高砂座にては、昨夜より松旭斎天一の奇術を開演し居る由。同人が奇術に巧妙なるは世の夙に知る所にして、曩年貴顕の御覧に供したることさへありしが、今回高砂座の興行を以て一世一代となす筈なれば、殊に其妙技を現はすべしとの事なり。〔編者注=大入りで十一月九日打上げ。十二日より備中笠岡の笠置座へ出演〕

≪岡山県笠岡町笠置座≫ 明治32年(1112日)~

≪広島県広島市胡子座≫ 明治321121

≪広島県宮原町≫ 明治3212201228


 明治
331900年・48歳)

≪福井県福井市永楽座≫ 明治3311日~

≪長野県長崎市祗園座≫ 明治33年(214日)~

≪兵庫県三原郡福良町鳴海館≫ 明治33年(9月末日)~

明治33919日 神戸又新日報(『明治の演芸』)

○淡路の興行便り 洲本町にて喝采を博したる松旭斎天一は、其後、和歌山、徳島各地を打廻り居りたるが、二三日後より三原郡福良町・鳴海館にて開場せり。

≪大阪府堺市卯の日座≫ 明治3310月~(1028日)

明治331027日 大阪毎日新聞

○松旭斎天一 目下、堺卯の日座にて好人気なる西洋奇術松旭斎天一の一座は明日にて打揚げ、直に紀州和歌山市の紀の国座へ乗込み、来る三十一日より開場するよし。

≪和歌山県和歌山市紀の国座≫ 明治331031日~


 明治
341901年・49歳)

≪名古屋市御園座≫ 明治3411日~112

 明治34112日 新愛知(『明治の演芸』)

 ○御園座は松旭斎天一の一座にて東西洋奇術を興行中なるが、好人気につき本日まで日延をし、来る十五日より岐阜市の美殿座にて開場なすと。因みに東京の魚河岸より天一へ立派なる緞帳を贈り来せりと。

 明治34113日 新愛知

 ○御園座は去八日、第三師団各将校同相当官を招待して天一の奇術を一覧に供したるに、各将校等は其妙技を賞し、一昨日経(ママ)五寸の銀盃を天一及び勧進元玉垣の両人へ各一個宛贈与せしとぞ。

 〈註記〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より孫引き。

≪岐阜県岐阜市美殿座≫ 明治34年(115日~123日)

≪愛知県一宮町東座≫ 明治34年(125日~128日)

≪三重県桑名町中橋座≫ 明治3421日~

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

≪三重県津市曙座≫ 明治34年(29日~)

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

≪三重県松阪町相生座≫ 明治342月~

〈編者註〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より。

≪名古屋市新守座≫ 明治34318日~

明治34317日 新愛知(『明治の演芸』)

 ○新守座は松旭斎天一の一座にて東西洋奇術を明日午後四時より開場なるが、頗ぶる大勉強に木戸一人四銭、一等場同金十五銭、二等同金十二銭、三等同金八銭、四等同金六銭、東高桟敷特別札金四銭、但し十歳以下の子供は木戸・場代とも無料なりと。

明治34323日 新愛知

 ○一昨日の如きは八時前に観客満場となりしが、二人空中の夢を始め楼閣船より多くの動物を出す術、七変化人馬顕消術、月宮殿幻影ポンチの戯れ、天女舞踏羽衣の変色、村雨自在の噴水、百鬼夜行など何れも好評にて、日々の上景気なりと。

〈註記〉『近代歌舞伎年表・名古屋篇』より孫引き。

明治34年 024≪大阪市道頓堀中座≫ 明治3451日~(512日)

 明治3451日 大阪朝日新聞[広告]

 賜天覧 
 五月一日ヨリ開場 昼一時夜六時ヨリ 
 東洋大奇術士 松旭斎天一 
 道頓堀中座

≪高知県高知市高知座≫ 明治34517日~526

≪神戸市レガッタ・アンド・アスレチック・クラブ≫ 明治34530日、31

〈編者註〉『実証・日本手品史』(162頁)より。



misemono at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十八

≪横浜よりアメリカへ渡航≫ 明治3479

〈編者註〉一行は松旭斎天一(服部松旭)、松旭斎天二(服部勝蔵・天一養子)、松旭斎天若(中井わか・天勝姉)、松旭斎天勝(中井かつ)、松旭斎天久(渡辺久次郎)、松旭斎天清(高瀬清)、松旭斎天寿(北島とし)、山口肇(通訳兼マネージャー)の八名。松旭斎天一の帰国は明治三十八年五月十九日である。以下は長野氏が海外の新聞で調査された欧米での興行年表である。また、この間日本の新聞に伝えられた消息をまとめて掲載した。


≪洋行中の天一の興行年表≫
190179日~1905519日)

1901年(明治34年・49歳)

San FranciscoGolden Gate Hall≫(1901810日~811日)

San FranciscoSherman, Clay & co.'s Hall≫(1901819日~820日)

Spokane≫(190197日~924日)

SeattleSeattle Theater≫(1901106日~107日)

ButteMaguire's Grand Opera House≫(19011017日~)

AnacondaMargaret Theater≫(19011026日~)

New BrunswickShortridge's Theatre≫(19011120日~)

PlainfleldCasino≫(19011121日)

Washington D.CChase's≫(19011125日~1130日)

BrooklynHyde and Behman's≫(1901122日~127日)

SyracuseBastable≫(19011223日~1228日)

New YorkProctor's 23d St.≫(19011230日~190214日)


 1902
年(明治35年・50歳)

New YorkProctor's 23d St≫(190216日~111日)

NewarkProctor's≫(1902113日~118日)

New YorkProctor's 58th St≫(1902120日~125日)

New YorkProctor’s 125th St.≫(1902127日~21日)

MontrealProctor's≫(190223日~28日)

AlbanyProctor's≫(1902210日~215日)

New YorkProctor's 5th Ave.≫(1902217日~222日)

New YorkProctor's 5th Ave.≫(1902224日~31日)

New YorkProctor’s 125th St≫(190233日~38日)

BrooklynOrpheum≫(1902310日~315日)

New HavenPoll's≫(1902317日~322日)

RichmondBijou≫(1902331日~45日)

ClevelandEmpire≫(190247日~412日)

BuffaloShea’s≫(1902414日~419日)

RochesterCook's≫(1902428日~53日)

DetroitWonderland≫(190255日~510日)

PittsburgDuquesne≫(1902512日~517日)

ChicagoMasonic Temple≫(1902519日~524日)

St. LouisSuburban≫(190261日~67日)

St. LouisSuburban190268日~614日)

MilwaukeeAlhambra1902615日~621日)

ChicagoColiseum Gardens1902622日~628日)

BostonKeith's190298日~913日)

Washington. D. CChase's1902915日~920日)

PhiladelphiaKeith's1902922日~927日)

SpringfieldNelson Theatre1902106日~1011日)

ProvidenceKeith's19021020日~1026日)
New YorkKeith's1902113日~118日)

BrooklynOrpheum19021110日~1115日)

BrooklynOrpheum19021117日~1122日)

RichmondBijou1902128日~1213日)

ProvidenceKeith's19021220日~1225日)
PittsburgDuquesne19021229日~190313日)



misemono at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 十九

【洋行中の天一の興行年表・続】

1903年(明治36年・51歳)

ClevelandEmpire190315日~110日)

ColumbusEmpire1903112日~117日)

YoungstownPark1903119日~124日)

SyracuseBastable1903126日~131日)
BuffaloShea’s190322日~27日)

ToledoShea's190329日~214日)

TorontoShea's190329日~214日)

NewarkProctor's1903223日~228日)

AlbanyPioctor's190332日~37日)
ToledoArcade≫(1903316日~321日)

LouisvilleHopkins'≫(1903330日~44日)

New YorkCircle≫(1903413日~418日)

PhiladelphiaKeith's≫(1903420日~425日)

PhiladelphiaKeith's≫(1903427日~52日)

BridgeportPoli's≫(1903518日~523日)

PittsburgAvenne≫(1903525日~530日)

Long IslandBrighton Beach≫(1903622日~627日)


 1904
年(明治37年・52歳)

LondonLondon Alhambra≫(19048月~923日)

RochesterCook's≫(19041010日~1015日)

DetroitTemple≫(19041017日~1023日)

ChicagoCleveland's≫(19041031日~115日)

BuffaloShea's≫(1904117日~1112日)

TorontoShea’s≫(19041114日~1119日)

PittsburgG. O. H≫(19041121日~1126日)

ClevelandKeith's≫(19041128日~123日)

New YorkVictoria≫(1904125日~1210日)

BrooklynOrpheum≫(19041219日~1224日)

New YorkProctor’s 125th St.≫(19041226日~1231日) 

 1905
年(明治38年・53歳)

NewarProctor's≫(190519日~114日)

AlbanyProctor's≫(1905116日~121日)

Washington D.C.Chase's≫(1905130日~24日)

BridgeportPoll's≫(1905213日~218日)

SpringfieldPoli's≫(1905220日~225日)

BostonEmpire≫(190536日~318日)

New YorkH. and S≫(1905327日~41日)

BrooklynAmphion≫(190543日~48日)

New HavenPoli’s≫(1905410日~415日)

New BedfordHathaway's≫(1905417日~422日)



misemono at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 二十

≪洋行中の天一の消息≫(明治3479日~明治38519日)

明治34811日 都新聞

 ○米国へ渡航の天一の一行は、去月廿六日、布哇に於て興行したるに、米金三百弗の利益ありたる由にて、同地より桑港へ
 向ひたりと。

明治341010日 時事新報

○天一の米国興行 海外に巡業中なる松旭斎天一の一行は此程米国華盛頓(ワシントン)府に乗込みたり。

明治34119日 東京朝日新聞

 ○大勲位侯と女手品師 西洋へ来ては日本料理ほど結構なものはないといふので、伊藤侯シアトルに着くが早いか、林領事に日本料理の馳走を促した。林領事は委細畏り、座敷の飾付けやら料理人を雇ふやら、品物を買ふやら、大騒ぎをして侯の賁臨(ひりん)を請ふた。席には興を添ふるために松旭斎天一と其一行中の美形天勝(本名お勝)が見えて居る。侯は頓て陶然の酔を催したる頃ほひ、紀念のためとて椽(えん)大の筆をとり、席上揮毫を始めた。傍にありて始終紙絹を延ぶる役は右の天勝、侯いよ〳〵得意にて、見るまに数十葉の紙を書きなすった。すると天勝も面白がり、御前妾(わたし)にも書いて頂戴と一枚のハンカチーフを差出した。侯、益々得意、ムヽよし〳〵で筆を走らしたが、何故か他の人の様に名前を書いて呉れず、天勝稍々不興顔にて、アラ妾のだけ名前が書いてないワと不平を漏す。侯、アさうか、よし〳〵とて書き加へたる文字は、天勝女史需春畝閑人書。

明治341110日 都新聞

 ○渡米中の松旭斎天一は華盛頓に於て伊藤侯に邂逅し、侯より「妙術驚天下」と書せる額面を贈られたる由にて、同地より
 紐育に乗込むと云ふ。

明治35219日 東京朝日新聞

○此程米国紐育市へ乗込たる松旭斎天一の一行は、同地有名の興行師某の手に一ケ年間金二万六千四百弗の約定して買はれ、一等大劇場ハイドエンドビーマン外五座に於て、他の外国演芸師一座と共に開幕したるに、天一が得意の四季の早業、柱抜、水芸・火吹等は取分け好評を博し、殊に日本人の奇術は同地には初めての事とて、貴顕紳士、各国公使等よりの贈り物(美花)山の如く、実に未曾有の好人気なりとて消息ありたり。

明治35221日 京都日出新聞

 ○日本奇術師の評判(松旭斎天一) 此程米国紐育市へ乗込みたる彼の奇術師松旭斎天一の一行は、同地有名の興行師某の手に一ケ年二万六千四百弗の約定にて買はれ、一等大劇場「ニイドエンザビーマン」外五座に於て他の外人演芸師の一座と共に開演したるに、水芸、火吹等取分け好評にて、殊に日本人の奇術は同地にては初めての事とて新聞紙は筆を揃へて世界一なりなど賞(たた)へ、却々の好人気なりといふ。 

明治35320日 都新聞

 ○松旭斎天一の一行は米国紐育打上げ後、本月廿四日出発、ノルフヲクス、ビルジニヤへ乗込む由。

明治35327日 都新聞

 ○松旭斎天一は来る三十日、ノルフヲクス、ビルジニヤを打上げ、更に四月一日よりビジヨーセアター、リッチモンド、ビ
 ルジニヤに乗込む由。

明治35411日 都新聞

 ○松旭斎天一は来る十四日より二十日まで、ダーデンセアター、バフアロー、ニューヨークに於て興行すると云ふ。

明治35412日 時事新報

○松旭斎天一の一行は昨年の七月渡米以来頗る好評を博し居るよしにて、尚ほ本年中は同地に留まり、来年早々欧州に赴く
 筈。

明治35523日 東京朝日新聞

○松旭斎天一の一座 紐育府を経て東部亜米利加に向ひたる同一座は到る處に好評を博し居れるが、去三月廿四日よりはエール大学校所在地ニューヘブウン市に於て興行なし、日本贔屓にて有名なるラード博士より多くの贈物を受けたりといふ。

明治35723日 時事新報

○松旭斎天一の消息 西洋奇術師松旭斎天一は昨年十一月二十五日より米国紐育市興行会社の支配人ホーマン氏と満一箇年間出演の契約をなし、初め華盛頓にて一週間を打ち、夫れよりブルークリン市にて一週間、次に紐育市にて開演し、本年一月一日より同市のブラクトル(新築劇場)の舞台開きとして二週間、其他同市にて一週間宛三座にて興行し、三月九日同市の各新聞社の慈善会に出演して賞状を得、夫れよりニューヘブンにて一週間開演して同地のエール大学校長ラード博士より造花及び洋刀を贈られ、再び紐育市に戻りて百七丁目の大劇場に出演し、其後クリーブランドにて一週間、又バッファロー市にて二週間興行中、十六日、同市七十四連隊二千余名の総見物ありて、同連隊長某大佐より造花及び賞状を得、四月二十七日よりはローチエスターにて二週間、ピッチブルクにて一週間、シカゴ市にて二週間、六月一日よりセントルイスにて二週間興行し、次でシカゴ市第十六丁目及びワーベシユ、アベニウ角カリツシユームにて興行したるよし。今回の出演者は大運動曲芸師十三人の外、伊太利の女軽業及び犬の曲芸、小鳥の曲芸、婦人姉妹の砲術等も加はり居るとの事なり。

明治35928日 都新聞

 ○松旭斎天一は去月一日より、米国ボストン座一大劇場キウース座にて白人と合同し開演中にて、昼夜共大入を占め、中にも指抜き、火吹き、水芸等好評にて、指抜きは同市三新聞社にて懸賞し、看客にて天一に指の抜き損じる様に縛りしものへは一万弗を与へると広告せしに、日々舞台へ登る者無数なるも、未だ仕損ぜし事なく大評判なりと。

明治35109日 読売新聞

○松旭斎天一の米国だより 先頃米国に航したる松旭斎天一の一座は各処の興行に大好評を博し、ニューポートに於て交際社会の大立物たるフヰツシユ夫人が五十余名の賓客を招待してマルボロー侯爵夫人を正賓となし、昼餐を饗したる折も天一々座の余興ありしに、何れも其奇術を称賛し、続いてボストン市のキース劇場にて開演の時も、同地の各新聞、筆を揃へて褒めちぎりしが、昨日天一より弊社編集局へ宛てゝ来状ありたれば、同人贔屓の読者の為めに余白を割愛することゝする。

前略、小生も貴社新聞愛読者の一人にて迷信世界の記事は殊に感服致居候處、当地某新聞に『極端なる迷信』と題する一項有之候間、御参考迄別紙御目に懸け候。(編者註:迷信の記事長々と続くが省略)。偖小生一行も目下当地第一等の劇場キース座にて本月一日より開場仕候處、非常の好景気、来十四日迄興行仕候。尚目下約定済の劇場はワシントン・チエースセアター、スプリングフヰーンド・ネルソン座を始め十ケ所にて、悉く打揚げ候は十二月十七日に御座候。其他申込多くは候へ共、時日に余裕無きが為め大概謝絶仕候。来年三四月頃には英国へ渡航の心算に候。

明治351019日 時事新報

○天一の一行 目下米国に赴き居る同一行は本月中にワシントンのチエース座を打上げ、来月はフィラデルフィヤを経てスプリングフィールドに至りネルソン座に乗込む筈なる旨、或る方への書信に見えたり。

明治35111日 東京朝日新聞

○天一の一行は本月十一日限りヒラデルヒヤを引揚げ、同十三日よりスプリングフヰードのネルソン座へ乗込み興行の旨音
 信ありたり。

明治351120日 東京朝日新聞

○天一の一行は本月十六日紐育のコウス座を打上げ、それよりブルークリンへ乗込み、尚十二月一日よりはノルフオータのグランビー座へ乗込みて興行の旨音信ありたり。

明治351211日 時事新報

○松旭斎天一一行は去八日リッチモンド、ビジョー座へ乗込み、尚十五日より二週間アトランタのコロンビヤ座に於て興行し、是れにて米国を引揚る筈なりと。

明治351216日 東京朝日新聞

○本年限りにて米国より帰朝の筈なりし松旭斎天一の一行は此程更に向ふ一年間興行の契約を取結びたりと。

明治36131日 大阪毎日新聞

○松旭斎天一 米国ヲハヨー州クリーブランドにて興行中の奇術師松旭斎天一は頗る好人気にて、来年五、六月頃まで米国諸都市を打廻り、それより英国ロンドンへ赴く予定なりと。

明治36320日 東京朝日新聞

○松旭斎天一の一行は五月限り米国を打上げ、六月よりは英国に於て興行するとのこと。

明治36326日 東京朝日新聞

○松旭斎天一は米国の興行限りにて一座の者を帰国せしめ、渡英後は一切出演を断り、新技術仕込みの為め一人にて各地を
 漫遊する由なり。

明治36722日 東京朝日新聞

○松旭斎天一の一行は、本月十五日を以て米国を引揚げ直に渡英の途に就きたるが、英国にては先づ最初、倫敦市の一等劇場アルハンブラー会社と契約し、来月一日より八週間興行の旨、音信ありたり。

明治36929日 東京朝日新聞

○奇術師天一の一行は、本月中、独逸の伯林にて興行し、十月一日より三十日までは仏国のジュッセルドルフにて興行、十一月一日より十二月二十六日まで巴里を打ち、同二十七日より一月二十七日まで和蘭陀アムステルダームにて、一月二十八日より二月一杯は墺太利ビヤナにて興行の契約済と成り、至る處好評なりとぞ。

明治3719日 東京朝日新聞

○松旭斎天一は、目下、仏国巴里カシノテアトルにて興行し、喝采を博し居れるが、御留学中の梨本宮殿下、仏国大統領等の上覧の栄を蒙り、大統領及び本野日本公使等より二間余の大花束を送られたりと。打上後は、和蘭アムステルダムにて興行の筈也。

明治3772日 東京朝日新聞

○洋行中の天一 奇術士松旭斎天一は、目下、独逸ヂッセルドルフ博覧会日本演芸劇場にて開演し居るが、日本の大勝利の為め一行は到る處喝采を以て迎へられ、曩にオーストリアピヤナ興行中は、同国皇族サルバートル殿下、コープルグ殿下等の御観覧を蒙り高貴の品々を賜はり、又独逸皇太子殿下よりも種々の御下賜品あり。同地は六月十五日にて打上げ、英国倫敦市アイハン・ブラー座にて八週間開演し、本月十日より米国へ渡り、ローセスター市クックスオペラハウスにて興行の都合にて、夫より所々を打廻り、来年五月頃は帰朝の都合なりと。

明治3823日 毎日新聞

○洋行中の松旭斎天一は、一月は紐育にて一ケ月打ち、去る三十日よりはワシントン市セースベラハウスにて開演し、到る處喝采を博しつゝあるが、其後契約の済みしは、二月七日より一週間ニウヘブン、十四日より同ハードボール市、二十一日より同プリシホート市、二十八日より同ヴチタピエーリ市、三月七日より二十三日迄シカゴ市ハードエンドピーマン等にして、打上後、一先づ帰朝する都合なり。

≪洋行中、国内で上映された天一の活動写真≫(参考)

明治3693日 都新聞

 ○今三日午後七時より錦輝館にて大入を占めたる活動写真を興行す。…番組は…大魔術十二変化、同競争会、□行の賊、空中飛行器、新発明自転車外十数番。

明治3698日 都新聞

 ○歌舞伎座の大入 同座の日英露活動写真は連日大入にて、来る九日まで興行なす由。尚写真中、在英国天一の大奇術は、同国奇術大会で撮影せしものにて、頗る好評なりと。

 明治36121日 都新聞

 ○目下仏国に興行中の松旭斎天一より今回斬新の活動写真を送り越せし由にて、今午後六時より向両国井生村楼に於て開会する由。場料は一等十五銭、二等十銭、三等七銭にて、写真は千尺以上、三千尺位の物ありて、重なるは露国の国境、英国水雷艇演習、月世界天一奇術、英国曲馬、象の一隊、賊と巡査の組討、瑞西の市街、鴎の奇術、帽子の七変化、魔術、汽車の轢死外三十余種。



misemono at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松旭斎天一興行年表 二十一

明治381905年・53歳)

≪ミネソタ号にて帰国≫ 明治38519

 明治38524日 毎日新聞

 ○奇術士松旭斎天一は、欧米各国を巡業し到る處喝采の中に迎へられ、五ケ年振りにて去る十九日、ミネソタ号に乗込み帰朝せしが、時節柄諸事を質素になし、其金額を恤兵寄付に充つるとの事。

≪東京市木挽町歌舞伎座≫ 明治3892日~915

 明治38828日 東京朝日新聞

 ○松旭斎天一の奇術 歌舞伎座にて九月二日より開演する松旭斎天一の奇術は、欧米漫遊後初めての開演といひ、今回は目新しき事のみを見せる由にて、器械も総て洋行中購入せしものにて、舞台は米国ボストンのキース大劇場を模写して装飾し、電気作用に依つて見せ、背景は巴里の公園、独逸ヂツセルドルフ博覧会の光景、ロンドンハイドパークの遠景、其他二、三も悉く洋画にて、天一独特の水芸も頗る斬新の術を見せると云ふ。

明治3896日 やまと新聞(『明治の演芸』)

 ○歌舞伎座の天一一座 は初日以来売り切れ続きにて、少しく遅くれては入場の出来ぬ程の好景気なり。演る事は先年と比較して別に目新しき個処も見当らざりしが、此様なる大仕掛の奇術は此一座以外に見る事出来ぬ処。美人の鏡抜け、同椅子抜けなぞは、到底寄席なぞにては見られぬ芸当なり。一座には天勝女なる美人あり。羽衣の舞、時計の当物、国旗の揉み出しなど、巧妙なもの也。終りの水芸はホンの子供だましなるが、土間より金魚を釣り出すは面白かりし(一記者)。

明治3893日 時事新報

 ○天一奇術の初日 昨日午後六時より愈々歌舞伎座にて開場したるが、座方の前は緑門(アーチ)に賜天覧松旭斎天一と小菊にて現はし、其上に国旗を交叉し、尚ほ電燈を点じ其他彩旗幟等にて景気を添へたり。久々の出勤なれば桟敷、土間、正面、三階とも満員の好景気を告げ、各贔屓連より贈れる無数の旗、米市場の引幕及び天一の義兄となりたる濱野新宿将軍よりの萌黄緞子の幕など何れも奇術に花を添へたり。

番組の中、天勝女の『花と風船』『奇玉之現消』は小手先の早業綺麗。天一・天勝女の『鏡隠之美人』は一通り。第三の天一の『ステツキ』『ランプ』は面白く、第四、天一・天花女の『空中催眠術』は之れ迄演じ居たる物より一層進歩したる様思はれたり。第五の『縄抜け』は普通、第六、天勝女の『電気踊』例の胡蝶の舞にて、電気の遣ひ方も手際好し。茲にて十分間の休憩あり。第七、天一・天勝女の『美人忍術』は少しく穴のあきたる處あり、手際好く遣らば見物受けのする芸なる可し。第八、天花女の『花現、器物の現出』は子供の芸として愛嬌のあるもの。第九、天勝女の『時計』は奇妙、又『紙切』は手先の早業、『モミ込』は手際なりき。大切の天一を始め一座総出の『金魚釣』『電気応用水芸』は是れぞ欧米各国にて喝采を博せしものなりとぞ。

〈編者註〉文中「濱野新宿将軍」とあるは、濱野茂のことで、相場界に「新宿将軍」の名をはせた人物(『松旭斎天一の生涯』212頁)。天一は帰朝後親交を結び、義兄弟の契りを交わした。七月四日付「東京朝日新聞」にそれを報じた記事がある。

 「天一と浜野義兄弟となる 此程帰朝せし奇術士松旭斎天一事服部松旭は今回浜野茂氏と意気投合の結果義兄弟の約を結び、一昨日浜町の岡田に於て其式を行ひ、知己の一人々百余名を招き、其披露をなしたりといふ」

 なお、この興行日数は九月二日より十五日間までとあるが、公演中に有名な日比谷焼打事件(九月五日)が起り、戒厳令のため六日より休業、十日に返り初日を出した。また十六日に予定されていた義捐興行は都合により中止となり、十五日に閉場した。

興行は夜(午後六時開場)一回興行。場代は桟敷一名一円二十銭、高土間一円、平土間七十銭、正面八十銭、中等五十銭、松の側四十銭、竹の側三十銭、三階二十銭。プログラム(「読売新聞」830他)は以下の通り。

第一、花と風船の術、種蒔の術、奇玉の現消(天勝)

第二、指輪の飛行、カアドの術(天松)

第三、鏡隠の美人(天一・天勝)

第四、火炎の術、洋杖ちぎり、回転ランプ、小鳥(天一)

第五、空中催眠術(天一・天花)

第六、錦魚皿、縄抜けの術、烈火スパロー(天昇)

第七、電気踊(天勝)

第八、美人の忍術(天一・天勝)

第九、花現の妙術、器物の現出(天花)